後村上天皇のタグまとめ

後村上天皇」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには後村上天皇に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「後村上天皇」タグの記事(7)

  1. 太平記を歩く。その198「後村上天皇陵(観心寺)」大阪府河内長野市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その198「後村上天皇陵(観心寺)」大阪...

    「その102」で紹介した楠木正成の首塚がある観心寺に、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)の陵があります。 観心寺の山門をくぐってすぐ右手に池があり、その向こうに、「後村上天皇御奮跡」と刻まれた大きな石碑が立っています。観心寺は、正平14年/延文4年(1359年)から約10年間、南朝の行在所となりました。 後村上天皇陵は別名、檜尾陵といいます。公式形式は円丘。この長い階段を上ったところ...

  2. 太平記を歩く。その195「天野山金剛寺(南朝行在所)」大阪府河内長野市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その195「天野山金剛寺(南朝行在所)」...

    大阪府河内長野市にある天野山金剛寺を訪れました。ここは、かつて南朝行宮所となった歴史をもつお寺です。 天野山金剛寺は、奈良時代、天平年間(729~749年)に聖武天皇(第45代天皇)の命により、当時の高僧・行基によって開かれたといわれています。また、平安時代には弘法大師(空海)が修行した聖地ともいわれています。 正平7年/文和元年(1352年)に起きた「正平の役(八幡の戦い)」に敗れた後村上...

  3. 太平記を歩く。その190「四条隆資の墓(正平塚古墳)」京都府八幡市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その190「四条隆資の墓(正平塚古墳)」...

    前稿で紹介した「正平の役(八幡の戦い)」古戦場跡にある「正平七年役神器奉安所岡の稲荷社」の石碑のすぐ西側の丘の上に墓地があるのですが、その一画に、正平の役で討死した南朝方の公卿・四条隆資の墓があります。 南北朝の争乱における四条隆資の活動は古く、元亨4年(1324年) の正中の変の頃から後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)方として参加していました。元弘2年(1332年)の元弘の乱では、笠...

  4. 太平記を歩く。その189「正平の役(八幡の戦い)古戦場跡」京都府八幡市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その189「正平の役(八幡の戦い)古戦場...

    正平7年/文和元年(1352年)閏2月19日、後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)が都を臨む男山八幡に入ると、翌日には南朝方武将の楠木正儀や北畠顕能らが足利尊氏不在の隙を突いて入京し、尊氏の嫡男・足利義詮に攻撃を仕掛け、近江に追いやります。京で捕らえられた光厳上皇(北朝初代天皇)、光明上皇(北朝第2代天皇)、崇光上皇(北朝第3代天皇)、直仁親王は当時南朝方の拠点だった賀名生に移され、こ...

  5. 太平記を歩く。その188「八幡行宮阯」京都府八幡市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その188「八幡行宮阯」京都府八幡市

    京都府八幡市にある八幡行宮跡を訪れました。ここは、正平7年/文和元年(1352年)2月に前稿で紹介した住吉行宮に移った後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)が、その後、さらに京の都を目指して北上した行宮跡と伝わります。 昭和15年(1940年)に建てられたこの石碑は、現在、車道沿いのカーブミラーに隠れてあまり目立ちません。 「観応の擾乱」で幕府内が混乱する最中、足利尊氏は対立する足利直義...

  6. 太平記を歩く。その187「住吉行宮正印殿趾」大阪市住吉区 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その187「住吉行宮正印殿趾」大阪市住吉区

    大阪市住吉区にある住吉行宮跡を訪れました。ここは、後村上天皇(第97代天皇、南朝第2代天皇)時代に2度、長慶天皇(第98代天皇、南朝第3代天皇)時代に1度、南朝方の行宮とされた場所です。 正平6年/観応2年(1351年)、北朝の天皇を擁立した足利尊氏が、一時的に南朝に降伏して北朝の天皇は廃され、年号も統一されるのですが、しかし、具体的な和睦の条件が折り合わず、翌年には再び分裂します。世にいう...

  7. 太平記を歩く。その168「楠木正行首塚(正行寺)」京都府宇治市 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その168「楠木正行首塚(正行寺)」京都...

    「その166」で紹介した楠木正行の墓所以外にも、正行の首塚と伝わる場所があります。まずは、京都府宇治市六地蔵にある正行寺を訪れました。 何と言っても「正行寺」という名称ですからね。いかにも正行と関係ありそうです。 そして、これが正行の首塚とされる墓石です。境内の隅にひっそりとあります。 墓石の後ろにある正行寺由来によると、正成は正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」に敗れ...

総件数:7 件

似ているタグ