想い出のタグまとめ

想い出」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想い出に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い出」タグの記事(84)

  1. 命日父の想い出 - jujuの日々

    命日父の想い出

    今日は4か月ぶりでしょうか主人も出勤致しました50%での出勤だそうですから週2~3日かしら?タイミングとしてはどうなのでしょう都内はどんどん増えているのにね・・・・・そして今日は父の命日・・・・脳梗塞からの回復途中突然の大動脈解離緊急手術を行うも目を覚ますことなく69で旅立ちました退院目前楽しみにしていた家の食事目を覚まさない数か月魂は何を感じ何を思っていたのだろう今でも父を想うと苦しくなり...

  2. * 苦しみから解放してあげたかった&生きていてほしかった - leisurely life / 再婚夫婦の日常

    * 苦しみから解放してあげたかった&生きていてほしかった

    6月が終わるねー父の命日が過ぎて丸3年が過ぎた父が亡くなった時母はうつ病で大変だった………このまま父のところにいっちゃうんじゃないか?って心配だったけど私も生活があったし母につきっきりにもなれなくてね出来る限り実家に帰って買い物したり話しを聞いて母を見守ったそんな母も今は調子が良くなってきてお父さんの7回忌はしっかりしないとねって目標を持ってくれた、ありがたい………母には長生きしてほしいまだ...

  3. おふくろの味 と 残念な見た目 - leisurely life / 再婚夫婦の日常

    おふくろの味 と 残念な見た目

    昨日の夜ご飯もやし、ニラ、サラダチキンの和え物一風堂のもやしソースと鶏ガラスープの素とごま油、白ごまでこれは美味しいです!夫婦でお気に入り食欲がなくなる夏にもいいねニラ入り玉子焼きニラを使い切りたくて和え物と玉子焼きで1束使い切り餃子の皮にスモークチーズを巻いたもの揚げずにトースターで おつまみに♫とーーーっても残念な見た目の(;一 一)ふぅ💧鯨肉と牛肉炒め牛肉炒めは...

  4. もっくん - ☆モズナオ☆のほほん日記 Part.2

    もっくん

    6月23日もっくんの18回目の誕生日

  5. A cup of tea - まほろば日記

    A cup of tea

    昨日は、朝から晩まで梅雨時らしいどんよりとした曇り空でした。午後には、主人とともに少しだけ出かけましたが、その前にティータイムをしました。いつもはコーヒーが多い我が家ですが、昨日はティーの気分でした。先日、広島の方からいただいたドイツ菓子をお供にさせていただいて・・・。広島・廿日市にあるドイツ菓子専門店のものだそうです。とても美味しかったです。ありがとうございます。暗いのでキャンドルを灯して...

  6. * 6月は innocent worldな気分 - leisurely life / 再婚夫婦の日常

    * 6月は innocent worldな気分

    6月になると思い出すMr.Children の innocent world*物憂げな 6月の雨に 打たれて愛に満ちた 季節を想って 歌うよ知らぬ間に忘れてた 笑顔など見せて虹の彼方へ放つのさ 揺れる想いを*ふと思い出す歌詞………ミスチルの歌詞はいいんだよね色んな想いが駆け巡る年を重ねたんだな………

  7. バリ島大好き - バリ島大好き

    バリ島大好き

    【今年は5月10日】母の日今日の投稿も、母に捧げるバリ島です。バリ島で一番多く宿泊しているのが、北東のダイビングポイントのトランバンの老舗、パラダイスパームビーチホテルです。(2009年撮影)ダイビングショップのオーナーのミコさんが一番かわいがっている、チャチャ君です。毎年1回だけ、の訪問なんですが、直ぐに来るんですよ。夕食は一緒です。チャチャ君は、残念ながら、今年、虹の橋を渡ってしまいまし...

  8. あれから… - Night Flight's Kettle

    あれから…

    布ぞうり始めて約、一年。順調に、売れています。順調すぎて怖い。いや、ありがたい…(涙)本当であれば、四月の末に東京駅の近くでフリーマーケットに出すように計画していたのですが。もちろん、コロナで中止に。母が作りためていた布ぞうりは、Creemaさんに掲載。すると、おうち時間のお供になのか、ぽつぽつと売れております。おうちでいるのに暖かくなってきて、素足で布ぞうりも気持ちよい季節になってきました...

  9. FUJINOHANA Ⅱ - 長い木の橋

    FUJINOHANA Ⅱ

    過去写真を見ながら当時のことを思い出しニマニマしてます^^やりたいことややらなければならないこと山ほどあるのにあれもこれもと手を出すから中々はかどらない。ブログ投稿もついつい後回しまだまだの~んびり投稿が続きそうです。

  10. 散歩 - ふうりゅう日記

    散歩

    午後からRyuさんと散歩した。自宅~図書館~薬師堂駅若林区役所そば樹齢かんじられる木空と雲卸町駅のそばの空き地(日通倉庫跡地)夕方西方の空夕飯はエビフライ美味しかったな(幸~♪)今日のブランチも楽しかったな(幸~♪)えいちゃんとママとRyuさんと。ハンバーグ鶏唐揚げオムレツナポリタンみんなでシェアして濃厚接触(幸~♪)市場食堂オリーブの杜パチリ!

