思春期のタグまとめ

思春期」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには思春期に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「思春期」タグの記事(10)

  1. 意識が出てくると、次はどうなる・・・ - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    意識が出てくると、次はどうなる・・・

      お盆休みも終わり、夏の終焉がそろそろちらつき始めます。お盆休みは、実家に帰って、同窓会に出席したりして、あっというまに終わりました。仕事にもどれば、山積みの仕事があって、すっかりブログを更新するのが遅くなってしまいました。 10日も立てば、げんちゃん育児については、まったく違う視点や展開になっています。この度もやはりそうです。げんちゃんのけだるい夏休みは、さらに、だるいものになってい...

  2. 子育て最後に付いてるお楽しみ。 - グルグルつばめ食堂

    子育て最後に付いてるお楽しみ。

    FBとインスタがあまりに簡単に記録でき交流できるので、blogに戻れなくなっていました。暑さ疲れのせいで、ラクなものに流れちゃう~・・・と、パソ前に座れずにいましたが、私をblogに引き戻してくれるのはやっぱりこの人。息子のことはやっぱりblogに書き残しておきたくて。奈良の茶摘みアルバイトと北海道の炭焼き窯修理で夏中いなかった息子。いつ帰るかもわからず、連絡も無く、連絡もせず。音信不通が続...

  3. 独り偕老洞穴 悲しい男の物語 ~7月下旬~ - アガパンサス日記(ダイアリー)

    独り偕老洞穴 悲しい男の物語 ~7月下旬~

    7月下旬、学校は夏休みに入り、エネルギーも戻ってきた私は過去に通っていたラグビーのクラブチームのもとへ顔を出しに行った。同輩やその弟たちの活躍ぶりには驚いたが、太陽のもと走り回る姿には些かの懐かしさを感じた。そのクラブチームはもう随分と昔に住んでいた家(7年ほど前までだが)の地区にあって、ふと、どうせならそこにも行っておきたいと思った。 さて、決行の当日、路線や時間を確認し、正午前には家を出...

  4. 16歳の私へ - アガパンサス日記(ダイアリー)

    16歳の私へ

    ここ数日、次男が帰省してきていた。私とよく似た気質の次男を見ていると、ずっとずっと昔の記憶が蘇る。私が高校に進学する年の3月、我が家は引越しをすることになった。だから、高校に入った時、同じ中学校から行った人は誰もいなかった。私は、「これはチャンスだ」と思った。私のことを知る人は誰もいない。引っ込み思案で、生真面目な自分を変えるチャンスだ。カラッとして、元気のいい、ちょっとふざけた子になりたい...

  5. 独り偕老同穴 悲しい男の物語 - アガパンサス日記(ダイアリー)

    独り偕老同穴 悲しい男の物語

    私は小学生だった。もっとも義務教育なのだから何の不思議もない。唯一つ、全校生徒が200人もいるかいないかという私立校だった事を除いて。他人とコミュニケーションがうまく取れず、自分を中々要領よく表現できないまま不登校になったこと、一度は病的に(もっとも実際に病んでいたのだが)忘れようとした記憶であるし、これから語れることもそのうちのほんの断片的な事かもしれない。細部があやふやな事もあろうが、最...

  6. 夏になると思い出すこと - アガパンサス日記(ダイアリー)

    夏になると思い出すこと

    20歳の長男(以下お兄ちゃん)が中学生だったころクラスメートのB君はよく家に遊びに来たというか、泊まりに来た 中3の夏休みのあるときお兄ちゃんは何度目かの家出をしていて自宅にいなかったのだがB君が何日か泊まったことがあった気持ちよく食べよく話すお茶碗も運んでくれるそれでいてひりひりした肌感覚を持て余しているようにも見えたとがっていて射るような眼をしていたうっかり触る者がいたらケガをしそうなほ...

  7. 食べたい、けど食べられない - たにみち日記*平凡すぎる日々のこと*

    食べたい、けど食べられない

    随分まえに買ったデザート。長男と次男用に2個。すぐに食べた次男。数日経っても食べなかった長男。次男は私に聞いた。(長男の分も)食べていい?私は過去の経験から学んでいる。ここで軽々しく、いいよと言ったら、後でとんでもない修羅場が待っている可能性があることを。なので、長男に聞くように、と回答した。長男の回答は、あとで食べるだった。渋々引き下がる次男。それからまた数日おきに食べていい?→長男に聞い...

  8. 最近の息子の話。 - グルグルつばめ食堂

    最近の息子の話。

    旅行記に戻る前に、息子の最近も書いておかなければ。目下、北海道に炭焼き窯を直しに行ってる息子。東大の異才発掘プロジェクト「Rocket」の活動はまだ続いています。炭焼き窯の修復にかかるお金100万円を子供たちでなんとか稼がないと先に進まない。最初10人いたので一人10万円集める話で、息子は映画館のアルバイトで10万円貯めたのだけれど、仲間がどんどん音を上げて抜けていくのでお金も貯まらず次に行...

  9. 逃げる、意識を消す - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    逃げる、意識を消す

    先日、プラスとマイナスを、消しゴムを使うことで表現して、意識をしっかり数式にもっていことができる、と書きましたが、げんちゃんは、またやらなくなり、意識が飛んでしまった状態に後退してしまいました。消しゴムを使って正負を考えるのは、意識を入れないとできないことで、めんどうくさいのです。GW明けは、確かに意識がかわってきたな、と感じました。なぜかというと、自分の言葉で、自分が感じることをほんの一...

  10. 親への甘えと反抗、周りの人の助け - げんちゃんの発達障害プロジェクト

    親への甘えと反抗、周りの人の助け

    少し上がったな~という感触があったあとは、お決まりのどかんと落ちるパターンがやってきます。そういうものだ、と認識していないと、ほんとに感情を振り回されます。当然今回もその通りです。 日曜日の9時半から、所属しているプロテスタント教会で、月に一度の子供の礼拝があり、げんちゃんは、教会に私より先に出かけなければなりません。教会は自転車で5分くらいのところにあるので、9時15分くらいに出れば余...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