恋愛のタグまとめ

恋愛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには恋愛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「恋愛」タグの記事(816)

  1. マリア 出会って2秒で子宮をキュンキュンさせる男になる方法 特徴と効果 体験談 - さとみの日記

    マリア 出会って2秒で子宮をキュンキュンさせる男になる...

    マリアさんの「出会って2秒で子宮をキュンキュンさせる男になる方法」すごい評判みたいだね。女が抱かれたい男はイケメン、やさしい、お金持ち、面白いなどではなくちょっと意識するだけで出来ることです。シンプルかつ簡単方法で、「女性の本能」にダイレクトに響かせる男になる方法女性の弱点を突く恋愛テクニックです。って言っているよ。胡散臭いって思って、調べてみたらもっと詳しい情報を見つけた。マリア 出会って...

  2. 平安の月<第七章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第七章>

    楓と光は年頃になり、それぞれに縁談が持ち上がった。特に、楓の気品と美貌はあたりの村にまで評判となっていた。そして、身分の高い家からもいくつか話が舞い込んだ。佐兵衛は残念がったが、笹は、それらの話をことごとく断った。自分らの素性が知れるのを恐れたのはもちろんだが、そのような屋敷での暮らしが、どれほど空しいものであるかを、笹はよく知っていたからだ。あのような世界に娘を嫁がせることだけは、絶対に避...

  3. 平安の月<第六章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第六章>

    そんなある日、薬草取りをしていると、はるか遠くから笛の音が聴こえる気がした。とうとう幻聴が聴こえるようになってしまったかと思ったが、もしかして!という思いに突き動かされ、笹はいつもの岩場に向かった。笛の音はだんだん大きくなっていく。(間違いない!あの人だ!!)なぜだか涙が溢れ、前がよく見えないまま、小走りで山道を駆け上がった。もう薬草籠など放り出して走りたかった。息を切らして岩場が見える丘に...

  4. 平安の月<第五章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第五章>

    二か月後、簡単な祝いの席が設けられた。それは笹が佐兵衛の後添えに収まることを祝う席だった。年端もいかぬ時に他家へ預けられ、そこで一方的に見初められ、その男の子どもを宿した笹にとって、伴侶を得るのは初めてのことだった。親子ほど歳の違う佐兵衛は、笹を大切にした。そして新たに娘となった楓の成長を願い、門の近くに楓の苗木を植えた。このあたりでは、一番大きな家の主である佐兵衛の元へ嫁いだ笹を、周りは果...

  5. 平安の月<第四章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第四章>

    翌日、いつものように笹は薬草取りに出かけたが、早く切り上げ、昨日の見世物へ寄った。あの若者の笛をどうしても聴きたかったからだ。そして願い通り、その澄んだ音色に酔いしれた。こうして連日、笹は薬草取りの帰りに見世物へと足を運んだ。そんなある日、いつもより深い山に入り込んでしまい、その日は見世物通いを諦めて、薬草探しに励んだ。すっかり遅くなり帰りを急いでいると、美しい笛の音が流れてきた。聴き逃して...

  6. 平安の月<第三章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第三章>

    佐兵衛に言われ、母子は納屋から離れに移った。笹は佐兵衛の言葉に甘え、しばらくの間、逗留させてもらうことにした。旅には慣れているとはいえ、やはり明日をも知れぬ日々は疲れる、落ちついた暮らしで元気を蓄えたかった。屋敷で暮らし始めてすぐに、笹の薬草が効くという噂が流れ、薬草を買い求める村人が現れるようになった。そのため、笹は近くの山へ薬草取りに出かけなければならず、忙しい日々が続いた。しかし、食べ...

  7. 平安の月<第二章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第二章>

    笹は楓(かえで)と名付けた娘と、終わりのない旅に出た。旅立ちのおり、父親から当面暮らしていけるくらいの銭と貴重な薬草を渡された。そして、どうしても暮らしに困ったらいつでも帰ってくるようにと言われたが、笹は、幼い時に余所に出された家を懐かしむ想いは湧かなかった。子連れの旅ではあったが、秘伝の薬草は好評で、どこへ行っても有難がられた。しかし、調合するための薬草探しに苦労し、遊牧民のように薬草を求...

