恋愛のタグまとめ

恋愛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには恋愛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「恋愛」タグの記事(828)

  1. 49歳だけど、婚活サイトで申し込み殺到しています♫ - アラフィフ、引き寄せの法則で幸せになります!

    49歳だけど、婚活サイトで申し込み殺到しています♫

    昨日から登録した大手婚活サイト(いや、出会い系サイトと言うべきか?)、49歳の私ですが、最初っから、申し込みが殺到しております。どーせ、ロクデモナイ男からばかりなんでショ!…と突っ込んでるそこのあなた、そんなことはないのです。もちろん、大多数が、「手当たり次第、申し込んでるんじゃないですよ〜。数撃ちゃ当たるって、思ってるでショ!」という殿方です。が、その中に、年収1000万円以上、センス良い...

  2. 恋人のタイプ - デンマンの書きたい放題

    恋人のタイプ

    恋人のタイプおほほほ。。。卑弥子でござ~♪~ますわよゥ。また出て来てしまいましたわア~どうしても、あなたにお会いしたかったのでござ~♪~ますわよゥ。ええっ?いつも同じ事ばっかり言うな!貴方は、そのようなきつい事をあたくしに喚(わめ)くのでござ~♪~ますか?そのようなエゲツない事を言わないでくださいましなぁ~仲良くしましょうね。あたくしは、あなたに本当にお会いしたかったのでござ~♪~ますわよう...

  3. 世に言うアラサー。クリスチャンでも女子。 - リアルにクリスチャン

    世に言うアラサー。クリスチャンでも女子。

    はじめまして、こんにちは。30オーバーのバツイチ女子pinoです。クリスチャンホームに育って、日曜学校、礼拝に小学生からずっと教会に通っていました。当たり前の様に神様を信じていて、小学生のうちに洗礼をうけました。高校生くらいになると、少しずつ、友達との約束やアルバイトを優先してしまい、教会から離れ。。。社会人になると、日曜も仕事があったので、ほとんど教会にいっていませんでした。少しずつ教会か...

  4. そばにいて - 阿呆の方舟

    そばにいて

    「退屈じゃねえか」「いえ」「おれの横でじっとしてるだけのように思えるけど」「木下さんの傍に居るだけでいいんです」「本読むとかすれば」「そうですね」「雑誌……」「昨日買ったんです」「はー、バレンタイン特集」「来月ですからね」「チョコレートは慾しくねえな」「判ってますよ」「周囲の奴らも判ってくれてる」「木下さんが甘いものがお嫌いなのは、皆さんご存知ですから」「いつの間にか広まったな」「中学の時に...

  5. 海がきこえる(1993年)高知・夏・17歳 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    海がきこえる(1993年)高知・夏・17歳

    先日読んだ『宮崎駿の時代』で取り上げられていた、スタジオジブリの若手制作集団によるテレビ映画。本編わずか82分の好編だった。いままでなぜ手に取らなかったのか後悔するほど。(あらすじ)高知県で平凡に暮らしている高校生・杜崎拓は、親友の松野が恋している東京からの転校生・武藤里伽子のことがつい気になってしまう。美少女にして文武両道な彼女は、高知にまったく馴染もうとせず周囲からは浮いていた。そんな時...

  6. LIFE!/ライフ(2013年)生きてる間に生まれ変わろう - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    LIFE!/ライフ(2013年)生きてる間に生まれ変わろう

    人柄良さげな雰囲気と笑顔が好きで、なにげに出演作が気になるコメディアン、ベン・スティラーの魅力再発見映画。多才な人で、本編でも監督・出演・製作の三役をこなしている。監督デビュー作は『リアリティ・バイツ』。地味にすごい人だ。(あらすじ)ニューヨークの伝統ある雑誌『LIFE』で写真管理部という地味な仕事に就いている平凡な男ウォルター。退屈な日常の唯一の趣味は空想すること。現実世界では秘かに想いを...

  7. 【婚活】再婚者やシングルマザーの方にも優遇!マッチングサイト! - アンナショッピングモールからの得々情報

    【婚活】再婚者やシングルマザーの方にも優遇!マッチング...

