想いのタグまとめ

想い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには想いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「想い」タグの記事(3306)

  1. 人権意識の欠落 - 世の中の動き

    人権意識の欠落

    スリランカ国籍のウィシュマ・リマリさん(当時33)が死亡した経緯を調査した最終報告が10日公表された。人の命を預かる行政機関としての緊張感や心の込め方が不十分だった。最終報告を公表した記者会見の冒頭、入国在留管理庁の佐々木聖子長官は今回の問題の原因をこう語った。最終報告は担当職員たちに「人権意識に欠ける」発言があったことも明らかにした。高橋済弁護士は調査対象者が自分で調べている。客観性に欠け...

  2. 「君を好きな僕が死んでしまうまで」 - 光と彩に、あいに。

    「君を好きな僕が死んでしまうまで」

    ずっと恋を殺しているひとつ殺しては穴を掘って想いと共に葬るその繰り返し心が死ぬまで続くんだ

  3. 「ちょっとした魔法」 - 光と彩に、あいに。

    「ちょっとした魔法」

    目に写るものに手にするものに口にするものに耳にすることにあらゆるものに「さまさま」ってつけて心のなかで呼んでみるんだそれだけでちょこっと愛おしさが生まれてこころが温かくなって気持ちが軽くなって目の前が明るくなるんだ

  4. ペルセウス座流星群 - 世の中の動き

    ペルセウス座流星群

    三大流星群の一つ「ペルセウス流星群」が13日の明け方、ピークを迎えた。今年は、流れ星が最も多く現れる極大の時刻と月齢の関係が8年に一度の好条件。暗い場所でなら、1時間に50個ほどの流れ星が見えそうだ。ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月の双子座流星群と並び、毎年多くの流れ星が現れる流星群。流星群は、彗星がまき散らした数㍉~数㌢の「ちりの帯」に地球が突っ込み、普段よりも多くの流...

  5. 「やってらんない」 - 光と彩に、あいに。

    「やってらんない」

    君の幸せを想えば思うほど僕の居場所なんてこれっぽっちもないんだ

  6. 「いつも思う」 - 光と彩に、あいに。

    「いつも思う」

    上手に好きになれなくてごめん

  7. 「結局」 - 光と彩に、あいに。

    「結局」

    あぁぼくはいつもひとりになってしまう

  8. 「心中」 - 光と彩に、あいに。

    「心中」

    数多の物書きが恋にもしくは愛に命を捧げているすごいなって思いながらでもそこまでの覚悟なら共に生きられなかったのだろうかいつもそこで考えが止まってしまっていたでも今痛いほどによくわかるそれに手を伸ばしてしまいそうなほどに死にたい想いも殺したい想いも手に入れたい想いもそれがもつ魅力も僕は愛する君のために僕の中の君を殺して君を愛した僕を殺そうと思う

  9. 「想い疲れ」 - 光と彩に、あいに。

    「想い疲れ」

    目覚めてから眠るまでずっと君を想い君のことを考えて希望と絶望を行ったり来たり天国と地獄へ登ったり落ちたり温度差に虚しさを覚えるあきらめに涙を流す不甲斐ない己に愛想をつかす

  10. 「ぼくの中の君に恋焦がれている」 - 光と彩に、あいに。

    「ぼくの中の君に恋焦がれている」

    ほんとうはわかっているんだぼくはぼくが創り出した君が好きだってことを

  11. 「いっしょにありがとうございます」 - 光と彩に、あいに。

    「いっしょにありがとうございます」

    暴れそうな手に負えない感情に息が詰まる外は土砂降り頭でも冷やそうかつめたい雨に打たれるがまま微笑む弥勒さまとびしょ濡れになりながら想いを見つめている

  12. 「好きでは足りない」 - 光と彩に、あいに。

    「好きでは足りない」

    僕は「好き」っていう言葉以上の想いを伝える言葉をずっと探している

  13. 「ずっと」 - 光と彩に、あいに。

    「ずっと」

    ずっと今までずっと今ずっと今から僕は君を待っている

  14. 「ふと思う」 - 光と彩に、あいに。

    「ふと思う」

    なんでこんなに好きなんだろうなんでこんなに逢いたいんだろうなんでこんなに苦しいんだろう

  15. 庁舎に案内ロボット - 世の中の動き

    庁舎に案内ロボット

    役所の窓口にロボットを置く自治体が出てきた。外国語を話せるものもあり、庁舎の簡単な案内などに活躍している。東京都杉並区役所で来庁者の案内にあたる対話型ロボット「ロボコット」だ。高さ45㌢。動き回ることはできないが、約1700通りの質問を聞き取ってこたえる。答えられない問いには「近くの案内の者にお尋ねください」。英語、中国語、韓国語でもやりとりができる。自律走行する誘導型も検討したが、庁舎の構...

  16. 「お釈迦様の手のひらで」 - 光と彩に、あいに。

    「お釈迦様の手のひらで」

    俺が気が狂った恋に溺れようがあいつはびくともしない知ってるくせに出逢った頃からなんにも変わらないんだそれをいいことにさらにやりたい放題恋に溺れて死にそうになって必死に泳いで命からがらあいつに辿り着いたのにやっぱり変わらずにあいつは微笑むんだもぅいいと^^?って

  17. 「驟雨」 - 光と彩に、あいに。

    「驟雨」

    切なさの雨に打たれてどっちが先に泣き止むか空とにらめっこ

  18. 「恋愛小説なんて読めないよ」 - 光と彩に、あいに。

    「恋愛小説なんて読めないよ」

    外は雨本を開いてみたもののちっとも進まない三行読むごとに君の顔が浮かんで心が持っていかれるんだ

  19. 「思い詰める」 - 光と彩に、あいに。

    「思い詰める」

    君を想って携帯電話を見つめていたら緊急速報が届いてたしかに今の僕は危険だなって苦笑い

  20. 2020秋~2021夏 - たくさんの出会いから繋がるもの

    2020秋~2021夏

    こんにちは。長らくお休みしていたブログを再開します^ー^いろいろ。いろいろ。。昨年の秋からいろいろ。。ありました。自分の意識では追いつかないほどの強制終了が次から次へとやってきてその渦中にいるとなぜそのようなことが起こるのかわからないのですが、今となって振り返ると、一つだけ理解できたことがあります。(わからないといいつつも、全ては自分で選択して、その時のベストを尽くしているといった感覚なので...

総件数:3306 件

似ているタグ