思春期のタグまとめ

思春期」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思春期に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思春期」タグの記事(86)

  1. いやなことはやりたくない。意識の改善と思春期がかぶった - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    いやなことはやりたくない。意識の改善と思春期がかぶった

    げんちゃんは、自分の気持ちを、前より少しは、自分の手中に収めることができるようになってます。そうすると、いやなことに対して、けっこう上手に逃げたり、抵抗したりするのも、より確信犯的です。さらにさらに・・・やらなきゃいけないこと、勉強に限らず、生活全般でも、げんちゃんは上手にずるをします。もともと、自分にとって関係ない、とか、捉えたくない、とか思えば、平気で自分の戸を閉めてしまうふてぶてしさ...

  2. 学習をみてやらずほったらかす。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    学習をみてやらずほったらかす。

    げんちゃんほったらかし週間3日目・・・私は、用事で夜中に帰ることになりました。げんちゃんは、あいかわらず、朝まったく起きません。起きてもぼ~っとしてなかなか動かず、あきれ果てるばかり。ここもほっとこうと思うけれど、さすがに、声をかけて、少し急がせました。でも、きっと遅刻だろうな~・・・もう、毎日毎日朝のこのバトルは疲れ果てます。夕方、おばあちゃんから電話がかかってきました。「今日は、げん...

  3. 寝た子はいつ起きるのだろうか。 - グルグルつばめ食堂

    寝た子はいつ起きるのだろうか。

    子育てをする時、いつも自分のその年のことを考えてきました。その時の気持ちを思い出して、子供の気持ちになって色んなことを決めてきました。でも、18歳にもなると、理解するのは難しいですね。私は悩むよりやってみる方だったなと思います。斜に構えることもなく、好きなことに素直だった。好きじゃないことも努力すればなんとかなるかもしれないと思っていた。単純だったのかなあ?息子は、いつの間にこれほど斜に構え...

  4. 30年後に見た「ニュー・シネマ・パラダイス」。 - グルグルつばめ食堂

    30年後に見た「ニュー・シネマ・パラダイス」。

    今年初の家族で見た映画は「ニュー・シネマ・パラダイス」でした。もちろん私達は昔見た映画で、息子は初めて。調べると、もう1988年(日本公開1989年)ということは、この映画を見た時から30年経ったことになります。30年間この映画のイメージは、小さな映画館を舞台に映画今昔的バックボーン。それから、映写技師のアルフレッドと、ちっちゃなトトとの友情物語。記憶に焼き付いているのはトトの可愛さ。シチリ...

  5. げんちゃんの、真の反抗期が始まったようです。 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの、真の反抗期が始まったようです。

    ほんとにやきもきしながら、精神的にげんちゃんに振り回されてきたこのごろです。私の言うことは聞きたくない、うざい・・・そういう態度が出てきて、なかなか思うようにならない。それでいて、本人にまかせていたらできるか、と言うと、とんでもない。私は、彼を見守ることもできず、かといって、指導しようとしても、つっぱねる。母親への多大な甘えをばねに、自分の心の迷い、もやもやと戦っているようなげんちゃんが...

  6. ダン・エイクロイドとミロス・フォアマン三昧 - グルグルつばめ食堂

    ダン・エイクロイドとミロス・フォアマン三昧

    息子が。。。なんですが、すっかり夫婦ともに巻き込まれている日々です。やっぱり面白い映画を観てると、それが懐かしかったりだと、ついつい一緒に見ちゃいますね(汗)発端はやっぱりミロス・フォアマンの「アマデウス」(1984年)。それは記事にしました。ここに出てきた主役の彼が、パパの大好きな映画「アニマルハウス」(1978年)に最初に出てきたんだよねーって話しになり、ホントだホントだ!女の子、誰かわ...

  7. 心の中でもやもやしている思春期。反抗期の乗り越え方・・・? - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    心の中でもやもやしている思春期。反抗期の乗り越え方・・・?

