彼岸のタグまとめ

彼岸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには彼岸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「彼岸」タグの記事(33)

  1. 21日(木)春分の日 お彼岸中日です。 - しゅんこう日記

    21日(木)春分の日 お彼岸中日です。

    21日(木)春分の日お彼岸中日です。どうぞ家族揃ってお寺参りお墓参り彼岸は向こう岸悟りの世界お墓参りをしてご先祖供養をすると共に六波羅蜜を修めて仏縁を積む機会です。お彼岸は菩提の種をまいて仏さま、お浄土と縁を結ぶ日です。まずはご先祖様をお守りしている菩提寺のご本尊様に手を合わせてください。お墓詣りのお花お線香は用意してあります。シャボン玉がございます。どうぞお子様を連れてお参りください。お彼...

  2. 彼岸会 - 岡本寺だより

    彼岸会

    彼岸会の案内が発送が終わらないまま彼岸に入ってしまいました【春の彼岸会】3月21日(祝)午前11時より遍照殿にて

  3. 恵那山 - 頭半分右半身ー俳句と短歌とー

    恵那山

    3-20-2恵那山は昇る朝日の入り彼岸俊克

  4. 買う朝の - 頭半分右半身ー俳句と短歌とー

    買う朝の

    3-19-3買う朝の飾り花々入り彼岸俊克

  5. 春彼岸家族みんなでお寺参り - しゅんこう日記

    春彼岸家族みんなでお寺参り

    18日(月)お彼岸入りです。どうぞ家族揃ってお寺参りお墓参り彼岸は向こう岸悟りの世界お墓参りをしてご先祖供養をすると共に六波羅蜜を修めて仏縁を積む機会です。お彼岸は菩提の種をまいて仏さま、お浄土と縁を結ぶ日です。まずはご先祖様をお守りしている菩提寺のご本尊様に手を合わせてください。お墓詣りのお花お線香は用意してあります。シャボン玉がございます。お子様を連れてお参りください。お彼岸は向こう岸お...

  6. ★彼岸の入り - 羽根をつけて

    ★彼岸の入り

    今日は彼岸の入り。でも我が家はちょっと1日早く、お墓参りに行ってきました。21日は彼岸の中日ですね。「暑さ寒さも彼岸まで」といいますね。春彼岸は「厳しい寒さも、お彼岸の頃には和らぎ過ごしやすくなる」という意味ですね。そろそろぽかぽかの毎日になるかな?また、浄土信仰における彼岸には、阿弥陀仏の極楽浄土の意味があるのだそうです。ここから、暑さや寒さを現世の辛いことや大変なことに重ねて、「悩みや苦...

  7. 「怨親平等」~供養は天国へのひと時のアクセス~ - いけのさい~子育てと教育の一隅を照らす

    「怨親平等」~供養は天国へのひと時のアクセス~

    もうすぐお彼岸! 実家から坂を上ったところに先祖代々の墓がある。子どもの頃、その墓の前にある池で釣りをしていた。そこは当時、私の定番の釣り場で、大きな鯉がいた。太公望のはずがその日は一向に釣れぬまま何時間も静寂が続いていた。突然、池に「ポチャン」と鳴り響く水の音で後ろを向くと、二つ年下の男の子が意気揚々と私の釣りの邪魔をしてきた。わざとであるのが分ったので胸ぐらをつかんで平手打ちをして追い払...

  8. H31年3月24日(日)彼岸念仏の夕べ - 正樹院鐘楼再建日記

    H31年3月24日(日)彼岸念仏の夕べ

    一昨年の秋から始めました当山の彼岸行事「彼岸念仏の夕べ」のご案内です。「彼岸」は、本来の意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。私達の住んでいる世界を、此岸といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸というのです。彼岸は「パーラミター(波羅蜜多)」という梵語の漢音写で「到彼岸」と訳されます。「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏様の世界へ到達する」という意味でもあります...

  9. 濃薄 - doppler

    濃薄

    台風ラッシュの休憩濃薄な霧

  10. お彼岸 - いぬのおなら

    お彼岸

    今日は墓参り。母、姉、兄(家族)が行く父の墓参りには私は参加したことがなかったし、そもそも父の墓参りは数えるほどしかしなかったのだけれど、3月に母が亡くなって何故か兄弟揃って墓参りへ行くようになった(と言っても2回目)のだけれど、これってずっと続くんだろうか…続くんですよね。墓前にはビール、日本酒、おはぎ、パン。そして母の生前に花を良くお願いしていた花屋さんにお願いした供花。話によると北海道...

