怒りのタグまとめ

怒り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには怒りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「怒り」タグの記事(44)

  1. スケボー教室2回目 - ~ワンパク男子子育て中~

    スケボー教室2回目

    スケボー教室2回目です。前回と同じTRINITY でレッスンです。私は美容院の予約があるので別行動。前回の経験をいかしお弁当、飲み物、おやつと準備万端整え送り出す予定が・・・8時起床。ここまでは問題なし。私はお弁当を作り夫は着替えや荷物を詰めたり準備。K太には時々声をかけ自分でできる準備を促すがウン・・・といいつつゲームをやっていた。準備はパパパとできる子なので出発時間9時なのでそれに合わせ...

  2. すぐにイライラしちゃう。~おこりたくなるってことは…~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    すぐにイライラしちゃう。~おこりたくなるってことは…~

    はっ!!!いつも同じところで。いつも同じようなことでイライラしたり、突然、ムカッ!ときて怒りたくなってしまう、そんなこともあるかもしれません。それは単純に“短気”という一言で片づけてしまうこともできますけれども、実は、それはちょっともったいないんです。なぜ、もったいないか、といいますと…、いつも同じようなところでそうなる、ということは、そこには、その方の魂がこの人生で解こうと決めてきた、結構...

  3. 1月3日の事 - 心のぽつりぽつり

    1月3日の事

    1月3日にキレられてから今のところ平穏な日々、でもまたキレられる夢を見る。3日に彼がキレた理由も些細な事でした。その日は私の実家に行くことになっていましたが彼の予定外の行動から(彼はきっと良かれと思って)約束していた時間より遅れそうになり、彼にそう伝えてもらうために実家に電話してもらうとまるで私のせいで遅れる様な言い方をされて思わず私は顔に不満を出してしまったのです。次の瞬間、「私の顔つきが...

  4. ネガティブをかぶりまくる - イマココ対話室だより

    ネガティブをかぶりまくる

    今日もイマココ対話室へようこそ~!年末から正月を経て、今に至るまでネガティブかぶってます。人間の怒り、不安、恐怖、悲しみ・・・・?直接、なんかされたとか言われたとかではないねん。直接、なんかされたとか言われたとかという人から話を聞くねん。ここまでくると、私が勝手に反応して、キャッチしたり、捉われてるとしか思えへん。なので、このネガティブと付き合うことにした。もう、ごまかすとかできんもん。基本...

  5. 怒りで満たされた人の顔 - ギリギリロック

    怒りで満たされた人の顔

    彼らはそれを進んでささげる捧げものとして手に持ってきたとあります。これが締めくくりのことがです。一言で言うと彼らは神様が言われた事を喜んで実行したということです。神の命令があり谷が応答した次に製作者の任命です。良いを作り始める人が任命されます。名前が上がります。これが35章の30節から36章の一説です。35の30から36の一冊一人目がベツァルエルも何回も出てきました。ユダ族のフルの孫です。降...

  6. 怒りのコントロール - まほろのうたかた日記

    怒りのコントロール

    息子はまもなく16歳になります。ゲームが好きで、放っておけば一日中でもプレイしています。それも問題だとは思うのですが、一番の悩みは、ゲームに熱中してうまくいかないことがあると、大声をあげて床を拳で殴ったり、コントローラーを叩きつけたりするんですね。たぶん、声は窓を閉め切っても外に漏れていると思います^^;ご近所のことはいいのですが、どうやったら、この怒りを上手に逃がしてコントロールできるかな...

  7. 男ってダメである - 徒然雲峰上記

    男ってダメである

    ●――男ってダメである――●もしも「女ってダメである」と書くと、ネットやマスコミから散々叩かれることになる。この叩く行為がまだまだ「男尊女卑」の名残なのだが、それは拙著「フィリピンの紫のため息」の中の「性と偏見の行方」という章に詳しく述べたのでそちらを参照されたい。簡単に言ってしまえば、「男尊女卑」の社会で女性は弱い立場だから弱いものいじめはけしからん!ということだ。ここではある部分に関して...

