怒りのタグまとめ

怒り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには怒りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「怒り」タグの記事(35)

  1. ■「怒り」が教えてくれること - 倫子のフラワーエッセンス・カウンセリング(大阪・スカイプ)

    ■「怒り」が教えてくれること

    日々、さまざな方と触れ合う中…わたし自身、かなりのエンパス体質。お相手のもつ「感情や想い」がダイレクトに入ってきます。人だけでなく、土地や環境にも敏感で影響を受けがちです。一昔前、人づきあいが苦手だったのは人の持つ様々な感情から影響を受けることが多く、寝込むほどの時もありました。今は、その自分の体質との付き合い方が昔に比べて、うまくなってきているのでメンテナンスをきっちりとするように心掛けて...

  2. 怒りのモノサシ - 四月の魚

    怒りのモノサシ

    中学生のときだったか、カップのアイスクリームにオレンジ色の蜘蛛が入っていた。たぶん屍骸。あろうことか、私は気づかずに、そのあたりをがっしりと掬い、口に放り込んだ。舌の上でバニラアイスが融け、蜘蛛だけが残って初めてティッシュペーパーに出し、その姿を確認して驚愕した。 一番先に思ったのは、噛み砕かなくて良かった・・・ということである。それ以前、たぶん小学生のときだと思うが、友達と買った袋入りあん...

  3. 優しくつつむ - Miwaの優しく楽しく☆

    優しくつつむ

    自分の思い通りにならなかったとき気に入らないことがあったとき人は怒りを生じます。何か文句を言ってやろうと語気さかんに言い立てたり怒って文句を言っているときって、何かの本で読んだんですが体内に毒が回るそうです。それは怒れば怒るほどすごくて口から出る言葉もそうですが息もにおいが出るそうで。。。人に言ってやりたいこと以上にその怒りはまず、自分を攻撃してしまうそうです。お~~~怖っ!ですねぇ(笑)で...

  4. 正しきことだけが、私を救うというのでしょうか? - 糸のない凧

    正しきことだけが、私を救うというのでしょうか?

    もうこれ以上。傷つくのは耐えられないから。私はそれを、怒りに変えた。もうこれ以上。屈辱にまみれるのは辛すぎるから。私はそれを、怒りに変えた。それなのに。怒ってはいけない、怒りは悪だと言われたら。私はいったいどうしたらいいの?お願い。私から怒りを取り上げないで。今の私は怒りなしで、立っていられるほど強くはない。お願い。私から怒りを取り上げないで。それが違っていることくらい、私にだってわかってい...

  5. <怒りの矛先>1988年新宿 - 写真家藤居正明の東京漫歩景

    <怒りの矛先>1988年新宿

    不愉快な事が続く。このごろの我々は怒るべき相手に対して、真っ直ぐに憤ることが出来ているだろうか。問題の本質を隠されたり変えられたりで、どこに怒りをぶつけるかさえ迷ってしまう。社会にエネルギーがあった頃、周囲から何と云われようと、孤立無援でも自分の主義主張を貫く人がいたし、それが社会を変える切っ掛けにもなった。同調社会の今では考えられないが、不正に対して怒ることだけは忘れたくない。

  6. 恥を知れ - あずきのばあばの、のんびり日記

    恥を知れ

    この二つのお辞儀には天と地ほどの差があります一方は覚悟を持って心底から謝罪した青年もう一方は保身のためだけにグダグダと言い訳をするみっともない大人達何をか言わんやです!会見を聞きながら、今年大学生になった雷橋太郎とこの青年がオーバーラップして、涙が止まりませんでしたそしてこの人は、いけしゃあしゃあと永年勤続25年の表彰を受けました知らぬ存ぜぬを貫き通したご褒美ですね赤パンツは、この倍の50年...

  7. 生きる目的を達成するのはどんな人? - 仏教フリーク

    生きる目的を達成するのはどんな人?

