忠臣蔵のタグまとめ

忠臣蔵」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには忠臣蔵に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「忠臣蔵」タグの記事(14)

  1. 平成31年文楽4月公演 - 三文紳士のつぶやき

    平成31年文楽4月公演

    来年4月の文楽公演の演目が決まる。一年に渡って忠臣蔵を完全通し。企画としては興味深い。4月は大序から4段目を通して第2部は金閣寺と堀川金閣寺は雪姫のはかなさ、堀川は心中する妹に猿回しで別れを手向ける兄貴を描く。見逃せないです。国立文楽劇場開場35周年記念 として『仮名手本忠臣蔵』を4月文楽公演、夏休み文楽特別公演、11月文楽公演の3公演連続で全段上演致します。 4月文楽公演(大序より四段目ま...

  2. この頃やりませんねえ - LUZの熊野古道案内

    この頃やりませんねえ

    昔は年の瀬近くになると「忠臣蔵」が出てきましたね。「ときに元禄十五年十二月十四日 江戸の夜風をふるわせて 響くは山鹿流儀の陣太鼓・・・」こんな浪曲も放送されませんし・・・NHKの大河ドラマでは長谷川一夫の大石内蔵助・・・舞台回しには宇野重吉の「蜘蛛の陣十郎」なんてのが出てましたね。もう、忠臣蔵は流行らないのでしょうね。かつては東京見物の中には「泉岳寺」も入っていた物です。と言っても、お墓です...

  3. 絵瀬戸皿・忠臣蔵もろのふの図/師走12月・2018幾一里カレンダーより。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    絵瀬戸皿・忠臣蔵もろのふの図/師走12月・2018幾一...

    ・今年もフィナーレの師走12月を迎えました。気忙しいひと月の始まりです。お互いに元気で新年を迎えられるよう頑張りましょう。・12月と言えば忠臣蔵や赤穂浪士を頭に浮かべるのは小生だけでしょうか。12月14日、大石内蔵助率いる赤穂浪士の吉良邸討ち入り。一昔前は、映画で忠臣蔵を採り上げると大ヒット間違いなしだったようです。・幾一里カレンダーにも忠臣蔵の吉良上野介が登場。吉良さんは悪役で通っています...

  4. 冬の風物詩「若松忠臣蔵」 - 北九州商工会議所 若松SCブログ

    冬の風物詩「若松忠臣蔵」

    若松恵比須神社では「冬のおえべっさん」として親しまれている秋季例大祭を毎年12月2~4日に実施しています。そしてその中日である12月3日、この日に開催される行事があります。それが…若松忠臣蔵。若松で忠臣蔵?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ということで、若松忠臣蔵のご紹介を…明治時代、ここ若松は石炭景気に沸いていました。その際、若松区にある料亭金鍋で、忠臣蔵の四十七士遊びが流行したそ...

  5. 『ほぼ日の学校スペシャル』へ行ってきた。 - ふいちんのぬるま湯生活。

    『ほぼ日の学校スペシャル』へ行ってきた。

    ほぼ日の学校スペシャル。『落語で歌舞伎入門~ごくごくのむ忠臣蔵~』を見に草月ホールへ。ほぼ日のコンテンツを読んで興味がわきチケットを購入、忠臣蔵は大好きなのですが歌舞伎の忠臣蔵は見たことがなく、落語も生で聞くのは初めて。ましてや、上方落語です。予習として録画していた歌舞伎の忠臣蔵七段目を見ておいたのですが、いわゆるドラマなどで見る忠臣蔵とは違っていまいち分からぬまま。なおのこと勉強させていた...

  6. 吉良邸跡  東京都墨田区両国 - 好きなものを好きなだけ

    吉良邸跡 東京都墨田区両国

    本所松坂町公園。元禄赤穂事件・忠臣蔵で有名な吉良上野介の邸宅がある。元禄15年(1702年)12月のこと。赤穂四十七士がうちいった。現在残されているのは当時の八十六分の一。吉良上野介の像。個人的にはこの人ばかりが悪いとは思えない……

  7. 特集展示 忠臣蔵-浮世絵・手紙・書簡- - 歴史と、自然と、芸術と

    特集展示 忠臣蔵-浮世絵・手紙・書簡-

    すみだ郷土文化資料館を訪れた時、2階では表記展覧会が開催されていた。アップはいつになるか分からないが、当館で忠臣蔵関係の企画展を見たのは、今回が初めてではない。従って、展示の多くは過去に見ていると思うが、ゆかりの地の関連企画は何度見ても興味をそそられる。本日も、我が歌川国貞(当時は豊国)晩年の1860年に制作された【仮名手本忠臣蔵十二段つづき】や【誠忠義士伝】などにしばし見入った。後者は近く...

