愛媛県のタグまとめ

愛媛県」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには愛媛県に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「愛媛県」タグの記事(179)

  1. 復活写真家Yさん - ふらりぶらりの旅日記

    復活写真家Yさん

    3か月前、事務所が壊滅的被害に遭ったYさん。奇跡的にもPCのHDDの画像データが復旧し活動再開。カメラもおニューで撮影も再開の様でした。

  2. 四国カルスト - ふらりぶらりの旅日記

    四国カルスト

    キャンプサイトにテントが、、、。年中無休、24時間の自然公園?自宅から1時間40分程度かな。

  3. 内子町図書情報館 - ふらりぶらりの旅日記

    内子町図書情報館

    旧国鉄内子駅跡地に建っている木造図書館。今回は昔お世話になった方の遺作展を見に。今後も図書館勤務の間は何度も訪ねることになろうかと思います。

  4. 川を活かす人 - ふらりぶらりの旅日記

    川を活かす人

    水害で川の形が変わった肱川。落ちアユを投網で狙う人たちも今年は例年の様にはいかないようです。

  5. 気軽に国安の郷 - ふらりぶらりの旅日記

    気軽に国安の郷

    ここは被災しなかったんじゃないかな。吉田のお練りにも光が当たり始めたようです。是非吉田が守ってきた文化を感じてください。

  6. 愛媛県東予の近代建築補遺2 - 近代建築Watch

    愛媛県東予の近代建築補遺2

    愛媛県東予の近代建築補遺2前回に続いて愛媛県東予地区の近代建築補遺。今回は学校建築その他です。県立西条農業高校で今尚使われている木造の旧講堂。西条農業高校時代の大正9年に建てられました。竣工当時の姿で残る木製の窓枠。基礎に積まれた煉瓦も当時のままです。こちらは今治南高校で柔道場として使われている建物。旧越智中学校時代の大正15年に建てられました。今治南高校の前身越智中学校は大正15年に愛媛県...

  7. お休み中の立間駅 - ふらりぶらりの旅日記

    お休み中の立間駅

    再開通後一週間経ちましたね。画像は9月9日10時頃です。補修用の車両が停車してました。開通後、卯之町駅からは宇和島行きのアナウンスが聞こえてます。

  8. 愛媛県東予の近代建築補遺1 - 近代建築Watch

    愛媛県東予の近代建築補遺1

    愛媛県東予の近代建築補遺1ここまで愛媛県東予地区の近代建築を巡ってきましたが、未掲載の物件が幾つか残りました。今回と次回でこれらを紹介します。別子銅山の端出場鉱区から東平鉱区へ通じる道の脇に架けられた明治期のアーチ橋。明治38年築の遠登志橋(おとしばし)は鋼アーチ橋として現存最古のものと言われています。アーチ橋として架けられたこの遠登志橋ですが、老朽化に伴って近年に吊橋への改修が行われました...

  9. 予讃線 金生川橋梁/加茂川橋梁/中山川橋梁 - 近代建築Watch

    予讃線 金生川橋梁/加茂川橋梁/中山川橋梁

    愛媛の鉄道遺産JR四国(四国旅客鉄道)の始まりは民営の山陽鉄道が国有化された明治39年に遡ります。この時高松から琴平まで通じていた旧山陽鉄道の路線は国有化後に西への延伸を図り、大正5年の観音寺~川之江間の開通で愛媛県へ到達、その後順次路線は延ばされ、11年後の昭和2年に県都松山までが結ばれます。昭和20年に終着宇和島まで全通するこの予讃線は総延長で四国最長、輸送量に於いても最大の重要幹線とし...

  10. 高井神島灯台/大下島灯台/馬島ウズ鼻灯台 - 近代建築Watch

    高井神島灯台/大下島灯台/馬島ウズ鼻灯台

    愛媛県東予の近代灯台広島県と愛媛県に跨って連なる芸予諸島周辺は古くから瀬戸内海の海運の要として多くの船が行きかっていました。明治期に入るとこの海域を航行する船舶はさらに増大し、船の大型化、高速化も進んだ事で灯台の設置は急務となりました。この海域に近代灯台が設置されたのは明治20年代、三原瀬戸航路に9つの灯台が置かれたのが始まりで、その後多くの島々に整備されていきました。愛媛県と広島県に跨る芸...

  11. カルスト台地を求めて - ふらりぶらりの旅日記

    カルスト台地を求めて

    ちょいと寝ずに走ってみます。映像はこの前はしった地元。今度は隣の島に(藁)

  12.  芸予要塞来島砲台2 - 近代建築Watch

    芸予要塞来島砲台2

    愛媛県今治市の近代建築その5来島海峡の入口に位置する小島に置かれた明治期の砲台跡、今回は島の南部に残る要塞施設を紹介します。南部砲台は軽砲2門を据える小規模な砲台。構造は北部砲台と良く似た造りとなっています。南部砲台の近くに置かれた発電所跡。内部には石炭火力発電機が据えられていました。南部砲台と中部砲台の途中には煉瓦造の弾薬庫跡が残されています。万が一の爆発事故に備えて(爆風を逃がす為)屋根...