    二河白道では、群賊、悪獣がたくさんでてきます。そして行くな行くなといいます。群賊、悪獣とは、求道聞法を妨げるすべてを群賊、悪獣にたとえられています。怪しいぞー、そっちへ言ったら死ぬぞー一緒に遊ぼうといいます。ところが、尊い人だけが一人、行けー行けーと言います。旅人も、こちらの岸では幸せにはなれなかったと思って一歩、また一歩と進んでいきます。行けば行くほど欲の河、怒りの河の波が激しくなります。...

  8. 男と女の怒り方の違い - 役員から降格して見えてきたもの

    男と女の怒り方の違い

    久しぶりに長男5歳年長が、お母さんにこっぴどく怒られた。女性の怒り方って、ねちっこい。ずーっと怒ってる。私も比較的短気なので、瞬間湯沸かし器タイプ(今は気を付けている💦)だがすぐに熱が冷めて、次の瞬間「じゃ何して遊ぼうか?」ってなる。どちらが良いか、というわけではない。世の中に男女しかいないわけで、それぞれで良いわけだが、よくもまあ、そんなにずーっと怒りを継続できるも...

  9. 歎異抄に書かれた人間の姿 - 仏教フリーク

    歎異抄に書かれた人間の姿

    仏教書で一番読まれているのは、鎌倉時代の歎異抄です。歎異抄には、親鸞聖人のお言葉が記されていることと、大変美しい文章で書かれていることで有名です。その中に、親鸞聖人は、私たちすべての人を、煩悩具足の凡夫といわれています。凡夫とは人間のことです。煩悩とは、欲望と怒りと愚痴など、私たちを煩わせ、悩ませるものです。具足というのは、それでできている、塊だということです。歎異抄は親鸞聖人のお弟子が書い...

  10. 幸せが怒りになるとき - 仏教フリーク

    幸せが怒りになるとき

    私達は、ただ生きているのではありません。幸せを求めて生きています。そして一切の苦しみ悩みを嫌い、避けようとしています。苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、信じていたものに裏切られた時に起きて来ます。病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたからです。子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。家の子供にかぎってと深く信じていればいる程、裏...

  11. 次もこれよ - 音作衛門道楽日記

    次もこれよ

    お誕生日ってのは複雑よねえ..ずいぶん長く生き延びてきて祝ってくれる人もないのが低周波音被害の、、あの人ねえ・・村八分状態よこれもシールや付箋でいっぱいよどうなるんだろうね、この低周波音被害者ってのはオーストラリアでは健康被害が認められて日本政府はほっかぶりでしょう人権侵害の不妊手術問題なんてナンセンスや、日本は中国政府か??人道国家ではないか??じゃあ低周波音被害の実態は、無視されて何十年...

  12. 「怒り」へのジャッジと、インナーチャイルドの癒し - アカシックリーダーゆかりぃ 自分を発見する喜び

    「怒り」へのジャッジと、インナーチャイルドの癒し

    先日、このブログによく登場する友人のトゥインクルちゃんからLINEが来ました。彼女は、ある出来事にとても怒っている様子で怒りの経緯と彼女の怒りの感情が綴られていました。私は、その時浮かんだ考えを注意深く綴り、返信していましたが彼女の怒りは収まりません。ちょっと困って・・・正直に言えばちょっと拒否反応が出て^^;とりあえずラインから離れました。すると、リビングでは中1長男が対戦ゲームをしながら...

  13. ふざけるなDNDパート2 - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    ふざけるなDNDパート2

    怒りが頂点に達したとき、人は震えもするのだろう。頭にきてもいるが、どうしようもないことが多いので直情的に話をしても単なるマスターベーションに終わること必至。そんなことなら何もしいない方が得策だろう。短い命。それはなんだ?僕は自身では明石原人の末裔だと自負している。渡来人が日本人ではないという偏狭な考えは持たないが、THISISNIHONJINであるという自負は何物にも代えがたい。遠くは先祖が...