  8. 踏みにじられた民意 - あずきのばあばの、のんびり日記

    踏みにじられた民意

    とうとうパンドラの箱が開いてしまいましたもう二度と後戻りは出来ないでしょう国民の関心がクリスマスや正月に向いてるこの時期に強行するとは意地汚ないにもほどが有る!政府にとっての『民意』とは何でしょう?県知事時代に政府に屈して辺野古埋め立てを承認してしまった仲井真さんは「みんなが移設を反対してるわけではない。報道の仕方が悪い」とまで言ってます。でも、翁長雄志さんが亡くなった後の知事選で同じく移設...

  9. 孫子の兵法・結婚は一つの戦い - 仏教フリーク

    孫子の兵法・結婚は一つの戦い

    孫子の兵法で、「敵を知り、己を知れば、百戦してあやうからず」といわれます。結婚も一つの戦いかもしれません。私はどうも目が外に向いているので、相手のことをどうこうというが、自分はどうかということはあんまりよくわかっていないのかもしれません。女性に結婚する相手はどういうタイプがいいか?と聞くと、私のことを分かってくれる人、身長は175cm以上、見てくれがよくないと駄目ね、と条件が次から次へと出て...

  10. とーきょーにーぜろにーぜろ - あずきのばあばの、のんびり日記

    とーきょーにーぜろにーぜろ

    真夜中に入管法改正案が可決しました年末の忙しない時期、国民の関心が薄いこの時期にサッサと決めてしまいたかったのでしょう!私みたいな知識も学も無い田舎のおばちゃんでさえ拙速過ぎると判ります。外国の人達をロボットか機械としか考えてないような上から目線の法案!こんなゴリ押し法案、そのうち日本は外国の人達から嫌われて敬遠されてしまいますよ。喜んでるのは一部の経済界だけでしょ?安倍総理はどうなっちゃっ...

  11. ■「怒り」が教えてくれること - 倫子のフラワーエッセンス・カウンセリング(大阪・スカイプ)

    ■「怒り」が教えてくれること

    日々、さまざな方と触れ合う中…わたし自身、かなりのエンパス体質。お相手のもつ「感情や想い」がダイレクトに入ってきます。人だけでなく、土地や環境にも敏感で影響を受けがちです。一昔前、人づきあいが苦手だったのは人の持つ様々な感情から影響を受けることが多く、寝込むほどの時もありました。今は、その自分の体質との付き合い方が昔に比べて、うまくなってきているのでメンテナンスをきっちりとするように心掛けて...

  12. 怒りのモノサシ - 四月の魚

    怒りのモノサシ

    中学生のときだったか、カップのアイスクリームにオレンジ色の蜘蛛が入っていた。たぶん屍骸。あろうことか、私は気づかずに、そのあたりをがっしりと掬い、口に放り込んだ。舌の上でバニラアイスが融け、蜘蛛だけが残って初めてティッシュペーパーに出し、その姿を確認して驚愕した。 一番先に思ったのは、噛み砕かなくて良かった・・・ということである。それ以前、たぶん小学生のときだと思うが、友達と買った袋入りあん...

  13. 優しくつつむ - Miwaの優しく楽しく☆

    優しくつつむ

    自分の思い通りにならなかったとき気に入らないことがあったとき人は怒りを生じます。何か文句を言ってやろうと語気さかんに言い立てたり怒って文句を言っているときって、何かの本で読んだんですが体内に毒が回るそうです。それは怒れば怒るほどすごくて口から出る言葉もそうですが息もにおいが出るそうで。。。人に言ってやりたいこと以上にその怒りはまず、自分を攻撃してしまうそうです。お~~~怖っ!ですねぇ(笑)で...

  14. 正しきことだけが、私を救うというのでしょうか? - 糸のない凧

    正しきことだけが、私を救うというのでしょうか?