  13. 地芳トンネル - ふらりぶらりの旅日記

    地芳トンネル

    2010年11月開通、長さ2990m。この県境のお蔭でこのトンネルの上にある四国カルストは愛媛県からも、梼原からも来やすい避暑地となった。ルートは多い方がいい。私は結局梼原から一度このトンネルを抜けて久万高原から地芳峠を目指すルートを選ぶことにした。夜中でも松山方面から車があがってくる。今度の台風20号が過ぎたら芒ヶ原になるカルスト高原に車が並ぶだろう。

  14. 芸予要塞来島砲台1 - 近代建築Watch

    芸予要塞来島砲台1

    愛媛県今治市の近代建築その4栗島海峡の沖合いに浮かぶ周囲4kmほどの小さな島に明治期に築かれた軍事施設が残されています。この小島(おしま)は明治中期に旧陸軍によって三つの砲台が設置された要塞島で、廃止から90年以上を経た現在も石と煉瓦の重厚な構造物が良好な姿で保たれています。今回と次回は小島に残るこれらの遺構を紹介します。日露の軍事的緊張が高まりつつあった明治中期、軍港周辺や要地を守る目的で...

  15. カルスト台地で夏を楽しむ - ふらりぶらりの旅日記

    カルスト台地で夏を楽しむ

    各所のキャンプ場はシーズンイン。四国カルスト姫鶴平のキャンプ場の雰囲気が撮れるかと寄ってみました。家を夜中に出て3時に現地着、2時間仮眠してパチリ。さっさと下山し通常勤務。一日2往復したなんて口外しないでくださいね。私の楽しみ方は、こんな仕方かな(大汗) ワイドで撮るには脚立がいるね。

  16. 旧今治ラジウム温泉 - 近代建築Watch

    旧今治ラジウム温泉

    愛媛県今治市の近代建築その3今治の中心街の北、商店街の外れに昭和初期に建てられた鉄筋コンクリート造の浴場施設が残されています。この建物は昭和2年に今治ラジウム温泉として建てられました。市街地の一角に建つ大きな建物。屋上に突出した出窓とその上に置かれた六角形の塔屋、浴室を覆う二つの八角ドーム、大きく反り返る軒蛇腹、高く聳える煉瓦煙突、壁面に並ぶ大きな縦長窓。城郭や宮殿を思わせるユニークな意匠で...

  17. 大洲の鵜飼い - ふらりぶらりの旅日記

    大洲の鵜飼い

    水害で休止していた隣市の鵜飼いも再開。こういう観光的資源の再開はマスコミの力を使わないと、、、しっかりマスコミ舟が出てて、翌日には各社のニュースになってましたよ。

  18. 今治市上水道水源地ポンプ室 - 近代建築Watch

    今治市上水道水源地ポンプ室

    愛媛県今治市の近代建築その2今治市街地の南部、蒼社川沿いの一角に木々が茂る開けた緑地が置かれています。この一角に昭和初期に建てられたコンクリート建物が残されています。この建物は今治市の近代水道開設時に設けられた水源地ポンプ室で、現在も現役で使われています。昭和11年築。今治市の近代水道は愛媛県で2番目、東予地区では始めての公営水道として昭和9年に起工され、2年後の昭和11年に給水を開始します...

  19. 白い街を望む - ふらりぶらりの旅日記

    白い街を望む

    久しぶりに夕方に香川愛媛の県境にいたので、白い街を見ようと具定の展望所を目指した。イメージ通りの色になっていた。次回は夜景といきたいところだが、なかなか夜にここって「ついで」では無いかも。

  20. 旧大浜灯台吏員退息所/旧鴻ノ瀬桂燈立標 - 近代建築Watch

    旧大浜灯台吏員退息所/旧鴻ノ瀬桂燈立標

    愛媛県今治市の近代建築その1今治市街地の南西、美しい白砂の浜辺に明治期に建てられた煉瓦建物が残されています。この建物は来島海峡に設置されていた大浜燈台の吏員退息所として建てられたもので、役目を終えた昭和56年に当地に移築されました。築年:明治35年。吏員退息所は燈台に付属して建てられた職員宿舎で、大抵は厳しい自然環境に耐える頑丈な造りをしています。この退息所も赤煉瓦の寄棟造り平屋建てで、アー...

総件数:179 件

似ているタグ