思うのタグまとめ

思う」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思うに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思う」タグの記事(22)

  1. 友きたる - Life: a blog about nothing

    友きたる

    キリスト教徒の友人達と家族の話をしていると、彼らの考え方(そしてそれを実践しているであろう行動)を尊敬する気持ちになる。仕事上では彼らを指導することもあったし、僕よりも年下だが、家族の話をしていると、彼らには敵わないと思う。その心がけを学ぼうとも思うけど、やっぱり無理だとも思う。彼らはシンガポリアンだが、別のシンガポリアンも「7つの習慣」が愛読書で、彼女とはインサイドアウトとかの話をした。思...

  2. autonomy - Life: a blog about nothing

    autonomy

    とある研修で、自分が仕事に何を求めているか(何を大事に考えているか)を測るテストのようなものがあって、僕の場合はAutonomyが一番だった。人からあれこれ指図されるのが嫌で、自分でコントロールしたいということ。確かに当たっているなと思った。そして、この数年間は割と仕事でそれができているのかなとも思う。誰からもあれこれ言われなくても、ビジネスの状況がままならないことは多いので、決してストレス...

  3. タブー - Life: a blog about nothing

    タブー

    小学生の頃の運動能力は男女同じくらいだったのが、大きくなるにつれ、男の方が強く、速くなった。それは成長に伴うホルモンの影響なのだろう。思い出してみると、学力も小学生の頃は男女の平均が同じくらいだったのに、大学受験になると男の方が平均で上回り、一流大学の男女比は、圧倒的に男の方が多かった。これはなぜなんだろう。これもホルモンのせいなのか、それとも社会的な要因なのか。でもテストの採点で男が贔屓さ...

  4. 縮図 - Life: a blog about nothing

    縮図

    ゴルフを始めたのは海外だが、日本に帰ってからも続けている。海外のやり方に慣れた目から見ると、日本のゴルフには不思議なところが沢山ある。海外でやるときは、家からゴルフウェアで出かけていたが、日本では少なからずジャケット着用を義務付けていたり、ジーンズを禁止していたりする。また海外では朝から1ラウンド回って昼飯を食べて家に帰ると3時か4時だったが、日本では1ラウンドの途中で昼飯を食べるのがマスト...

  5. 自分の嫌いなところ - Life: a blog about nothing

    自分の嫌いなところ

    せこい。心が狭い。時々計算高くなる。基本的に自己中。自意識過剰。過剰にフェアさにこだわる人に期待する。傷つく。過剰反応する。体力がない。今思いついたのは、それくらい。

  6. lead - Life: a blog about nothing

    lead

    僕は人の意見をよく聞いて対話の中から最適解を見つけようとする癖が染み付いているし、自分の意見を人に押し付けるのは嫌いなのだが、本気になると「強いリーダーシップ」というのを発揮するらしい。「思いの強さ」をほとばしるらしい。初めてそんなこと言われたし、なんか恐縮してしまうが、複数の人から声を揃えて言ってもらったので、自分も成長したのかもしれない。人を率いる力という意味ではなく、自分の美意識や価値...

  7. ユニクロ - Life: a blog about nothing

    ユニクロ

    ユニクロのマネキンが昔よりずっと格好よくなってる。たぶん欧米展開で揉まれて、いいデザイナーも採用して、垢抜けたのだろう。昔みたいに七色のフリース!みたいな無意味な商品展開がなくなった。ちょうどビジネスのことを考えていたので、最初から世界展開するのと、最初に日本で固めてから出ていくのとどっちがいいのかな、と思った。ユニクロは後者だし、日本企業のなかで前者で成功した例はあまり思いつかない。大谷翔...

  8. 雨音 - Life: a blog about nothing

    雨音

    実家に帰り、庭の草木に落ちる雨の音を聞いていたら、東京で聞く雨の音とは全く違うのに気づいた。雨の音は本来こういうものなんだな。たとえば作曲や作画やビジネスの着想だって、これを聞きながら考えるのでは、明らかにアウトプットが違うだろうと思えた。

  9. 人 - Life: a blog about nothing

    人に関心を持ちつつ、人の目を気にしない。簡単じゃないけど、それが大事だと思う。

  10. 外れる - Life: a blog about nothing

    外れる

    今僕がやっていること、やろうとしていることは、10年前の僕なら想像できなかったかもしれない。いや、やろうとしてること自体はずっと考えていたことだけど、少なくとも昔よりも、敷かれたレールを外すことの抵抗がなくなってきた。というよりも、その愉しさが分かってきたのかもしれない。自分がワクワクする方向に手を伸ばして歩いてみること。今仕事の一環で今やっていることも、ワクワクすることが増えてきた。これも...

  11. U29 - Life: a blog about nothing

    U29

    NHKのU29という番組でクラウドファンディングの仕事をしている女性の話をやっていて、また感動した。クラウドファンディングって、もっと合理性の世界の無機質なものかと思っていた。あきらめるべき理由が沢山あったとしても、よりよい未来を作ろうと挑戦している人がいる。それを見て、これまであきらめてしまっていた人が自分も一歩踏み出してみようと思うきっかけになる。過去の自分のブログを読み返した。home...

