想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(174)

  1. クラフトビール - 世の中の動き

    クラフトビール

    原料や製法にこだわり、小規模ならでの個性で勝負する「クラフトビール」の国内メーカーが、米国やアジアなど海外市場に目を向けている。かつては「地ビール」と呼ばれ、ブームを招いたが、下火になった後も各地で個性を磨いてきた。その品質が今、世界の品評会で評価され、輸出量を増やしている。クラフト国内最大大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)。鰹節のうまみ成分を発酵促進に使った「SORRY UMAM...

  2. 病草紙(やまいのそうし) - 世の中の動き

    病草紙(やまいのそうし)

    後白河法皇(天皇 1127~92)が描かせた「病草紙」がある。様々な疾患や先天的な障害で苦しむ人々の姿を描いた絵。現代の目でみると、病人たちを見て笑い、はやし立てる人々の姿はどこかユーモラスで、仏教画という印象は薄い。「病草紙」に描かれたのは庶民層、特に女性の病人が多い。日本では古くから疫病(感染症)は神の怒りによって発症するものとされたのが「怨霊」だ。平安貴族は、病気には医学的に治療できる...

  3. Straight Feelings - hoo☆photo

    Straight Feelings

    時々私ってなんだろう・・って思うときがありますそんな事を思う今日この頃です♡byhoo♡ご訪問いいねありがとうございます♡

  4. 男性用日傘 - 世の中の動き

    男性用日傘

    2日も岐阜県多治見市で40度を超えるなど記録的な猛暑が続く今夏、日差しを遮る有効な手段の一つとして、改めて日傘に注目が集まっている。今年こそ、「男の日傘」は定着するのか。厳しい日差しがアスファルトに照りつける銀座の街を歩いた。女性はあちらこちらで日傘を開いているが、男性の日傘は見当たらない。環境省は2011年、「男性日傘の商品開発・普及も必要」と呼び掛けたが、普及には至らなかった。ところが、...

  5. 「二人きりなのに」 - 光と彩に、あいに。

    「二人きりなのに」

    束の間のドライブ目の前の景色を眺めながら二人きりの空間で二人だけの会話を交わす明らかにあの頃と違うのはあなたとのことが思い出されてしまうこと

  6. 「ボン、覚え書き」 - 光と彩に、あいに。

    「ボン、覚え書き」

    出勤しようとタイプRに乗り、キーを差し込みひねろうとした瞬間に猫の鳴き声が聞こえて、慌てて右手を止める。耳を澄ましじっとしていると、ダッシュボードから子猫とわかる鳴き声を認めた。レバーを引き、車を降りボンネットを引き上げると子猫と目があった。あまりにも小さく、逃げもせずに見つめ返してきた姿に、猫嫌いの僕は不覚にもやられてしまった。マンションの部屋に子猫を抱えて戻り、部屋を締め切った一部屋にダ...

  7. バイキング料理は帝国ホテルが最初 - 世の中の動き

    バイキング料理は帝国ホテルが最初

    目の前いっぱいに広がる、沢山の料理、バイキング。発祥とされる帝国ホテル(東京都千代田区)。バイキングと言う言葉に「食べ放題」の意味があるのは、日本だけ。1958年、帝国ホテルが新館を開業するに当たり、日本で初めて、定額で「好きなものを好きなだけ食べる」レストランを作った。食卓に色々な料理を並べ、各自で取り分ける北欧の伝統料理を参考にした。バイキングが8が1日に誕生して60年になる。日本記念日...

  8. 〜ふたりで〜 - presence 07/18

    〜ふたりで〜

    ふたりでいる時よりもひとりでいる時の方がわたしに近いからと思うこととか。漠然とです。*大切なお時間にご訪問いただいてありがとうございます*

  9. 「ひとりぼっち」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとりぼっち」

    疎外感村八分同じ山を登っていると信じて疑わず振り返れば誰もいない自分以外の人々は別の山を登っている登るべき山はそれではないよここからは素晴らしい景色が見えるよ大声で伝えようとしても届かない引き返して連れ戻すことにもこのまま一人で登ることにもどちらにも疲れてしまった僕は座り込んで足元いるひとりぼっちの石ころたちを見つめるしかない

  10. 東北の仮設住宅がハワイへ - 世の中の動き

    東北の仮設住宅がハワイへ

    東日本大震災後に、被災地で使われた仮設住宅が、ハワイでホームレスの家族の住宅として再利用されている。オアフ島の南国の赤土の上に、東日本大震災後に被災地で使われたプレハブ式、平屋の仮設住宅が立ち並んでいる。「カハウイキ村だ。外の見た目は仮設住宅そのもの。だが、内部は壁が補強され、普通の住宅と変わらない造りだ。何もなくても入居できるように冷蔵庫からガスレンジ、食器まで用意されている。ホノルルのあ...