  8. 平安の月<第一章> - ◇ 一粒のショコラ ◇

    平安の月<第一章>

    *** はるか遠い昔静寂と闇の中に光る月 そこに生きるひとりの女の一途な恋心 ***全八話はるか遠い時代、貴族の暮らす都以外は野山に覆われ、その中に点在する集落で、庶民たちは細々と暮らしを営んでいた。どの家も小屋のような粗末な造りで、その家の軒先には、命を支える穀物や薪が無造作に置かれていた。擦り切れた着物を着た子どもたちはその周りを駆け回り、大人たちの帰りを待っている。大きい子どもが一緒な...

  9. 32分の34どこかで見た廊下 - おきかれさまです

    32分の34どこかで見た廊下

    となりで寝息をたてているカレさん。(まつ毛長い、私よりいっぱい生えてる)きゅんとしてる場合じゃありません。記憶をたどります。お昼私は汗だくでモノレールの駅に立っていました。モノレールのいいところは遅延がほぼないというところです。電車だと人身事故などでしょちゅう止まるイメージですがレールが地上10m前後の高さにあるので、踏み切りも存在しなれば駅のホームに酔っ払いが落ちたなんて話しも聞きません。...

  10. 32分の33欲深乙女 - おきかれさまです

    32分の33欲深乙女

    「ありがとうございました」「じゃ、また」おやすみのキスはないんだ車を降りながら、少々がっかりしている自分がいます海であれだけ騒いでたのに・・矛盾する乙女心を抱え見送るために立っているとカレさんが助手席の窓を開けました。来た!「明日、いっしょに物件みにいく?」首をよこにふると、そっかと今度は本当に帰っていきます。チューしないんかい(やっぱり矛盾している)翌日、物件の内覧がはいっていいました。地...

  11. 32分の32キスをめぐる攻防 - おきかれさまです

    32分の32キスをめぐる攻防

    「んーっ」「なんで?イヤ?」「イヤとかじゃなくて・・人がいます」「暗くて見えない」とまた顔を近づけてくるカレさん「とにかく、いっかい降ろしてください」「じゃあ手だして」「?」手を出すと、片手で両手首をホールドされ反対の手で顎をつかまれます。ムチュッ「なっ」「ははっごめん、かわいくてつい」お姫様抱っこに顎くいからのキス言葉だけだとロマンチックですが実際はロマンもへったくれもあったもんじゃありま...

  12. 32分の31リア充の乗り物 - おきかれさまです

    32分の31リア充の乗り物

    そしてまた海。並んで座り、時間を忘れて話してます。「夜の観覧車っていいなぁ」「乗りたい?」「あれはリア充の乗り物ですよ」「そうなの?」「そうです。少女マンガじゃ好きな人と絶対乗るし、一番上でキスするって決まりなんです。」(そんな決まりはない)「じゃあ今度いっしょに乗る?」(この流れで「じゃあ」って使いますか)「・・高所恐怖症なんで、やっぱり怖いかな。はははっ」話をそらす私でしたが「さっきのう...

  13. 32分の27とおまわり - おきかれさまです

    32分の27とおまわり

    (ああ、もう着いてしまう)もともと、公園とウチとは目と鼻の先。車移動するまでもない距離を送ってもらっているのです。そりゃあっという間に着いちゃ・・(あれ?ここで曲がるはずじゃ)「気づいた?」「さっきのとこ左、ですよね?」「知ってる。ちょっとでもいっしょにいたいからわざと遠回りした」「・・・」「ごめんね、心配しなくてもちゃんと送るから」(そうじゃなくて)「私も、まだいっしょにいたいです」(とは...