  11. 友人 - 小さなたからものを探して

    友人

    先日のこと、20年ぶりに友人と会った。あの頃、私はまだ白衣を着ていなかった。母親を連れて診察に来ていた。お互いに親の通院に付き合う歳になったね、なんて笑いあった。嬉しいのに、なんとなく悲しくなった。

  12. 太日通り・水沢 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    太日通り・水沢

    奥州市水沢の、太日通り。懐かしい通りである。昭和38年の小学校5年生当時に、遠足でここをバスで通過している。その時の、太日通りの光景を今でもはっきりと記憶している。

  13. プリント写真を捨てる前にやるべきこと - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    プリント写真を捨てる前にやるべきこと

    スキャン後のプリント写真について、ご質問いただきました。ありがとうございます。(^^)結論から言うと・・・私は、やるべきことをやって、全てシュレッダーにかけて捨てました。プリント写真の処分については、やはり大切なものですから、よーく考えて判断してください。(^^)↓↓↓性格的にい潔い方だとは思いますが、捨てないと、プリント写真をデータ化した意味がありません。ただし、捨てる前に、バックアップを...

  14. 懐かしい味 - ふたり暮らしの生活向上委員会

    懐かしい味

    祖母と二人暮らしだった子どもの頃住んでいた街へJRにゴトゴトンゴトゴトンと揺られながら行って来た夏にちびっこ達を連れて来た時はほんのご挨拶程度だったので今日はしっかりと墓掃除をするすっかり綺麗になったお墓にはまた来年、春のお彼岸の頃に...そしていつものように墓参りの後の昼食はラーメンでちなみに鹿児島でラーメンといえば必ずあっさりとした漬物がどこの店でも出て来るで、漬物を食べながらラーメンを...

  15. 逃走犯は近くにからの香港での想い出 - jujuの日々

    逃走犯は近くにからの香港での想い出

    警察病院から逃げていた韓国籍の逃走犯名古屋で窃盗との情報で随分と遠くに逃げたのだわと 特に関心も少なくニュースを見ていたたけでしたが 昨夜のニュースを見ていて・・『逃走に疲れた』と 自首した電話ボックス(かつらが置いてあったとか・・)が テレビに撮され家近こちらのお店が画面に・・我が家の生活圏内でしたから 本当にビックリ35年前新婚で香港暮らし始め玄関扉も窓も全てに鉄格子のある新居に着いた日...

  16. マルちゃん - りんとるいとりおと・・・

    マルちゃん

    昨日3日は姐御だったマルの命日でしたまだ4年もう4年…感じ方によるけど4年経ちましたあの日も超暑くて涼しい場所を探してフラフラウロウロしてたなぁ…体調悪くてしんどいうえに猛暑が追い打ちで体力尽きた感じだったけど最期は穏やかだったのが唯一の慰めだったマルといえばこれ!という写真はやっぱりお花見だね(2015年3月)この頃は脱走もしなくなってたしタワーの上段へも行かなかったけど元気だったんだよな...

  17. 犬 散歩 - 彩色生活

    犬 散歩

    甘く見ちゃダメ!愛犬の散歩を怠る「3つのリスク」とは?という記事が・・・。ペットの大半は、犬か猫・・・。とりわけ犬は、結構世話の焼けるペット。飼い主は飼い犬から、義務を強いられる・・・?その一つが、散歩。ワンコのガタイで、その時間にも差があるのだそう・・・。犬にもそれぞれ個性があって、それでも散歩大好きなのは、共通だったような・・・。世話焼かないといけないからなのか、ワンコは飼い主の想い出に...

  18. アラバスターの小箱 - まほろば日記

    アラバスターの小箱

    英語やドイツ語の詩に、アラバスター・スキンとかアラバスター・ヴァンゲン(Wangen=頬)という表現を見つけることがあります。アラバスターとは西欧では白さの象徴として表現される石のこと。白い肌、白い頬、といった表現で表される石。以前イタリアを訪れた際に、そのアラバスターの産地である、Volterra・ヴォルテッラという街を訪れたことがありました。その街でお土産に持ち帰ったアラバスターの小箱を...

  19. 海外留学 - 小さなたからものを探して

    海外留学

    17の頃南米🇺🇾の小さな国のタラという小さな町にいました。英語が好きでお金がなるべくかからない留学をしたいと当時の高校の先生に相談しました。「それなら、AFSという機関が良い」とはるばる県外に受験に行ったのです。一次試験は広島、二次試験は東京でした。二次試験の同じグループにいた女の子が確かアメリカ🇺&#12748...

総件数:84 件

似ているタグ