思い出のタグまとめ

思い出」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思い出に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思い出」タグの記事(1389)

  1. ブラックジャックによろしく!のような存在だった - The secret of my Success

    ブラックジャックによろしく!のような存在だった

    アニメ「ブラックジャックによろしく」はドラマにもなり、若かった頃の妻夫木聡クンが熱演した今までの医者のアニメの中で手塚治虫さんが書いたブラックジャックも面白かったけど、このブラックジャックによろしく!は私にはかなりヒットした作品等身大に近い人物たちが居たから…というのもあるだろう、今はもちろんネットで見つけると立派なドクターになっている去年の私の外来時に若手の先生がその1人が逝去した・・・と...

  2. 2020/6/30conc.-7/6am2:38紙焼き写真:京都上醍醐ほか・首里城と波ノ上宮・狩りするダツ・陽石と田の神さあ・茅の目・大阪城・石上神宮・目黒不動 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2020/6/30conc.-7/6am2:38紙焼き...

    巨大茅の輪見るとなごむわー(渋滞は困るけど)>車もあわせてお祓い!京都市・城南宮「愛車の茅の輪くぐり」 | 京都府 | LINEトラベルjp 旅行ガイドhttps://www.travel.co.jp/guide/article/38836/…posted at11:37:53笠間の巨大茅の輪はおわっていた!>日本三大稲荷に数えられる茨城県笠間市の笠間稲荷神社http://www.kasam...

  3. 思い出10年前の2010年7月 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    思い出10年前の2010年7月

    10年前の2010年7月、日高にドライブしました。デジカメを買ったばかりの頃です。

  4. 父の思い出★不可解な人 - 月夜飛行船2

    父の思い出★不可解な人

    小学生の時理科の宿題で”乾電池と豆電球を使って何か作る”というのがあって豆電球を照明にした「お店屋さん」の模型が作りたくて作り始めたことがありました これがなかなか時間がかかり間に合いそうになくなって「もうやめるもっと簡単なのにする」と言ったら「自分が考えて決めて始めたことは最後までやり遂げるように」と父親に叱られたのでした さてそれから父も手伝ってくれて・・と言いたいところですが手伝って...

  5. 2020/6/19conc.-30am00:14上醍醐、山田浅右衛門墓と霊厳寺、西伊豆城ケ崎蓮着寺、森戸神社水天宮の子授け石、蓮を被る子、沖縄慰霊の日、葉山の庚申塔、鋸山、大力石持ち上げ方、大掃除 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2020/6/19conc.-30am00:14上醍醐...

    #みんなで隅田川花火大会隅田川がないと夏がはじまらない。最後に行ったのは十年以上前だけど、以後もテレ東は必ずつける。2007年は東京湾と隅田川の両方行った、別の人とだったけどまそれはそれで。来年また会いましょう***********この元ツイの人は老舗インフルエンサーで、上から浅知恵をぶっ叩いて信者集めてたな。人気のためにウソ煽ってる可能性あると思いますよ。相手して知名度に貢献するのよくない...

  6. 文月 - 花の窓

    文月

    パンジーとローズゼラニウム。愛らしく「おはよう」。熊本の友人から嬉しい贈り物。ベアちゃんは柄違いのお揃い!早速ステラちゃんと名前を付けました。これから一緒にお散歩が楽しみです。そしてリバティーのマスクはなんと手縫い。こんな上手な手縫い!素晴らしいです。ありがとう。もう一つ、熊本のお客様からのギフト。ツボのお品ばかり。お便りに懐かしい名前。ネットでアンティークを販売していた頃の店名はウサギにま...

  7. ★ 長野プチ旅 - うちゅうのさいはて

    ★ 長野プチ旅

    善光寺。長野に行った。目的は志賀高原。でもどこに何があるのかわからずハイキングコースを歩いただけ。でも、高原の空気は爽やかで、小さな花が咲いていたり気持ちいいウォーキングができました。志賀高原は、数年前に再訪したけど・・・残念な結果に(;´Д`)3日目は、上田の伯母さんが別所温泉に連れて行ってくれた。あちこち案内してもらい、お土産も持たせてくれました。当時はちょっと、気恥ずかしい部分もあった...

  8. 思い出の…二、三枚オリンパス編 - ぴんぼけふぉとぶろぐ2

    思い出の…二、三枚オリンパス編

    少々ご無沙汰しております。もうすぐ7月になろうというところですがまだ撮影散歩にはでていません…今回も思い出写真ですがすべてオリンパスE-P5にて撮影したものです。ご存知金閣寺。雲がいい感じ。マイクロフォーサーズのサイズは4:3がデフォルト。L版写真サイズでプリントすると上下が結構切れます。ニャンコ。ニャンコとオリンパスと言えば写真家、岩合光昭さんですね。これは植物園のライトアップ。夜の撮影も...