    ショパンの革命を聴いてのインスピレーションらしい。ショパンが祖国の一大事に、怒って、帰っているところ、らしい。まるで抽象画。げんちゃんは、何でも抽象画になってしまうところがユニーク。暗い画面から、まだまだげんちゃんの心がもんもんとしているのがわかるようです。これは、絵画教室での絵。先生に、色遣いをほめられた。肖像画は、テレビの画面をとめて描いたらしい。大きい物を小さく写せたので、進化を感じ...

  8. 発達障害の思春期、反抗期になる前にその2 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害の思春期、反抗期になる前にその2

    さて、6年生から続いているこのめんどくさいステージをかえりみて、育児についてある気づきをしました。思春期にいたる前の時期は、子どもの感情との戦いです。まあ、わがままとの戦いと言ってもいいかな。(げんちゃんは、感情さえ、ある時期まであんまり出てなかったですが。)発達障害で、遅れのある子は、指導してもわからない、とか、厳しくすると可愛そう、とか言う理由で、甘やかされてしまうことも多いと思います。...

  9. 発達障害の思春期、反抗期になる前にその1 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害の思春期、反抗期になる前にその1

    変わっていないようで、じわじわ日々進化しているげんちゃんのようです。ただひたすら、やりにくいな~と思っていたこの頃のげんちゃん。6年のころは、意識が出てきて、自分の感情が優位になって、それが爆発しているものでした。少し、動物的で、理論的なおさえがなかなかきかない。それが、最近、自分の行く方向性はある程度見えてきているけれど、なかなか自分自身をそこへもっていけないジレンマで葛藤しているよう...

  10. 発達障害の育児、思春期パパの力がいるけれど・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害の育児、思春期パパの力がいるけれど・・・

    前回のブログで、少し進化したところを見せたと思ったら、げんちゃんは、またひどい状況になっています。感情をコントロールできる理性的な自己とも言うべき”意識”が出てきたものの、感情も、同じように、ある程度つかめるようになっているので、自分のしたいこと、感じた気持ち、そういうものも全面に押し出してくるようになったのです。前回のバスケットの例であれば、友達が親切じゃなかった。先生が教えてくれなかっ...

  11. 行かないよ。 - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    行かないよ。

    次男からのライン。塾に国語の持ち物を全て忘れて行ったようだ。塾に行くギリギリまで、寝っ転がってスマホゲームに精を出していた次男。準備は出来ているのか?という質問に、あーと答えた次男。正確には、あー(怒)だった次男。ゲーム中に話しかけんじゃねーよという心の声が聞こえまくっていた次男。そしてこのライン。母は、行かない。行く気が全くしないからねぇ!

  12. 高校生活は順調の模様 - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    高校生活は順調の模様

    昨日、学校から機嫌よく戻った長男。学校でハロウィンパーティがあったらしい。パーティ?パーティて・・なんやそのアメリカのスクールみたいな催しは?学校が主催してるわけではなく、各クラスで勝手に盛り上がるイベントらしく、朝礼前からすでにお菓子配りが始まり、休憩時間と放課後はダンスまで企画されている。写真にはとれなかったけど、大量のお菓子を持ち帰り楽しい高校生活をお話してくれた。先生も生徒もほのぼの...

  13. 最近はがゆくおもっていること - アガパンサス日記(ダイアリー)

    最近はがゆくおもっていること

    ある十代の若者がいます。最近知り合った人です。その人は、日本がどんどん貧乏になってしまうことをとても心配しています。近い将来もっと貧乏になったら、この国は大きな国の言いなりになって占領されてしまうに違いないと思っています。だからそうなる前に武器を持ち、自分たちをどこかの敵から守らなければならないのだと思い詰めています。その人に、平和が大切だよと話してもはやる気持ちを説得することはできません...

  14. 帰りの教室に行きました。「来ないでいいよ。」 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    帰りの教室に行きました。「来ないでいいよ。」

    昨日は、学校が終わるくらいの時間に、迎えもかねて、教室を見に行きました。帰りの会が始まる前のざわざわした時間、今では、二人担任制になったげんちゃんの教室で、新たに加わったちょっと体育会系の男の先生もいました。げんちゃんは、教室からすっと出て行って、隣の教室に行って、先生に話しかけました。「あのう、明日の4組の理科は何を用意したらいいですか~。」廊下から中の先生に向かって声をかけます。迷いの...

