文化・芸術ジャンル×想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(1801)

  1. 「ある朝」 - 光と彩に、あいに。

    「ある朝」

    「ま。そんとき考えよう」って適当なあなたにそれをどこか愉しんでいるあたしと目的地だけを決めて真っ暗な夜の中車を走らせる東の空がほのかに青くなってゆくそわそわと焦り出すあたしに「ま。どっかいいとこがあるよ」って穏やかなあなたと不意に現れた海岸線に歓声をあげてここで見るしかないって場所に出会う朝日を見に来たわけでもないけれどこんな朝日が見られるなんてって行き当たりばったりのあなたとあたしだけれど...

  2. 「封印恋心」 - 光と彩に、あいに。

    「封印恋心」

    あのひとに出会ってしまった瞬間いともたやすく心の蓋が開いてしまったひとつまたひとつ溢れ出した想いを拾っては心の奥底へと押し込んでゆく切ない遣る瀬なさに「もう御免だ」心はつぶやいてばかり*Mac写真カラー調整実施

  3. 「わたしたちは試されて」 - 光と彩に、あいに。

    「わたしたちは試されて」

    今までいっしょにいられなかった時間たちその中で経験したであろう人生の危機を伴う数々の試練それらをギュッと集めたような厳しく険しい山行きあなたとふたりでひとつひとつ迷いながら信じながら励ましながら挑みながら案じながら笑いながらひとつ乗り越えるたびに互いの無事に手を合わせてどうにかこうにかたどり着けたとき生きている奇跡を感じたんだ山頂から眺めた朝日にようやく祝福された気がしてあなたと大きな人生を...

  4. 三章―― 十年目の返信 - 日々是窯ぐれ

    三章―― 十年目の返信

    三章 それにしても、おかしな話だ。あのグニャリと歪む「時代の溝」のほかは、これといって変わり映えのないトンネルを潜るだけで、三十年の時間を、行ったり、来たり出来るなんて。普通、そういう場面設定では、もうちょっとスリルとサスペンスがあってしかるべきだろう?たとえば、帰り道がなくなってしまうとか、途中で時間の森に迷い込んでしまうとか……それなのに、僕の場合は、となりの公園へ出かける気軽さで、ト...

  5. 「淋しさを成長させるもの」 - 光と彩に、あいに。

    「淋しさを成長させるもの」

    ずっといっしょにいたから淋しさを忘れていたひとりになって気づく淋しさの大きさにひとりで理解するんだいっしょにいると淋しさは成長するということに

  6. 宵待草 - 日々是窯ぐれ

    宵待草

    ―― 宵待草 ―― 月の雫がこぼれると宵待草の花は開きます陰画のような世界に無数のともしびが浮かびます それは「不確か」への入り口「確か」への出口 この花が咲かなければ月の光に閉じ込められたまま陰画の野辺をさ迷い続けます 月の雫を飲み干すと宵待草の花は目覚めます心の中に憧れのともしびが点ります それは「不確か」への入り口「確か」への出口 この花が目覚めなければ心は闇に閉ざされたまま無明長夜...

  7. 「花火のように」 - 光と彩に、あいに。

    「花火のように」

    花火のように咲いている花を見ているとあたしもひとつでいいから誰かが見惚れるような花火を上げてみたいなって思ってしまう*Googleフォトカラー調整実施

  8. 「叶わない恋なればこそ」 - 光と彩に、あいに。

    「叶わない恋なればこそ」

    あなたの印が見えるだけであたしは満たされてしまうだってあたしにとってあなたのあたしに対する行為を感じることができる唯一の証なのだからそれだけでいいずっとこのままでいいあなたを感じることができるあなたの印だけでいい*Mac写真カラー調整実施

  9. 「涙は世界を優しく揺らす」 - 光と彩に、あいに。

    「涙は世界を優しく揺らす」

    水面に映る夕暮れを見ながら彼の人への想いもいっしょに暮れてゆくままにまかせてそのままじっと幕が下りるような闇にまぎれて泣いてしまおうかそんなあたしの肩をそっと叩くような明るさを感じて振り返れば柔らかな月明かりが優しく揺れていたんだ*Macプレビューカラー調整実施