  8. 四十七士の墓と線香と♪冬散歩1月♪ - ルソイの半バックパッカー旅

    四十七士の墓と線香と♪冬散歩1月♪

    アルメニア&ジョージア(グルジア)旅と散歩・国内旅を交互にUPしてます。2018.1.2冬散歩と言っても今日は1月2日。初詣も人ごみの中をぞろぞろするのも好きではないので高輪の泉岳寺に。今日は楽をして都営地下鉄浅草線の泉岳寺下車、A2の出口から出ると3分。1836年に再建された中門1832年に再建された山門二階部分には十六羅漢が安置されてるらしい。大石内蔵助吉雄銅像なんだかずいぶん高い所にい...

  9.  其角「寝ごころや火燵蒲団のさめぬ内」 - 憂き世忘れ

    其角「寝ごころや火燵蒲団のさめぬ内」

    其角の、寝ごころや火燵蒲団のさめぬ内これも難問でした。「寝ごころ」という言葉が不自然というか、ワザとらしい。寝=子(干支)ネズミです。だから、寝心=チュー心=忠臣。火燵蒲団=肥立ち(産後の)蒲団。出産したばかりという意味。誰のことか解りませんが、妻と生まれたばかりの赤ちゃんを残して、自刃した赤穂の義士のことと思われます。この句は芭蕉への手紙に書いたもの。芭蕉からの返事がこの句です。住つかぬ...

  10. 武士の情けの続き - テディベア等のブログ Urslazuli

    武士の情けの続き

    ただただぼんやりと、そして楽しく過ごしています。こんばんは。昨日の忠臣蔵はこれでした。えーっと、見ててこの人誰だっけ……ってなったのがこの方。そうです。おじいちゃんお口くさーい。って言われていた(CMで)船越英二さんでございます。いやいや、イケメン俳優だったということは重々承知の上だったにせよ、時代劇に出てるの初めて見たのではなかろうか。。暴れん坊将軍では「じい」として、お茶の間に親しまれて...

  11. 赤穂義士祭3 - ゲ ジ デ ジ 通 信

    赤穂義士祭3

    藩主の刃傷事件を知らせるべく、江戸にいた早水藤左衛門と萱野三平が早駕籠で赤穂に到着した際水を飲んで息を整えてから大石内蔵邸へ向かった、といわれるその井戸が「息継ぎ井戸」。パレードの終着点はこの井戸のある広場で、ここでおこなわれた「討ち入り」のパフォーマンスです。演じるのは「東映剣(つるぎ)会」という殺陣を専門とするアクション俳優さんたち。

  12. 一日遅れの武士の情け - テディベア等のブログ Urslazuli

    一日遅れの武士の情け

    外灯の温度計、朝は5℃夕方は8℃。寒い季節にぴったりなのが忠臣蔵…。暗いけど〜。こんばんは。昨日は実家に行っていたりして、討ち入りの日でしたが時間がありませんでした。実家だし、新聞のテレビ欄を一通り見てみましたが、どこにも忠臣蔵の文字はなかったようです。今日になってなにか見てみましょう。ってなり、長谷川一夫版を視聴中。。ワタクシ、高校生の頃は主に東映の時代劇にヒィーヒィー言ってたものですから...

  13. 吉例顔見世大歌舞伎 - 美味しい人生 Part2

    吉例顔見世大歌舞伎

    忙しくて顔見世のUPをしなかった。忠臣蔵をたっぷり楽しませて頂きました。3幕とも友人と涙、涙、涙泣きながらも「いくら好きな男の出世の点でも遊女にはならないな~」と現実的なつぶやきが聞こえる!同感!仁左衛門さん美しかった・・・。母のジャケットを着て行ったので母もきっと大喜びだと思う。帰りは日比谷までイルミネーション散歩。幼稚園から一緒の友人はクリスマスを一緒に過ごすことも多かった。2学期の通信...

  14. 誕生日旅行は赤穂へ(いざ、討ち入り!) - ホリー・ゴライトリーな日々

    誕生日旅行は赤穂へ(いざ、討ち入り!)

    産直セレモニーも無事終了したのでいざ討ち入りです。赤穂浪士に関する観光地?はお城周辺にかたまっているので良い散歩道です。車を置いて歩いて回れます。駐車場もお城のあたりに、無料の駐車場がありありがたいです。まずは、くにおが見逃してた大事な場所。花岳寺。これは、宿のインフォメーション見て気がついた場所です。47士のお墓と、浅野のお墓があるお寺。これはーー行かんといけんじゃろ??あんまり期待せず行...

総件数:14 件

似ているタグ