  9. ガソリン注入 - 帰ってきたドラニノニュース

    ガソリン注入

    もうすっかりガソリン注入はセルフに慣れてしまったな~。20年以上前はガソリン、人が注入するのが当たり前で。どこどこのガソリンスタンドに、可愛いおねえさん、しかもミニスカでガソリン注入してくれる。って情報が飛び交い。当時、ネットなんか無くても、この手の情報は早かったわい。(^-^)ガソリン注入完了したら、『キャップロックOK~!』の掛け声も懐かしい~。(^-^)

  10. ハナ - たんぽぽ観察日記

    ハナ

    かわいくて愛嬌があったね家族のことが大好きだったはな過去形で話すのが、寂しいなあ一年経ったんだな

  11. 網戸の傍に・・・ - おだやかに たのしく Que Sera Sera

    網戸の傍に・・・

    よくここで網戸の外を見ていました開けてほしいときは網戸をガリガリ・・・麗にひっかかれて傷だらけの網戸・・・張り替えなければならないけれど麗の気配が消えてしまいそうで・・・わざとのようにガリガリしたあと振り向いてこんな顔してました麗がいなくなって4カ月・・・こちらはコロナで大変だったのよ・・・昨年6月===========

  12. 父ちゃんと父さんのこと - 続・暮れゆく日々の足跡

    父ちゃんと父さんのこと

    珍しく父の話です。父は今年90になりました。朝5時頃父の部屋に行くとふと目をあけて「鎌切れなくなっちゃったよ」と言うどうやら夢の中で山の草を鎌で刈っていたようだ。「砥石持ってくりゃあ良かったんだがなぁ」残念そうに言う「疲れちゃったからもうおしまいだ。少し休むぞ」そう言うと少し安心したように眠りはじめた。歩けなくなった父には夢が現実の世界に感じるのかもしれない。朝日が部屋全体にはいる明るい父の...

  13. 朝の光の中で・・・ - おだやかに たのしく Que Sera Sera

    朝の光の中で・・・

    今朝散歩した竹林で紫陽花に朝の光がシャワーのように注いでいるシーンそんな写真いつか撮っていたな・・・と思い出して・・・探しました2年前のピクチュアファイルにありましたこの時はたくさん縹色の紫陽花が咲いていました============

  14. 台湾の思い出 - Handmade でささやかな幸せのある暮らし

    台湾の思い出

    ずっと、溜まりにたまった画像の整理をしようパソコンの画像データを開いた。色んな画像が出てきたが、懐かしい画像の中でついつい、見いってしまった画像。台湾旅行の画像。台湾に家族旅行したのは、もう、ずいぶん前になります。娘の部活やら受験やらもろもろ考慮して半ば強行軍的に敢行した台湾旅行。最初は渋った娘も行ってみれば台湾にはまり、もう一度行きたいと思うほど。こんな状況なので近々に行くことは叶わないだ...

  15. パブロフの曲 - 戯画漫録

    パブロフの曲

  16. 夜明け? - スズキヨシカズ幻燈画室

    夜明け?

    しまった!夢中になりすぎ外が明るくなってゆく!4時過ぎてる(汗)帰らねば、、@

  17. 父の歩いた道③(完)~再び現金書留~ - 四月の魚

    父の歩いた道③(完)~再び現金書留~

    上京して、言葉のイントネーションの違いを笑った担任教師の何気ない一言で、私はからかいの対象となっていた。からかいはしだいにエスカレートし、それはいじめになった。私は、学校や、さらにいじめっ子のいる地域、その現実すべてから逃げ出したくて、故郷に繋がる線路を見にやってきた。だから。私は、父が同郷の共同経営者に心を許したのがなんとなくわかる。今は。不遇の母親をひとり故郷に置いて、「一旗揚げん」と大...

  18. 父の歩いた道②~白馬の騎士~ - 四月の魚

    父の歩いた道②~白馬の騎士~

    幼い頃、世の中で一番恐ろしいものは「借金取り」だと思っていた。幸い、私は厳しい取立ての場面など見たことがないし、その姿の記憶さえ朧である。みそかやおおみそかには、兄が私を連れて祖母の弟である大叔父の家に行くことが多かった。母が気を遣ったものと思われる。それで私は、姿を見たことがないままに勝手に「借金取り」の鬼のような形相とか、悪魔のような尖った爪とか、ゾンビ(当時はそんな言葉は知らなかったが...

  19. カレーライスかライスカレーか - あかね雲キレイ♪

    カレーライスかライスカレーか

    ライスカレーなんか外で食べるもんやない・・・・戦中派の母は、よくそう言っていた。今、ライスカレーなんて呼ぶ人はほぼいないだろうが。カレーライスどんなに時代が変わっても、この国では「おふくろの味」としてランキング上位に位置する、家庭料理の定番であると私は思っている。なにより、その強烈にパンチの効いた香りが漂えば、子供ですらその正体がわからない日本人はまずいないだろう。そしてそれがなんであるかを...

  20. 父の歩いた道①~現金書留~ - 四月の魚

    父の歩いた道①~現金書留~

    小学校に上がる前の冬に上京した。夜逃げだから家財道具はない。そのぶん、たっぷりとお国訛りを持参した。ただでさえそれでいじられるのに、テレビがなかったことで、私はいっそうからかいの対象となった。この頃はもう、一般家庭にカラーテレビさえあって、白黒テレビすらない家庭は珍しかったと思う。ただし、新聞のラ・テ欄にはカラー放送のところに「カラー」という特別なマークがついていた。私は毎日感じていた。みん...

総件数:1389 件

似ているタグ