愛玩動物のタグまとめ

愛玩動物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには愛玩動物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「愛玩動物」タグの記事(42)

  1. 「動物愛護管理法」の改正を求める署名 - 動物のお医者さん日記

    「動物愛護管理法」の改正を求める署名

    NPO法人アニマルレフュージ関西のニュースレターに「動物愛護管理法」の改正を求める署名が同封されていました。自分が信頼している動物保護団体からの要請ですので、ここに直接ご紹介します。実施団体:THEペット法塾URL: http://www.the-petlaw.com/ここから署名用紙のダウンロードおよび郵送申し込みができます。上記サイトをよくお読みになったうえでご賛同いただける方はご協力い...

  2. ブログ「広島ドッグぱーくのボランティアの真実」 - 動物のお医者さん日記

    ブログ「広島ドッグぱーくのボランティアの真実」

    2006年に広島ドッグパークの崩壊に伴い、その動物保護団体の問題点について、内部告発やら噂やらが飛び交ったのですが、実際にボランティアに参加していた人が、「今だから語れること」をブログにつづり始めました。ご興味ある方は、ぜひお読みください。広島ドッグぱーくの真実知られざる広島ドッグぱーくのボランティアの真実。嘘か真か、はてさてその真相は・・・・・※ 管理人は仕事、育児および家事にと綱渡り生活...

  3. 動物愛護運動を推進したいなら、問題のある団体を淘汰せよ - 動物のお医者さん日記

    動物愛護運動を推進したいなら、問題のある団体を淘汰せよ

    動物の福祉でも動物の権利でも、どちらでも構わないが、動物愛護運動と呼ばれるものを推進し、さまざまな動物が生存するための環境にまつわる問題を排除したいのであれば、動物愛護団体間における誹謗・中傷合戦など愚の骨頂だと思う。何のための運動なのか、本質を欠いた運動に明日が来るわけはない。が、しかし、どんな運動においても、悪質な団体の存在は運動の促進を妨げるだけではなく、運動自体を疑問視され、さらには...

  4. ”ペット”を飼う資格審査 - 動物のお医者さん日記

    ”ペット”を飼う資格審査

    先日、整骨院で治療中、待合室から聞こえてきた会話です。「…。でね、そのイヌがね、眼鏡を舐めてたのよ。私、もうびっくりして、子供に『捨ててきなさい!』って言ったの。でね、結局、親子もろとも保健所へ連れて行ったの。かわいそうだけど。子供にはワンワン泣かれたよ。今でも言われるもの、『あの時は悲しかった。』って。でも、仕方ないでしょ、眼鏡舐めてたんだから。」どうやら、子供がかわいがっていたイヌの親子...

  5. ペットを飼育する者への免許制度の導入は難しいか? - 動物のお医者さん日記

    ペットを飼育する者への免許制度の導入は難しいか?

    「ペットを飼育する者への免許制度の導入は難しいか?」という質問を受けた。その方は最近ブラウン管で毛皮製造での動物取り扱い方法の実態を知り、いろいろと検索されたそうだ。それで、悪徳ブリーダーの排除、一般飼育者の無知識交配の禁止、そして責任感のない飼育者の削減等短期間で自分自身がたどり着いた事実がなぜ現実化されていないのかと疑問を持っているとのことだった。個人的にはペットを飼育する者にもライセン...

  6. ブリーディング - 動物のお医者さん日記

    ブリーディング

    今の仕事では実験用マウスのブリーディングもしている。実験に使う予定がなければ、系統を維持できるだけの最小限の交配を行い、極力増やさないようにしている。巷には自身はお金を出して愛玩動物を購入した経験があったり、ブリーダーをしていたりするが、動物実験には反対という人がいるのだろうか?それでは、ペット用に繁殖する行為と実験用に繁殖する行為とにはどんな差があるのだろうか?どちらも“人間用”に繁殖され...

