社会ジャンル×想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(327)

  1. 現在の大久保利通への評価 - 世の中の動き

    現在の大久保利通への評価

    大久保利通は「冷徹な権力者」というイメージが強く人気はいま一つだ。ただ、近年の研究でその人物像は変わってきているという。大久保といえば、西郷や木戸、岩倉具視らと王政復古や倒幕を実現。明治政府で政治体制の改革や殖産興業を進め、近代国家の建設を担った人物だ。一方で、一部の政治家、官僚による「有司専制」と板垣らから批判された。勝田正治(まさはる)・国士舘大教授は、大久保が「万国に対峙するには民業の...

  2. パン給食減少 - 世の中の動き

    パン給食減少

    かつては学校給食の中心だったパン。最近では全国平均で週1回程度しか提供されず、業者が次々姿を消しているという。全日本パン協同組合連合会(全パン連)によると、昭和20~40年代に6千社あった給食パン業者は現在、1300社を切っている。毎年100社消えている。せめて週2回のパン給食が維持されないと業者は無くなるという。戦後の給食は、米不足の時代に始まり、余剰小麦粉を大量に抱えていた米国が小麦粉を...

  3. タンチョウの絶滅危機から被害へ - 世の中の動き

    タンチョウの絶滅危機から被害へ

    「鶴の恩返し」につながるか。国の特別天然記念物タンチョウとの共存に、北海道東部の生息地、鶴居村が頭を悩ませている。保護により絶滅の危機を乗り越えたが、問題も生じてきたからだ。タンチョウは、乱獲や湿原の開発で減少し、一時は絶滅したと考えられていた。50年代初頭に現在の釧路市阿寒町と同村で人口給餌に成功して徐々に増え、84年からは環境庁(当時)が給餌事業を始めた。そして、村では保護活動に取り組む...

  4. 日本のパスポート - 世の中の動き

    日本のパスポート

    日本のパスポートは世界最強。英コンサルタント会社がビザ無しで渡航出来る行先を数値化したランキングを発表し、日本は190カ国・地域で、初の単独首位になった。だが、日本がビザなしで受け入れる対象国は、その3分の1程度にとどまっている。日本外務省の担当者は、「日本の信用度の高さを示している」と胸を張る。一方、ベトナムは日本人はビザなしで観光に行く事が出来るが、ベトナム人が日本に来るにはビザが必要だ...

  5. 蹴鞠(けまり) - 世の中の動き

    蹴鞠(けまり)

    1400年前に仏教などと共に中国から伝わったとされ、日本独自の様式で発展してきた「蹴鞠」。初めは貴族の間で広まり、和歌などと並ぶ重要な文化的たしなみとなった。蹴鞠の起源となる球技は中国で誕生したと考えられ、日本では毬を地面に落とさず長く蹴り続ける独自の姿になった。鎌倉時代は武士階級でも蹴鞠が盛んに行われ、時代が下がると庶民の間でも流行する。だが明治維新後の急速な西欧化の波を受けて窮地に立たさ...

  6. フィギュアスケート人気 - 世の中の動き

    フィギュアスケート人気

    フィギュアスケートの女子選手がクラウドファンディング(CE)で活動資金を募ったら、わずか1日で700万円以上も集まった。「期待に応えられるように一つ一つ結果を出せるようにしていきたい」。そう感謝したのは京都両洋高2年の白岩優奈選手【16】。両親と相談し利用を決めたという。同年代の選手と比べても目立つ存在ではない。それでも目標額の400万円を1日で突破し、11月22日午後8時現在で約2100人...

  7. 日中合作映画が加速 - 世の中の動き

    日中合作映画が加速

    「第二の高倉健」は生まれるのか?かつて日本映画が大ヒットし日本の俳優が国民的な人気を博した中国と、日本との間で今、映画界の交流を広げようとする取り組みが加速している。両国政府は合作映画に関する協定を締結。制作サイドもお互いの市場や作品に熱い視線を注いでいる。日中の合作映画は今後増えていきそうだ。両国政府は5月、「日中映画共同制作協定」を結んだ。協定に基づく作品と認定されれば、お互いの国で国産...