    色々な恋と婚活を応援するマッチングサービス「マリッシュ」が遂にスタート!https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NXHFI+36WOJ6+3N2M+5YZ77恋活、婚活、再婚、シンママ婚、年の差婚など、お一人お一人の色々な恋と婚活を応援!若い方から中年の方まで幅広い層の方が利用してます。また、特に再婚、シングルマザー、シングルファザーの方などには、優遇制度もあります...

  8. 素の自分を出すこと - イタリア男になりたい

    素の自分を出すこと

    素の自分を出すこと誰かと結婚を前提としたお付き合いを目指すような深い関係を気づきたい時。なんでも話し合ってお互いを高めるような友人を作りたい時。素の自分をさらけ出すことができることはとても重要なことです。その過程は同時に素の相手を受け入れていく必要があります。自分が思い描く相手と違ったとしても、それを受け入れる。相手に拒絶される可能性があっても、自分をさらけ出していく。そうしなければ、いずれ...

  9. 季節は輪廻の如く-春の雪- - 日常と映画の関係

    季節は輪廻の如く-春の雪-

    強く冷たい風が水分の多い雪をつれてきた。アスファルトに薄く積もってぬかるんで、とてもきれいとは言えない。ブーツの踵に、細心の注意を払いながら歩く。東京のなごり雪。3月9日に降った雪。先週は、日中、コートがいらないくらいの陽気だったのに、この時期の手のひら返しはまったく手厳しい。思わせぶりもいいところ、そうするほどに恋しくなる春の策略に、毎年まんまと嵌められる。季節は輪廻の如く。輪廻は季節の如...

  10. 後悔という罰-サヨナライツカ- - 日常と映画の関係

    後悔という罰-サヨナライツカ-

    原作「サヨナライツカ」の大ファンとしては、その映画化作品を観ないですむわけがない。 これを見るのは、制作発表の日から決めていたことだけれど、いざとなると、期待より不安の方が大きかった。 だいたい、「大好きな原作」が映画化されて「大好きな映画」になった試しなんてあっただろうか。 スクリーンの映像と頭の中で出来上がった勝手なイメージを照らし合わせたときに、あれが違う、これが違うと、比較にばかり目...

  11. 心の準備-(500)日のサマー- - 日常と映画の関係

    心の準備-(500)日のサマー-

    直前の連休の出来事が私の意識をいたずらにくすぐっていた、火曜スタートの一週間。最初の二日は、どちらも夕方に大事なミーティングがあって、緊張を帯びた引力と休日明けの遠心力が駆け引きしあう、妙なテンションで過ごすはめになった。それから解放された途端に、「映画だ。映画を観たい」と思ったのは、どうしてなのだろう。去年はほとんど映画を観たい気分になることはなくて、友人に誘われたときか、あまりに暇な休日...

  12. チョコミントとコーヒー-セロリ- - 日常と映画の関係

    チョコミントとコーヒー-セロリ-

    彼女の中では、チョコミントほど「誰が食べるのか分からない味」はないらしい。一方、彼女は、コーヒー味のアイスクリームが大好きだと言う。コーヒーをそれほど飲むわけではないが、アイスクリームとなると、「あれほど豊かな味わいはない」のだそうで。私は、コーヒー味のアイスは嫌い。コーヒーは好きだけれど、コーヒーアイスは嫌い。好き嫌いが生まれるメカニズムは知らないけど、同じものでも人によって好きだったり嫌...

  13. やさしくつなぐ手と手-天然コケッコー- - 日常と映画の関係

    やさしくつなぐ手と手-天然コケッコー-

    中学3年生のとき、私には好きな男の子がいた。今考えても、ドキドキするほど、すごくすごく素敵な男の子だった。彼が地元の公立高校を志望していると聞いて、私もそこに行きたいと思った。だから私の志望校は、誰に何と言われても、その公立高校だった。学校や塾での成績がよかったので、周囲の大人は残念がった。もっと上を狙えるのに。親や先生に理由を尋ねられても、私は絶対に本当のことを言わなかった。「私立に行く意...

