感想のタグまとめ

感想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感想」タグの記事(306)

  1. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 226 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 226

    226話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  2. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 225 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 225

    225話作重松清画川上和生【羊の要約】 教師は、特殊な仕事だ。常に自分よりも年下の若者や子供を相手にする仕事なのだ。生徒はつねに同じ年齢で、教師だけは歳を重ねる。若々しい気分でいられる、という先生もいれば、早く老け込みそうだという先生もいる、と航太は言う。私は佐山を思い出した。佐山たちの時計は、十五歳で芳雄くんを亡くしてから止まっているという。そこから歳月を重ねても、どこかでリセットボタン...

  3. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 224 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 224

    224話作重松清画川上和生【羊の要約】 航太は、遼星のことだけじゃないという。自分が担任クラスを持つようになり、高校生と付き合っていると、昔の自分がよみがえって、生徒が可愛い。時をさかのぼって、高校時代に出会った大人の一人一人に会いたい、両親にも会いたい、祖父にも、お礼ぐらいは言いたい、というのだ。私はうれしく照れくさかった。自分より若い人間と付き合う仕事は、やはり幸せだと航太は付け加えた...

  4. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 223 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 223

    223話作重松清画川上和生【羊の要約】隆さんと血がつながっていない、と知ったあとの航太は、微妙によそよそしく接するようになった。隆さんはその変化が、寂しかったことだろう、と今の私にはわかる。航太に、父のことを「親父」と口にしながら、それが実父にはもちろん、隆さんもそう呼んだことがなかったことに気がついた。航太が言う。遼星が産まれたことで、代が半分くらい先に進んだ感じがする…【羊のひとこと】血...

  5. 『大根』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『大根』感想

    『大根』感想(2019年1月8日)【大根紹介】春の七草「すずしろ」として古くから日本人になじみが深い食材だが、現在は品種改良が進み、春夏秋冬ほぼ一年中収穫される。夏秋の大根は辛味が、冬の大根は甘味が強くなる。分解酵素のアミラーゼを含むため、胃もたれや二日酔いに効くという。流通しているのは主に根の部分だが、葉も美味しく食べられるので、料理のレパートリーも多岐にわたる野菜である。一般的には青首大...

  6. アリアンロッドのコツ(ふぃあ通2018年12月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ) - 【TRPG】フィロスの独り言

    アリアンロッドのコツ(ふぃあ通2018年12月の「鈴吹...

    FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。ここ数回は個別ゲーム特集。本来は前回の予定だったが、三枝チャージ先生がゲストだったので繰り越されて、今回は「アリアンロッド」がテーマ...

  7. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 221 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 221

    221話作重松清画川上和生【羊の要約】意外なことに四十九日法要に夏子が参列するという。夫の実父なのだから知らぬ顔はできない、それに遺骨について、ひどいことを言ってしまった、と真顔で謝ってきたのだ。遼星の命には、わたしたち夫婦とその両親たちの命も溶けている気がする、という夏子は、孫の世話に通い詰めるうちに、どんどん若返っているように思える。【羊のひとこと】孫の世話に通うと、どんどん若返る…とい...

  8. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 220 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十章迷って、惑って 220

    220話作重松清画川上和生【羊の要約】川端さんと道明和尚とで、父の四十九日法要が営まれることが決まった。わたしには「断りやすいように」と三日前に電話がかかってきた。和泉台文庫の田辺親子、西条さん、神田さんもくるという。納骨については、急がなくてもいい、と川端さんは言ってくれた。【羊のひとこと】お?びっくり。何だか肩すかしで四十九日まで行ってしまいましたが、そうね、まあこの方たちならやるでしょ...

  9. 謹賀新年2019 - 忙しい中に暇を見つける

    謹賀新年2019

    明けましておめでとうございます。ご挨拶遅れて申し訳ございません。またこの一年もよろしくお願いします。平成三十一年正月

  10. 『人生うまくいく人の感情リセット術』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『人生うまくいく人の感情リセット術』感想

    『人生うまくいく人の感情リセット術』感想(樺沢紫苑:著知的生きかた文庫2018年)【あらすじ紹介】「ネガティブな感情でストレスを感じる……それは脳内物質のせいです」現代社会に多い「イライラ」の原因を取り除くのではなく、考え方を変えていくことで、誰でも「ハッピー」に近づける。人生をうまく生きるコツを脳科学的に解説し、話す・書く・運動など簡単なトレーニングで、嫌な気持ちもすぐさまリセット。快適習...

  11. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 219 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 219

    219話作重松清画川上和生【羊の要約】神田さんは本気モードで話を続ける。憎めない人だから付き合ってきたが、自分にしか見せないいい顔もあったと思う。息子としてはがっかりだろう?最初から期待していない、と私は答え、父と友だちでいてくれたことを感謝し、迷惑には申し訳ない、とあやまった。神田さんは、つまらん理屈を並べるな、と言ったあと、「どんな親だろうと…親は、親だ」と静かに言った。【羊のひとこと】...

