思い出のタグまとめ

思い出」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思い出に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思い出」タグの記事(687)

  1. 10年前 - マイニチ★コバッケン

    10年前

    先日、古いパソコンのデータを整理していたら、懐かしい画像が出てきました。丁度10年前の、ヒロシ君との婚前旅行。翌月に結婚式を控え、愛車のフェアレディZで遠出するのもこれで最後か・・・という嬉しいやら寂しいやら(結婚生活にスポーツカーは不要のため)。丁度この頃、高速料金の見直しで深夜0時になると格安になるとかで、深夜を走ってちょっくら会津まで、ご先祖様へのご挨拶も兼ねての旅行でした。ヒロシ母方...

  2. なつかしの #765 - 「 K 」 Diary

    なつかしの #765

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ結構マンガを読んでいておもしろいなと思うのはああそれあるあるって言う話わりとそう言うネタみるとおもしろいよなちょっと前に『週刊少年サンデー』連載のマンガ『保安官エバンスの嘘』にこんなシーンがあった『人の恋愛に口出す奴の発言に根拠などない』『イケると担がれて撃沈した奴を星の数ほど見て来たからな・・・』ぶははは!ああ確かに中学生くらいの時こういうシーン視たなとて...

  3. 平成の思い出Ⅶ - フォト・フレーム  - 四季折々 -

    平成の思い出Ⅶ

    「平成の思い出」もこれで最終回となりました。2019年1月桂離宮古書院前の止め石2019年2月品川アクアパークのアオウミガメ2019年2月新宿コクーンタワーこの頃からカメラをミラーレスFXに変えました。軽くコンパクトな形状が魅力です。2019年3月北の丸公園の咲楽2019年4月山梨県新倉浅間神社からの富士と染井吉野五月一日から元号は改まりましたがこれからも日本の四季折々の風景をお送りできたら...

  4. ビリへの拍手 - 四月の魚

    ビリへの拍手

    いまの私からは想像もつかないが、かつては「マッチ棒の少女」だった。マッチ棒など、もうほとんどお目にかかる機会もないので「つまようじの少女」と言ったほうがいいだろうか。栄養失調の発育不足で、ひょろひょろのガリガリに痩せていた私は、いまなら虐待を疑われたかもしれない。学校生活で何が嫌いといって、身体測定と運動会ほどイやなものはなかった。そもそもテストのある日を除いて、進級できる最低限の日数しか登...

  5. 大人になる魔法は、てっぺんのミント🌿 - 季節の植物や花を布で作る『マリヨ』の美しく愛おしい花たち

    大人になる魔法は、てっぺんのミント🌿

    スペアミントの布花が出来上がりましたは🌿ミントの花言葉は「美徳」「効能」「貞淑」「爽快」「かけがえのない時間」。子供の頃たまに家族で出掛けた「CASA」は、他のファミレスにはない特別な雰囲気を子供ながら感じていました。以前知人が「カーサって、わたせたいぞうが描いたようなファミレスだよなあ!」と言っていたけど、確かに❗️わたせ氏のトレンディーなイラストを思わせます&am...

  6. youtubeのイイネ履歴が突然イフト経由で吐かれてきたのでライフログとして(多分昨年から?) - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    youtubeのイイネ履歴が突然イフト経由で吐かれてき...

    ※ログが突然吐かれてきて当惑したけど、ライフログとして載せときます。すべてYouTubeのコメントなので著作権はYouTubeサイドのどなたかになります。本文引いてしまう仕様なので支障あったら消します。ハイエイタス・カイヨーテHiatus Kaiyote - Jekyll Filmed for Wunce Magazine www.wuncemag.com (C) 2013 Pineappl...

  7. 旅虫の系譜 - 四月の魚

    旅虫の系譜

    小学校2年のとき、ひとりで電車に乗って上野駅まで来た。ホームに、屋根いっぱいに雪を積んだ列車が入って来るのを、ただ見ていた。その雪が故郷のものであってほしいと思っていた。東京に引っ越してきたのは、小学校にあがるまえのこと。話し言葉のイントネーションがおかしいと、近所の子供にからかわれた。方言は、卑しいもの、恥ずかしいもの、直すべきものだと、残酷な子供らは告知した。居心地の悪い東京で、上野駅の...

