想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(3299)

  1. 「ただただ一心に」 - 光と彩に、あいに。

    「ただただ一心に」

    今あの人のために僕ができることそう考えた時あの人のことを想って祈ることだと思ったんだそう思うと何に?と思いどこで?と思い空を見上げてやっぱりお星様だよなお日様だよな迷うことなくそう思ったんだだから僕が行ける一番高い山に登って少しでも近づいて祈りたいと思ったんだ寝静まった夜中に家を出てどうか曇らないようにと願いながら車を走らせる凍った登山道を歩みながら満天の星空に祈る夜通し歩いて辿り着いた山頂...

  2. 秀満と佐馬助は別人 - 世の中の動き

    秀満と佐馬助は別人

    本能寺の変で主君織田信長を討った明智光秀の家臣の一人、明智弥平次秀満をめぐる新説が出てきた。「佐馬助(さまのすけ)の湖水渡り」の伝説で知られる。これまで佐馬助は秀満の通称とみなされてきたが、このほど詳しく調査された「乙夜之書物」には、二人は別人として書き分けられていた。その中では「弥平次」は石高1万5千石で光秀のおい。「佐馬助」は石高5千石で光秀の「御モツ立」と記され、光秀の側近だったとみら...

  3. 「山に抱かれながら」 - 光と彩に、あいに。

    「山に抱かれながら」

    打ちのめされることがある度にそうしようと思うわけでもなくおいでって呼ばれるみたいに気がつけば山に登っている想いを抱えて登ったからといって憂鬱や不安ややるせなさはなんにも変わらないなんにも解決していないだけど誰にも言えない想いを聞いてもらった時みたいに心が軽くなったような気がしてまたひとつ山を愛するんだ

  4. 「敵わないな」 - 光と彩に、あいに。

    「敵わないな」

    「ひとりにして欲しい」面と向かって言ったのに「大丈夫ひとりになれると思うからここにいるよ居ると居ないじゃ大違いでしょう」面と向かって言われて何をするでもなく静かにぼんやりとそこにいるあなたと時を過ごすこれじゃ居るのか居ないのかわからないよこころで愚痴りながらほったらかされてこころゆくまま大泣きしている

  5.  テレワークで仕事のやりがいは減少 - 世の中の動き

    テレワークで仕事のやりがいは減少

    新型コロナ下で広がったテレワークで、日本人の働き方は変わるのか。ネット調査で、テレワークで仕事と私生活のバランスが変化したかを聞くと、「私生活重視に」が39%、「仕事重視に」は5%。「変わらない」が56%だった。テレワークで、会議の時間は「減った」39%が、「増えた」17%より多かった。一方で「やりがい」は「減った」26%が「増えた」6%より多く、効率も「減った」28%が「増えた」15%を上...

  6. 北欧の冬 - 日々是窯ぐれ

    北欧の冬

    FBの友人でフィンランド在住の画家Markkuさんが掲載した写真から詩情をいただいて……photo by Markku Sarastamo ―― 糸車があり ―― びょうびょうとした雪原に一つの糸車があり何時しか置き忘れられ雪に埋もれぽつねんと此処にあり かつて白夜の淡い陽差しの下モレーニの丘から吹き来る風に踊った糸車は雪に埋もれぽつねんと此処にあり 遠く天上でカッタ、コトコトカッタ、...

  7. 酒を飲まないのに肝硬変に - 世の中の動き

    酒を飲まないのに肝硬変に

    健康診断で「脂肪肝」と指摘された場合、放置してもよいのだろうか。お酒をあまり飲まない人でも、自覚症状がないまま、肝硬変や肝臓がんに進む場合もある。70代の男性に肝臓がんが見つかった。自覚症状がなく、気づかないうちに、脂肪肝から肝臓がんに進行していた。なぜ、肝臓に脂肪がたまるのだろうか。肝臓にはアルコールを分解する働きがあり、その際に肝臓で中性脂肪の合成が進む。そのため、かつては脂肪肝の原因は...

  8. 凍てつく世界 - Don’t think, feel

    凍てつく世界

    どんなにこごえてもひとたびそこに自分の身を置けばたちまち身も心もほぐれていくそんな場所がありますか?*****数年前を思い出す大雪ようやく溶けてくれたと思った雪だったけどまた昨夜から降り積もる今回の方が雪の降りは大人しいのに気温が低い寒いとにかく寒い温かなお湯に朝から浸かりたい気分です(笑)今のご時世くしゃみ一つも気を遣って出来ないので皆さんくれぐれもご自愛くださいませ

  9. リコール品をネット販売 - 世の中の動き

    リコール品をネット販売

    フリーマーケットアプリなどの普及で、中古品が手軽に売買できるようになった。一方で、中古品の事故も相次ぎ、リコールなどの安全情報が購入者に伝わらないことに伴うトラブルも起きている。中古品の事故は2019年度までの5年間で、325件発生。うち11件は死亡事故で、計12人が亡くなった。重傷事故も14件起きている。ある30代の男性はフリマアプリで「動作確認済み」と書かれていた携帯音楽機器を3台購入し...