  11. 「今さら」 - 光と彩に、あいに。

    「今さら」

    やっぱりいっしょになりたかったなもう遅すぎるけれど

  12.  湘南海岸の海の家の人出伸びず - 世の中の動き

    湘南海岸の海の家の人出伸びず

    首都圏を代表する海水浴場、湘南海岸。多くの海水浴客でにぎわっているものの、関係者の顔はいまひとつさえない。昨夏(さくか)のような雨続きのためではない。暑すぎて期待したほど客が来ないからだ。片瀬東浜海水浴場のこの道40年の臼田組合長は言う。「この夏は相当いけると期待したんだ。だが7月全体を見れば去年より3割ほどよくなっただけ」。隣の片瀬西浜・鷺沼海水浴場で営業する約30の海の家でつくる江の島海...

  13. 「歴史という過去から学ぶのであれば」 - 光と彩に、あいに。

    「歴史という過去から学ぶのであれば」

    おそらく人類が誕生して以来男と女の関係なんてずーっと変わらない同じことの繰り返しどれだけ文明が発展と呼ばれる変化を達成しようと人は変えられない人類の限界を感じるしかない認めるしかないそこから始めるしかない

  14. 「人がどれだけ歴史を刻もうと」 - 光と彩に、あいに。

    「人がどれだけ歴史を刻もうと」

    平等という言葉を考えるその言葉を考えると平等であるということ自体に危機感を覚えるのでしょう裕福であればあるほどに力があればあるほどに自己防衛の延長として平等であってはならないとなので決して上下という格差がなくなることはないのでしょうつまり この先も今までのように平等なんて永遠に訪れないのでしょう

  15. 「台風みたいだな」 - 光と彩に、あいに。

    「台風みたいだな」

    あなたがいなくなるといつもの自分に戻れること自体どれだけあなたに影響されてるかってことですね

  16. 最近のおもちゃ花火 - 世の中の動き

    最近のおもちゃ花火

    今、住宅地でも使いやすいように煙や音が控えめな花火が人気。大手花火商社の「オンダ」(東京都)。今年の新商品の目玉は「スマホで綺麗な写真が撮れる花火」。顔が隠れないよう煙が少なめの花火や、燃える時間が長くシャッターチャンスが多い花火を集めたセット。住宅が集まる都市部では煙の量を従来の半分以下に抑えた花火が人気。5年間で売り上げは5倍以上に伸びている。音が小さめの花火も売れ筋。今のようなおもちゃ...

  17. 「好きなのにな」 - 光と彩に、あいに。

    「好きなのにな」

    好きですどこまで許されますかあなたのなかで

  18. 「はっきりと違うのに どこからなんてわからない」 - 光と彩に、あいに。

    「はっきりと違うのに どこからなんてわからない」

    一瞬と永遠天国と地獄歓喜と悲嘆愛情と憎悪善と悪対極なのにコインの裏と表のように全ては表裏一体

  19. 三次元の紙 - 世の中の動き

    三次元の紙

    東京都立川市の町工場が紙に加工を施して立体化させる技術を活用してヒット商品を生み出している。国内の美術会館や大手企業から引き合いのみならず、海外にも販路が広がっている。網目状の切込みが無数入る1枚の紙。端から持ち上げて伸ばすと立体的な器に様変わりする。この『空気の器』は国立新美術館ほか、パリやニューヨークの著名な美術館内のショップでも販売された。これを制作するのは「福永紙工」。地元のデザイン...

  20. 「想いを」 - 光と彩に、あいに。

    「想いを」

    表現したいそうなんだけれど届けたいの方がしっくりくるのかなやっぱりいちばんは温もりを

1 - 20 / 総件数:174 件

似ているタグ