  10. 「だからこそ」 - 光と彩に、あいに。

    「だからこそ」

    人知れず流した涙は朝日を浴びて美しく輝く

  11. 「苦しみは喜びの元なのだ」 - 光と彩に、あいに。

    「苦しみは喜びの元なのだ」

    呑みたいだけの酒を詰めて食べたいだけの食材を詰めてヒーヒー言いながら山を登ってゆくいつも思う荷物が軽かったらなってでも必死に登って旨い酒も美味しい食事もないなんてそれこそ地獄だそう考えるとこの背中の重たく投げ出したい荷物は歯を食いしばってでも持ってゆくべき荷物であり喜びの元なのだ

  12. 「変われないあたしだから」 - 光と彩に、あいに。

    「変われないあたしだから」

    あたしは見ての通り尻軽どころかこころもからだも何もかもが軽いのよあなたにくっついているこれは確かな現実認めるわそれでこれからあなたが押し寄せる未来をどうするのかをあたしが舞う前にちゃんと聞いておきたいのよ*Googleフォトフィルタ「自動」

  13. 「穏やかな晴れの日には」 - 光と彩に、あいに。

    「穏やかな晴れの日には」

    穏やかな日和どこまでも澄み渡った空爽やかな風をまとった気温優しさに包まれたこんな日には心から切望してしまうこんなお天気のような心でいられますようにと

  14. 「己を映す鏡」 - 光と彩に、あいに。

    「己を映す鏡」

    どれだけ感謝されることはあっても恨まれるようなことはないと思っていた闇夜を照らす街の光でさえ星を愛する人たちには「光害」と呼ばれてしまう善も悪も恋も愛も優しさも厳しさも形を伴わない概念はその判断が人に委ねられてしまうとその人の価値観や見方、捉え方によって是にも非にもなってしまう概念を考えることはまるで鏡に映る自身を見るように人としての自分の在り方を教えてくれる*Macプレビューカラー調整実施

  15. 「静寂」 - 光と彩に、あいに。

    「静寂」

    あなたのいない部屋ほど寂しさを感じる場所はない

  16. 「願い」 - 光と彩に、あいに。

    「願い」

    あなた色に綺麗に染まってゆきたい*Googleフォトカラー調整実施

  17. 二章―― 十年目の返信 ―― - 日々是窯ぐれ

    二章―― 十年目の返信 ――

    二章 少女と再会できたのは、それから数日してからのことだ。いまでもそのときのことを思い出すたび、不思議な胸の痛みを覚える。果たせなかった出来事が、心の中で発酵するように、どこかやりきれない思いに包まれてしまう。 あの日は、朝から最悪だった。母さんには「毎日ダラダラ過ごしている」って、小言を食らうし、すぐ上の兄とは、釣竿の使用権をめぐって、言い争いをするし。その上、どんより澱んだ夏の空気は...

  18. 「あなたもあたしも」 - 光と彩に、あいに。

    「あなたもあたしも」

    しがみつくでもなく好きなだけくっついて気がすんだら風にまかせてふわふわと想いのままに舞うのです

  19. 「成就と挫折にかかわらず」 - 光と彩に、あいに。

    「成就と挫折にかかわらず」

    途絶えた信号にもうこのままお別れでいいんだ言い聞かせるように思うもう期待することもないしもう一喜一憂することもないだって僕はもう知ってしまったんだすべての恋は終わるものなのだということを

  20. 「泣きたくなる」 - 光と彩に、あいに。

    「泣きたくなる」

    こんなにもいろとりどりに美しく可愛らしく揺れているのにそう思いそう感じるのに撮りたい写真が見えない見えるのはあの人ばかり花と一緒に揺れているあのひとに出逢わなければよかった*Googleフォトカラー調整実施

総件数:1801 件

似ているタグ