文化・芸術ジャンル×想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(2134)

  1. 「宝物」 - 光と彩に、あいに。

    「宝物」

    あなたがあたしにくれた言の葉ずっと胸に抱いて一生大切にしたい

  2. 「あいたい」 - 光と彩に、あいに。

    「あいたい」

    居るはずもないのにわかっているのに居るかもしれないちょっとでも思うとどんなに僅かな望みであってもそれにすがるようにあの場所へ行ってしまうんだ

  3. 「恋が降らないから」 - 光と彩に、あいに。

    「恋が降らないから」

    みずたまりがひからびるようにこいたまりもひからびてゆくのでしょう

  4. 「見送るって、なんて悲しい言葉なんだろう」 - 光と彩に、あいに。

    「見送るって、なんて悲しい言葉なんだろう」

    ひとり沖へ出てゆく船を見ているずっと見ているとちっとも動いていないように見えるのに気づけばちぃさくなって見えなくなってあのひともそうなってしまうのかなって想いながら

  5. 「それだけでいい」 - 光と彩に、あいに。

    「それだけでいい」

    あなたと夢を見ながら現を生きている

  6. 「ただ心静かに」 - 光と彩に、あいに。

    「ただ心静かに」

    眠れない夜が明ける眠れるはずがないってわかっているから彩られてゆく空を静かに眺めるだけ

  7. 「まさしく不動明王やん(笑)^^ki」 - 光と彩に、あいに。

    「まさしく不動明王やん(笑)^^ki」

    みんなどんなに好きだって言い合ってもいなくなってしまうのにあなただけずっと変わらずに隣にいるね

  8. 「元気になってよかった」 - 光と彩に、あいに。

    「元気になってよかった」

    あなたが元気になってあんなにしょんぼりしていた花たちが嬉しそうですあたしも同じように良かったって喜んでいます

  9. 「そっと見守られて」 - 光と彩に、あいに。

    「そっと見守られて」

    ひとりになりたくてひとりになれる場所を探して車を走らせる気がつけば山の上にひとりやわらかな風に撫でれられながらちっこい街並みと遠くまで続く空と完璧な別れを眺めて泣いたんだどれだけそうしていただろう「もうじゅうぶんじゃないかな。よくやったと思うよ。できる限り。だから、もういいんじゃないかな」やさしい声が聞こえてようやく山を降りたんだ*音楽を愛していると「これを聴きなさい」ってタイムリーな曲との...

  10. 「ひとりでよかった」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとりでよかった」

    止まらない涙を気にせずにすんで醜いあたしを見られずにすんでそんなあたしをあたししか知らなくて

  11. 「あたしひとりだけだったんだ」 - 光と彩に、あいに。

    「あたしひとりだけだったんだ」

    もう終わっていたんだやっと分かってすべてが腑に落ちる

  12. 「愛せない自分なんて死んでしまえ」 - 光と彩に、あいに。

    「愛せない自分なんて死んでしまえ」

    ナイフを握りしめて己を滅多刺しにする気がすむまで涙が止まるまで正気に戻るまで

  13. 「愛したいから愛するだけだ」 - 光と彩に、あいに。

    「愛したいから愛するだけだ」

    愛すべき人だから愛されるなんていやだ愛すべき人だから愛するなんていやだ愛したいから愛するんがいい

  14. 「あたしのものじゃないから」 - 光と彩に、あいに。

    「あたしのものじゃないから」

    そっかって思うしかないそういう人なんだってそういう考えなんだってそういう気持ちなんだってあたしのあなただったならわかってもらえるまで必死に諦めることなく話したんだろうなあの頃のようにでもあなたはあたしのものではないしそこがあなたらしさでありあなたなんだって思うと想いを伝えればあなたがあなたじゃなくなってしまうからただそっかって思うだけ

  15. 「神様って、ほんとにいるんだね」 - 光と彩に、あいに。

    「神様って、ほんとにいるんだね」

    心の中はぐちゃぐちゃ自分を見失いそう気が狂ってしまうあぁもうあたしは二度とあの場所に戻りたくないそんな思いで必死に抗っては蟻地獄に落ちたみたいに深い闇へと落ちてゆくあきらめかけていたその時に逢えないはずのあなたが目の前に現れてあたしは正気な心を取り戻せたのそして心から感謝をする逢える時間を与えてくださった神様に逢いたい想いだけで逢いにきてくれたあなたに

  16. ちょっとお休み - 幸せごっこ

    ちょっとお休み

    気持ちを大切なことに集中したいので、少しだけブログをお休みします。2007年から綴りはじめました。お休みは初めてです。必ずもどりますので、その時はまたおつきあいくださいね。

  17. 「ふたりは」 - 光と彩に、あいに。

    「ふたりは」

    ともに背負いともに呑みともに語りともに許しともに温もりともに新しい自分で朝日をからだじゅうに浴びる

  18. 「心穏」 - 光と彩に、あいに。

    「心穏」

    静かに静かに明けてゆくだいすきな空の彩を心の中にいる君と見惚れている

  19. 「僕らの光の道」 - 光と彩に、あいに。

    「僕らの光の道」

    「北海道にさ、天に続く道ってあるんよ。20キロくらい真っ直ぐで、その突き当たりから、太陽が昇るんよ」「へー。それって信号とかもないと?」「北海道だから、あんましないんやない」「そしたら、すぐ着くね!いいね。すぐ逢えるやん」「そっち?!」「うん。笑^^笑」久しぶりに笑い転げてこの先光の道なる写真を見るたびに思い出しては笑うんだろうな

  20. 「愛しているから」 - 光と彩に、あいに。

    「愛しているから」

    もう好きだなんて言わないんだ

総件数:2134 件

似ているタグ