  11. お彼岸 - 無線日和

    お彼岸

    きょうはお彼岸、秋分の日で連休なので広島芸北の山へ行く予定だったんですが、朝、レーダーをみると中国山地には雨雲がかかっていたので断念~。川土手のヒガンバナです。やむなく、午後から地元の東鳳翩山へ行ってきました。移動運用ネタは後日に~。ヒガンバナの近くに咲いていた野生のニラ~。種をとって肥料をやり育てるとおいしく食べられるらしいので、育ててみましょうか~。

  12. 秋彼岸中日家族そろってお参りを - しゅんこう日記

    秋彼岸中日家族そろってお参りを

    秋分の日お彼岸のお中日です不順な天候が続いておりましたが昨日から秋の陽射しが戻ってまいりました。どうぞ家族そろってお寺参りお墓参りを秋彼岸まずはご先祖様をお守りしている菩提寺のご本尊様に手を合わせてください。お墓詣りのお花お線香は用意してあります。シャボン玉がございます。お子様を連れてお参りください。お彼岸は向こう岸お浄土仏さまと縁を結ぶ機会です。ご先祖供養をするとともに六波羅蜜の行を修めま...

  13. 今日は亡妻の彼岸と三回忌だった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    今日は亡妻の彼岸と三回忌だった

    7月の三回忌が京都市東山区一帯に大雨によって避難勧告が発令された日にあたってしまい出来なかったので、今日、それをするべく京都に行った。義兄と義妹夫婦を木屋町の古い料亭で接待した。川床を準備してもらっていたが、日差しがおもったより強くなったので、別に準備してもらっていたその川床に面した部屋で会食をすることにした。気が向いたら出て景色を眺められるようにしてくれていた。静かにゆったりとくつろいで会...

  14. 彼岸に咲く - きずなの家

    彼岸に咲く

    今日から彼岸ですね。今年も忘れずあちこち咲いてくれています。これは裏の遊休地に咲いていました。

  15. 秋彼岸家族そろってお参りを - しゅんこう日記

    秋彼岸家族そろってお参りを

    お彼岸入り秋彼岸お彼岸はお寺参り、お墓参りをしてご先祖さまを供養するとともに彼岸に渡る仏縁を結ぶ機会です。お線香とお花を用意してありますどうぞ家族そろってお参りください。シャボン玉がございます。お子様を連れてお参りください。お墓参りの前にご先祖様をお守りいただいているご本尊に手を合わせてくださいお彼岸は昼と夜が同じ時間季節のいい時候日が沈む西の向こう側西方極楽浄土にご先祖さまがいらっしゃいま...

  16. H I G A N B A N A VOL.01 - 君に届け

    H I G A N B A N A VOL.01

    白い彼岸花は赤より品が良いですね。咲き始めでよかった。少し時間が経つと黄色ぽくなってきますからね。彼岸花は立体的で全部を綺麗に撮るには少し距離をとって少し絞らないと撮れないので・・私はちょっと苦手な花です。特に白い彼岸花は、背景が悪いと映えないんですよね。しかも絞っているので明るい背景だとガチャガチャしちゃうんですよ。彼岸花は花弁も綺麗だけど、それ以上に蕊に特徴があるのでどうしても蕊中心の写...

  17. H I G A N B A N A - 君に届け

    H I G A N B A N A

    三渓園で曼珠沙華が咲き始めました。今年は、他の花同様に少し早いようです。記憶では、曼珠沙華は咲き始めると一気に咲いて・・あまり日持ちしなかったように思います。個体差で次の連休も楽しめるかもしれませんが・・写真を撮るには傷んだ花が入ってしまうので少し難しい撮影になるかもしれませんね(^^三渓園ではたまに白い花も見ることができますが、数はものすごく少ないです。

  18. 瞑想する訳 - ash

    瞑想する訳

    瞑想に慣れておくと、肉体の五感を全て失った時にあせらないという事らしい。ヘレンケラー(懐かしい)で、目と耳と口の三重苦でしょ。死んだら皆五重苦をしばらく味わうらしい。しばらくというのが、生きた人生の三分の一なんだって。結構長い。本をいっぱい暗記して、暗闇満喫するつもり。私今、三島由紀夫の『暁の寺』再読中。魂に刻み込んで持っていく。

  19. お墓参り - ニッキーののんびり気まま暮らし

    お墓参り

    お彼岸なので、父のお墓参りに行って来ました。今回は一人です。お花は春らしいピンク系にしてみました。大輪のアネモネとピンクのスイートピーがきれいでしょう?いいお天気。桜はまだ咲いていませんでした。千葉県の桜は東京より一週間ほど遅れるのが常なのです。父が亡くなって4年とちょっと。久しぶりにゆっくり父と話をしてきました。父が恋しくて、話しているうちにちょっぴり涙が出てきてしまいました。暖かい日で良...

  20. 彼岸過迄 - ash

    彼岸過迄

    3月17日に新月として彼岸入りしましたが、世間がなぜかざわついています。なんせ線路立ち入り等で電車がまともに運行していないという。困った状況。交差点でも車と歩行者がもめてたり、店に入ると揉め事で110番。どうした。先月、男連中がイラついていたので、何事かと思えば満月だったのですが。そして、鳴門の渦潮は大潮でシーズンピーク突入。人格のボルテックスも同じ位ぐるぐるなんでしょうね。(醒めた目)月光...

総件数:33 件

似ているタグ