恐竜のタグまとめ

恐竜」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには恐竜に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「恐竜」タグの記事(19)

  1. ハルピン 黒竜江省博物館(その2) - 中国探検想い出日記

    ハルピン 黒竜江省博物館(その2)

    黒竜江省は恐竜の故郷です博物館の中に、沢山の恐竜の化石がたくさん展示されています。色々な恐竜の化石が展示されていますでも博物館の中の参観者はほとんどゼロです手が触れるぐらいの距離でゆっくりと観賞をしました。最後は恐竜の定番のマンモスです。展示物には柵もないので、触ろうと思えば自由に触れます。ゆっくりと写真撮影をしてきました。

  2. ジュラシックワールド 炎の王国 - 毎朝牛乳マンション日記2

    ジュラシックワールド 炎の王国

    先日、ジュラシックワールド 炎の王国を観ました。ほぼ逃げてる💦志村、うしろうしろーーー的な‼アトラクションに乗ってるみたいで面白かった。でもあのラストはどうなのさ。イオンのジュース屋で買ったスイカ🍉ジュースおいしす。氷だけ残りがち。

  3. ジュラシック・ワールド/炎の王国 - リラクゼーション マッサージ まんてん

    ジュラシック・ワールド/炎の王国

    こんにちは。有楽ビル店店長 相馬 です。映画 「ジュラシック・ワールド/炎の王国」 を観に行きました。前作のー…続きです !まさかの終わり方でしたが、しょうがないよね!そうなるよね…的な。愚かなり、ホモ・サピエンス。と言ったところでしょうか (´・∀・`)それにしても…夏に観る恐竜は格別ですね。テンション上がる〜 笑ぜひ劇場で 有楽ビル店店長 相馬スタッフ随時募集中

  4. ジュラシックワールド - じゃいこのBLOG

    ジュラシックワールド

    題の通り!観てきました(°▽°)久々に兄弟と映画デートしてきました。金曜ロードショーで2週連続やってましたからね!この炎天下…分厚いダイナソー図鑑を2冊も3冊も借りてえっちらおっちら帰ってくる兄弟ですから。観に行くしかないです。写真、テンション低めのユキトは、楽しみにしていた映画、マクドでハッピーセット食べたい‼︎と言い、食べ始めた矢先に歯がグラついて出血。という、タイミングの悪さ。オレの記...

  5. 『紀元前百万年』(1940) - 【徒然なるままに・・・】

    『紀元前百万年』(1940)

    突然の嵐のために洞窟に避難した探検家たちは、そこで出会った考古学者から壁画に描かれた物語を聞かされる、という導入部で始まる。その辺りの予備知識なしで見ていたので最初は混乱したが、ここで物語は一気に過去の世界へと飛ぶ。原始時代は台詞なし。いや、実際に登場人物たちは単語のみで何事か語り合っているが、それに字幕が付くでもなく、観客は身振り手振りから内容を察するしかない。もっともそれで不都合があるわ...

  6. 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)

    ** ネタバレ注意 **「ジュラシック・ワールド」の続編で、<ジュラシック・パーク>シリーズの5作目。シリーズで初めて前作のストレートな続編になっている。もはや”恐竜映画”ではなく、完全なる”怪獣映画”だ。あれから3年、イスラ・ヌブラル島の火山が活発な活動を始めたため、島に残った恐竜たちの絶滅が危惧されていた。クレアは恐竜保護団体を設立し恐竜を救い出そうとしていたが、上院の特別委員会の緊急討...

  7. 「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を観てきました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を観てきました

    先日、待望の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」を字幕版で観てきました。ネタバレあります。前作の「ジュラシック・ワールド」は、もはやおさらいする必要もないくらいよく覚えています。なので、予告編の映像にワクワクしながら公開初日に観てきたのですが、前作同様まるで生きているかのように恐竜が暴れまくってました。あまりに自然なので、残念な事に感動が薄れてしまうくらいでした。前作から3年後、恐竜が住むヌ...

  8. 王国の崩壊『ジュラシックワールド 炎の王国』 - ウラケン

    王国の崩壊『ジュラシックワールド 炎の王国』

    『ジュラシック・ワールド』の続編、『ジュラシック・ワールド        炎の王国』いやーメチャクチャ面白かった!旧シリーズ2作目の『ロストワールド』がイマイチ映画だったんで、新シリーズ2作目はどうかと思ったら、前作『ジュラシック・ワールド』を上回る面白さ!いや、むしろ秘書の扱いが酷かったり、大惨事になる理由がアホすぎたりでモヤモヤするとこ多かった前作より好き!1作目とロストワールドへのオマ...

  9. 『ジュラシック・ワールド』(2000) - 【徒然なるままに・・・】

    『ジュラシック・ワールド』(2000)

    ある男から亡くなる前に日誌と写真を託されたチャレンジャー教授は、恐竜の生存を確信し学会で自説を披露。真っ向から反対するサマリー博士、新聞記者のマローン、世界的冒険家のロクストン卿、そして探検行の資金提供を申し出た謎の美女マーグリットと共に、日誌に記された謎の大地へと旅立つ、というTVM。マイクル・クライトンの小説を原作とし、スティーブン・スピルバーグが監督し以後シリーズ化され、現在最新作が公...

  10. 「ジュラシック・ワールド カフェ」に行って来ました - カリフォルニアの広い空、と日本の空は繋がっている

    「ジュラシック・ワールド カフェ」に行って来ました

    Facebookで今回の池袋「THE GUEST CAFE AND DINER」のコラボは「ジュラシック・ワールド」だと知って、昨日、旦那さんと一緒に行って来ました。昨年「ミニオン大脱走カフェ」の時に行った、池袋パルコのカフェです(その時のブログはこちら)。あの時は長蛇の列で随分と待たされましたが、果たして今回は。。。。行列はありませんでした〜(笑)。まあ、夏休み前でもありますしf(^_^;...

