感性のタグまとめ

感性」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感性に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感性」タグの記事(33)

  1. 数字にこだわらない - 開運アドバイス

    数字にこだわらない

    おはよ~。以前からちょっと気になってんだけどさ~、最近、成功確率とか第何位、など数字にこだわり過ぎている人が多いのよね~。数字ってさ、何かと比較するんは便利だけど、人の心まで数字でとらえようとするのは辞めた方が良いわよ。特に男性に多いかしら。まあ、偏差値教育で育ったから仕方ないところも仕方ないんだけど、もっと感性を磨きなさい。感性やフィーリングなどの数字で表せない所が人間性、そこに気が付けば...

  2. [No.127]その人との出会いが(1)絵画の手ほどき ― 徳子女史を偲ぶ - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.127]その人との出会いが(1)絵画の手ほどき...

    筆者に絵画の手ほどきをいただいた菅徳子先生 [1957~2020] が先日亡くなられた。本ブログでも、No.63で “極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル2014” の記事の中で紹介したことのあるモダンアーティストの「菅徳子」先生である。2012年に長岡で職を終え、実家のある鎌倉に居を戻して、夫婦同士でのご近所のお付き合いを始めてまもなく、著者は徳子先生から、ご自宅で行っておられた絵画教室に...

  3. こどもの…… - SPORTS 憲法  政治

    こどもの……

    ●終業式を終えた夜。ママに「次に幼稚園に行くときは『はじめましておめでとうございます』って言うんよ。先生が教えてくれた」って言ったら、ママが「『明けましておめでとう』だね」。私は「そうやった!『はげましておめでとう』やったね」。( 莉茉〈りま〉・3歳 )●おせち料理の栗きんとんをおだんご状にしようね、とばぁばからお手伝いを頼まれていた。さぁ始めようというときに、お友達が遊ぼうって誘いに来た。...

  4. 子どもだから楽しいこと - こうちゃんとやりたいことリスト

    子どもだから楽しいこと

    こうちゃんとママの胃腸炎からスタートした2020年。パッとしない出だしになってしまいました。こうちゃんは高熱を出したものの数日で落ち着いてきましたが、ママがなかなか治らない…。年齢のせいかな~と思います。健康に気をつけて歳を重ねても元気でいたいものです。体調が落ち着いた頃にUSJに行きました。こうちゃんが乗れるアトラクションはまだ少ないし、テーマパークってどうなんだろうと思う所もありましたが...

  5. [No.118] 鎌倉そぞろ歩き(19):極楽寺・稲村ガ﨑のアートフェスティバル2019 - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.118] 鎌倉そぞろ歩き(19):極楽寺・稲村...

    今年も「極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル2019」(写真1)が10月11日(金)~20日(日)と例年通り10日間に亘って開催された。しかし、初日の11日には日本の南方洋上にスーパー台風19号があり日本上陸必至という状況で、日本列島の関西から関東に至る広範な地域で風雨が強まっていた。そしてその台風は週末の12日(土)夕刻に伊豆半島から小田原に上陸(写真2)、13日(日)の午前中にかけて関東...

  6. [No.116]いま越後を想う(10)―今も舞いつづける華火・フェニックス― - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.116]いま越後を想う(10)―今も舞いつづけ...

    2019年8月9日、この夏の大花火大会が終わった後の長岡を訪ねる機会があった。この地に職を得て17年間勤め、その後2012年に退職して鎌倉に戻り、既に8年を経たことになる。長岡の地の年間を通した最大の行事が8月1日から3日にかけて行われる「長岡まつり」でありその圧巻が、2日と3日に行われる「大花火大会」である。長岡在住中は毎年のようにこの花火を河川敷から真上を仰ぐように、あるいは東山から眼下...