  14. 32分の26強がりな猫 - おきかれさまです

    32分の26強がりな猫

    「こんばんは」公園に行くとカレさんが例のベンチで待っていてくれました。「来てしまいました」となりに座ります。・・「今日は会えないかと思った」「・・・」私の手をにぎりながら、うれしそうに話すカレさんに心臓がきゅーっとなってしまいます。「オレなんか嫌なことしたかな?」「えっ、なんでですか?」「この前は手つなぐの嫌がってたし、今日は会わないっていうから。嫌われちゃったかなって」そうです。カレさんか...

  15. ☆プチリーディング①☆ - ココの窓辺~幸せになるために~

    ☆プチリーディング①☆

    皆さま、こんにちは。・*.✧꒰⋆′◡ु͐‵⋆꒱。・*.✧もうこれで三回目の書き直しです。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。。゚(゚´Д`゚)゚。プチリーディングを試みかなりな長文を書き込みしたのに、なぜ今日は二回消えました……。何かに邪魔されているかのよう……。流石に全て書き直したのにまた先程も消えたとなるとうおあぁ!!!!!となりました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)絶対次は更新できますよ...

  16. 32分の25進撃のカレさん - おきかれさまです

    32分の25進撃のカレさん

    ケータイが鳴ります。「もしもし」「電話してしまった」「(かわいい)走ってたんじゃなかったんですか?」「いま着いたとこ」(これからかーい!)「ラインがいつもとちがうから気になって」「そうですか?ふつうですよ」すっとぼける私のうしろをパトカーが走り抜けていきます。「どこにいるの?」「ウチです(キッパリ)」「ウソだね」「・・・」「場所おしえて」「なんでですか」「むかえに行く」「いいです、そんな。ち...

  17. 32分の24ずっと会ってる - おきかれさまです

    32分の24ずっと会ってる

    翌日元彼からの連絡はとだえました。(数回スルーしたぐらいでくじけるとは、軟弱な男よ)ケータイが震えます。「この前の公園に走りにきてます。よかったら少し会えませんか?」かたや、多少のことじゃくじけない鋼メンタルの持ち主カレさん思えば出会ってから、1日とあけずに会っています。「今日はやめときます。ごめんなさい」今まで、好きになって追いかけてつくしてつくして裏切られるってのが私のパターンでした。で...

  18. 告白まで9決めた - おきかれさまです

    告白まで9決めた

    帰宅「・・・」あれは、告白だったのでしょうか車がウチの前でとまったとき、カレさんが言ったんです。「会えてよかった。」前にももらった言葉で・・うれしかったし、私も同じです。だけど今回は続きがありました。「もうアプリはしない。他の人に会いたいって思わないオレの言いたいことわかる?」まっすぐ目をみつめてきます。これはすなわちってこと?!「・・・」「・・・・」沈黙に耐えかね、おかしな妄想にはしってし...

  19. ホントの恋愛って - 自分遺産

    ホントの恋愛って

    ツイッターで拾ったものだが、元のネタは忘れてしまった。単に、熱海でこんな話題が上がるのかと思っただけだったかもしれない。作品をどうのこうのいうつもりはないのだけれど、出会い系では本当の恋愛ができないもので、その目的は何なのかを作者は知っているし、選考したひとも「出会い系に高校生が近寄らないでほしい」と思っているから評価したのだろう。さて、ホントの恋愛とはなんなのだろうか。婚カツやお見合いは出...

  20. 告白まで8あーもう - おきかれさまです

    告白まで8あーもう

    トロピカルビーチに来ました。「見晴らしいいですね~観光客向けというより、地元の家族連れや若い人たちの憩いの場ってかんじですか」「オレはあんま来たことないけどね。よろこんでくれてよかった。」砂浜にはビーチバレーをする人たちがいて、スピーカーから賑やかな音楽が流れています。(無料駐車場と屋根のついたベンチがあるのもありがたい)コンビニで買ったカフェラテを飲みながら、話します。「引っ越すの?」「い...

総件数:816 件

似ているタグ