  8. ⭐️  引っ越しました❣️  ⭐️ - comodo my room

    ⭐️ 引っ越しました❣️ ⭐️

    パリ旅のレポ中ですが、一時中断してご報告です❣️45年目に突入したつくばでの生活にピリオドを打ち、東京三鷹に引っ越しました❣️今だからこそお嫁ちゃんやおまごっちのヘルプができるかなぁ…今だから出来る大断捨離、片付けかなぁと思っての決断です❗️つくばでの子育て時代、ピアノ、テニス、手作りと、どの時代にもかけがえのないお友達がいて、おしゃべりして、美味しいものをいただいて、本当に思い出のいっぱい...

  9. 第2回!写真整理サークルのご案内 - 岐阜・整理収納アドバイザーのブログ・おちつくおうち

    第2回!写真整理サークルのご案内

    ****************岐阜の整理収納アドバイザー 野田美紀です。整理収納サービスいたします。メニューはこちら→★****************こんばんは。5月末にドキドキしながらはじめて開催した写真整理サークル。ご参加いただいた皆様ありがとうございました!第一回目を経験して、今後も引き続き開催したい!しよう!と決めましたので、基本的な予定は以下のようにさせていただこうと思います。...

  10. 付箋とラジオ - 四月の魚

    付箋とラジオ

    父の日企画!お父さんとの思い出を語ろう!読み終わった本を再び開くと、いろんなページのいろんな箇所に、たくさんの付箋がついている。見えない付箋。眺めてきた風景、過ごしてきた場面、流れていった言葉、音楽、画像。それらにつけられたいくつもの付箋。 忘れないように、と思う。忘れたくないとか忘れたらいけないとかの想いのなかに、忘れてしまってもかまわない、それでも生きていくのに差し支えない、というものが...

  11. 平成の思い出Ⅵ - フォト・フレーム  - 四季折々 -

    平成の思い出Ⅵ

    平成の時代も終わりに近づきつつあります。2018年1月今年も一月は関西でした。伊丹空港の滑走路の端から見上げる機影。2018年1月東京に大雪が降り交通機関は機能不全状態。2018年3月千葉の崖観音、修復完了で美しくなりました。2018年3月山梨の王仁塚桜(ワニヅカ)、畑の中の見事な一本櫻です。2018年4月日光東照宮、ここも修復完了しました。2018年4月彫刻の精緻さ,色彩の鮮やかさが素晴...

  12. 女友達 - 四月の魚

    女友達

    女友達と食事をするときは、お茶を飲むことが多い。お酒を飲んだとしても、加減している。相手が女性だと、なんとなく私がしっかりせにゃあ、という気になり、うかうかと酔ってはいられない意識が働くのだ。不思議である。大学時代、一番仲の良かった女友達に恋の仲介を頼まれた。よくある話。しかも、その相手と私は付き合うか、付き合わないかの微妙なポジションにいた。言葉や態度の端々でお互いに気持ちを感じることがあ...

  13. 天安門事件 - 玉響記 2

    天安門事件

    30年前の6月4日中国で起こった事件ですが私にとって展覧会のオープニングに出席するためではありましたが初めての中国旅行でした。この写真はその後訪れた時に撮ったものです。ニュースでは些か気になる情勢ではありましたが留守中の食事の準備などバタバタしていました。最後の買い物に出かけて帰宅すると「戒厳令が出たので旅行は中止」だと連絡があったというのです。気が抜けたと申しましょうか予定していた日は何も...

  14. 贖罪 - 四月の魚

    贖罪

    楽観は、人が狂わないで生きつなぐための命綱である。しかし、ときに、その楽観を見ると、私は狂いそうになる。「なんとかなるよ」とよく言われた。善意の言葉だ。けれど、そのたびに「でも結局、なんとかするのは自分だよね」と心の中で言い返した。私がなんとかしなければという思いは、プレッシャーになって苦しい半面、覚悟にもなる。自分が何もしなくても、なりゆきでなんとかなるという楽観は、私には怖くてならない。...

