恋愛のタグまとめ

恋愛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには恋愛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「恋愛」タグの記事(59)

  1. 離婚 その後 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    離婚 その後

    生活は変化した。朝4時起き、週3回市場に行く。仕入れのルートも変えた。東京の市場の仲卸と近場の市場からも仕入れることにした。パートの女の子を雇う。独身時代の貯蓄からも借金を少しずつ返済した。「バツイチ」になってからは同級生の友達が私の生活に憩いをくれた。「どうせ 別れるなら、もっと早く離婚すれば良かったね。もうこの年からじゃ、再婚は無理じゃん。」「良く決心したね。」「Kさん、未練たっぷり と...

  2. 最初の結婚 ⑦~離婚 その② - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚 ⑦~離婚 その②

    書き損じがあると困るからか、悩んで悩んで破棄したりする場合もあるからなのか、離婚届は役場で2通くれる。1通ください~と言ったら2通くれた。書き損じも無く名前と判を押した。Kにさし出して「別れてください」と言った。寝耳に水。目を丸くした。そして私の固い決意を感じたんだと思う。まずいことをした~と あからさまに焦りの表情が出た。「私、シグナルだしていたよ。言葉で伝えていたよ。気が付かなかった?」...

  3. 最初の結婚 ⑥ ~離婚 その① - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚 ⑥ ~離婚 その①

    離婚・・・別れたい・・・その言葉は以前から私の頭に浮かんでは消えていた。両親には一切その思いは打ち明けなかった。従姉妹・Kの母親には相談したことがあったが、結局は自分が決めること~としか答えは出なかったのだ。Kの母はこう言った。「本人にもいろいろ考えがあるんでしょ。この結婚は最初からおかしいんだから~」最初からおかしい?って子どもが出来ないのに結婚するってこと?結局は自分が苦しんだ。例え結婚...

  4. 最初の結婚について ⑤ 決定的 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ⑤ 決定的

    このブログを書いていて20年ぶりくらいに Kの笑顔を思いだした。私と出会って笑顔が増えたと思っていた。いつ頃から笑顔がなくなったんだろう?言葉もなくなったんだろう?そして・・・開店前夜のこと・・・「お父さん、お母さん、口を出さないで下さいよ。俺たちがやるんだから!」とKの口から出た言葉だ。花屋を開業するための市場探し、買参権の保証人探し、店舗改装の業者さん探し~など父はずいぶんと手を貸してく...

  5. グッバイ片思い - Morpheus

    グッバイ片思い

    先日、好きな人を諦めなければならなくなった。現在進行形であと少し、格闘中である。私の歴代彼氏は皆A型だ。遠い遺伝子に惹かれることが多いのだろう。無臭だし。しかし、悪いところに気付き始めると、次第に悪臭を感じて来る。これがトドメの一撃だった。私は彼に対して心の底で、本能で、我慢している事を悟った。何故、それ以外に今回諦めるべきなのか。それは・私の方が相手に尽くしていると感じてしまっている事…金...

  6. 最初の結婚について ③~夫婦の距離 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ③~夫婦の距離

    生まれも育ちも全く違う男女が何かの縁で共に生活をする。楽しいばかりではない。そんなことは充分 分かって結婚したつもりだった。それが?と思ったのは実は新婚旅行の時だ。何組かのカップルと行動を共にするツアーだった。チョッと体調が悪くなった私が夕飯の途中で席を立った。皆がいる席で席を立つのが非常識すぎる!と Kになじられた。体調が悪かったのだから・・・それは仕方ないでしょ!?「内面が悪く外面が良い...

  7. 最初の結婚について ② - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ②

    夫となったkは2つ年上のサラリーマン。ジムで出会い何となく付き合うようになっていった。口の重い大人しい印象ではあったが、優しさも感じた。恋愛とは 時に錯覚で始まるのかもしれない。自分の体のことも話した。話す前には 悩みもした。それを話したら、「子宮のない女なんて・・・別れよう」と言われるかもしれない。~が反応はあまりなかった。病気について「辛かったね」と言うこともなかった。感情の薄い人だった...

