想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(3306)

  1. 「抱いている時だけ」 - 光と彩に、あいに。

    「抱いている時だけ」

    抱いても抱いても抱いても離れてしまえば元通り

  2. 凄い!白寿だよー - 旅する材料屋 hand work amicaのいろいろお知らせ記録

    凄い!白寿だよー

    こんにちはhand work amica ですちょっとamicaの家族の話をさせてください今日は嬉しい日母の誕生日です♪なんと今年白寿を迎えました!(お祝い事は数え歳ですので満では98歳です)私のことは少しわからないけど、訪ねると嬉しそうに手をとり笑顔で昔のことを話して聞かせてくれます歩くことは無くなりましたが元気でいてくれますありがとう!母さん 感謝ですあなたのお友達になれるようベアを送り...

  3. カジノが焦点の横浜市長選 - 世の中の動き

    カジノが焦点の横浜市長選

    22日に横浜市長選が開票された。同市長選として過去最多の8人が立候補した。焦点の一つが、カジノを含む総合型リゾート(IR)誘致の是非だ。候補者8人のうち6人が誘致中止の立場だ。横浜中華街や元町商店街にほど近い山下公園の隣の山下ふ頭が誘致先だ。市は高齢化が進み、今後、個人市民税の先細りが懸念されている。観光客の多くは日帰りで、宿泊は東京や箱根を選ぶ傾向がある。IRができれば観光客が横浜に泊まっ...

  4. 「君を前に己を見失う僕は」 - 光と彩に、あいに。

    「君を前に己を見失う僕は」

    通勤の行き帰りお地蔵様に手を合わせ君を想いながら仕合わせを願う顔を上げると目があい声が聞こえる「できるじゃないか。その穏やかな心だよ^^」って君を目の前にこの心を忘れないようにしたいって思ったんだ

  5. 「泣き濡れてふと思う」 - 光と彩に、あいに。

    「泣き濡れてふと思う」

    いっそカラダだけの関係がよかったわだってココロを死なせずにすんだから

  6. 「エンスト」 - 光と彩に、あいに。

    「エンスト」

    ココロハペシャンコオモイハスッカラカン

  7. 夢見③ - 日々是窯ぐれ

    夢見③

    ※【夢見①】 夢見 : 日々是窯ぐれ (exblog.jp)【夢見②】 夢見② : 日々是窯ぐれ (exblog.jp)親鸞という名を知ったのは、いつのことだったろう?これもやっぱり父(あの「偏屈」親父―笑)から聞かされたように記憶している。もちろん、彼がほろ酔い機嫌の時に…… とにかく思い込みの激しい、好き嫌いがはっきりした男だったから、「栃錦は好き、若の花(初代)は嫌い」...

  8. 幻の甲子園 - 世の中の動き

    幻の甲子園

    79年前の夏の甲子園。戦争で大会が中断された期間、戦意高揚を目的に当時の文部省が1度だけ大会を主催した。選手権大会に数えられず「幻の甲子園」と呼ばれる。徳島商の一塁手として出場した梅本安則さん(94)。東京都葛飾区。「異様な大会だったが、不自由な社会で楽しみに飢えていた人たちでスタンドは通路まで超満員だった」と語った。日本統治下の台湾から出場した台北工の菊池文男さん(95)=大分県中津市=の...

  9. 「独りよがり」 - 光と彩に、あいに。

    「独りよがり」

    君を想えばいつも思う今この瞬間僕の居場所なんてどこにもないんだってましてこの先僕の居場所なんてどこにもあるはずもないってそして僕は気が狂いそうなほどのたうち回るんだ「じゃあ、あたしの居場所は?」ふいに君の声が聞こえて僕は己の独りよがりを思い知るんだ

  10. 「ふたりで」 - 光と彩に、あいに。

    「ふたりで」

    30年前の想いとふたりだけの出来事を巡るどちらも引かずに昨日のことのように言い合っていたのにオギャーって生まれた人が30のおっちゃんになってるって思ったらふたりして笑い出すんだ

  11. 茶々丸といた夏 - 日々是窯ぐれ

    茶々丸といた夏

    ――― 茶々丸といた夏 ―― 稜線に雲は湧き穢れを知らない風が牧草地を吹き渡れば草々に宿る露は震えながら地に落ちる 闇の臥所で蘇生された命は今、朝日の中を奔る……奔るやみくもに計らいもなく打算もなく結末もなくただ、奔る……奔る命の美しさよ体躯は弓なりに反り両脚はひたすら未来をかき寄せ過去を蹴とばす一瞬空に神々しい造形を描くと永遠の中に消え去るああ、命の美しさよ このほとばしる奔流を抱きしめた...