  8. 中古販売店がミシュランガイドに掲載 - 世の中の動き

    中古販売店がミシュランガイドに掲載

    中古車販売店が「ミシュランガイド」に掲載された。その店は確かに鳥取にあった。店には今日も行列ができる。実はラーメンでの掲載だ。中古車販売店「ホット・エアー」。その看板のすぐ隣に「ラーメン」と書かれたのぼりが、控えめにはためく。商談スペースを改修してカウンター席やテーブル席をしつらえ、12年ごろから特性ラーメンを提供している。「地元の名店」から「全国区」となる転機は2月中旬に訪れた。スーツ姿の...

  9. ろう学校「明晴学園」 - 世の中の動き

    ろう学校「明晴学園」

    聞こえない子供達に手話ですべての授業を行う全国初の私立のろう学校「明晴学園」(東京都品川区)が今年、開校から16年を迎えた。教室は静かだが、子供達の手はせわしなく動き、質問が飛ぶ。創立10周年を記念して、17日には手話狂言や演劇などを披露する「千神祭」があった。学園は、1999年に狭いアパートで開いたフリースクルーに始まり、08年に正式開校した。約30人の教師の内、半数がろう者だ。学校の特色...

  10. 高齢者の電動アシスト自転車事故 - 世の中の動き

    高齢者の電動アシスト自転車事故

    電動アシスト自転車に乗車中の高齢者が事故で死亡するケースが増えている。運転免許の返納後の新たな交通手段や、自転車の運転を体力的にあきらめた年齢層の新たな「足」としての利用が高まる。自転車事故そのものは年々減少する中、電動アシスト自転車の事故は全国で増えている。高齢者が目立ち、過去10年は毎年、死亡事故の8~9割が高齢者だ。アシスト自転車の利用者が増えたことで、事故も増加しているとみる。比較的...

  11. 文科省と国立大学との関係 - 世の中の動き

    文科省と国立大学との関係

    国立大学が文科省から独立した法人となり15年。今なお、同省幹部が全国の国立大学に、病死した同省職員の遺族への寄付金を募っていたことが明らかになった。背景には今も続く同省と国立大学の「特殊な関係」があった。国立大が文科省から「独立」してかなりの時間が経過したにもかかわらず、なぜこうした寄付依頼が続いていたのか。背景には独特の相互交流の人事制度がある。大学の事務方トップの事務局長ポストは「現役出...

  12. 鹿鳴館と社交ダンス - 世の中の動き

    鹿鳴館と社交ダンス

    東京都千代田区の帝国ホテル付近。日比谷通り沿いに、かつて紳士淑女がダンスの輪を重ねた社交場があった。鹿鳴館だ。不平等条約改正のために政府が進めた欧化政策の麗しき花だ。現在、跡を示す石碑は残るが、昔日の壮麗なる面影はない。過剰な欧米かぶれに批判の声が高まり、推進した井上馨外相の失脚に伴い、鹿鳴館時代は数年で幕を閉じたといわれる。その後、大正期には初のダンスホール「鶴見花月園舞踏場」が横浜に開業...

  13. ゆるキャラグランプリの組織票 - 世の中の動き

    ゆるキャラグランプリの組織票

    かつて「くまモン」が1位に選ばれた「ゆるキャラグランプリ(GP)」。今年は17,18日に大阪府東大阪市で、開かれた。昨年のGPのご当地部門で1位に輝いた千葉県成田市の「うなりん」。「1位になり、引き合いがすごく増えた」と、同市担当課。週末は1日に3,4件のイベントの掛け持ちもあるという。昨年、「選挙対策本部」を設立。職員が休日に自宅などで約1200人の市職員分のフリーメールのアドレスを作成し...