  8. 最初の結婚について - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について

    気分転換にと誘われたジムに出会いはあった。出会ってから1年と少しで結婚して離婚するまで10年という歳月を共に歩いた。病気の時の思いはこのブログで50日近く書くことができたが、実は 最初の結婚についてはどうしたものか?と考えている。相手があることだし、離婚という形になるわけだからお互い悪いところだらけだったと思うし、だからと言って相手の悪いところを書きたてるつもりはない。最初に書いておきたいの...

  9. モラン神父 (1961年) 求めよ、さらば与えられん - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    モラン神父 (1961年) 求めよ、さらば与えられん

     誤解を恐れずにいえば、私好みの、加虐性愛的ニュアンス匂う作品。敬虔で高潔な精神を通り越した男女の物語。 ナチ占領下のフランス。田舎町の学校で働くバルニー(エマニュエル・リヴァ)は、娘の洗礼を機に宗教への興味が湧き教会へ出向く。相手をしてくれたのは若く情熱的で勉強家のモラン神父(ジャン=ポール・ベルモンド)。ユダヤ系フランス人の彼女は無神論者だったが、モランの話を聞いている内にキリスト教の教...

  10. あの二人できてる - デンマンのブログ

    あの二人できてる

     あの二人できてるの? (bare02b.gif)こんにちは。ジューンです。どうか、好きな人とは一緒になっても、風邪とは、お友達にならないでくださいね。ところで、英語で「できてる」ってなんと言うと思いますか?教科書どおりに言えば、次のようになるでしょうね?(0216kiss.jpg)(valent7.gif)I saw Mee-chan and Haa-chan at t...

  11. 久々更新からの恋バナ - 光のススメ―あなたのためのヒーリング・ブログ―

    久々更新からの恋バナ

    どーも。更新サボりすぎたハルです。近頃別れがあったので恋バナしたくなりました。いざ、ガールズトーク。ボーイズも興味があれば見ていってね。昔から、私にとって恋愛はけっこう七面倒くさいものです。幸せだけれども、気力も体力も使うので疲れるなぁと思ったりします。そんな私ですが、とーっても素敵な人とお付き合いしていました。いつも優しく、大きな愛情で尽くしてくれる最高の人です。欠点がないわけじゃありませ...

  12. 直感とひと目ぼれ - A primrose by the river’s brim

    直感とひと目ぼれ

    風の見える景色が好きだ色彩が匂う街並みもいい騒音ではなく賑やかな音スマートさより微笑みを恋は雷に似ている危ない、と思った時は、もう取り返しがつかない好きになろうと思って好きになれたら、いいのに。傷ついても 苦しくてもなぜまた 好きになるのだろう彼の声を聞くだけで、うるさいほどに心がときめく彼に会えると思っただけで、うなだれる量の仕事もがんばれる甘っちょろいと揶揄されようが恋は人を、強くする。...

  13. サバイバルウェディングが心に刺さる - 22歳東京OL日記

    サバイバルウェディングが心に刺さる

    おはようございます。今期のドラマで結構好きなのが「サバイバルウェディング」です。波瑠主演の婚活ドラマです。挙式目前で婚約破棄された女性が、上司に恋愛テクニックを伝授してもらい半年以内に結婚を目指すお話で、コメディ色が強くて面白いんですが…婚約破棄をしてきた元カレが本当に嫌なやつなんですよ~。独占欲や見栄?のために好きでもないのに、抱き寄せたりキスしたり…婚約破棄とか浮気とかひどいことをしてお...

  14. いつも、いつまでも - A primrose by the river’s brim

    いつも、いつまでも

    ずっと海が嫌いだった。その色も匂いも潮風もまさか自分の人生で海に恋する日が来るなんて思いがけないことが起こるから人生は楽しいね恋は盲目というけれど理屈では説明できない「何か」がそこにあるそれを「運命」とか「必然」といってしまうのは簡単だけど日本海の僻地で生まれ育った私にとって海は畏怖と嫌悪の対象でしかなかった。第1に、色が怖い。日本海の海はどす黒く、荒々しい白波とともに唸り声をあげて、挑むよ...