  15. 秋の栗仕事と巣立ち直前の難しさ - グルグルつばめ食堂

    秋の栗仕事と巣立ち直前の難しさ

    甘露煮と鶏もも肉の炒めもの。1)鶏もも肉を塩を軽くして、グリルで焼け目つけてから一口大に切る。2)生姜千切りを脂を入れたフライパンで香りが立つまで炒めたら肉を入れてさらに炒める。3)鳥スープ少々を入れて炒め煮し、栗の甘露煮と白髪ねぎを入れて軽く炒めてから、みりんと醤油同量合わせたもので味を整え、タレが絡むまで炒めたら出来上がり。--------------------------------...

  16. 発達障害の本質を改善するのは、ほんとに大変で、パイオニア的なことなのかも・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害の本質を改善するのは、ほんとに大変で、パイオニ...

    げんちゃんの、私に対する反抗も、ずれまくっている態度も、底を打ったと感じた時から、行きつ戻りつしながらでも、上がっていってる感じはしてました。いつものことながら、赤が赤紫になり、やがて紫に変態するように、げんちゃんは少しずつ変化し、あら、紫になってるよ、という瞬間がやってきます。それに並行するように、毎日いろんな出来事が起こります。日々したためたいですが、文章にする時間もエネルギーもない日...

  17. 意識が出てきたら、今度は、感情との戦い。ささやかな出力 - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識が出てきたら、今度は、感情との戦い。ささやかな出力

    昨日は、テストの結果にがっかりしましたが、 げんちゃんの出力は、ほんの少しだけ始まってきました。先週くらいから、そう感じている私です。自分が何を感じているかも、捉えられず、会話しているようでも、対話にしかなっていない。どこか人格のない生物を飼っているようなところがあったげんちゃんが、最近、ぽつり、ぽつりと、自分の感じたことを言葉にするようになりました。またこんなこともありました。先日久し...

  18. 発達障害の思春期を乗り越えるには・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    発達障害の思春期を乗り越えるには・・・

    げんちゃんは、今日二泊三日の宿泊研修に出かけました。出かけるまでに、先週末から、色いろドラマがありました。先週末げんちゃんは、持って帰るべき宿泊のしおりを持って帰りませんでした。週末に荷物の用意をする、と予定表にあって、しおりを持って帰る、と書いてあったのですが、いつものことながらできませんでした。しかも、週末の宿題プリントも、持ち帰るのを忘れています。あいかわらず、いっちょ前の態度で...

  19. げんちゃんの性格・・・・人格ってものが、やっと現れてきたのか? - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    げんちゃんの性格・・・・人格ってものが、やっと現れてき...

    先週 あんまり、げんちゃんの態度が自己中心的で、私は、もてあましていました。私が帰っても、お帰りとも言わず、すれちがいざまに、「じゃま!」と言い放つ。今度催される絵画教室の展覧会について、げんちゃんは、何も把握してこず、今日教室に行って来たら、聞いてくると言う流れだったのですが、報告もありません。げんちゃんときたら、相変わらず、何も考えていないようです。「はあ?月謝なら渡したけど!・・」なん...

  20. 「普通」がわからない子たち。 - グルグルつばめ食堂

    「普通」がわからない子たち。

    ばあばの家で長い長い夏休みを楽しんでいる息子。おばあちゃんとテンポの合う17歳男子ってどうよって思うけれど、息子が居れば安心なことも多いので、好きなだけ居てくれと見守ってます。が、しかし。先日、憤慨した母から電話が入りました。「もう出ていきなさいって追い出したわよ!」なにが起こった?聞くと、たわいない話でした。長髪の息子を見かねて母が言ったのですって。「もっと他の子みたいに普通の髪型に切って...

総件数:86 件

似ているタグ