恐竜のタグまとめ

恐竜」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには恐竜に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「恐竜」タグの記事(14)

  1. 男の子に人気!恐竜のお名前キーホルダー - mon livre diary

    男の子に人気!恐竜のお名前キーホルダー

    入園、入学準備の時期になりお名前キーホルダーのご注文をたくさんいただいております。ありがとうございます。順番に制作しておりますが発送までに少しお時間がかかってしまうこともございます。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。男の子に人気のある恐竜のキーホルダー四角タイプしかなかったのですがスティック型はありませんか??とお客様からご要望が多かったのでスティック型タイプも作りました。恐竜のスティ...

  2. ギガ恐竜展2017~ 尻尾を食いちぎられたティラノサウルス「ワイレックス」 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 尻尾を食いちぎられたティラノサウ...

    今回の目玉展示の一つ、「ワイレックス」の愛称で呼ばれるティラノサウルス2002年にモンタナ州で発掘され大腿部の長さや周囲の測定結果等から若いオスと考えられています尾椎の殆どが見つからなかったのですが、壊疽に似た感染症の兆候が見つかり脊椎骨の端に激しいただれの跡があり、治癒した形跡もほぼないことから「ワイレックス」は共食いによって尻尾を食いちぎられたのではと考えられています本来あるべき尻尾ワイ...

  3. ギガ恐竜展2017~ 竜脚類:ディプロドクス科、カマラサウルス科など - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 竜脚類:ディプロドクス科、カマラ...

    アパトサウルスの一種アメリカ ワイオミング州で発掘されたジュラ紀後期の竜脚類 ディプロドクス科アパトサウルスの一種(幼体)ディプロドクスとは異なり、単独生活だったと考えられていますカマラサウルス・レントゥス(幼体)アメリカ ユタ州で発見されたジュラ紀後期の竜脚類 カマラサウルス科他の竜脚類と一緒に発見されることもあり、ディプロドクスは柔らかい植物をカマラサウルスは硬い植物を食べていたことが分...

  4. ギガ恐竜展2017:「ベイビー・ルイ」~恐竜の卵 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017:「ベイビー・ルイ」~恐竜の卵

    ベイベイロン・シネンシス中国河南省で発見された白亜紀後期の獣脚類 オビラプトロサウルス類「ベイビー・ルイ」の愛称で知られる大型オビラプトロサウルス類としては世界で唯一の胚化石です「ベイビー・ルイ」を参考にして作られた、卵と胚の復元模型この化石の発見により、恐竜は現生の鳥類やワニ類のように卵の中で丸まった姿勢でいることがわかかりましたオビラプトル類の一種モンゴルで発見された白亜紀後期の獣脚類オ...

  5. ギガ恐竜展2017~シエンシャノサウルスとスキピオニクス - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~シエンシャノサウルスとスキピオニクス

    シエンシャノサウルス・シジアゴウエンシス中国河南省で見つかった白亜紀前期の竜脚類 ティタノサウルス類2009年に新種として記載されその名前は「峴山のトカゲ」を意味しますスキピオニクス・サムニティクス白亜紀前期の獣脚類 コンプソグナトゥス科イタリアで初めて発見された恐竜化石です卵黄嚢(らんおうのう:孵化後しばらくの栄養分)が残っているところから生後数日の幼体と考えられていますまた、内臓に未消化...

  6. ギガ恐竜展2017~ 恐竜の復元 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 恐竜の復元

    トリケラトプス・ホソドゥスの生体復元模型筋肉の付き方なども再現された珍しい模型ですが何が面白いって反対側は、この通りばーん愛らしい赤ちゃんも一緒にいますアロサウルス・フラギリスアメリカ・ユタ州で発掘されたジュラ紀後期の獣脚類学名は「繊細で(ほかの恐竜とは)異なるトカゲ」を意味し脊椎が軽量化されているという特徴が、初めて確認された恐竜であることを指します目の上の角のような突起は「涙骨」と呼ばれ...