  14. 豊洲市場の今後 - 世の中の動き

    豊洲市場の今後

    全国の魚介や青果を扱う豊洲市場は10月11日の会場から1カ月以上がたった。築地市場から移ってきた飲食店には連日多くの客が訪れている。豊洲市場で一般の人も利用できる店舗は、築地で親しまれた飲食や物販を中心に約100店。連日大いに賑わう。ただ、「観光客があまりに多いので、開業ブームじゃないか。いつまで続くのか不安です」という声も。ある寿司屋の店長は「外人客の割合が減った」という。豊洲市場では、飲...

  15. ヤラセハどこまで許せるのか - 世の中の動き

    ヤラセハどこまで許せるのか

    日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」に祭り企画」の「でっち上げ」の疑いがあるとの報道を受け、各局の情報番組が大きく報じ、ネット上でも議論が盛り上がっている。8日発売の週刊文春が、5月20日の放送でラオスの「橋祭り」に芸人が参加した企画を疑問視する記事を出すと、各局が連日、独自にラオス関係者への取材も交え疑問を取り上げている。ツイッター上では「やらせだったらショック」などの...

  16. 国会では君付け - 世の中の動き

    国会では君付け

    男女問わず「君(くん)」付で名前を呼ぶのが慣例の国会で衆院予算委員会初の女性委員長、野田聖子氏が発言者を「さん」付で指名し、注目を集めている。衆院議員と参議院の規則には「お互いを敬称で呼ぶ」とあるだけだが、発言者を「君」付で呼ぶのが慣例だ。海原徹・京都大学名誉教授は、ルーツは「松下村塾」を主宰した吉田松陰にあるのでは、とみる。松陰はどんな塾生とも対等な立場で向き合うことを理想とし、相手を「君...

  17. 児童館のルール - 世の中の動き

    児童館のルール

    「遊び場の利用は大人1人につき子供2人まで」。ある児童館のルールが波紋を広げている。安全配慮のためだというが「子供の多い家族を排除している」と批判も。ツイッターには、児童館の対応に「融通が利かない」といった批判や、子供が3人いる親から「子供が多いと大変ですね」と共感する声の一方、「安全を考えれば仕方がない」といった投稿も。区担当者は「託児施設ではないので、安全確保には保護者にも責任を持ってい...

  18. 1日休むと3日かかる - 世の中の動き

    1日休むと3日かかる

    教員や子供への過度な負担が指摘される「ブラック部活動」からの脱却と、練習中の重大事故を防ぐため、全日本柔道連盟が部活動の教員向けに、「指導手引き」を作成した。中学生向けに推奨する練習スケジュールは1日2時間で、週休2日。「昭和の時代から言われていた謎の訓示『1日休むと取り戻すのに3日かかる』は運動生理学、発育発達、心理学的に考えても理解できません」。全柔連は指導の手引の冒頭で、こう強調した。...

  19. 地震で猫がいなくなる - 世の中の動き

    地震で猫がいなくなる

    うちの猫がいなくなった。大きな地震の後には、こんなツイートが相次ぐ。ペットの捜索を請け負う会社にも多くの依頼が寄せられるという。朝日新聞は地震発生直後から1週間の日本語ツイートをAIで分析。猫が逃げたことに関するものは1万171件あった。6日の大阪北部地震でも逃げた猫の情報を求めるツイッター投稿が相次いだ。一方、犬があまり逃げないのは、猫ほど敏捷(びんしょう)ではないからでは、とみる。室内飼...

  20. 大石内蔵助の決意 - 世の中の動き

    大石内蔵助の決意

    「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士が吉良邸に討ち入った前日に、赤穂藩家老だった大石内蔵助が、徳島にゆかりのある親戚宛てに書いた手紙が現存していることが、徳島市立徳島城博物館の調査で分かった。討ち入りの決意や経緯がつづられた「遺書」とも言える内容で、同博物館で約60年ぶりに公開されている。討ち入りの前日にあたる12月13日の日付が記されていた。内蔵助の母のいとこで親交のあった三尾豁悟(みおかつご)に...

総件数:327 件

似ているタグ