惑星のタグまとめ

惑星」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには惑星に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「惑星」タグの記事(294)

  1. 太陽と火星の画像2020/11/25 - 亜熱帯天文台ブログ

    太陽と火星の画像2020/11/25

    今日は予報では晴れだったが、意外に雲が多かった。最高気温は26度。まだ昼間は暑いので太陽撮影は日が傾いてからになってしまった。太陽面が面白くなってきたので数台のデジカメで太陽を撮り比べようと思ったが、1台終わったら曇った。上の画像は先日買ったEOS-M10での撮影。太陽はまあまあ写る。星は30秒露出の範囲で写せるかも。ノーマルのEOS-M10と天体改造EOS-M3とを撮り比べる予定だったんだ...

  2. 火星の黄雲(砂嵐・ダストストーム)がすごいことになっている - 亜熱帯天文台ブログ

    火星の黄雲(砂嵐・ダストストーム)がすごいことになっている

    今月の12日頃から目立ってきた火星の黄雲(砂嵐とかダストストームともいう)が、何だかすごいことになっている。収まってきていると思っていたが、私が観察しなかった方面へ広がっていた。上の画像は昨日、雲の間から撮影したもの。1時間くらいの自転の様子。発生元は右画像の中央やや下あたりで、そこから央南半球(上半分)の左右両側に広がった。火星面の左斜め上端に黄色いモヤモヤが雲のように見える。中央にある子...

  3. ISS - **photo cafe**

    ISS

    Nikon D810Nikkor 8-15 f3.5-f4.5ISO100,f/5.6,10min月、木星、土星、夏の大三角とISS仲間と集まってISS撮影少し前まで明るかったのでどこまで露光できるのか心配でしたが秋の夜はつるべ落としの言葉どおりすっかりと夜の様相となりました。三脚がわさわさと・・・何人いたんだか。こちらはコンポジットで。実は初めてのISS撮影一発勝負は刺激的でした!

  4. 火星の黄雲はかなり拡散しているみたいだ - 亜熱帯天文台ブログ

    火星の黄雲はかなり拡散しているみたいだ

    昨日は前日までの強風も収まり、気温が高くて湿度も高かった。こういう日はだいたいシーイングがいい。と思ったら、火星が細かく揺れるシーイング。それも縦方向に激しく微振動する。でも画像はちゃんと撮れた。撮影間隔が1時間弱の2コマを並べてみた。画像はクリックで拡大する。最接近の頃よりも全体に白っぽく、模様が見えにくいけど数日前よりは良くなった。黄雲は拡散して、薄くなっているようだ。太陽湖の南側に回り...

  5. 火星の黄雲が広がってきている - 亜熱帯天文台ブログ

    火星の黄雲が広がってきている

    火星の黄雲(ダストストーム)が広がってきているようだ。15日はすごい風で、鏡筒がぶれまくりだったけど、どうにか撮影できた。黄雲は中央少し上にある、ちょっとぼやけた黄色の横線。南(上)に拡散していっている。前日の画像よりも中央の黄色の部分が広がっている。火星の見えている部分は昨日とほぼ一緒。この日は信じられないほどの強風とシーイングの悪さ。高層大気の流れがわかるサイトを見ると、ジェット気流の中...

  6. 狙われる火星 - **photo cafe**

    狙われる火星

    Nikon D810ASigma 14mm f/1.8南牧村の公募入賞した際の副賞で、国立天文台での星景写真教室に参加してきました。雲が多かったので諦めかけていましたが、最初の30分程は雲間に少しだけ星が見えたので、なんとか数枚、記念に納めることができました。機会がないとなかなか夜に入ることができない場所なので、ボウズにならず良かったです。薄暮の火星・・・色がより美しく感じます。※自治体主催...