  15. 人生ゲーム - 四月の魚

    人生ゲーム

    父の日企画!お父さんとの思い出を語ろう!死んだ父は、無類のゲーム好きで、マージャンや花札はもちろん、将棋、囲碁、トランプ、子供相手の盤ゲームにも目がなかった。父が平成の世に子供であったなら、ゲーム機やパソコンにかじりついて、1日中やっていただろうと思う。夢中になるあまり、課金制のものにも頓着せずガンガン手を出して、膨大な金額の請求が来たことだろう。 だから、暮らしていくのに必要なものは買わな...

  16. 正しくないことは、みんな父が教えた - 四月の魚

    正しくないことは、みんな父が教えた

    父の日企画!お父さんとの思い出を語ろう!ものごころついたときから、父はあまり家にいない人だった。家にいるときは、仕事をしているか、大酒を飲んでいるか、または怒っていた。仕事をしているときは、いつも切羽詰っているときなので、徹夜に近い状態。だから寝ているとき、というのをあまり見なかった。大酒を飲んでいるときは、たいていは途中まで上機嫌なのだが、酒の在庫が切れると途端に父も呼応するようにキレて、...

  17. ついに大発表!第3回ふらのカブ主総会について - noraな日々

    ついに大発表!第3回ふらのカブ主総会について

    *画像はすべて第2回ふらのカブ主総会のものです!未公開画像も?(笑)第3回ふらのカブ主総会at 野良窯・カフェノラ2019年8月15日(木)雨天決行限定50台です(申込方法は↓にあります)【時間】11:00~14:30頃(10:00から入場OKです)【場所】野良窯カフェノラ(富良野市下五区フラノマルシェより五条大橋を越えてすぐ)【参加費】1台1500円参加費に含まれるもの:ペットボトルお茶、...

  18. おめでとう!おめでとう!おめでとう! - わたしのくらし

    おめでとう!おめでとう!おめでとう!

    本日、姪っ子のような子がお嫁に行きます。私たちの結婚式の時ドレスを嫌がっていたのに(↑スカートを穿きたくない時期だったらしく)ヴェールを持ってもらうために(←大人の勝手(;・∀・))無理やりドレスを着せたことを思い出します。あんなに嫌がっていたのに、着たら着たで、笑顔でこなしてくれましたけどね( *´艸`)まだまだ、つぼみだと思っていたのに、、、もう、すっかり大人になっていたのですね。可愛か...

  19. 懐かしい匂い - ゆうさんちのご飯日記

    懐かしい匂い

    今朝、幸子さんと整形にいく途中、一人の女の人とすれ違った。早めに出ると、あちこちで出勤途中の人とたくさん出会う。その女の人は特別オシャレな格好でもなく、ラフな上下に両手に荷物を持っていた。私とすれ違う側の手に小さな黒いトートバッグを持っていて「お弁当やな。」と思った。その瞬間、私の鼻先でお弁当の匂いが蘇った。海苔とか卵焼きとかピーマンの炒め物が混ざり合ったあの匂い。昔々の二十歳の頃のOL時代...

  20. ピンクの紫陽花が咲きだしました - 難病あっても、楽しく元気に暮らします(心満たされる生活)

    ピンクの紫陽花が咲きだしました

    今日は、曇って富士山も見えませんが、紫陽花が咲きだしましたね母が私に紫陽花が咲くころ私の顔を見ながら言いました。ほんのり色ついた頃が一番奇麗なのよ女の子もそう!17~19歳ぐらいが匂い立つようねと高校生の私には、分かりませんでしたが、今ならわかりすぎますどんな時でも、過ぎ去れば今が一番若い時気持ちは青春時代と変わらない今が一番楽しいと言いたいですねかけがえのない日々花を生ける(投げ入れ)って...

総件数:687 件

似ているタグ