惑星のタグまとめ

惑星」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには惑星に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「惑星」タグの記事(228)

  1. 珈琲と写真の日々-349 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-349

    ようやく表れた土星と木星昨夜は満月。近所の学習塾から観望会を依頼されていたが満月という、お空にとって最悪の条件、しかも観望会は22時までということ。こと座のリング星雲でもと思っていましたが明るいので無理、また土星、木星とも見えるのは22時以降なので依頼をキャンセルして、夜半にかけて我が家の坪庭観測所での撮影となりました。画像はすべて一枚ものまわりの点は土星をまわる衛星か!土星の姿そして木星望...

  2. 遠征先で木星撮影(50㎝ドブソニアン+ポンセットマウント) - 亜熱帯天文台ブログ

    遠征先で木星撮影(50㎝ドブソニアン+ポンセットマウント)

    先日南城市の海岸近くに遠征した時には、木星も撮影した。見ごろの木星が出ているので、星雲星団を見るだけではもったいないからだ。下の画像は、木星を撮影しているところ。左下の光はパソコンのモニター、右下の青い光はバッテリーの残量表示の明かり。しかしこれまで何度か書いたように、ドブソニアンとポンセットマウントの組み合わせでは厳密な撮影はほぼ無理。理由はいくつかあるので、下にまとめてみた。1.ポンセッ...

  3. 熱帯低気圧の発生で風が強く天気も下り坂だが木星を撮った - 亜熱帯天文台ブログ

    熱帯低気圧の発生で風が強く天気も下り坂だが木星を撮った

    沖縄の南海上に熱帯低気圧が発生し、数日中には台風になって向かってくるらしい。だから2日ほど前から風が強くなり、日陰や夜は涼しくなった。しかし惑星撮影の条件は悪化した。高い雲が夜空を覆い、シャッタースピードを遅くしないと露出不足。しかし強風で鏡筒がぶれる。時々大きくぼけるようなシーイング。ボケなくても詳細はわかりにくい。だからがんばってもこんな感じでしか撮れなかった。せっかく大赤斑が中央に来て...

  4. 珈琲と写真の日々-343 - 珈琲と写真の日々

    珈琲と写真の日々-343

    夕方の天体坪庭のリンゴの木の葉の上で休憩中の子ガエル。人間に置き換えて言うなれば八畳間に一人というところか。坪庭の一角、フキも揃って、わたしの眼を癒してくれてます。夕方にはこんな天体が西山上部に展開しました。右側は月。そして左下の明るい星が金星。金星の左に見えにくいのですが火星です。火星は拡大すると見えます。

  5. 昨夜はかなりいいシーイングだった。 - 亜熱帯天文台ブログ

    昨夜はかなりいいシーイングだった。

    機能は昼間は雨曇りだったが、夜遅くから晴れたので、土星と木星を撮影した。まず土星。シーイングも良くてなかなかいい感じ。時々吹く風もあまり強くないので、撮影は楽だった。ただし撮影開始して30分くらいで急にシーイングが悪化したので、木星に切り替えた。なぜか木星の方が高度は低いのに、シーイングがいい。もしかしたら土星の方向にある建物の室外機の影響か何かあるのかも。シーイングがいいので、予定よりも1...

  6. 2021年7月10日深夜(日付は11日)の木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    2021年7月10日深夜(日付は11日)の木星

    昨夜は雲が多かったが、どうにか木星を撮影することができた。今朝は雨も降り、一日中降ったりやんだりの天気だった。梅雨明け直後の「快晴で透明度もシーイングも最高!」の時期は、今日の天気を見ると終わったような気がするが、もう少し続くのか?撮影時は風も弱く、シーイングもそこそこ良かったので、撮影にはそれほど苦労はしなかった。ただし主鏡を冷却する時間があまりなかったので、撮影開始直後は主鏡の熱の影響な...

  7. 火星の人工物 - 絵描きの独り言

    火星の人工物

    2020年7月30日に打ち上げられ、今年2021年2月18日に火星に着地した火星探査機「パーセベランス」このパーセベランスが送ってきた610MBの高画質画像中に、私はあるモノを見つけてしまいました。(#^.^#)それはきっとNASAも見落としてしまったが故に、消去されずに済んだであろう人工物と思しきモノです。下の写真は、パーセベランスが送ってきた画像が載っているNASAの公式サイトのスクショ...

