情報通信技術革命のタグまとめ

情報通信技術革命」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには情報通信技術革命に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「情報通信技術革命」タグの記事(42)

  1. いは必要なのは「革命」ではなく「文明復古」なのだ - あんつぁんの風の吹くまま

    いは必要なのは「革命」ではなく「文明復古」なのだ

    日本国内では、令和の時代になって初の総選挙が行なわれます。しかし、国外では、直ぐにでも第3次世界大戦が勃発してもおかしくない状況が続いています。難しく云えば、戦争の蓋然性が高まっているのです。上の記事は、米原子力潜水艦が機雷による攻撃にあったと考えられるもので、戦争の切っ掛けになったとしても不思議ではない重大な事件なのです。しかし、多くの日本人は、ネットメディアも含めた情報統制により、その危...

  2. アフガン戦争敗退の責任は、20年前の9.11 同時多発テロとその時の大統領の決断にあり。 - あんつぁんの風の吹くまま

    アフガン戦争敗退の責任は、20年前の9.11 同時多発...

    9.11 同時多発テロから、もう二〇年の歳月が経とうとしています。当時のブッシュ大統領は、そのテロの報復として、イラクとアフガニスタンに侵攻したのでした。そして、それを熱烈に支援したのが、日本の首相であった小泉純一郎でした。私は以前から、何度も、小泉純一郎は今日の米国の姿を予知していたと、このブログで主張しておりましたが、確かな結果を見て、我が国は世界の体制と一線を画している確信を持つことが...

  3. 今年は「社会正義とは何か」を考える好機で在る - あんつぁんの風の吹くまま

    今年は「社会正義とは何か」を考える好機で在る

    昨年は、疫病の大流行(パンデミック)によって、世界中が社会崩壊の危機に直面しました。しかし、社会正義とは何かを考え直す好い機会となったことも事実です。即ち、現代社会は「体制の見直し」を求められていると云えます。地方公共団体(地方自治体)の使命(目的)は「社会福祉を推進する」ことで在ります。では、社会福祉の推進とは何かと云えば「人権擁護と社会正義の実践」であることは民主主義の常識です。しかしな...

  4. 【お互い様】対【今だけカネだけ自分だけ】 - あんつぁんの風の吹くまま

    【お互い様】対【今だけカネだけ自分だけ】

    昨年のアメリカ大統領選挙をみれば、地球規模の情報操作が普通に行なわれていることが解ります。実は、それは今に始まったことでは無いのです。しかし、情報通信技術革命により、その情報操作がより巧妙になってきているのは紛れも無い事実です。情報戦争はとっくに始まっているのです。我々庶民は、いち早くそのことに気付き、自己防衛しなければなりません。見えない情報戦争こそが、「第3次世界大戦」なのです。これは堤...

  5. 葉山の風に吹かれて、新しい時代を切り開く - あんつぁんの風の吹くまま

    葉山の風に吹かれて、新しい時代を切り開く

    葉山の海は南シナ海の台湾香港と繋がっています。日本放送協会のブラタモリより画像を拝借日本は世界有数の海洋国家です。逆を言えば、他国とは陸地で繋がっていませんので、日本は古来から海を通して他国と交流していました。そして、葉山に巨大な前方後円墳が在る事から、逗子の田越川の河口に港湾設備を設けていた事が分かっています。つまり、ここ葉山の海に多くの外国の船がやって来て交易していたのです。そういう意味...

  6. 愛用のMac miniが 夏の暑さで昇天してしまいました - あんつぁんの風の吹くまま

    愛用のMac miniが 夏の暑さで昇天してしまいました

    愛用していたMac miniがとうとう壊れてしまいました。このところ、OSをバージョンアップするたびに起動時間が遅くなっていたので、電源を入れっぱなしにしていたのがいけなかったようです。マッキントッシュは他にMacBook、MacBook Airを持っていて、家庭でもそれほど支障はないのですが、これらのノートパソコンは息子が勝手に使って設定を変えられてしまう事が在るので、やはりMac min...

  7. やっぱり政治家は科学を利用するが科学者の言うことは聞かない - あんつぁんの風の吹くまま

    やっぱり政治家は科学を利用するが科学者の言うことは聞かない

    今回の武漢ウイルスの大流行によって、政府と云うものが全く当てにならないと云うことが国民はよく判ったのでは無いでしょうか。衛生学からみれば、今度の武漢ウイルスは空気感染によるものでは無くて接触感染により拡散されることは明白なことです。下のグラフは、武田邦彦中部大学教授のブログから拝借したものですが、都市封鎖の度合いと人口百万人あたりの武漢ウイルスによる死者数の相関関係を表しています。中国は情報...

