想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(3161)

  1. 「あなたとあたしは」 - 光と彩に、あいに。

    「あなたとあたしは」

    あなたはあたしの愛を抱えてわたしはあなたの愛を抱えて切なさの海を超えてゆく同志

  2. 「美しいひとよ」 - 光と彩に、あいに。

    「美しいひとよ」

    君の涙はとても綺麗だった涙の理由はそれ以上に清らかだった綺麗な涙に洗われた君を清らかな心に包まれた君を僕は一生忘れない

  3. 「蝉よ、あたしも」 - 光と彩に、あいに。

    「蝉よ、あたしも」

    なりふり構わずに思いっきり思う存分泣いていたい

  4. 2年ぶりの現地開催 - 世の中の動き

    2年ぶりの現地開催

    第74回カンヌ国際映画祭が開幕した。コロナ禍で2年ぶりの現地開催となった世界最高峰の映画の祭典だ。最高賞パルムドールは、フランスのジュリア・デュクルノー監督の「チタン」に。頭にチタンを埋め込まれた女性の物語。女性監督の受賞は1993年のジェーン・カンピン監督「ピアノ・レッスン」以来、2作目。審査員によると選考の議論で性別への言及はなかったという。昨年現地開催を断念したことで今年のコンペは作品...

  5. 「少なくとも」 - 光と彩に、あいに。

    「少なくとも」

    どんな結果であろうと君が悩み抜いたのなら受け入れるだけだだってそれは愛だろう?

  6. 「夢の力」 - 光と彩に、あいに。

    「夢の力」

    かつての夢いまでも心の奥底で僕を支え続けている夢ふと啓示のように閃いたんだあなたと夢に向かって生きてみようってそう思ったら霧が晴れるように目の前が明るく開けてこれからを精一杯に生きようって思えたんだ

  7. 茶々丸日記⑤ - 日々是窯ぐれ

    茶々丸日記⑤

    ―― 茶々丸奔る(笑)―― 「ヨーイドン」バトンを口にくわえて奔る、奔る。ほれぼれしちゃうこの雄姿。かっこいいだろ。これがスプリンターの無駄がない走りさ。第一コーナーを回って、調子が出てきたぜ。ぐんぐん加速。第二、第三コーナーをこなし、最後の第四コーナーを過ぎればあとはゴールするだけ……あちゃぁ、途中でバトン落としちまった。どこだ、どこだ?おろおろ。慌てて戻りバトンをくわえ直すとフィニッ...

  8. 「きっと愛してる」 - 光と彩に、あいに。

    「きっと愛してる」

    僕が考えている僕が感じる僕が想う愛はきっと普通じゃないなによりも僕が愛と呼んでいいのかさえわからずにいるだから愛を言えずに生きているでも君を想うときに心を満たすあたたかくやわらかな感情は愛だって思ったんだ

  9. 「汗という名の涙」 - 光と彩に、あいに。

    「汗という名の涙」

    君の上に落ちる汗は僕の涙

  10. 「一生モノをありがとう」 - 光と彩に、あいに。

    「一生モノをありがとう」

    僕は君が見せてくれた表情に僕への深い愛を感じたんだその瞬間僕はもう君を愛するしかできなくなってしまって思い出す度にこの上ない切なさを連れてくるんだけれど惚れ惚れとしてしまう君の顔を一生胸に刻んで大事にしようって心の底から強く思ったんだ

  11. 安倍晴明 - 世の中の動き

    安倍晴明

    平安時代の陰陽師・安倍晴明のイメージといえば、若くてクールな美男子だろう。が、実際はかなり遅咲きで、80台まで仕事をして地位を高めた人物だった。細井浩志・活水女子大学教授は現代の小説や漫画で早熟に描かれることが多い清明は、実際は39歳の頃にまだ陰陽寮の「天文得業生(てんもんとくごうしょう)」だった・「現在なら『奨学金付きの大学院生』。平安時代にはこの年齢です死ぬ貴族も珍しくなかった」。陰陽道...