  14. 映画『怒り』を見て。 - Hawaiian LomiLomi ハワイのおうち 華(レフア)邸

    映画『怒り』を見て。

    あともう少しで新月です。朝の月。2016年秋に上映されていた『怒り』。監督は李相日さん、原作は『悪人』でも原作だった吉田修一さん。興味はあったのですが、『悪人』を見たあと 救いようがない悲しみが広がってしまって この映画『怒り』も ちょっと映画館までは足を運べなかったんです。でも やっぱり気になってDVDを借りてきてしまいました。14...

  15. 黒い心と暗い心の違い - 仏教フリーク

    黒い心と暗い心の違い

    黒い心と暗い心について黒い心というのは、欲、怒り、愚痴などの煩悩です。煩悩には108あまりすので、それ以外にもうぬぼれ心とか疑う心とかがあります。これはどういう心かというと阿弥陀仏に救われても変わらない心です。信前、信後を通じて変わらない心。これは私達の自性です。変わりません。自性とは、からすは色が黒いのが自性、というようなものです。暗い心とは、死にたくないいっぱいの私達の心です。死にたくな...

  16. 愛憎!? - 自然の力で元気になる

    愛憎!?

    フラワーエッセンスの中でもう一つクリスマスに関連する植物があります。「ホリー」(セイヨウヒイイラギ)です。ホリータイプの人たちは「怒り」「攻撃的」「嫉妬」というキーワードが当てはまります。植物のホリーは葉にトゲトゲがあるのが特徴的ですね。実はこのトゲは横ではなく、下に向いています。その理由は、葉を下から食べようとする動物がいただきまーすと、口にしたら…「痛ーい!!」となる仕組みなのです。また...

  17. それは哀しいことではなく。 - 糸のない凧

    それは哀しいことではなく。

    『 大切なものは、増えていくのではく、減っていく 』— 怒り(小説:吉田修一氏著)より引用 —削って、削って、削って。それでもまだ残るもの。私たちは手放すことを学ぶために、ここに生まれてきたのかもしれない。

  18. 2017/10/30 リハビリ - めいりんとりっぷ

    2017/10/30 リハビリ

    今週末はメンタル的に散々な2日間でした。喜怒哀楽が激しすぎて、自分に自分がついていけなかった。発作も出たし、失声症にもなったし、過呼吸にもなった。頭と心がバラバラで、始終混乱してた。減薬して、感情の振れ幅が大きくなった分、喜怒哀楽に今までよりずっと疲れるのかもしれない。特に「怒り」に関しては疲れる。私の心は怒り仕様には作られていないから。今までずっと、薬で感情を押さえつけていたから、年に2回...

  19. 無常の命のはかなさ - 仏教フリーク

    無常の命のはかなさ

    露の身を嵐の山に置きながら又来ん春をいうぞはかなき私たちの命は露の身。露は朝起きると草の上にぽつんと露ができている。太陽が昇ると同時にパッと消えてしまう、非常儚いもの。それが私たちの命。アッという間に終わってしまう。その露の身を嵐の中におきながら。嵐は無常の嵐。なぜ風、嵐を使うか。風は眼に見えないが突然くる。眼に見えないが吹かれてしまったら大変。突然襲ってコロリ死んでしまう。眼に見えないから...

  20. 堪忍の二字か四字かは知らねども - 仏教フリーク

    堪忍の二字か四字かは知らねども

    堪忍の二字か四字かは知らねどもこらえしのぶぞまことなりけりある和尚が四・五人の小僧を集めて説教していた。人生の要諦を説いていた。堪忍の二字が大事だと。確かにそうです。私たちが人生の目的を果たす上において大事なこと。堪忍の二字が生きていく上で大事だぞ。またなぜ生きるかの上でも大事だぞ。そう説くと、小僧が『和尚様、堪忍は二字ではありません、かんにんだから四字だ』と言った。するとこの和尚は短気だっ...

総件数:35 件

似ているタグ