  12. フィリップス・コレクション展 - 木造三階建の詩

    フィリップス・コレクション展

    先日、三菱一号館美術館で開催されているフィリップス・コレクション展を観てきました。今まで観てきた美術展とは趣向のかなり異なる、面白い美術展でした。ワシントンにあるフィリップ・スコレクション美術館の創設者であるダンカン・フィリップスが集めた、この絵画展の宣伝文句に従えば「全員巨匠!」の素晴らしい絵画の数々と、フィリップスがなぜこの絵に惹かれたか、この画家をどう思っているか、コレクターとして、評...

  13. 『荒木飛呂彦原画展JOJO~冒険の波紋~』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『荒木飛呂彦原画展JOJO~冒険の波紋~』感想

    『荒木飛呂彦原画展JOJO~冒険の波紋~』感想(2019年1月10日大阪会場:大阪文化館・天保山)【荒木飛呂彦原画展・紹介】荒木飛呂彦による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズは、現在も名前を変えつつ第八部まで続いている長寿漫画だ。シリーズごとに主人公が交代し、スタンドといった超能力を具現化した独特のアクションは、能力バトルの先駆けともいわれている。ルーブル美術館での展示、ファッションブ...

  14. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 218 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 218

    218話作重松清画川上和生【羊の要約】 父とその後も付き合いを続けたが、私に教えられるような面倒くさい話は一切していない、と神田さんは言う。真知子さんが、本当の友だちなら相手の人生がダメになりそうな時に止めたり叱ったりするんじゃないのか?と割り込んできたのを私がなだめると、神田さんは言った。父の人生はトータルすると負け越しかもしれないが、千穐楽まで土俵に上がったことに文句を言うな。息子だから...

  15. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 217 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 217

    217話作重松清画川上和生【羊の要約】 神田さんが言うには、父は荒川急便にいたころ、お金がらみのトラブルで、夜逃げしたという。しかも神田さん本人にも迷惑をかけていたらしいが、それから一年でケロリとして神田さんに電話をかけてきて、釣りに誘ったのだそうだ。神田さんはその誘いにのって釣りにいき、さらにまた借金を頼まれたようだ。もっとも神田さん本人は、忘れた、とそのことについては、はっきりは答えな...

  16. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 216 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 216

    216話作重松清画川上和生【羊の要約】 私が父のことをどう思っているかはどうでもいい、と神田さんは話し始めた。互いに立ち入った話は何もしなかったが、自分はノブさんと友だちだと思っている。しかしある日、宅急便の連中や、飲み屋の顔見知りから、父についての悪い評判を聞いたことがある、という。寸借詐欺、というほどではないが、少しずつ金を借りて、返さない…【羊のひとこと】出ましたね、やっぱりノブさん、...

  17. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 215 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 215

    215話作重松清画川上和生【羊の要約】 神田さんは、酒だけをあおりながら、父の遺骨と北海道を回ってきた話をした。海の見える場所では骨壺をバッグで提げて歩いたり、一緒にコーヒーを飲んだり、蓋を開けて潮の香りを嗅がせてやったこともあった、という。聞きながら、私はふと思った。そのまま壺をひっくり返して砂浜や海にそのまま撒いてくれれば、厄介事が…【羊のひとこと】お。今日はちょっと羊が好きな回でした...

  18. 『七草粥』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『七草粥』感想

    『七草粥』感想(2019年1月7日)【七草粥紹介】せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの野草を春の七草と呼ぶ。これを刻んで入れた粥を、人日の節句(人を殺さない=刑罰を行わない日)である1月7日に食べる風習は、現代まで残っている。古代からあった若菜摘みの風習と、中国の習慣が混ざったといわれ、現在の七草になったのは室町時代の歌が初見とされる。正月の御馳走でで疲れた胃腸を...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 214 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 214

    214話作重松清画川上和生【羊の要約】残りの15人はもっとひどいことになるかもしれない、と真知子さんは念を押したが、私はとにかくすっきりしたかった。ただ、残りの中に、女性が二人いる。ひょっとして女子には人気で、お父さんのカノジョに会えるかもしれない、と真知子さんが能天気にいう。まあ、いたとしたら、それはそれでいい、と素直私は思った。【羊のひとこと】はいよ?こんなまだまだ、よくわけのわからない...

  20. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 213 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 213

    213話作重松清画川上和生【羊の要約】 残りの人たちに電話してもいいか?と真知子さんから聞かれ、逃げ道を求めて神田さんを見た。神田さんは、ホッケを焼きながら、「迷っているならひっくり返すな」と干物の焼き方に例えて伝えてくれた。わたしは、真知子さんに告げる。電話をしてほしい。父の死んだことだけでも教えてあげたい。結果は期待しない。【羊のひとこと】は~。神田さんのキャラを考えたら、このたとえはそ...

総件数:306 件

似ているタグ