  12. バラエティで - Life: a blog about nothing

    バラエティで

    今テレビのバラエティ番組(テレ東の家について行くやつ)で、ジェンダーレスの中学生男子が出ていて、一見軽そうだけど、ものすごく色んなことがわかっていて立派だったので、感動した。あの歳で大事なことや大事じゃないこともよく分かっていて、大事なものを大事にする勇気も持っていて、すごいなと思った。それを貫くのは強さがいるし、最近の自分のテーマそのものだと思う。その子は芸能人になりたいらしく、Twitt...

  13. ラスベガス - Life: a blog about nothing

    ラスベガス

    国の安全保障の観点からすると、日本の憲法問題よりも、アメリカの憲法問題の方が根が深そうだ。アメリカ憲法の修正第2条(武器保有の権利)が修正第1条(思想・表現の自由)よりも幅を利かせている、と今日のニューヨーク・タイムズの記事にあった。外国人からすると、アメリカの銃規制の弱さは全く理解できないが、以前にアメリカ人にそれを言ったら、アメリカ人にも理解できないと言われた。今日3本目の投稿。旅に出る...

  14. 秋の花、秋明菊 - 花と風の薫り

    秋の花、秋明菊

    庭の秋明菊。今迄9月にアップしていたように思うけど、今年は一輪目が咲いた瞬間を覚えていない。近しい人が病気になって、心の余裕を失っていた。花が咲いたとか、実が生ったとか、些細な変化を見つけることが出来るのは、安穏とした生活だからなのだ・・「幸せはゆっくり、不幸は突然襲ってくる。」けれど・・どん底の時は、よい方へ向かっているスタートだと信じて。。

  15. はんせい - Life: a blog about nothing

    はんせい

    昨日少しお金にうるさいような発言をしてしまい、その自己嫌悪が今日まで引きずっている。こんなに嫌な気分になるのなら、そのお金を全部放棄したいくらいだが、こんなに嫌な気分になってるから、せめて次からは同じことを言わない知恵を身につけたい。落ち着いて考えれば馬鹿なことなのに、その時は思いが至らずに言ってしまい、後悔することが少なくない。元々大きな人がそのままでいるのと違って、元々小さい人はこうやっ...

  16. ギボウシソースイートと栴檀その後 - 花と風の薫り

    ギボウシソースイートと栴檀その後

    ひと月前に植え替えた栴檀。急激な生育ではないけれど随分大きくなり、ここからが、凄い生育なのです。最近広くもない庭の雑草に根を上げて、(情けない・・)今はまだいいけれどこれから先のことも踏まえ、外構工事をお願いすることに。ついでに古くなった門扉も交換し、土の部分を減らす為のアプローチを作って、と頭の中でデザインがぐるぐる回っていた。エクステリアのカタログからポストを選んだのだけど十数年前に私が...

  17. 七月初めの店内〜ヤマゴボウと野いちごと〜 - CROSSE 便り

    七月初めの店内〜ヤマゴボウと野いちごと〜

    ことしも後半に入りました。カレンダーをめくったとたん、うだるような暑さつづき。いよいよ夏本番と言ったところですね。テーブルのフラスコには、近くの道ばたで見つけたヤマゴボウを挿しました。まだ、先っぽには白く可愛い花の形が。上の方からだんだんと丸い実に。野いちごも小さな六ツ目カゴに入れました。つややかな小さな実は、ちょうど食べごろに熟れています。ウインドウには涼しげな色のフラワーベースを。デッキ...

  18. 死にたいと思っている人は実は多い - 気づきブログ

    死にたいと思っている人は実は多い

    もう死んでもいいと思っている人って結構いると思う。それほど、今の人たちは、無理して疲れ切っているのでは?って思います。敢えて死にたくありませんが、死んでも別にいいかな?って思うレベルの人って、ものすごく多いと思います。確かに、死んでしまえば何もかもがリセットされ楽になるように感じます。果たしてそうでしょうか?そうやって、命を粗末にする人は、それで終わるとはちょっと思えません。死にたくないと思...

  19. 雨降る中、東洋錦(木瓜) - 花と風の薫り

    雨降る中、東洋錦(木瓜)

    花冷え。シトシトと降る雨の中で東洋錦が色鮮やか。

  20. Don't take ANYTHING personal. - Life: a blog about nothing

    Don't take ANYTHING pe...

    Don't take it personal.というのはよく言うが、Don't take anything personal.という文章を読んで、それもそうだなと思った。人はみんな自分のストーリーの中を生きていて、そのなかで希望や羨望や絶望や、憧れや焦りや劣等感、色んなものを抱えて生きている。だから、誰かが何かをしても、それに振り回されたり傷つく必要はない、ということ。た...

総件数:22 件

似ているタグ