想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(3312)

  1. 「君への想いを殺せば」 - 光と彩に、あいに。

    「君への想いを殺せば」

    瞳に映るすべての彩りが褪せてゆくんだ僕はモノクロームの世界を死んだように生きている

  2. 現実は自宅放置 - 世の中の動き

    現実は自宅放置

    新型コロナウイルスに感染し、自宅療養を余儀なくされる人が急増している。東京都内で夫と2人暮らしの女性(40)は10日間の療養中、SNS上で日々の思いや出来事をつぶやき続けた。回復したいま、こう思う。これって「療養」ですか?夫に保健所から自宅療養を告げる連絡が。感染から3日後。遅い。都からの手配食糧は遅いので自分でネット注文する。現実は、自宅療養でなく、自宅放置です。感染しても結局は自分たちで...

  3. 文化財の破壊 - 世の中の動き

    文化財の破壊

    アフガニスタンでイスラム主義勢力タリバンが権力を奪取したことを受け、同国内にある文化財の破壊を懸念する声が日本の研究者から上がっている。宗派が異なるイスラム教シーア派の聖人像などをタリバンが壊したと伝えられており、文化財への波及が心配されている。内戦などに伴う混乱時に文化財が破壊されたり、盗難に遭ったりする例はすくなくない。山内和也・帝京大学教授は「社会が不安定化すると、一般の人々が博物館な...

  4. 「ひとは」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとは」

    愛されて愛を知る

  5. 草原の風―9月 - 日々是窯ぐれ

    草原の風―9月

    ―― 草原の風 ―― 9月の草原に立つと地の底から夏の名残の饒舌が湧きあがり足を蒸らし草々を騒がせる 何処か罪深い気だるさに引きずられ身体の隅々に思念の疣(いぼ)さえ顔を出すああ、木陰が恋しいああ、清水が恋しいああ、…… 風が吹いた相変わらず無秩序に膨らんだ空気は悪意を込めて喉に絡みつくそんな呼気が途切れようとした一瞬ふと、後ろ髪が鼻をくすぐる 涼やかに黄金色して微かな余韻を残すほど長い昔読...

  6. カワサキハロウィン終幕 - 世の中の動き

    カワサキハロウィン終幕

    1997年に始まり、国内最大級のハロウィンイベントとして知られた「カワサキハロウィン」が、その歴史に幕を下ろすことになった。コロナ禍が収まらないこともあり、今年は開催前から大人数が集まるリアルパレードへの限界を感じ、止め時を考えていたと明かす。コロナ禍でリアルパレードの開催を目指したが万策尽きた昨年6月末、オンライン開催が浮上した。SNSの投稿は、国内ばかりでなく海外からの参加もあった。

  7. 「忘れるもんか」 - 光と彩に、あいに。

    「忘れるもんか」

    君と過ごした時間を君と交わした言葉を君の想いを君を

  8. 「決して」 - 光と彩に、あいに。

    「決して」

    死んだ人が甦らないように死んだ恋も甦らないのだろうか

  9. 今年の夏は長雨だった - 世の中の動き

    今年の夏は長雨だった

    各地で被害を出した8月中旬の豪雨。前線がまるで梅雨期のように停滞し、湿った空気が流れ込んで雨雲が活発化、線状降水帯も多発した。専門家も、珍しいと口をそろえた。盛夏の大雨はなぜ生じたのか。地球温暖化との関連を指摘する声もある。筑波大の釜江陽一郎助教は「8月としては極めて珍しく、日本列島に前線が停滞して大雨になる気象条件がいくつも重なった」と話す。今、夏はドイツの洪水など世界的にも気象災害が相次...

  10. 「愛すればこそ」 - 光と彩に、あいに。

    「愛すればこそ」

    僕が愛するにはそれが必要不可欠だからそれ無くしては愛することができない君が愛するにはそれは不要だからそれがあってはすべてが上手くいかない僕の愛君の愛たがいに認め合えばあとは微笑みながらさようなら

  11. 新しい治療法 - 世の中の動き

    新しい治療法

    新型コロナウイルスの感染症に対して、新しい治療法が広がっている。鼻に差し込んだチューブから大量の酸素を送り込む方式で、人工呼吸を使うような重い症状でも、意識を保ったまま過ごせるのが特徴だ。新しい治療法は「ネーザルハイフロー(高流量鼻力ニュラ酸素療法)」と呼ばれる。肺の機能が落ちた患者が、鼻に差し込んだ専用の管(カニュラ)を通して酸素を吸入する。意識のあるまま治療できるのは共通だ。肺に酸素が安...