  10. 「ひかり」 - 光と彩に、あいに。

    「ひかり」

    寒い部屋にひとり膝を抱えて何を見るでもなく足元の床を眺めてため息をついては部屋中をやるせなさで満たしているとふいに目の前が眩しくなって我に返る光のさす方へ死んだ瞳を向ければ何にも言わずにおひさまが温もりだけをこころにそっと注いでいったんだ*Googleフォトカラー調整実施

  11. 「六面楚歌」 - 光と彩に、あいに。

    「六面楚歌」

    あなたがいない世界なんて考えたくもないそんなものは存在しないって信じたいあなたの不在なんて認められない戦い足掻き駄々をこねながら前も後ろも右も左も上も下も事実に囲まれようとそれでも信じたくない考えたくない認めたくないあなたのいない世界だなんて*Macプレビューカラー調整実施

  12. 暦(カレンダー) - 世の中の動き

    暦(カレンダー)

    私たちの暮らしに欠かせない「暦」。暦の目的は季節や昼夜を年・月・日などの単位に当てはめて、農業などを計画的に進めることにある。そのために太陽などの天体を観測してきた。現在世界で使われている暦は大きく分けて3種類「太陽暦」「太陰暦」「太陰太陽暦」の3種類。太陽暦が生まれたのは古代エジプト。東アジアでは古代中国で生まれたと考えられる太陰太陽暦が長年使われてきた。江戸時代には幕府を中心に行われた暦...

  13. 「あなたと」 - 光と彩に、あいに。

    「あなたと」

    辛さを抱き合って眠る*Macプレビューカラー調整実施

  14. エピローグ―― 十年目の返信 - 日々是窯ぐれ

    エピローグ―― 十年目の返信

    エピローグ 大学の帰りに、ビルの谷間から沈む夕日を眺めたとき、夜更けに独り、研究室の片隅で、宇宙の呟きに耳を傾けているとき、ふっと、あの夏のことが蘇る。靖子と過ごした十年前の短い夏の日々が、心に浮かんでくる。三十光年彼方の星が、「今」を瞬くのと同じように、靖子は、時の架け橋を飛び越えて、僕の前に現われた。あれはきっと、どこにも身の置き場所がなかった僕の見た、「永遠」というもののきらめきだっ...

  15. 「優器」 - 光と彩に、あいに。

    「優器」

    あなたの流す涙を受け止める器が欲しいあなたがどれだけ泣いてもへっちゃらって思えるくらいのすべて受け止めらるような安心して思い切り泣けるような大きくて深くて優しい*Googleフォトカラー調整実施

  16. 依存症を助長 - 世の中の動き

    依存症を助長

    新作オンラインゲームの動画CMの描写をめぐり、「ゲーム依存症を美化、助長しないか」と懸念する声が依存症の当事者から上がった。当事者らが問題視したのは、昨年9月に公開されたパソコン向けオンラインRPG[LOST ARK」の動画CM。880万回以上再生されている。コメント欄にはファンの共感や絶賛の声も多い。CMは「この世界は、青春みたいだ」という言葉で締めくくられる。「依存症を美化し、助長しない...

  17. 「前へ前へ空回り」 - 光と彩に、あいに。

    「前へ前へ空回り」

    こう言う時だからこそ前向き前向き前向き己に言い聞かせながら前向きってどっちだけ?前向きってどんなだっけ?困り果てて動けずにうつむいたままとりあえず顔くらい上げるかそっから考えようそしてあなたが笑ってくれそうな方へ一歩を踏み出してみようかな*Googleフォトカラー調整実施

  18. 或る雪の日 - Don’t think, feel

    或る雪の日

    あるがままにうけいれる雪は音をすべて受け入れて無にしてくれる雪はすべてを白く照らし暗闇を明るくしてくれる時に悪魔の様に困難をもたらすけれど諦めの境地ぐらい好きにしてと、なった時には心に平穏をもたらすだから心底嫌いになんてなれない雪はそんな相手

  19. 使用料金のウェブ化 - 世の中の動き

    使用料金のウェブ化

    電気使用量を知らせる紙の検針票が届かない──。そんな家庭が増えています。電力大手が次々に、紙からウェブによる通知に切り替えているためです。大手電力がウェブ移行を進める背景にはスマートメーターへの切り替えがある。問題は、ネット環境がない家庭や対応できない高齢者の場合だ。ペーパーレス化は世の流れだが、公共料金にまで一律にネット対応を求める動きには反発も出ている。紀藤正樹弁護士は「高齢者にはネット...

  20. 「雪よ」 - 光と彩に、あいに。

    「雪よ」

    もう僕には手に負えないこの汚れた心も束の間でいいから真っ白にしてくれないか

総件数:3299 件

似ているタグ