  11. 夏休みの誘惑と今日のおやつ。 - COCO-NE じかん

    夏休みの誘惑と今日のおやつ。

    7月に入り、学校からもらってくるプリント類が夏休みのイベントに関するものが多いこと多いこと。色んなことに見て、触れて経験して・・・と思ってはいるのですがなんせ、1つ1つがいいお値段(汗)次女が大好きな恐竜に関するものばかり。全て、連れて行ってあげたいけれどなんせ、今年は長女が受験生・・・勉強を頑張っている長女を余所に次女だけ連れて行くわけにはいかないか。今年は次女にとって我慢の年ですね。子ど...

  12. 『ジュラシック・ワールド』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ジュラシック・ワールド』

    <ジュラシック・パーク>シリーズの第4弾。以前にも書いた通り、第1作(「ジュラシック・パーク」)と同じ島が舞台になっているのはこの4作目が初。2作目(「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」)3作目(「ジュラシック・パークIII」)とは舞台も違うしお話も直接繋がっていないので、このシリーズは2~4作目の全てが1作目の続編という珍しい構成になっている。序盤からジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ...

  13. マブ・グレーブスの特製ビューマスターが近日入荷 - 下呂温泉 留之助商店 店主のブログ

    マブ・グレーブスの特製ビューマスターが近日入荷

    Mab Graves Dinokitty View Master collectors setドリーマー・8インチ・ダニーの作者、マブ・グレーブスといえば、SF&モンスター好きで有名な画家ですが、中でも"ディノキティ"と名付けられた一連のシリーズが面白すぎます。ジュラ紀っぽい細密な背景に、猫と恐竜を合体させた滑稽でかわいい生き物を遊ばせて、こんなモンスターが出てくる人形アニメを観てみ...

  14. 恐竜が棲む山 - yama10フォトライフ

    恐竜が棲む山

    (昔話ふうに)何年か前からこの山には恐竜が棲むようになったという。年々腹が太り、足も長くなってくると言うことじゃ。もうすぐ、恐竜の左下にはながいながい蛇のようなものと、ながいながい大穴が現れるということじゃ。(東北中央自動車道)左の山からは、大きな大きな怪鳥が飛び立つこともあるそうじゃ。(ハンググライダー)いつか撮ろうと思っていたのですが、信号待ちでようやく撮ってみました。(笑小規模な土砂崩...

  15. 『ジュラシック・パークIII』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ジュラシック・パークIII』

    <ジュラシック・パーク>もおさらい中。前にも書いたかなと思うけれどこのシリーズ、「ジュラシック・パーク」→「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」→「ジュラシック・パークIII」とお話が繋がってるワケではない。2作目の「ロスト・ワールド」は1作目の続きだけど、3作目の本作も1作目の続き。決して2作目が「なかったこと」になってるのではないけれど、2作目と3作目は直接繋がってはいないのだ。また...

  16. 恐竜の中の島々#001 - Signifie/Signifiant

    恐竜の中の島々#001

    臓器移植法の改正を受け、2010年1月17日の午前零時からひたすら五臓六腑世界のすべての肉を喰いつくしてきたアキラキメラ・パンクレアスは、ヘミングウェイザウルスの膵臓の、とりわけ巨大なランゲルハンス島のユーコの渚に立ちつくし、白い京都の鯉の薄暮色をした背びれに降りかかる雨の慕情に濡れながら、借りてきた猿島新港を出航したときに目にした幻惑の光景を思い起こしていた。「夢だ。幻だ。忘れ去られ、沈黙...

  17. 『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』

    スピルバーグは続編嫌いらしく、「JAWSジョーズ」の続編企画は早々に断りましたが、インディアナ・ジョーンズ教授の冒険譚には興味を示し、2作目3作目4作目を撮り、今も5作目を準備中です。同じくシリーズ化に意欲を見せたのが「ジュラシック・パーク」で、この2作目を監督した後に、プロデュースに回って3作目4作目を送り出し、今夏には5作目の公開を控えています。しかし「インディ」の続編もそうなんですが、...

  18. ギガ恐竜展2017:日本で繁栄した恐竜たち - 続々・動物園ありマス。

    ギガ恐竜展2017:日本で繁栄した恐竜たち

    フクイラプトル・キタダニエンシス福井県勝山市北谷町で発見された白亜紀前期の獣脚類ネオベナートル科2000年に日本産として初めて学名が付けられた恐竜です近年の研究でヨーロッパやアフリカのカルカロドントサウルス類との関連も分かってきましたかつてチョコエッグを集めていた世代には馴染み深いかも!?フクイサウルス・テトリエンシス福井県勝山市北谷町で発見された白亜紀前期の鳥脚類イグアノドン類上顎骨の特徴...

  19. 名古屋市科学館 (その2) - 緑区周辺そぞろ歩き

    名古屋市科学館 (その2)

    科学館は、プラネタリウム以外にもワクワクするような展示コーナーがたくさんありましたので紹介します。「水のひろば」と呼ばれる展示は、地球上の水の循環がテーマで、海の水が雲として上昇し、雨として地上に降り注ぐ様子を模型で表現しています。とても大きな展示で広い吹き抜けに作られています。「竜巻ラボ」では、縦長の高いチューブの中で実際に空気の渦を作って、竜巻の発生メカニズムを分かりやすく説明しています...

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