想い出のタグまとめ

想い出」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想い出に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い出」タグの記事(80)

  1. 想い出ビデオテープ - jujuの日々

    想い出ビデオテープ

    平成生まれの息子の記録は幼い頃は初期のハンディホームビデオカメラが主流でした幼稚園や小学校で頂く記録は大きなビデオテープ其々本体は壊れる寸前ではありますが残してありましたが今回ダビングサービスを利用し大小様々なテープをDVDへダビングして頂きました元が今の様に綺麗な画像ではないので仕上がりはそれなりでしたが今まで放置したままの記録を振り返る機会にもなりました息子の成長今の私程の年齢の両親祖母...

  2. アイム・ソーリー - まほろば日記

    アイム・ソーリー

    以前旅したギリシャ・クレタ島でのエピソード。1週間の滞在中、宿にしたのは、エーゲ海の蒼い海に面したリゾートホテル。客の多くは朝から晩まで海辺に寝そべり、肌を小麦色に焼きながら、時々泳ぎ、昼寝をし、ホテル内で飲食をとり、徹底的になにもしない休暇を愉しむ。私たち夫婦も、最初の一日くらいはそんな休暇を過ごしてみたのだが、元々が、何処に居てもじっとはしていられない性質。さっそくレンタカーを借り、島内...

  3. 79歳という年齢について - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    79歳という年齢について

    私の父は79歳プラス1か月で亡くなりました。晩年はずっと病気がちで、何度も入退院を繰り返していました。お酒が大好きでたくさん飲みたい割に体が弱くて飲めませんでした。夫が79歳という年齢になり、少しだけトラウマは残っているような気がします。お酒は適度なら良いとは思いますが、しばしば体を蝕んでしまう魔物でもあります。私自身のことを言えば、お酒はかなり強い方だと思います。飲んだお相手がその場で眠た...

  4. 「ゴールデンウィークというと…」 - はぁ~とcafe @appy happy

    「ゴールデンウィークというと…」

    「ゆったり。まったり。しなやかに。そして穏やかに自分らしく生きる。」appyがそっと寄り添うと、happyになる。はぁ~とセラピストappyです。今日のテーマは「ゴールデンウィークというと・・・」です。あれよあれよという間にゴールデンウィークに突入していました!ゴールデンウィークというと想い出すのが30代に立ちあげたキッズクラブのときのことこどもたち主役のネイチャースクールとカルチャースクー...

  5. 日本出発当日のミニ同窓会①関西在住者限定の集まり前編 - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    日本出発当日のミニ同窓会①関西在住者限定の集まり前編

    日本滞在中の記事がもう一つ残っていましたので、遅ればせながらここに記録を残したいと思います。何と、それは2020年12月6日=私が日本を発つ当日のことでした。フライトは深夜出発便なので、何も用事がなければ普段なら大阪市内のデパートにダメ出しのお買い物などに行ったりするのですが、この日は午後1時から同級生が企画してくれた忘年会に参加予定でした。本来なら参加できないはずでしたが、搭乗便のエールフ...

  6. 自粛中の手仕事 - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    自粛中の手仕事

    2年前に編み始めた孫の毬ちゃん用の毛布、流石に身長もぐっと伸びて小さくなってしまったので、編み足すことにしました。毛糸は未だ自由の身だった時に、問屋街25 de Marcoで大量買いしておきました。つい先日、毛糸が終わってフィニッシュ!肝心な毬ちゃんの反応は今一つ。。。「これあちゅい(暑い)」と(-_-;)今使ってくれなくてもいいもんね~。もっともっと大きくなって、寒くなって「あ!そう言えば...

  7. 幼馴染の「八重子」ちゃん - 花々の記憶  happy momo        

    幼馴染の「八重子」ちゃん

    八重子という名の幼馴染がいた、故郷の通学路から一緒に眺めた八重桜今年も咲いているのかな~💗肌寒き花曇りいい出会いがあるといいね~~~💗きょうもありがとうございます

  8. 末代までの笑い種 - 在りし日

    末代までの笑い種

    何とか幼稚園を無事卒園入学準備に追われる 母親暇を持て余していた私は母の次姉の嫁ぎ先(本家)へ泊まりに行く次姉と母は15歳差があり長姉とは20歳差がある母は末っ子私は末っ子の末っ子(みそっかす)(荒川の土手から拾ってきた)(発言権無し)お泊り2日目近所の子を5~6人集めなにして遊ぼうの相談中「遊んで~」と走ってやってきた首に薄汚れた前かけを付けゴボウ鼻を垂らした男の子(↑ちょっと苦手)(↑す...

  9. 自宅問題(東屋を解体!?) - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    自宅問題(東屋を解体!?)

    我が家にプロの庭師さんが自宅に入るようになって4か月が経ちました。あちこちが劇的に綺麗になったものの、最後の問題はすっかり朽ち果ててしまったこの東屋。ブラジルではQuioskと呼ぶらしいです。東屋の中は、お肉を焼くシュラスコ用の窯やピザ釜に水道やガス、電気も引いています。この空間で一応何でもこなせるような設備を整えて、これまで数えきれないくらいたくさんのお客さまをお迎えしてきました。もし偶然...

  10. 標本の想い出 - 眠れる島の小さな住人達

    標本の想い出

    今日は苦手な虫関連のお話なので、画像を小さく設定しました。虫の標本の話で、虫、標本NGの方はご遠慮くださいな。私は虫という字を見るのも嫌なんですが、でも標本には思い入れがあるので記録も兼ねて、昔話ですがまとめておこうと思いました。私の育った家には、蝶の標本を額装したものがいくつか壁に飾られていました。蝶も含めて私の虫嫌いは小さい時からだったのですが、不思議と家の壁の標本には惹かれるものがあり...