  7. 環境省のパブリックコメント - 動物のお医者さん日記

    環境省のパブリックコメント

    環境省 報道発表資料-平成19年8月9日-「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」及び「動物の処分方法に関する指針」の改定案に関する意見の募集(パブリックコメント)について9月7日までです。私は以下のように意見を送りました。参考にしていただければ光栄ですが、もし、実際に意見を送付する際は、これをコピーして張り付けるのではなく、必ずご自身の意見をご自身の言葉でお送り下さい。なお、メールで送る際...

  8. リード - 動物のお医者さん日記

    リード

    考えさせられる記事があったので、mixiやっている人は是非覗いてみて下さい。英国の動物病院から情報発信「責任と後悔は全て、飼い主の掌に」http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=20474417&comm_id=492061「自分が可愛がっている家族同然の動物をひもや綱なんかでつなぐのはかわいそう。」と思われる人は多いと思いますが、動物をつながずに散歩することは、手...

  9. ペット業界の裏 - 動物のお医者さん日記

    ペット業界の裏

    まあ、読んで下さい。私もこの梅田のペットショップには行ったことがある。ある愛護団体の人と一緒に。劣悪な環境で飼われているという視察を兼ねて寄った。ペット業界の裏は深い。ペットを買うお金が裏業界に回っている(これはホント)。動物取扱業の規制が進まないのも、圧力をかけている大きな力があるからだと私は確信している。買ってくれるな。※ややこしいのは、動物愛護団体にも裏とつるんだ団体があること。必要以...

  10. 大阪府のブルセラ病感染犬等の殺処分について - 動物のお医者さん日記

    大阪府のブルセラ病感染犬等の殺処分について

    昨年12月、大阪府内にあるイヌの大量繁殖施設にてブルセラ病の発生が明らかになりました。結局、ここにいたイヌたちは全て安楽死となったのですが、殺処分に至るまでには動物愛護団体からの猛烈な殺処分反対運動が展開され、ネット上でもさまざまな意見が飛び交っていました。私の意見を記事にして掲載しようと思っていたのですが、現在新たに記事を書いている余裕がないので、1ヶ月前にいただいたメールの内容とそれに対...

  11. 狂犬病予防接種について、スパムが来た - 動物のお医者さん日記

    狂犬病予防接種について、スパムが来た

    どうしてだか分からないが、以下のようなメールが来ました。最初に申し上げておきますが、動物関係の話題でなくても同じだと思いますが、このように自分の価値判断を広めるために、見ず知らずの人あるいは見ず知らずでなくてもいきなり送りつけてくるのは、不躾でとても不愉快です。金輪際止めてもらいたい。以下、当該メールの内容---年度が替わって、4月から狂犬病予防月間となりました。多くの愛犬家は狂犬病の予防注...

  12. 動物を飼うためのマナーとか、今更ながら… - 動物のお医者さん日記

    動物を飼うためのマナーとか、今更ながら…

    ブログの休止を宣言してから1ヶ月経ち、この間コンスタントに訪れて下さっていた方々が減った分なのか、訪問者数も半分程度になっている。読んでくださっている人が多いと、その期待に応えるため知らず知らず「書かなくちゃ。」と変なプレッシャーを自分自身にかけてしまう妙な癖を生まれつき持っているため、時間が持てないこの時期とてもしんどかったのだけれど、お得意様が「今お休みだから。」と諦めて下さっていると実...

  13. 大阪府動物愛護センターに関する要望書にご協力下さい - 動物のお医者さん日記

    大阪府動物愛護センターに関する要望書にご協力下さい

    大阪府動物愛護センターに関する要望書にご協力下さい2005年に「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され、大阪府においても動物愛護の啓発普及を初めとする動物行政の課題と重要性が高まっています。大阪府では従前から愛護センター建設の計画がありますが、未だに実現の動きが見えません。現在の「犬管理指導所」は建物が老朽化し、建て替えのために立ち退きを迫られています。また、処分専用施設であり、動物愛護...