  15. 日輪は赫奕と - A primrose by the river’s brim

    日輪は赫奕と

    お気に入りのビーチで、海に沈む夕陽をぼんやり眺めた血のように空を染め、海に消えゆく日輪を眺めているとあんなにこだわっていたことが何かどうでもよくなったひとつの恋を手放した。寝ても覚めても、彼のことばかり考えていた。生活のすべてが、彼を中心にまわり寝不足になったり、お金を使ったり「よくない恋愛」に首まで浸かっていた。毎年恒例になりつつある、初夏の阿嘉島。沖縄本島から船で1時間くらいの小さな離島...

  16. あなたが足りなくて - A primrose by the river’s brim

    あなたが足りなくて

    「中年ババアの暇つぶし」と息子たちに揶揄されているフランス語学習。たしかにやる気と根性がなさすぎて、一向に上達の兆しが見えないのは認めるけど好きで楽しいのが1番!と開き直ったら「だからカルチャースクールはおばさんばっかりなんだよ」と重ねて愚弄された。うるさいよ。しかもおばさんじゃないし。フランス語が好きな理由は発音と言い回しの表現あと、英語に対するむき出しの対抗心。「あなたがいなくて寂しいの...

  17. 忘れたい人がいる。~わたしも、自分の人生に帰ってこよう。~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    忘れたい人がいる。~わたしも、自分の人生に帰ってこよう。~

    忘れたい人がいる。この世で長い間生きてきますと、もしかしたら1人ぐらい、そんな人ができることもあるかもしれません。そんなとき、私たちの心は、「忘れたい、忘れさせて。」そう、神様にお願いしたくなります。その人は、“わたし”がこの人生の問題集を解いてステップアップするために、自分のために現れてくれました。そして、その役割を終えたときに、その人と離れるような出来事が起きてきます。そのとき、お相手は...

  18. 占い 鑑定 電話 浮気 探偵 成就 叶う08060030537佐藤ゆかり 佐賀県 鳥栖市  多久市 - 結婚 再婚 ~ 青い鳥 ~ 復縁 恋愛

    占い 鑑定 電話 浮気 探偵 成就 叶う0806003...

    石の上にも三年冷たい石の上でも、三年も座っていれば温まる。苦しいことも、じっと辛抱して続ければ、やがて報われるときが来る。「三年」は比喩。実際の三年ではない。要は、長い月日のこと。三年経ったかどうか、見極めるのは自分自身しかいない。東京叶うNo1復縁08060030537 恋愛叶うNo1霊視相談 電話占いNo1佐藤ゆかり 口コミ叶うNo1スピリチュアル 当たるNo1復縁恋愛浮気 叶うNo1恋...

  19. あなたの異性のタイプ - デンマンのブログ

    あなたの異性のタイプ

     あなたの異性のタイプ おほほほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。また出てきてしまいましたわぁ~ええっ?どうしてかって。。。?あなたにお会いしたいからでござ~♪~ますわよゥ。うふふふふふ。。。ええっ?あたくしに、そうたびたび会いたくないの?どうしてよゥ?ん?いつも同じ顔だから。。。?あなただって同じ顔でしょう?ゴタゴタ言わないで読んでちょうだいよォ~。ねっ。。。お願...

  20. 仕事の人間関係・悩み 続けるか?転職するか? - 水戸占いの館占い師の幸運を招く日記

    仕事の人間関係・悩み 続けるか?転職するか?

    こんにちは 水戸占いの館 沙蘭(さらん)です本日の店頭と昼間の電話占いを担当しますよろしくお願いいたしますさて、仕事の人間関係に関するお悩みはとても多いです・今の職場は仕事内容は良くても人間関係が辛い、どうやったらうまくやっていけるのかな?・このまま続けていくのは精神的に辛いから転職したい! もっと人間関係の良い職場はないのかな?・あの人のあの言葉はどういう意味で言ったの? 仕事のできる方で...

1 - 20 / 総件数:59 件

似ているタグ