  12. 瞳がほほえむから。 - *どうなっつ時間*

    瞳がほほえむから。

    従妹の結婚式でした1年半の延期..またもや緊急事態宣言..来賓をお断りするという決断で 限られた交流のある身内のみの参列従妹の母、姉のような存在の叔母は 従妹が中学の時に他界闘病の末 在宅看取りを経験をした従妹のこれまでの成長は友達や周りの方々に支えられたからこそ.. 参列できないこの状況で お互いにやりきれないけど互いを思いやるメッセージばかりでした従妹は ハトコの我が子たちに 本当によく...

  13. 「ほんとはできないんだ」 - 光と彩に、あいに。

    「ほんとはできないんだ」

    努力して好きになるわけはなく好きでたまらないから好きになってゆく好きになりすぎてはいけないからと言って努力して好きじゃなくなるなんて無理だよ

  14. 「川に笑われて」 - 光と彩に、あいに。

    「川に笑われて」

    中坊とふたり河原に軽トラを止めてあいみょんを聴きながらガリガリ君を齧るこれくらいの頃に同じようにボン・ジョヴィを聴きながらバドワイザーを飲んで川の流れを眺めていたっけ遥か遠くの川に流したかったやるせない想いを懐かしく思いながらちっとも変わっていないなボン・ジョヴィがあいみょんになってビールがアイスになっただけかよ心の中で苦笑いしながら流したくて流せない想いを胸に目の前の川の流れを見つめている

  15. 「途方に暮れる」 - 光と彩に、あいに。

    「途方に暮れる」

    君と過ごした時間が昨日の事だということに愕然としてしまう遥か遠くの事のように感じてしまうのにまだたったの1日なのかと

  16. 夢見⑤ - 日々是窯ぐれ

    夢見⑤

    自省・自戒の先に善をみる姿勢は、極めて哲学的な内容を孕んでいる。18世紀末、ドイツ観念論の一大転機を担ったフィヒテという哲学者がいた。彼はそれまで湖面のように動きのなかった理性というものに「理想」というベクトルを組み込み、「今」と「理想」の狭間に潜む矛盾の解消へ動く心を「弁証法」という方法論として定式化した。「今」と「理想」の狭間に潜む矛盾……「煩悩まみれの私」と「全き存在者である阿弥陀如来...

  17. 「泣きたくて泣けなくて」 - 光と彩に、あいに。

    「泣きたくて泣けなくて」

    泣いていたい僕の代わりに夜通し空が泣いてくれている一晩中雨音を聴いていたよ次から次に闇に浮かぶ君の顔を眺めながら押しつぶされそうな想いになされるがまま

  18. 「受容」 - 光と彩に、あいに。

    「受容」

    死を受け入れられない人が死んだんだって自らに言い聞かせるようにふたりの関係は終わってしまったんだって自らに言い聞かせてばかりそうしないと死を受け入れられない人がまだ生きているのではないかと思うようにふたりでいられるのではないかって現実逃避に陥ってしまうんだ

  19. 「絶望へと歩いているのか」 - 光と彩に、あいに。

    「絶望へと歩いているのか」

    光を目指して歩けども歩けども目の前は真っ暗闇

  20. ナポレオン・ボナパルト - 世の中の動き

    ナポレオン・ボナパルト

    出世ぶりは秀吉のごとく、才覚は信長のごとく。没後200年のナポレオン・ボナパルトは今なおもっとも知られたフランス人だ。コルシカ島の貴族からフランス帝国の皇帝へ。会戦にめっぽう強く、一時は欧州の大半を征服した数少ない支配者だ。20歳でフランス革命が起き、旧体制が崩れたおかげで出世の道が開く。なぜ、フランスは革命で王制をやめて共和制を模索し始めたのに、君主による帝政を復活させたのか。それは、当時...

総件数:3312 件

似ているタグ