  7. コザ大恐竜博 - TI.クラフト

    コザ大恐竜博

    下田昌克のキャンパス地の恐竜たちを、プラザハウス3Fで見てきた筑紫哲也のニュース番組のオープニング画のポートレートはすごいと思っていましたのでさすが立体作品もすごい面白い作品が被れる着れるから恐竜好きにはたまらない去年から作り始めたデイゴ材の恐竜の足が、まだ二足しか出来てないせめて10個は4月のイベントまでには作りたい

  8. ギガ恐竜展2017~ 羽毛をまとった恐竜 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 羽毛をまとった恐竜

    カウディプテリクス・ゾウイ中国遼寧省で発見された白亜紀前期のオビラプトロサウルス類前肢の手首から先に羽軸のある羽が生え、尾にも扇状に羽が生えていましたが飛行に役立つようなものではありませんでしたプロターケオプテリクス・ロブスタ中国遼寧省で発見された白亜紀前期のオビラプトロサウルス類かつては原始的な鳥と考えられていましたが現在では原始的なオビラプトロサウルス類に分類されています尾の先端には羽軸...

  9. ギガ恐竜展2017~ 剣竜類と「帆を持つ恐竜」コンカベナートル - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 剣竜類と「帆を持つ恐竜」コンカベ...

    ヘスペロサウルス・ムジョシアメリカ・ワイオミング州で発見されたジュラ紀後期の剣竜類ステゴサウルスの近縁。小柄な体形で、背中の骨盤が丸みを帯びていることや頸肋骨の先が広がっていることなどが特徴ですトゥジャンゴサウルス・マルチスピナス中国四川省で発見されたジュラ紀後期の剣竜類左右対称に並んだ17対の骨盤と尾の先端に4本のスパイクが生えていますこの標本では再現されていませんが、肩にも角上の骨盤があ...

  10. ギガ恐竜展2017~鎧竜類 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~鎧竜類

    縉雲(ジンユン)アンキロサウルス類白亜紀後期の堅頭竜類2013年に浙江省縉雲県で発見された新種浙江自然博物館、縉雲博物館そして福井県立恐竜博物館の共同で発掘されましたアニマンタルクス・ラマルジョネシアメリカ・ユタ州で発見された白亜紀後期のノドサウルス類アニマンタルクスとは「animated citadel:生きた砦(城)」を意味しますティアンジェノサウルス・ヤンギ全身骨格が発見されている白亜...

  11. ギガ恐竜展2017~ チンタオサウルスと堅頭竜類など - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ チンタオサウルスと堅頭竜類など

    チンタオサウルス・スピノリヌス白亜紀後期、中国山東省にいたハドロサウルス類一本の角のような骨が特徴的ですがこれはトサカを形成していたものと考えられていますナショナルジオグラフィックHPよりかつては、一本角を持つ姿が描かれていたけど、そーじゃないよってな内容(雑過ぎる訳)の記事トリケラトプス・ホリドゥス白亜紀後期の角竜類プレノケファレ・プレネス白亜紀後期のアジアに生息していた堅頭竜類北米のパキ...

  12. パンデリクティス・悩ンデナンカ - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    パンデリクティス・悩ンデナンカ

    土の子陶房の恐竜シリーズから。パンデリクティスは約3億8000年前のデボン紀後期にラトビアに生息していた四肢動物につながる魚類だそうです。僕には詳しくはわかりません。はるか遠い昔、人間の一生なんかちっぽけなもんです。喪中ハガキが届き始めました。昨日届いた方は63歳、今日届いた喪中ハガキには66歳と…いつ自分の順番になってもおかしくありません。うじうじと悩んでいる時間なんかないんですよね。(ふ...

  13. ギガ恐竜展2017~  竜脚類 - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ 竜脚類

    ルーフェンゴサウルスの一種中国雲南省で発掘されたジュラ紀前期の 原始的な竜脚形類草食、肉食、雑食といずれの可能性もあると議論されてきました胃石が骨格と一緒に発見されている為、草食と考えるのが一般的ですが鋸歯(縁にギザギザがある)がある点や前肢の親指が物をつかめるように、他の四本の指と向き合っていること時には二本足で歩いていたことから、獲物を捕まえる雑食性だったのだはないかとも考えられています...

  14. ギガ恐竜展2017~ ルヤンゴサウルス - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017~ ルヤンゴサウルス

    会場内で一際目を引く巨大な全身骨格ルヤンゴサウルス・ギガンテウス中国河南省で発掘された白亜紀前期の 竜脚類全長38m 世界最大級の恐竜ですもうデカすぎて写真の撮りようがありません/ili´ ェ`)頸椎上腕骨もうスケール感がヤバいです大腿骨全身骨格の大きさもクラクラするんですが目の前にある部位の骨の超ド級の迫力ときたら・・・この大腿骨は上半分程しか見つかってないそうで全体では2.3mあったと推...

1 - 14 / 総件数:14 件

似ているタグ