  14. 夢の間-さくらん- - 日常と映画の関係

    夢の間-さくらん-

    どんなときでも笑顔を絶やさないというのは、長所だ。でも、もしも、その笑顔には何もこもっていないんだとしたら、それは、単なる顔の形状であって、癖とか条件反射みたいなものなんだろうと思う。「笑う鬼だ」映画「さくらん」で、主人公きよ葉は、本気で惚れた男が自分に向ける笑顔に対してそう呟き、たちまち踵を返す。肝心なところで、男は彼女を置いて逃げた。不安になって今こそ信じさせて欲しいとき、本当にその手を...

  15. ずっと昔の話-グラン・ブルー- - 日常と映画の関係

    ずっと昔の話-グラン・ブルー-

    梅雨の合間の陽射しは攻撃的だ。分厚い雨雲に阻まれる鬱憤を、ここぞとばかり晴らそうとする夏至の太陽が、夏だ夏だと主張する。会社を出て、ちょうど向かいにある店は、1年半くらい前にオーナーが変わり、以前は天ぷら屋だったが今はビストロになっている。開店当初はランチの料理の質がひどく、その評判で一時閑古鳥が鳴いていたのだが、最近はずいぶん改善して賑わっている。私も月に何回かは足を運ぶようになった。内装...

  16. 男の幻想、女の幻想-サヨナライツカー - 日常と映画の関係

    男の幻想、女の幻想-サヨナライツカー

    「僕、活字中毒なんですよ」ぱっと見は、活動的で人懐っこく、いかにもやり手の営業マン。けれど、会話の端々に、幅広い知識と物事の本質を見る知性を感じる。その理由の一つが、自称「活字中毒」の習慣にあったとは、意外でもあったし、なるほどとも思った。どういう本を読むのかと訊けば、「なんでも」なのだという。話題の新書も読むし、自己啓発本も読む。ビジネス書でも、小説でも漫画でも雑誌でもいい。本当にどんな本...

  17. 息吹の約束-卒業- - 日常と映画の関係

    息吹の約束-卒業-

    今年は桜の開花が早いらしい。折からの暖冬のせい。卒業式に桜が咲くというのは錯覚で、桜が咲くのは通常、入学式の頃だ。昨年より一週間ほど早い今年の桜でさえ、満開を迎えるのは4月の頭。今年の桜が楽しみで、三寒四温の透明な空を見上げる。どんな桜、どんな新しい季節。硬い殻がほろほろとこぼれ、新しい何かが姿を現す。それが、春という季節。果たされる、息吹の約束。

  18. 聖杯を満たす水-フィッシャー・キング- - 日常と映画の関係

    聖杯を満たす水-フィッシャー・キング-

    熱いコーヒーを飲みたくなる季節が巡ってきた。その日の天気予報は、10月中旬の気温だと告げていた。通勤電車にはストールを巻いた女性が多かった。私もちょうどでかけるとき、ジャケットを羽織るかストールを巻くかどうしようと考えて、雨が冷たそうだったからジャケットにした。気温や天候に合わせて飲むものや着るものを変えるのは、当然と言えば当然だけれど、そこに人の息づかいというか、快適に暮らすための知恵とい...

  19. 結婚できない男-フォー・ウェディング- - 日常と映画の関係

    結婚できない男-フォー・ウェディング-

    最近、友人と話すと結構盛り上がる話題なのだが、阿部寛主演のドラマ「結婚できない男」。私は1回しかそのドラマを観たことがないけれど、おおよその主旨は理解できる。以前ブログでも紹介したことのあるヒュー・グラント主演の「アバウト・ア・ボーイ」に心なし似ている。(「アバウト・ア・ボーイ」は結婚できないだけじゃなく、仕事もしてないダメ男だが)40歳の主人公は建築家で、仕事では成功して高収入。見た目も決...

  20. 12回以上の夏-僕はぬけがらだけおいてきたよ- - 日常と映画の関係

    12回以上の夏-僕はぬけがらだけおいてきたよ-

    中学3年のとき好きだった男の子は、物心つくより前によくお互いの家で一緒に遊んだ幼なじみだった。けれど小学校に上がってから一度も同じクラスにならなくて、そのせいでほとんど口をきくこともなくなってしまい、中3で初めて席が近づいたときには、幼なじみだったという事実は夢みたいな気がした。小学生や中学生の頃というのは、クラス替えこそが最大の恋愛分岐点だ。教室という狭い箱の中で、今年一年自分が好きになる...

総件数:828 件

似ているタグ