  8. 国際情勢に無関心ならば愛国者とは云えない - あんつぁんの風の吹くまま

    国際情勢に無関心ならば愛国者とは云えない

    武漢ウイルスと云う疫病の大流行により、世界も日本も地域社会も大変なことになっています。しかし、世界を見渡してみると、この武漢ウイルスの大流行を見事に防いだ国が在ります。その国の名は『台湾』です。このことは、世界情勢の真実をいち早く察知すれば、疫病や外敵の侵入を防ぐことが出来ることを証明しています。また、この武漢ウイルスの大流行ではっきり解ったことは、中共がいつの間にか「情報工作(インテリジェ...

  9. 人生最大の敵 それは『鈍感』である - あんつぁんの風の吹くまま

    人生最大の敵 それは『鈍感』である

    鈍感と云うのは一番厄介だ。人間は「思考と感情」と云う二大要素を持っている。感じる力を持っている選手は絶対に伸びる。一流は修正能力に優れ、同じ失敗を繰り返さない。投手が攻め方を変えてきたとか、ちょっとした変化に気が付く選手ほど強い。逆に感じない選手は感性が欠如しているから伸びない。なぜ鈍感になるのか。こうなりたいと云う将来の夢や目標が無く、ただ漠然と生きているからだ。夢さえあれば、自然に目標が...

  10. キリスト暦2020年を予測する - あんつぁんの風の吹くまま

    キリスト暦2020年を予測する

    西暦(キリスト暦)2020年を「皇紀」で云えば2680年になります。この皇紀を国の独立記念塔に記した国があります。それはインドネシアです。インドネシアは皇紀2605年8月17日に独立宣言書が作成されてオランダからの独立を決めたのです。日本は、350年もの間、植民地支配してきたオランダを駆逐して軍政を敷きましたが、愚民化政策を執ったオランダと違って国造りに必要な教育を推進し、官吏育成学校、医科...

  11. 民族の自治を妨げる 全てのテロは グローバリストのシナリオ通り! - あんつぁんの風の吹くまま

    民族の自治を妨げる 全てのテロは グローバリストのシナ...

    歴史を顧みれば、テロの殆どが大国の陰謀によるものであることがわかります。その陰謀に必要なのが情報で在ることは云うまでも在りません。そして、エドワード・スノーデンが暴露したように、情報戦争は年中無休で終わりのないものなのです。ですから、相手の陰謀に嵌まらないようにするためには、この情報戦争に負けてはならないのです。***正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

  12. 大金持ちなるよりも 私は名も無き英雄になりたい - あんつぁんの風の吹くまま

    大金持ちなるよりも 私は名も無き英雄になりたい

    地球と云う科学的物体の中で生きている人は、当然の事であるが、自然の摂理に逆らって生きて行く事は出来ない。ところが、金儲けを人生の目的としている者には、この事が解らない。逆に、日本人が何故この事を理解しているかと云えば、しょっちゅう自然の驚異に晒されているからだろう。仏教は数式で表さない科学であるが、神道は自然との共生の道を諭していると云える。そういう自然と共生の道を歩んできた日本人として、そ...

  13. ホロコースト(大虐殺)、ジェノサイド(民族抹殺)、エスニッククレンジング (民族浄化)とは全く無縁の世界を築いて来たのが日本の特徴である - あんつぁんの風の吹くまま

    ホロコースト(大虐殺)、ジェノサイド(民族抹殺)、エス...

    私が今住んでいる家には、日本海海戦の絵が大きな額に入れられて飾ってありました。知る人ぞ知る。この海戦こそ、無線通信技術が本格的に使われた初めての戦いであったのです。日本は織田信長の時代から、いや、そのもっともっと前から、国防における情報の重要性を良く認識していました。というのも、日本においても世界制覇の野望を抱く勢力からの侵略の危険が昔から在ったのです。古くは、支那の唐と朝鮮の新羅との連合軍...

  14. 勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし(野村克也)敗因は歴史から学ぶことが出来る - あんつぁんの風の吹くまま

    勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし(野村克也...

