想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(1409)

  1. 「居場所」 - 光と彩に、あいに。

    「居場所」

    過酷な環境で雷鳥は王国を築く居場所を探し求め続けているわたしの憧れは尽きない

  2. 「できることなら」 - 光と彩に、あいに。

    「できることなら」

    困難を前に怖気づくか立ち向かうか背を向け逃げたところで小さく見えるだけで本質は変わっていないずっとそこにいて見下ろしてくるのだ困難に睨まれたまま憂鬱まみれで暮らすよりいっそ懐に飛び込んでみるか姿が見えないだけマシだどちらも苦痛なら死ぬ気で楽しんでみるか

  3. 犬用の通電首輪 - 世の中の動き

    犬用の通電首輪

    我が子に電気ショックを与えて虐待した疑いで今年5月、福岡県警が父親を逮捕した。使われたのは犬のしつけ用に通電できる首輪。市販されていて誰でも入手できる。商品説明によると、犬が吠えると自動的に電気が流れたり、音や振動が発生したりする。飼い主がリモコンで操作して通電させるものもある。「通電首輪」は虐待なのか。環境省によると、首輪で犬がけがした場合、程度によって動物愛護法で禁止される虐待に当たる可...

  4. 「王国」 - 光と彩に、あいに。

    「王国」

    雷鳥もコマクサも初めは他と馴染めず追われるように生きる場所を探していたのかもしれない自分以外のものたちが生きられない正気かと嘲笑う過酷なところで死に物狂いで生きる力を身につけたからこそひとりぼっちだけれど己たちだけのフィールドで自由を手に生きている

  5. 「ひとめぼれ」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとめぼれ」

    かわいいあなたに一目惚れ欲しがることなくあなたの仕合わせだけをこころから願ってさようなら

  6. 「コマクサよ、僕は」 - 光と彩に、あいに。

    「コマクサよ、僕は」

    なにも遮るものがない吹きさらしの山の斜面で土砂降りであろうが暴風であろうがただ黙ってひとり静かに可憐な花を咲かせているテントの中で雨風をしのぎながら嘆いていた己が恥ずかしい

  7. 「いつも目の前には」 - 光と彩に、あいに。

    「いつも目の前には」

    歩かなかった道歩けなかった道歩きたかった道

  8. 「大好きな錯覚」 - 光と彩に、あいに。

    「大好きな錯覚」

    夜が終りを告げるひとときだけ世界が青に包まれるあのひとに抱かれている錯覚に陥る

  9. 「道端に咲く花よ」 - 光と彩に、あいに。

    「道端に咲く花よ」

    いってらっしやい明るいお見送りおかえりなさい優しいお出迎えいつもありがとう

  10. 「散歩」 - 光と彩に、あいに。

    「散歩」

    いつもふたりでいつまでも歩いていたい

  11. 「ゆらり」 - 光と彩に、あいに。

    「ゆらり」

    ゆらゆらゆられてうつろうみなもにかわらぬおもいをみている

  12. 「絶望が生む希望」 - 光と彩に、あいに。

    「絶望が生む希望」

    足元しか見えない雨と霧の中をひたすら歩くようやくたどり着いたものの雨は止まずテントを張って閉じこもる夕日はおろか星空さえも真っ白なベールに包まれて雨脚は激しくテントは風に煽られ雷まで鳴り出す始末朝日なんてといじけつつ遣る瀬無さを堪えてあきらめきれずに心のどこかで祈っていた夜明けのアラームにテントを出ると雲に穴をほがしたような青空が見えてその光にすがるように夜明けを待っていた途端に視界は開けて...

  13. 「父親たるもの」 - 光と彩に、あいに。

    「父親たるもの」

    楽しかったか面白かったか気になって確認するあたり父親ってプロデューサーだったんだな

  14. 「雲外蒼天」 - 光と彩に、あいに。

    「雲外蒼天」

    右も左もわからない光も差さない雨と雪と雷とを産む雲の中を雲の上にある青空を信じてただそれだけを頼りに重荷を背負ってずぶ濡れになりながら一歩ずつ上へ上へと登ってゆく

  15. 「まだまだ現役」 - 光と彩に、あいに。

    「まだまだ現役」

    逃げる夏に途方に暮れていたら紫陽花に笑われた

  16. 「夏は逃げる」 - 光と彩に、あいに。

    「夏は逃げる」

    夏を楽しむこともできずに秋桜に焦らされている

  17. 「祈りとcoffee」 - 光と彩に、あいに。

    「祈りとcoffee」

    誰も知らない初めての場所でふたり湖畔に佇み静かな夜明けを待っている✳︎Googleフォト「バザール」補正

  18. 「人生を照らす光」 - 光と彩に、あいに。

    「人生を照らす光」

    もしも束の間であってもあなたに出会えなければなんの喜びもないただひたすらに苦行の人生でしたあなたに一瞬でも会えたからそれだけでなにもかもが救われてあなたという光を胸にこれからがどんなに辛く苦しい人生であろうとも生きてゆけるそう信じることができるのです

  19. 「うしなふ」 - 光と彩に、あいに。

    「うしなふ」

    うしなふとは記憶に残す方法として最強なのではないだろうか

  20. 「ポジティブイエロー」 - 光と彩に、あいに。

    「ポジティブイエロー」

    重たい荷物に押しつぶされそう足を出そうにも片方のつま先の前に出すのがやっと一歩というにはあまりにも情けないたどり着けるのだろうか不安ばかりが募ってゆく顔をあげることもできずに地面ばかりが繰り返されてゆく視界にひょっこり現れた花が励ましてくれる「どんなに頼りない一歩でも止まらなければ確実に近づいていますよ」と

総件数:1409 件

似ているタグ