  7. 細月と水星 - **photo cafe**

    細月と水星

    Nikon D810Sigma 135mm f/1.8ISO4000,135mm,f/1.8新月前の細い月と水星一兎を追うもの二兎を得ず・・・月の出を400mmでも狙いましたが、どちらも失敗しました。

  8. 火星のダストストームをやっと撮影した - 亜熱帯天文台ブログ

    火星のダストストームをやっと撮影した

    11月12日、火星でダストストーム(砂嵐、黄雲)が発生したらしいが、沖縄はずっと天気が悪くて確認できなかった。それが14日になって雲が切れて、やっと撮影することができた。画像中央を横に走る、細い明るい線がそれ。他の観測者の画像を見ると12日には2本あるようだが、北(下)の1本はこの画像では移動したのか、ちぎれた感じで横線でなくなっている。眼視でも黄雲の存在は確認できたが、地球の雲が多すぎて長...

  9. 2020/11/07 の火星・シーイングは少し悪化した - 亜熱帯天文台ブログ

    2020/11/07 の火星・シーイングは少し悪化した

    昨日は気温は高かったが昼間は雨が降ったりやんだり。夕方から晴れた。雲は割とあったが流れが速いので、雲がいなくなるタイミングで撮影した。上はカラーカメラの一発撮り。動画を何本か撮ったけど大差ない。シーイングは前日より悪化したがそこそこの画像が得られた。その後モノクロCMOSで撮影。思ったより出来は良くない。火星の雲はこちらの方がよく出るので、模様の写りがいまいちでもRGBで撮影する意味はある。...

  10. 木星はそろそろ終了だけど、火星はまだまだいける - 亜熱帯天文台ブログ

    木星はそろそろ終了だけど、火星はまだまだいける

    昨夜久しぶりに木星を撮影してみたら、雲が多かったせいもあるが、低空の悪シーイングに邪魔されてとても厳しい状況。もうシーズン終了だな。この動画1本だけ何とか模様を出せたけど、模様はぼんやりしている。でもこれが限界。残りの4本はどう見ても太い線が入った白丸。もう無理だな。低空の木星に対して、火星は天頂近く(約70度)に上がるので、冬の空気が入らなければそこそこいい画像が撮れる。木星と同じ夜とはと...

  11. 【360度動画】宇宙空間の映像テスト(低解像度) - きままにマンガみち

    【360度動画】宇宙空間の映像テスト(低解像度)

    https://youtu.be/fHFaF659TbE360度映像始めました。30秒間グルグル見回せます! ⭐️チャンネル登録はこちら⭐️励みになりますので、寄ったついでに高評価ボタンもよろしくお願いします。音楽素材協力:魔王魂 http://maoudamashii.jokersounds.com/<再生リスト>●UniverseSandbox2惑星シリーズhttps://www.yo...

  12. 昨日もいいシーイングだった。2020/10/28の火星 - 亜熱帯天文台ブログ

    昨日もいいシーイングだった。2020/10/28の火星

    昨日もいいシーイングだった。上の画像は眼視風の抑えた処理。ふたつに分かれた南極冠は、眼視ではわからなかった。ただし風はあったので、撮影した画像は撮影タイミングにより良かったり悪かったり。下の画像はちょっと強めに処理したもの。上の画像の6分後。かなり細かいところまで出ている。画像処理すごい。この後RGBでも撮影したが、出来はいまいち。そのうち雲が出てきたので、もういいかなという感じで撮影終了。...

  13. 昨日はいいシーイングだった - 亜熱帯天文台ブログ

    昨日はいいシーイングだった

    昨日はそこそこいいシーイングだった。ただし雲が近づいたらひどいシーイングになった。これは最初に撮影したもの。この後はいまいちで、そのまま曇って撮影終了。ふたつにわかれている南極冠が、また小さくなった。その前の日はひどいシーイングだった。エウロパによる掩蔽の時見ていた木星でもシーイングの悪さは気になっていたが、時間がたっても回復しなくて、他の画像もひどくて撮影を早めにあきらめた。風も強くて鏡筒...

  14. エウロパによる10.6等星の掩蔽を観測した - 亜熱帯天文台ブログ

    エウロパによる10.6等星の掩蔽を観測した

    木星の影に隠れた衛星エウロパが恒星を隠すという、1回読んだだけではわけのわからない現象が起きた。それに気がついたのは確か天文ガイド10月号の記事だったと思う。いつもは沖縄で見られる掩蔽があるかどうかを確認するだけだが、その習慣のせいでこれを見つけた。木星の高度が低く、記事の内容からも木星に近くてまあ見えないだろうなと思ったが、念のためスマホのスケジュールに入れておいたら2日前に気がついた。掩...