  8. 梅雨明けのシーイングのおかげで木星が良く見えた - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨明けのシーイングのおかげで木星が良く見えた

    夕方は曇っていたので期待していなかったが、寝る前には雲が切れてきた。せっかくなのでドームに上がって土星と木星を撮った。土星の時間帯は雲も多くて風が時々強く吹いたものの、木星が高くなる頃には落ち着いて、木星がよく見えた。1分程度の動画を20本くらい撮った中で、いちばんいいものがこれ。眼視でもよく見えた。シーイングは完全ではなかったし、時々風で激しく揺れるけど、風の吹かない時は本当によく見えた。...

  9. やっと梅雨明けらしい空になったので木星を撮った - 亜熱帯天文台ブログ

    やっと梅雨明けらしい空になったので木星を撮った

    やっと梅雨明けらしい青空になったので、木星を撮ってみた。ちょうど大赤斑が正面に来るようだし。南風が強くてドームのスリットから吹き込み、鏡筒が派手に揺れて撮影しにくいのが困った。そういえば夏はいつもこんな感じだったことを思い出す。でもまあまあいい感じに木星が撮れた。これはお試しの画像処理。ちょっと処理が強かったかも。2倍バーローレンズでは拡大率が低すぎた。次はもっと大きく撮りたい。シーイングも...

  10. 雲の間の木星を撮ってみた - 亜熱帯天文台ブログ

    雲の間の木星を撮ってみた

    梅雨は明けたはずだが、夜は曇った。そういえば梅雨が明けてすぐの夜は、低い雲が多かったような気がする。それでも望遠鏡をいじりたかったので、ついでに木星を撮ってみた。木星の高度が上がるのを待って、それで撮影した。待っても雲はどんどん湧いてくるので、あきらめての撮影。ひどい写りだ。上の画像は撮影が終了してからのものだが、雲の隙間から時々木星が顔を出す状態で2時間くらい待ってみた。ピントも満足に合わ...

  11. 懲りずにトラベルドブソニアンを作る(29)木星を撮ってみる - 亜熱帯天文台ブログ

    懲りずにトラベルドブソニアンを作る(29)木星を撮ってみる

    6月11日の夜は梅雨なのに天気が良かったので、トラベルドブソニアン(鏡筒)の完成度を確認するため木星を見てみた。この鏡筒で惑星をちゃんと見たことがないので、どの程度光軸がちゃんとしているかを確認したかったのだ。結果として、かなりいいレベルまで木星が見えることがわかった。実際に木星を撮影しても、口径30㎝では十分なレベルの像が出せることが分かった。下の木星像は動画で2000コマ(30秒弱)撮影...

  12. 今期の初木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    今期の初木星

    今日は梅雨の晴れ間との予報だったので、寝る前は曇っていたが午前4時に起きてみた。梅雨特有の低く早い雲の間から、木星と月と土星が時々顔を出している。すぐに撮影準備に入った。久しぶりなのでドーム内の40㎝ニュートンは東側にあった。これを西側によっこらしょと移動させたら、主鏡の方から「カタッ」と音がした。しまった、主鏡がずれた。光軸を急いで合わせてアイピースで木星を見てみるが、雲のせいで時々しか見...

  13. 【Vol.19 Space Engine】最も近い人類希望の三重連星 ケンタウルス座α星系 プロキシマ・ケンタウリ Proxima Centauri - きままにマンガみち

    【Vol.19 Space Engine】最も近い人類...

    太陽の寿命が来て地球で生存できなくなった遠い未来、人類の移住先になる連星系候補。そのなかでも最も地球に近い恒星「プロキシマ ケンタウリ」をどこよりも先だって観光します。3層にも厚い雲に覆われた惑星。幾重にも折り重なるオーロラ。等級が2倍に輝く閃光現象を鑑賞。⭐️お気に入りの星を見つけよう! チャンネル登録はこちら⭐️ https://youtube.com/channel/UCTeVHdt5...