  11. 大好きな桜が見たい - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    大好きな桜が見たい

    東京では既に桜が満開になったとの報道が。この時期になると、何故か日本人である私は心がソワソワします。桜便りに誘われて、日本にいる時は西に東にと桜見物に行っていましたっけ。この桜は、5年前京都・嵐山の桜守・佐野藤右衛門さんのお庭に伺って撮影したものです。この時過ごした親しいお友達、案内役の教え子Mちゃん、一緒にお供してくれた娘のパトちゃんとの思い出が鮮明に蘇ってきます。私が一番好きなのは枝垂れ...

  12. 不思議体験 - 在りし日

    不思議体験

    卒園まじかな頃泊まりに行った母の実家見渡す限り畑と田んぼ皆いろいろ忙しい母はここでも忙しい実家でのんびりという訳にもいかないらしい私は縁側に腰掛けすることもなく庭の植木池もう見飽きてる足をぶらぶらそんな時庭の片隅で渦巻ができたアッ!風が私の足をするりと撫でていった叔父ちゃん:「休憩にしよう」(↑母のすぐ上の兄)私も立ち上がる母が近付いてきた「足をどうしたの?」見ると膝下が切れている血も少し出...

  13. 大切な想い出のパジャマ(週末の呟き) - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    大切な想い出のパジャマ(週末の呟き)

    幼い子どもたちの手を引いて実家に一時帰国をした際に、いつも山のような新品の衣類が揃えられていました。たまに日本に帰ってくる娘と孫のために、可能な限り手を尽くしてくれた両親。つい先日、柳行李(って皆さんご存知ですか?)を開けてみると、娘たちや息子が小さい時に着ていた洋服がたくさん出てきました。その中でも驚いたのが、新品のパジャマ2枚。三越のタッグが付いたちょっとお高めのパジャマでした。サイズも...

  14. お弁当がない事件 - 在りし日

    お弁当がない事件

    園庭でお稚児さん行列の練習お昼の時間吊るしてあるカバンの中からお弁当を出し席に着く大声で叫ぶ子ありお弁当がな~い?!ふたを開けたら中身が空っぽ別の子も声をあげる私のもな~い!大騒ぎになり泣き出す先生が慌ててとんで来た園長先生も来たしばらくして園長先生が言う「よかったら少しづつ分けてあげて下さい」と食事が終わる頃には忘れる数日後再びお弁当がない事件発生園から頂いたおやつのクリ菓子もない(下にチ...

  15. 故郷雪まつり - ふうりゅう日記

    故郷雪まつり

    今年はイベント中止過去の想い出故郷岩手雪まつり2015年2月2014年2月

  16. 雪の道 - 在りし日

    雪の道

    その昔毎日通っていた道どこまでも続いているかのように見える寒空の下詩人になった(←つもり)ぼくの前に道はないぼくの後に道はできる道は僕の踏み出してきた足あとだ(高村光太郎)道を見るといつもこの詩が頭に浮かんでしまい他の言葉の邪魔をするのだ撮影日:2018/1/22

  17. 息子想い出の品 - jujuの日々

    息子想い出の品

    ひとり息子 赤ちゃんの頃のお洋服などファーストグッズは母としての思い入れから大切に茶箱で 客間にある 納戸に保管していますその他 所謂 『思い出』グッズ絵や工作 日記に玩具・・は息子の部屋の納戸で眠ったままでした先日 20代最後のバースデーを向かえ私的に 『もういいのでは?』と思い始めました直に帰国する息子は短期間にも拘わらず大量の荷物を持ち帰るのでその始末も考え彼の部屋の1つの納戸を空にし...

  18. そんな事はしていません2 - 在りし日

    そんな事はしていません2

    毎日父の自転車で送ってもらう幼稚園にも慣れた頃どうしても家に帰りたくなる隣の隣に住んでいたカズミちゃんに話すカズミちゃん:「カズミも帰る」私:「先生家へ帰りたい」先生:「まだ駄目ですよ」私:「帰る」教室を出ようとした時後ろから捕まれる私:「はなせー」そのまま逃走カズミちゃんも後から来た二人で少し道草しながら(←指名手配中)無事帰宅その後の事はよく覚えていない母が言う先生の腕に嚙みついたと服の...

  19. そんな事はしていません1 - 在りし日

    そんな事はしていません1

    初めての幼稚園行かない行きたくない昔は行かなくてもそこまでうるさくなかった話が出てから数日後幼稚園の先生迎えに来る先生:「一緒に行きましょう」行きたくないと逃げ回る母が言う母:「後から連れていきます・すみません」絶対行かないしばらくして父が言う父:「自転車で送っていってあげるよ」私:「帰らないでいてくれる?」父:「ついているよ」その言葉を信じ自転車の後ろへ乗る幼稚園はお寺が経営園長先生はお坊...

  20. 両親、ゴミをあさる - 在りし日

    両親、ゴミをあさる

    学生時代部屋の整理整頓掃除シンプルに暮らす好き不要なものはサクサク始末(物があふれていた時代の人)(新しいものが手に入る)仕事に趣味に忙しい両親部屋には物が溢れてるたまには掃除をしてあげよう机の上戸棚ついでに押し入れ(タンスの中は見ません)ピカピカの部屋眺め大満足黒いポリ袋に半分程度始末後で外へ出そうと玄関に置くいつの間にかうたた寝話声とガサガサする音慌てて見に行く両親が袋から拾い上げていた...

総件数:80 件

似ているタグ