  7. オオデマリの新芽が大きく育ちました。 - 蒼月の絵手紙 ex

    オオデマリの新芽が大きく育ちました。

    一本の樹木でも、花だけでは無く、新芽、葉、実、枯れる前の紅葉、新芽の紅葉とそれぞれの趣が有ります。葉には色々な形状の葉脈が有るが、私はオオデマリの葉脈が大好きです。新芽から完全に大きく成る前の葉は、美しい緑の葉に、葉脈の端正な配置が美しい。人には色々な感性があります。人それぞれの想いがあるものですね。

  8. [No.113] こけしとの対話(6) ― 英太郎、80年の軌跡 - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.113] こけしとの対話(6) ― 英太郎、8...

    新たな年号に替ろうとする平成31年(2019年)3月、東京・新宿の伊勢丹本館で、その個展は開催された。“木目こけし”の後継者・英太郎氏の創りあげてきたこけし・木地人形の個展、齢80年を迎えて、工人としての意気を世に問う形となった。私の手元に来て以来50年になる木目こけしの君(マイ・ブログNo.12参照)(写真1)と、今の“君の親父”への思いを語りあってみたい。以下の対話部では君を“木目っ子”...

  9. サーシャコーチと - Appelez-moi Namiko!

    サーシャコーチと

    契約解除の一報に驚きました‼️2人の朗らかな空気に好感を持っていたので、すっごく残念。。。でもどの世界でもよくある事ですよね。もしも、ちょっとした考えの違いがあるなら、どちらのせいでもないし仕方ないですよね。ましてや大坂なおみ選手は伸び盛り。いろんな事を試して試行錯誤しながら、よりレベルアップしたい筈です。出来ればサーシャコーチには、この後是非、日本人の若手女子のコーチになってもらいたいなぁ...

  10. 明けていく空 - ホリスティックセラピー Rosewood ∞ space

    明けていく空

    美しい。美しいと感じるものはたくさんある。もっと、もっと、自分で無意識にかけてしまっているブレーキを外して、たくさん感じて、感受性みがいて、表現して、共有して、自分の世界を豊かにしていきたいな、世界を美しきものであふれさせたいな、と。昨日の形而上学の学び、shiftから、たくさんの情熱感じて、自分、もっと、もっと、笑顔になれるな✨周りの笑顔をもっと、もっと増やせるな✨と、思う朝。

  11. ギフテッドは感性が豊か(ネネ、絵を描く) - マシュマロとまんじゅうと

    ギフテッドは感性が豊か(ネネ、絵を描く)

    昨日、児童精神科のクリニックを受診してきました。これについては書きたい事が多過ぎるので、後日少しずつ記事にしていきたいと思っています。今日は、ネネの感性についてのエピソードを書きます(^ ^)ギフテッドは感性が豊かであったり、感受性が強かったりするようです。これはOEも関係しての事なのかなあ、と思ったりしています。wikiにも知覚性OEの説明に「鋭い感性は、幼少の頃から絶景に息を呑み、名曲に...

  12. [No.107] 鎌倉そぞろ歩き(18):極楽寺・稲村ガ﨑のアートフェスティバル2018 - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.107] 鎌倉そぞろ歩き(18):極楽寺・稲村...

    今年の「極楽寺・稲村ガ崎アートフェスティバル2018」は例年通りの10月5日~14日の10日間の開催であった(写真1)。期間中の前半は比較的天候に恵まれたが、日中25度を超える日が続いて週末にはかなりの人出となった。私自身はようやく10月13日(土)の午後に稲村ガ崎5丁目を中心にいくつかの会場を巡ることができた。今回は、一箇所を除いて、これまでも訪れたことのある会場であったが、その中でも、展...