  14. タイトル「通信・・・水の惑星へ」 - 絵描きの独り言

    タイトル「通信・・・水の惑星へ」

    いよいよ今月4月19日(月)~24日(土)銀座中和ギャラリーで展覧会です。19,21、24日に在廊します。ぜひお立ち寄りください。銀座の展覧会が決まってから、がんばりました~((+_+))もうしぼり出しても何も出てきません(_)この作品も出展します。この絵、絵の具が乾くか心配でしたが、どうにか乾いてくれました。描いてみて、この画面、「おぉー、強いな~!」と思いました。やっぱりシンメトリーの構...

  15. 土星、月、木星の接近2日目 - 亜熱帯天文台ブログ

    土星、月、木星の接近2日目

    今朝も早起きして土星・月・木星の接近を撮った。いや今朝は右から土星・木星・月の並びになっていた。昨日の印象が強かったせいか、今日の眺めはいまいちインパクトに欠けた。見ても「ふーん。」という感じ。でもそれは予想していたことで、今日のメインはドラベルドブ鏡筒で木星をちゃんと見ること。だから土星木星月の撮影はそこそこに、望遠鏡の調整をメインでおこなった。鏡筒は撮影前に外に出しておいて、温度順応する...

  16. 土星、月、木星の接近 - 亜熱帯天文台ブログ

    土星、月、木星の接近

    今朝早起きして、土星、月、木星の接近を撮影した。月は明るかったが、土星、木星も十分明るくて、とても見栄えのする現象だった。適正露出がよくわからず、撮りまくったものの1コマが上の画像。最初は広角ズームで撮影していたが土星が写りにくいので、タムロン45mmを久しぶりに使ってみた。それでも土星がわかりにくいので、上の画像はステライメージでスターエンハンスフィルターを2回かけた。最初からソフトフィル...

  17. 夜空のスマイルマークを撮ったんだけど… - 亜熱帯天文台ブログ

    夜空のスマイルマークを撮ったんだけど…

    今夜は急に用事が出来たので、自宅で撮るつもりだった#夜空のスマイルマーク(アルデバラン・火星・月の接近)を出先で撮ろうとオリンパス用望遠レンズを探したけど、こういう時に限って見つからない。結局時間切れで、仕方がないのでオリンパスPEN-F と17mmレンズだけを持って出かけた。たぶんフルサイズ換算100mmくらいのレンズが必要だと思っていたが、手元にあるのはフルサイズ換算34mmのレンズ。と...

  18. 作品タイトル「うずまき惑星のロボット」 - 絵描きの独り言

    作品タイトル「うずまき惑星のロボット」

    この青い物はロボットです。クラゲではありません。ロボットを描くことは決まっていたのですが、どんなロボにしようか・・・と、結構悩みました。多かれ少なかれ惑星にはきっと重力があると思います。がしかしこの青いクラゲもどきのロボットは、その重力にも負けずにタンポポの綿毛のようにフワフワと漂います。空気(大気)の流れを使って移動するのです。このロボットの任務は、惑星の意思にそってエネルギーを運搬するこ...

  19. 作品タイトルは考え中です - 絵描きの独り言

    作品タイトルは考え中です

    ひさしぶりに大きい絵を描きました。F30号(91×73㎝)写真と原画ではちょっと違いますが、まぁこんな感じです。写真のほうが良く見える気がする(_)この絵はだいたいこれで終了にしようか、とは思っていますが、う~ん・・・ホントにこれでよいのか・・・悩んでいます。ですのでSNSにはまだアップしないでいます。この絵を、日常生活で目に付く場所に置いてしばらく放置しておきます。そうしていると、「あ、こ...

  20. 映画「アビス」 - 絵描きの独り言

    映画「アビス」

    監督:ジェームズ・キャメロン初めてこの映画を観たのはテレビ放送ででした。簡単に言うと、深海に宇宙人が大型のUFOでひそんでいる。という内容です。最近、青い画面の作品を描くようになってこの映画を思い出し、どうしても観たくてアマゾンで購入しました。テレビ放送では、映画はずいぶんとカットされて放送されるものですが、(最近はそうでもないようです。)この映画もだいぶカットされていました。しかも一番重要...

総件数:228 件

似ているタグ