怒りのタグまとめ

怒り」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには怒りに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「怒り」タグの記事(7)

  1. 火の番 - kairindian's …

    火の番

    火🔥アメリカ先住民の魂の儀式スウェットロッジには火が欠かせない。『火の番』を任せられるのは若い男だが、それは一人前の男として認められた証となる。火は、放っておけば風の力を借りて燃え盛り、収拾のつかない火事となってしまう。もしくは自力で燃えきれずに消えてしまう。火の番は過度に燃えさせず、消え絶えてしまうことがない様にコントロールしなければならない。それができることが、一人前の男...

  2. 正しきことだけが、私を救うというのでしょうか? - 糸のない凧

    正しきことだけが、私を救うというのでしょうか?

    もうこれ以上。傷つくのは耐えられないから。私はそれを、怒りに変えた。もうこれ以上。屈辱にまみれるのは辛すぎるから。私はそれを、怒りに変えた。それなのに。怒ってはいけない、怒りは悪だと言われたら。私はいったいどうしたらいいの?お願い。私から怒りを取り上げないで。今の私は怒りなしで、立っていられるほど強くはない。お願い。私から怒りを取り上げないで。それが違っていることくらい、私にだってわかってい...

  3. <怒りの矛先>1988年 新宿 - 写真家藤居正明の東京漫歩景

    <怒りの矛先>1988年 新宿

    不愉快な事が続く。このごろの我々は怒るべき相手に対して、真っ直ぐに憤ることが出来ているだろうか。問題の本質を隠されたり変えられたりで、どこに怒りをぶつけるかさえ迷ってしまう。社会にエネルギーがあった頃、周囲から何と云われようと、孤立無援でも自分の主義主張を貫く人がいたし、それが社会を変える切っ掛けにもなった。同調社会の今では考えられないが、不正に対して怒ることだけは忘れたくない。

  4. 恥を知れ - あずきのばあばの、のんびり日記

    恥を知れ

    この二つのお辞儀には天と地ほどの差があります一方は覚悟を持って心底から謝罪した青年もう一方は保身のためだけにグダグダと言い訳をするみっともない大人達何をか言わんやです!会見を聞きながら、今年大学生になった雷橋太郎とこの青年がオーバーラップして、涙が止まりませんでしたそしてこの人は、いけしゃあしゃあと永年勤続25年の表彰を受けました知らぬ存ぜぬを貫き通したご褒美ですね赤パンツは、この倍の50年...

  5. 生きる目的を達成するのはどんな人? - 仏教フリーク

    生きる目的を達成するのはどんな人?

    二河白道では、群賊、悪獣がたくさんでてきます。そして行くな行くなといいます。群賊、悪獣とは、求道聞法を妨げるすべてを群賊、悪獣にたとえられています。怪しいぞー、そっちへ言ったら死ぬぞー一緒に遊ぼうといいます。ところが、尊い人だけが一人、行けー行けーと言います。旅人も、こちらの岸では幸せにはなれなかったと思って一歩、また一歩と進んでいきます。行けば行くほど欲の河、怒りの河の波が激しくなります。...

  6. 男と女の怒り方の違い - 役員から降格して見えてきたもの

    男と女の怒り方の違い

    久しぶりに長男5歳年長が、お母さんにこっぴどく怒られた。女性の怒り方って、ねちっこい。ずーっと怒ってる。私も比較的短気なので、瞬間湯沸かし器タイプ(今は気を付けている💦)だがすぐに熱が冷めて、次の瞬間「じゃ何して遊ぼうか?」ってなる。どちらが良いか、というわけではない。世の中に男女しかいないわけで、それぞれで良いわけだが、よくもまあ、そんなにずーっと怒りを継続できるもんだと感...

  7. 歎異抄に書かれた人間の姿 - 仏教フリーク

    歎異抄に書かれた人間の姿

    仏教書で一番読まれているのは、鎌倉時代の歎異抄です。歎異抄には、親鸞聖人のお言葉が記されていることと、大変美しい文章で書かれていることで有名です。その中に、親鸞聖人は、私たちすべての人を、煩悩具足の凡夫といわれています。凡夫とは人間のことです。煩悩とは、欲望と怒りと愚痴など、私たちを煩わせ、悩ませるものです。具足というのは、それでできている、塊だということです。歎異抄は親鸞聖人のお弟子が書い...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