  14. 中国でのイヌ虐殺(続) - 動物のお医者さん日記

    中国でのイヌ虐殺(続)

    中国でのイヌの無差別殺戮(残酷な写真が含まれますで、苦手な人はクリックしないで下さい。)中国でのイヌの虐殺に絡んで、北京オリンピックをボイコットしようという運動が世界各国で起こっているようです。これも声を上げたのは、中国国内で罪のない自分の愛犬を虐殺された飼い主の人です。当事者が声を上げなければ、誰も知らず、事態は続いていたでしょう。北京ではイヌの無差別殺戮を止めるとかニュースでちらっと流れ...

  15. ドッグパークの崩壊の裏表 - 動物のお医者さん日記

    ドッグパークの崩壊の裏表

    先日、破綻したイヌを商用にしたレジャー施設で働いていたことがある方からメールをもらいました。こんにちは、はじめまして。HN○○と申します。ブログ、HP拝見させていただいてます。「動物のお医者さんが見てきたこと」が自分の中ですごくショックでした。私は動物が大好きで、少し前まではトリマーとして働いていました。幼いころから『何故鶏肉や豚肉はスライスされて売っているの?』ということを思っていました。...

  16. 狂犬病の間違った予防法による中国でのイヌ虐殺を止めさせたい - 動物のお医者さん日記

    狂犬病の間違った予防法による中国でのイヌ虐殺を止めさせたい

    ヘルプアニマルズ中国の犬殺害を終わらせよう。日本でも、フィリピンでイヌに咬まれた方が狂犬病に感染し、国内にて亡くなりました。狂犬病は全ての哺乳類に感染し、発症すれば神経症状をあらわしてほぼ確実に死亡する病気のため恐れられています。日本では三十年以上発生していませんでしたが、海外諸国ではまだ蔓延しています。その一つが中国です。日本では狂犬病予防のためにイヌへの予防接種が法律により義務付けられて...

  17. またたびで猫をおびきよせて猫をとる隣人… - 動物のお医者さん日記

    またたびで猫をおびきよせて猫をとる隣人…

    下記リンクをお読みいただき、警察に訴えても告訴状を受け取ってもらえない方のために「協力したい」と思われた方は、ご協力をお願いします。きっこのブログ: 悪魔の猫殺し税理士但し書き:因みに、現在はネコは室内飼育が奨励されていますし、私個人もそれを推奨しています。猫が嫌いな人も世の中には大勢いるからです。私の実家の隣人は、野良猫をオリで捕まえて溺死させていました。子供だった私は「どうしてそんな残酷...

  18. <至急>山梨の多頭飼育崩壊現場でフード支援のお願い - 動物のお医者さん日記

    <至急>山梨の多頭飼育崩壊現場でフード支援のお願い

    山梨県に多頭飼育崩壊現場があるそうです。一時期騒がれて、その当時は関心を持たれ支援も間に合っていたようですが、現在フードが足らない状況だそうです。学生の知人からヘルプの連絡がありました。来週火曜日(10月30日)まで153頭分、もたない状況だそうです。小口でも構わないので、可能な方はフードを送って欲しいとのことでした。詳しくは以下のサイトをご覧下さい(注:完成させてから立ち上げようと思ってい...

  19. 現場に行けなくても… - 動物のお医者さん日記

    現場に行けなくても…

    以前にもメールをいただいた獣医師を志す若者から、またメールをいただきました。今、話題になっている「広島ドッグパーク」の事件について、「自分は地元に住むのに何もしていない。獣医師を志しているくせに。」という自責の念を語った内容でした。私も保健所に勤務していた頃に、次から次へと持ち込まれる不用イヌ・ネコを目の前にしながら自分は何もできない。できることなら、全て持ち帰って治療して自分自身で里親を探...

  20. 動物の輸血のために - 動物のお医者さん日記

    動物の輸血のために

    大学卒業後、附属家畜病院で研修生として診療に携わっていた時、手術時に輸血が必要な患畜のために実験用動物が利用されていました。その後、訪問した開業動物病院の中には、輸血のための犬や猫を飼育しているところもありました。人間の輸血は、自分の意思で献血に参加してくださる人から血をもらっています。が、動物の場合は、そのために飼われている謂わば実験動物が存在するのです。けれど、もしもペットを飼育している...

総件数:42 件

似ているタグ