  12. 水中であくび - 世の中の動き

    水中であくび

    水族館で飼育中のイルカが、水中で「あくび」をすることを発見したと、三重大の研究チームが13日に発表した。水中で生活するクジラやシャチなどの水生哺乳類で、あくびが確認されたのは初めてという。あくびは従来、呼吸を伴うものとされてきたが、呼吸なしでもできることになる。眠い時に自然に出るあくびは、ヒトだけでなくサルや鳥、イモリ、カエルなど脊椎(せきつい)動物で広く行われている。酸素を脳に送り、一時的...

  13. 夢見② - 日々是窯ぐれ

    夢見②

    鎌倉時代半ば、己の中に隠れているダーティーな心ととことん向き合った人物がいた。その名を「親鸞」という。彼の素行は、五木寛之の『親鸞』に詳しいけれど、もちろん小説である以上、繰り広げられるドラマを鵜呑みするわけにはいかない。ただし肝心な部分――例えば、比叡山を下りた訳だとか、法然に師事したいきさつとか、「悪人正機説」に辿り着いた道筋とかには、フィクションの衣を透かし生身の親鸞が顔をのぞかせてく...

  14. 「お風呂から上がれないよ」 - 光と彩に、あいに。

    「お風呂から上がれないよ」

    バスタブに浸かって涙を洗い流す何度も何度も何度も

  15. 「この先」 - 光と彩に、あいに。

    「この先」

    どんなに君と体を重ねたとしてもけっして人生は重ならないどんなに君と分かり合える時を過ごしたとしてもぜったい同じ道は歩けないどんなに君と心が結ばれたとしてもにどと逢うことはできない今宵のように涙を浮かべて君住む街を遠くから見つめながら君の幸せを想うことしかできない

  16. 「泣き出しそうだよ✳︎」 - 光と彩に、あいに。

    「泣き出しそうだよ✳︎」

    座席に座りイヤホンを突っ込み窓の外をぼんやり眺めているたったそれだけなのに涙が頬を伝ってしまう✳︎RADWIMPS - 泣き出しそうだよ feat.あいみょん [Official Music Video]

  17. 真夏の年賀状 - 幸せごっこ

    真夏の年賀状

    ポストに年賀状を見つけた時、西日がぎらぎらとてりつけていました。薔薇の蕾も首を垂れトレニアの芽もしんなりしてしまう真夏の夕方でした。状況が理解できず、その場で年賀はがきを裏返してみると、それは子供の頃の習い事の恩師のお嬢様からでした。お母さまと一緒にとてもよくしていただきました。たぶん80代なかばにおなりになったと思います。タイピングした短い文章が張り付けてあり、住所は東京の高級介護施設とな...

  18. 2年ぶりのカンヌ国際映画祭 - 世の中の動き

    2年ぶりのカンヌ国際映画祭

    昨年、コロナ禍で現地開催を断念したカンヌ国際映画祭。今年は様々な感染防止対策を取り入れて開催にこぎ着けた。半世紀ぶりに最高賞パルムドールの選出を見送った3大映画祭最高峰のカンヌ。混雑回避のため、オンラインのチケット予約システムも本格的に導入した。運営側によると例年約4万人が参加するが、今年は半分程度。英国のアンドレア・アーノルド監督も「ずっとパソコンで映画を見ていたので、皆で一緒に見られるこ...

  19. 「さようならと一緒に」 - 光と彩に、あいに。

    「さようならと一緒に」

    あの場所で君と見たかった夕日をひとりで見ることができたよ何回も何回も君が逢いたくない君を欲しがる僕に「さようなら」を言いながら

  20. 日本唯一のサーカス学校 - 世の中の動き

    日本唯一のサーカス学校

    「日本唯一のサーカス学校」と呼ばれる場所が、群馬県の山奥にある。20年前、サーカスに見せられた演出家が開校した。夢を追う若者たちが集まり、日々技を磨く。江戸時代に足尾銅山で産出される銅を運び出した「銅(あかがね)街道」沿いにある群馬県みどり市に「沢入(そうり)国際サーカス学校」はある。校舎は廃校となった小学校だ。スーパーまで車で片道約40分の民家で暮らすため、自炊できること。授業料は年30万...

総件数:3161 件

似ているタグ