  12. 「別れの席で」 - 光と彩に、あいに。

    「別れの席で」

    意を決して君を見つめている缶コーヒーを啜ることしかできず空き缶をゴミ箱に放ってみても君への想いはテーブルの上に残ったまま君が好きだそれだけしか考えられない

  13. 月の水や鉱物の所有権 - 世の中の動き

    月の水や鉱物の所有権

    月探査の計画に参加した民間企業が、探査先の天体で水や鉱物といった資源を採取し、利用してもいいと認める法律が6月、日本で成立した。米国などに続き世界で4カ国目。月には氷や水があり、飛行士の飲料に利用できると期待されている。また、ロケットや探査機の材料にもなる鉄やチタン、アルミニウムのほか、核融合の燃料になる「ヘリウム3」もあるとされる。ただ、他の天体の資源を一部の国が利用していいのかという懸念...

  14. ゴジラと核 - 世の中の動き

    ゴジラと核

    70年近くにわたり、映像作品が作られてきた怪獣ゴジラは、人類と核エネルギーの関係を問い続けてきた。だが、今年、核とは無縁のゴジラが登場した(アニメ「ゴジラS・P」。初代ゴジラの映画は、米国の水爆実験に漁船・第五福竜丸が巻き込まれた1954年に公開された。水爆実験ですみかを追われた古代の生物が、放射線を発しながら東京を襲った。それ以来、ゴジラは日本人の核への恐怖を映し出してきた。一方、核がフィ...

  15. 「自由でいたい」 - 光と彩に、あいに。

    「自由でいたい」

    眠れずに寝返りを打つのにも疲れ果て寝静まった世界へ足を踏み出す当てもなく車を走らせれば心がほどけてゆく忘れていた自由を感じながらあたらしい夜明けを待っている

  16. お盆も終わりましたね - 三重県津市 巡りを整える自宅サロン Kiitos

    お盆も終わりましたね

    こんにちはblogを訪問していただきありがとうございますお盆も終わりましたねお盆中は主人方のお寺やお墓に行ったり実家には帰省できなかったのでここから祖父や祖母たちの顔を思い浮かべながら手を合わせて今こうして過ごさせてもらっていることに感謝しました15日にお寺やお墓に行ったのですがその時間はちょうど雨が止み涼しい中でお参りできましたありがたかったです家に帰ってからはお日さまが少し出ていた時間も...

  17. 「抱きしめて悟る」 - 光と彩に、あいに。

    「抱きしめて悟る」

    冷めた心は温まらないどんなに温めても冷ました心ならあたりまえ離れた心は遠くなるどんなに近づいても離した心ならあたりまえ終わった心は生き返らないどんなに想ってもコロした心ならあたりまえ

  18. 「優しい呼び聲に」 - 光と彩に、あいに。

    「優しい呼び聲に」

    窓辺に来たスズメの聲で目が覚める可愛いいなーって聲に聴きいっているとあたしを呼んでくれているみたいな気になってありがとうねってあたしは泣いてしまう

  19. 「ひとり」 - 光と彩に、あいに。

    「ひとり」

    道なき道を生き地べたを這い宙を彷徨い想いを咲かせ雨に打たれ君を待っている

  20. コロナの後遺症 - 世の中の動き

    コロナの後遺症

    米国で内科医としてコロナ患者の診療にもあたる安川康介さん(39)。医療関係者が診てきた患者の症状は、一般の人が抱く症状のイメージと大きなギャップがあるようだ。安川さんによると、日本の基準では、基本的に肺炎がなければ全て、「軽症」とされる。倦怠(けんたい)感や息切れ、味覚障害などのいわゆる後遺症が何カ月も続く人もおり、「ただの風邪だと思ってはいけない」と話す。中等症は、典型的には発熱やせきが続...

総件数:3306 件

似ているタグ