    もうこれ以上。傷つくのは耐えられないから。私はそれを、怒りに変えた。もうこれ以上。屈辱にまみれるのは辛すぎるから。私はそれを、怒りに変えた。それなのに。怒ってはいけない、怒りは悪だと言われたら。私はいったいどうしたらいいの?お願い。私から怒りを取り上げないで。今の私は怒りなしで、立っていられるほど強くはない。お願い。私から怒りを取り上げないで。それが違っていることくらい、私にだってわかってい...

  15. <怒りの矛先>1988年新宿 - 写真家藤居正明の東京漫歩景

    <怒りの矛先>1988年新宿

    不愉快な事が続く。このごろの我々は怒るべき相手に対して、真っ直ぐに憤ることが出来ているだろうか。問題の本質を隠されたり変えられたりで、どこに怒りをぶつけるかさえ迷ってしまう。社会にエネルギーがあった頃、周囲から何と云われようと、孤立無援でも自分の主義主張を貫く人がいたし、それが社会を変える切っ掛けにもなった。同調社会の今では考えられないが、不正に対して怒ることだけは忘れたくない。

  16. 恥を知れ - あずきのばあばの、のんびり日記

    恥を知れ

    この二つのお辞儀には天と地ほどの差があります一方は覚悟を持って心底から謝罪した青年もう一方は保身のためだけにグダグダと言い訳をするみっともない大人達何をか言わんやです!会見を聞きながら、今年大学生になった雷橋太郎とこの青年がオーバーラップして、涙が止まりませんでしたそしてこの人は、いけしゃあしゃあと永年勤続25年の表彰を受けました知らぬ存ぜぬを貫き通したご褒美ですね赤パンツは、この倍の50年...

  17. 生きる目的を達成するのはどんな人? - 仏教フリーク

    生きる目的を達成するのはどんな人?

    二河白道では、群賊、悪獣がたくさんでてきます。そして行くな行くなといいます。群賊、悪獣とは、求道聞法を妨げるすべてを群賊、悪獣にたとえられています。怪しいぞー、そっちへ言ったら死ぬぞー一緒に遊ぼうといいます。ところが、尊い人だけが一人、行けー行けーと言います。旅人も、こちらの岸では幸せにはなれなかったと思って一歩、また一歩と進んでいきます。行けば行くほど欲の河、怒りの河の波が激しくなります。...

  18. 男と女の怒り方の違い - 役員から降格して見えてきたもの

    男と女の怒り方の違い

    久しぶりに長男5歳年長が、お母さんにこっぴどく怒られた。女性の怒り方って、ねちっこい。ずーっと怒ってる。私も比較的短気なので、瞬間湯沸かし器タイプ(今は気を付けている💦)だがすぐに熱が冷めて、次の瞬間「じゃ何して遊ぼうか?」ってなる。どちらが良いか、というわけではない。世の中に男女しかいないわけで、それぞれで良いわけだが、よくもまあ、そんなにずーっと怒りを継続できるも...

  19. 歎異抄に書かれた人間の姿 - 仏教フリーク

    歎異抄に書かれた人間の姿

    仏教書で一番読まれているのは、鎌倉時代の歎異抄です。歎異抄には、親鸞聖人のお言葉が記されていることと、大変美しい文章で書かれていることで有名です。その中に、親鸞聖人は、私たちすべての人を、煩悩具足の凡夫といわれています。凡夫とは人間のことです。煩悩とは、欲望と怒りと愚痴など、私たちを煩わせ、悩ませるものです。具足というのは、それでできている、塊だということです。歎異抄は親鸞聖人のお弟子が書い...

  20. 幸せが怒りになるとき - 仏教フリーク

    幸せが怒りになるとき

    私達は、ただ生きているのではありません。幸せを求めて生きています。そして一切の苦しみ悩みを嫌い、避けようとしています。苦しみ悩みはどこから起きるのか考えてみますと、信じていたものに裏切られた時に起きて来ます。病人の苦悩は健康に裏切られたからであり、家庭の悲劇は夫を信じ切っていた妻が、夫に裏切られたからです。子供に裏切られた親、親に裏切られた子供。家の子供にかぎってと深く信じていればいる程、裏...

総件数:44 件

似ているタグ