急性疼痛のタグまとめ

急性疼痛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには急性疼痛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「急性疼痛」タグの記事(4)

  1. 急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻酔疼痛治療学会・米国疼痛治療協会・米国麻酔科学会からのコンセンサスガイドライン - 麻酔科医の日々

    急性疼痛管理に対する静注ケタミン投与に関する米国区域麻...

    ・ケタミン投与は何十年も急性疼痛治療に使用されてきているが、昨今の使用増加によりケタミン投与が救急部・治療困難な疼痛患者の周術期・オピオイド耐性患者において主力となっている。患者選択・治療変数・モニタリングで大きくばらつきがあるため、コンセンサスガイドライン作成がもとめられる。・急性疼痛ケタミンガイドラインの作成は慢性疼痛ケタミンガイドラインの派生からうまれた。急性疼痛ケタミンガイドライン作...

  2. 急性術後疼痛に対する周術期デュロキセチン:無作為化試験のメタ分析 - 麻酔科医の日々

    急性術後疼痛に対する周術期デュロキセチン:無作為化試験...

    ・マルチモーダルな鎮痛は、現代の手術と回復促進の過程における基礎的な部分である。デュロキセチンはセロトニンとノルエピネフリンの再取り込み阻害薬で、慢性神経障害性疼痛の治療に適応がある。デュロキセチンを急性術後疼痛治療の補助薬とするエビデンスは議論の余地があるままである。我々はメタ分析をおこなって、周術期の急性期におけるデュロキセチンの有効性を検証した。・文献検索を主要なデータベース(PubM...

  3. 急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼痛の独立した予測因子である:前向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼...

    ・おおよそ15%の患者が、膝関節全置換術(TKA)後に手術的にはうまくいっているものの、持続する膝の疼痛を訴える。この研究の目的として、患者・手術・心理学的な交絡因子を制御したうえで、急性術後疼痛(APSP)とTKA後6ヶ月の慢性術後疼痛(CPSP)の関連性を検証しようとした。・変形性関節症の成人で待機的に初回トリコンパートメントTKAをうけて、手術側の膝関節に術前から疼痛のある患者が、20...

  4. 外傷や非外傷性腹痛後に続く持続痛発生率におよぼす救急部における患者管理鎮痛(PCA)の効果 - 麻酔科医の日々

    外傷や非外傷性腹痛後に続く持続痛発生率におよぼす救急部...

    ・持続痛の有病率におよぼすケア急性期の患者管理鎮痛の効果は不明である。我々が研究対象としたのは、外傷か腹痛で救急部を受診して入院後6ヶ月の個人で派生的観察研究デザインを使っておこなった。この研究は郵送の質問票を参加者へ送付して、多施設疼痛緩和を救急部での研究として募集した。以前から慢性疼痛のあったりオピオイドを使用している患者は除外した。質問票には、EQ5D(5項目QOL質問票)・簡易疼痛質...

総件数:4 件

似ているタグ