    GPS(全地球無線測位システム、衛星測位方式)の発達によって、人が操縦する必要のない兵器がどんどん開発されていますが、「ドローン」(無人機)は、別に目新しいものでは無く、早い話が「巡航ミサイル」はドローンと同一なのです。此の度の台風15号による千葉県の停電被害を見ると、日本政府は、3.11フクイチ事故や北海道のブラックアウト事故など、直近の災害から何も学んでいないことがよく判ります。今度の東...

  15. 情報戦争に終わりはありません - あんつぁんの風の吹くまま

    情報戦争に終わりはありません

    日本では「お盆」と云う祖先の霊を祀る行事が昔から延々と続いています。歴史とは祖先の活動の記録のことですが、何故、歴史研究をするのかと云えば、どんな歴史にも嘘があり、真実が隠されているからに他なりません。従って、昔から今も続いている情報戦争に無関心であってはならないのです。産経新聞より抜粋「 愚か者は経験に学び賢き者は歴史に学ぶ 」(ビスマルク)

  16. 国民一人ひとりが影の国家に管理統制される社会がやって来た - あんつぁんの風の吹くまま

    国民一人ひとりが影の国家に管理統制される社会がやって来た

    「5G」、即ち第五世代の情報通信技術革命がもたらす社会とは、人間一人ひとりが、一握りの管理者(影の国家)に監視されて、かつ統制される奴隷的社会です。今の中共は、チャイナ地域のみならず、世界のあらゆる地域や個人の携帯電話からその時々の情報を瞬時に取得して監視し、行動を制限する機構を構築しています。つまり、中共は世界中の人々の自由を奪い取ることが出来る国にのし上がったのです。それに米国のトランプ...

  17. 一国二制度の『香港』の今は『プラハの春』と同じだがネットメディアを侮ったら中共は一挙に崩壊するだろう - あんつぁんの風の吹くまま

    一国二制度の『香港』の今は『プラハの春』と同じだがネッ...

    現在の香港の民主化運動は、共産主義国圏内における民主化運動と云う意味で、かつてのソ連邦で起こったハンガリー動乱やチェコスロパキアの『プラハの春』と、全く同一の性質を持っていると見て良いでしょう。しかし、あの「プラハの春」の時代と決定的に違っているのは、情報(インテリジェンス)の民主化です。昔は、電信電話とマスメディアさえ抑えれば、情報を遮断して人民を押さえ込むことが出来ましたが、それは今は不...

  18. 朝日新聞は反日国の工作機関だと云う本が売られている(リベラルが聞いて呆れるダブルスタンダード) - あんつぁんの風の吹くまま

    朝日新聞は反日国の工作機関だと云う本が売られている(リ...

    日本人は「卑怯」を忌み嫌う民族です。それは日本人の伝統であり、日本文明の根幹を為していると私は認識しております。しかし、残念ながら、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム・日本民族抹殺長期計画)によって、その日本人の気骨が受け継がれなくなってきました。長崎原爆大虐殺を追悼するに当たって、この日本人の「卑怯」を忌み嫌う伝統を忘れないようにしようではありませんか。***正義と博...

  19. 戦争に勝っても得をしないことを知っていた日本にこそ未来は在る - あんつぁんの風の吹くまま

    戦争に勝っても得をしないことを知っていた日本にこそ未来は在る

    何故、日本は明治維新を成し遂げることが出来たのか。何故、福沢諭吉は「脱亜入欧」を唱えたのか。何故、典型的な人種差別である「三国干渉」を受け入れたのか。その答えは、当時の日本人が「戦争ボケ」をしていなかったからなのです。二十世紀からの戦争において、戦勝国が得をした戦いは在りません。つまり、国と国の総力戦の戦いに勝者はいないのです。勝海舟も明治天皇も福沢諭吉も「戦争ボケ」をしていなかったから日本...

  20. 「過ぎたるは及ばざるが如し」ではなく、「過ぎたるは腐るが如し」が正しい - あんつぁんの風の吹くまま

    「過ぎたるは及ばざるが如し」ではなく、「過ぎたるは腐る...

    [今日の朝の森戸海岸]また、暑い夏がやって来ました。しかし、甲子園と云えば、高校野球の暑い夏を思い浮かべ、原爆と云えば、広島・長崎の暑い夏を思い浮かべるように、一言で暑い夏と言っても、暑さの度合いはいろんな意味で大分違います。日本の夏は、「過ちを繰り返しては成らない」という事の反省をする季節でも在ります。その反省は「過ぎたるは及ばざるが如し」と云うように、適正でなかった事の反省ではないかと思...

総件数:42 件

似ているタグ