  15. 【動画作成】球の崩壊・After Effects - きままにマンガみち

    【動画作成】球の崩壊・After Effects

    https://youtu.be/ryY_mKo1Sg4球が、崩壊する様を映像で制作。破片が、途中で止まるのを何とかしたいが、後々、星や惑星なにかで、表現する際に役立ちそう。⭐️チャンネル登録はこちら⭐️高評価ボタンも大歓迎!よろしくお願いします! <再生リスト>●UniverseSandbox2惑星シリーズhttps://www.youtube.com/playlist?list=PLVD...

  16. 2020/10/24 の火星 - 亜熱帯天文台ブログ

    2020/10/24 の火星

    昨日は久しぶりに晴れたので、気合を入れてDOBGOTO16を屋上で組み立てて火星を撮影した。しかし火星が振動するようなシーイングで雲も多く、眼視ではそこそこ見えているが撮影結果は微妙な感じ。追尾の状態もいつもどおりで落ち着きがなく、コマ数を稼げない。しかしDOBGOTO16を使っての惑星撮影もだんだんコツがわかってきたような気がする。ただ、これを火星撮影のためだけに組み立て分解するのは、消耗...

  17. 自作40cmニュートンの接眼部を交換して火星を撮影する - 亜熱帯天文台ブログ

    自作40cmニュートンの接眼部を交換して火星を撮影する

    自作40cmニュートンで火星をRGB撮影するようになってから、接眼部の傾きが気になっていた。どうもフィルターターレットの重さに耐えきれずガタが出てきているような感じだ。元々は安いクレイフォード接眼部だが、国際光器で買ったモーターフォーカサーが付くのがこれしかなかったために今まで使っていた。他の接眼部では、モーターフォーカサーをつける取付金具が合わないのだ。しかしガタが出たのでは仕方がない。モ...

  18. SkywatcherのDOBGOTO16で火星を撮影してみる - 亜熱帯天文台ブログ

    SkywatcherのDOBGOTO16で火星を撮影してみる

    翌日から天気が悪くなるとの予報が出ていたので、DOBGOTO16をひとりで組み立てる方法をあれこれ検討したくて、とりあえず屋上で実際に組んでみた。以前からいろいろ考えていたおかげで、割とすんなり組み上げることができた。しかも腰に負担が少ない方法で。組み上げた時点では天気がいまいちだったが、そのうち雲が去ってほぼ快晴になった。北風は強かったが、火星を撮影してみた。まあまあの出来だ。シーイングも...

  19. 【創作宇宙 #2 】プラネタリーリング(planetary ring)・惑星の環・オリジナル動画 - きままにマンガみち

    【創作宇宙 #2 】プラネタリーリング(planeta...

    https://youtu.be/i0Moj7oVkdM宇宙をベースにしたオリジナル動画制作。太陽系外惑星の周りに隕石のリングを備えた土星型惑星をイメージ。⭐️チャンネル登録はこちら⭐️ https://www.youtube.com/channel/UCTeVHdt57sZNlsI2Oygx3fg<動画制作>きままにマンガみち( https://kimamani2014.jimdofree...

  20. 火星面に落ちるタルシス三山の影 - 亜熱帯天文台ブログ

    火星面に落ちるタルシス三山の影

    先日、私の所属する沖縄星観の会のH氏より、10月13日の火星について問い合わせがあった。その日の15時(世界時)過ぎに撮影したビデオを見ていて、明け方の雲に影があるように見えるが、その時間帯の撮影画像があれば確認してくれないかとのこと。ちょうどその時間帯は私も撮影していたので確認すると、画像処理した火星のふちが小さく欠けたようになっている。H氏によると、おそらくタルシス三山のどれかの影が、朝...

総件数:294 件

似ているタグ