  13. 展示会前半終了 - 趣味の部屋0074

    展示会前半終了

    今日で展示会前半終了です。もう、6日もたっていたんですね。たくさんの方にお越しいただきありがとうございます。皆様それぞれ素敵な感性をお持ちで、いろいろなご意見をいただきなるほどな~とたくさんのアイディアをいただきました。秋の新作お召し物をお探しの方ぜひ、お越しくださいませ。いろいろご提案させていただきます。

  14. ススメ - maki+saegusa

    ススメ

    感性の鈍化に甘んじること。状況の変化を諦めること。それらとは対極のところに、マチガイなく、私たちの真の意味での進化がある。⇒これまでの「写真とことば」作品リスト/⇒「感性」の項/⇒「変化」の項

  15. 母いわく「マキみたいな自己主張の仕方をする桜」(笑) - maki+saegusa

    母いわく「マキみたいな自己主張の仕方をする桜」(笑)

    日常の中。まさかのタイミングでやってくる他人の感性との遭遇は、ビックリでオモシロい。それは、つい先日。実家の庭を散歩していたとき。母が、木に一輪だけ咲き残っている、ちょっと風変わりな開き方の桜を指差して、ひとこと。「この桜、マキみたいな自己主張の仕方やろ!?」えーーーーー!私の自己主張って、こんな感じなのーーーーっ!?!?!?誰もライバルいないとこで、フツーじゃない咲き方してるってニンゲンと...

  16. [No.102]人間生活と文化(11) ― 陽春に華やぐ - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.102]人間生活と文化(11) ― 陽春に華やぐ

    この2018年の春の暖かさは、花の世界も狂わせてしまったようである。代表的な桜(ソメイヨシノ)の開花についての気象庁のまとめによれば、表のように、「東日本、西日本とも平年より早いか、かなり早い傾向だった。秋から冬にかけての厳しい寒さで休眠打破の時期が早まり、3月の高温も相俟って開花時期が全国的に早まった」という説明がなされている。鎌倉に住まいする筆者の実感としても、梅、こぶし、桃、椿、桜、山...

  17. GiFT - maki+saegusa

    GiFT

    疲れて、弱って、雑音がうるさすぎるなら、「閉じて」しまえばいい。だけど。閉ざしたままでいることは、「良きもの」までも、腕をすり抜けさせてしまうから。しっかり休息を取って、呼吸を整えられたなら、次は、「開きかた」を学ぶステップ。滞った空気を押し流すように、新しい風を取り込んで。胸を開き、両手を広げ、あなたに降り注ぐ、たくさんのギフトを受け取るといい。幸福のアンテナは、開いたときに起動するもの。...

  18. 気になる絶対語感 - 人生楽しむオトナの社交術

    気になる絶対語感

    三寒四温、冬の気候を表す四字熟語ですが春が一歩一歩近づいてくるようで好きです。語感が爽やかなのは「さ行」のおかげかしら?ふっと、感性アナリストの黒川伊保子さんの本をパラパラめくって、1人ふんふんうなずく私。さらに、外山滋比古先生の著書わが子に伝える「絶対語感」まで引っ張り出して夢中でページをめくり言葉を追いかける私。外山先生によれば、絶対語感は大切な感覚でお母さんの言葉を手本にして作られるそ...

  19. [No.99]人間生活と文化 (10) ― 「花様年華」の色彩に魅せられて - Towards Human Mind & Life Systems

    [No.99]人間生活と文化 (10) ― 「花様年華...

    1年前になるが香港映画「花様年華」[1][2] を鑑賞する機会があり、その印象が私の心に今も深く刻まれているので、取り上げてみたい。それは鶴岡八幡宮の近くの川喜多映画記念館 [3]で開かれた企画イベント「映画で見るアジアの民族衣装」(2016/11/22-27)の中で上映された作品(2000年製作)で、監督:ウォン・カーワイ(王家衛)主人公:チャウ役=トニー・レオン(梁朝偉)チャン夫人役=マ...

  20. 序 - maki+saegusa

    「感性」不足もさることながら、そもそも「思考」だって徹底的に足りてない。⇒これまでの「写真とことば」/⇒「思考」の項/⇒「感性」の項

総件数:33 件

似ているタグ