感想のタグまとめ

感想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感想」タグの記事(385)

  1. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格289 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格289

    289話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  2. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格288 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格288

    288話作重松清画川上和生【羊の要約】自宅のゴミの片づけの問題ですか?と後藤さんに聞いてみると、それはたいしたことじゃない、という。他に何があったのか訊ねると、後藤さんは私の父母は健在か、どんな父親だったのか、いい父親だったのか、と聞いてきた。言葉に詰まる。長谷川か石井かどっちの父で答えるのか決められなくて、まあ、ふつうですね、と返事をした。どちらを選んだのかわからないところがずるくて情けな...

  3. 『中谷宇吉郎雪の科学館』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『中谷宇吉郎雪の科学館』感想

    『中谷宇吉郎雪の科学館』感想(2019年3月19日見学)【中谷宇吉郎について】中谷宇吉郎(なかやうきちろう・1900-1962)は、世界で初めて人工雪を制作した科学者として知られる。東京帝国大学理学部では寺田寅彦の教えを受け、留学を経て理学博士となった彼は3000枚もの雪の結晶の写真を撮るうちに、低温の実験室で人工的な雪の結晶を作り出すことに成功する。その後、ハワイやグリーンランドなどでも雪...

  4. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格287 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格287

    287話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  5. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格286 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格286

    286話作重松清画川上和生【羊の要約】愛想笑いで会釈すると、後藤さんは遠慮もなくベランダに出てきて、私の手元の本をのぞき込み、グイグイ距離を縮め、池波正太郎のどこが好きなのか、と聞いてきた。テキトーに返事をしていたが、今の日本がなくした親子の情がある、という後藤さんの言葉を聞いて、これはチャンスだと思った私はこう水を向けてみた。「いや、でも、後藤さんのお宅は違うでしょう。息子さん、お父さんの...

  6. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格285 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格285

    285話作重松清画川上和生【羊の要約】『剣客商売』の主人公の小兵衛は剣と人生の達人、息子の大治郎は好青年で剣の実力も見事だが、生真面目で不器用で融通が利かず、父に最後のところで負けてしまう。父はその息子を愛していて、窮地をさらりと救う。そんな物語の構図を把握してから「剣客商売読本」を手に、外のバルコニーに出ると、まいったなあ、と声が出た。父は小兵衛に自分を重ねていたのか、あるいは憧れていたの...

  7. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格284 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格284

    284話作重松清画川上和生【羊の要約】 図書室の棚には池波正太郎の『剣客商売』の全巻、番外編、入門書が並んでいた。父が持っていたのは数巻だけなので、私がいま手に取った…この間の私の状態を象徴しているような『波紋』の巻があの部屋にあったかどうかは不明だ。私は時代小説には疎く、この作者の「鬼平犯科帳」も「仕掛人・藤枝梅安」も「真田太平記」も人気ドラマの原作、というレベルでしか知らない。藤田まこ...

  8. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格283 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格283

    283話作重松清画川上和生【羊の要約】 『すこやか館』二階の図書室で、本をゆっくりさがす。池波正太郎のものはいくつかあったが、松尾あつゆきの句集やカロリーヌや尾崎放哉はない。和泉台ハイツはまだ生前のままにしてある。そのうち業者に頼むつもりだが、整頓されていた本類は、捨てたりバラバラにしてしまうのが、どこか寂しい。そこで本は航太に渡そうか、とも思ったのだが、今は航太はカロリーヌの絵本にまで、...

  9. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格282 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格282

    282話作重松清画川上和生【羊の要約】松尾あつゆきは原爆で妻と、三人の子の命を奪われた。航太は中からいくつかを暗誦して声を震わせた。それをおじいさんが人生の最後に読んでいたことに感動しているのだ。航太のおじいさん、という呼び方は、長谷川隆さんの呼び方のおじいちゃん、と使い分けたようだ。もう会えない子への俳句はおじいさんの感慨と通じる、といい、また航太が一句諳んじた。〈墓の苔うつくし生きていれ...

  10. トレース、最終回見逃す( ;∀;) - ぺりどっと コム

    トレース、最終回見逃す( ;∀;)

    やっちまったよ~~(゚д゚)!最終回、気が付いたのが遅くて、最後1分しか見れなかった、、、。( ;∀;)あ~~~、キスマイの宝くじ見てたわ~~~。。。自分にガッカリ😞。

  11. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格281 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格281

    281話作重松清画川上和生【羊の要約】 真知子さんはダメ親父の父と小雪さんの関係に興味をひかれ、一緒に会って取材するために、私に早く小雪さんに会うことを勧めてきた。一方神田さんは、父が私たち一家のことを想い続けていたことを熱く受け止め、スジとして小雪さんに会う前に、母と姉に遺骨を対面させてやりたい、という。航太は航太で、父の読んでいた『原爆句集』を読み終えた午後に泣き腫らした目で私に訴えた...

  12. 植物療法クラス終了いたしました。 - sola og planta ハーバリストの作業小屋

    植物療法クラス終了いたしました。

    1月からスタートいたしました、薬草学の上級クラス、植物療法クラスが無事に終わりました。お疲れ様でした。かなり内容の濃いカリキュラムになってしまいましたので、正直ハードだったと思います(汗)お二人とも、長い年月をかけて、ソラプラの様々なレッスンを受講してきただけありまして、しっかりと最後までくらいついてきて下さいました(笑)受講した感想。はじめはハーブの効能の勉強のイメージでいました。最終回を...

  13. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格280 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格280

    280話作重松清画川上和生【羊の要約】サークルや趣味の講座のために、一階には三つのホールがある。そこでは、合唱や卓球やパターゴルフ、私が発案したボッチャの教室も月一で開催されている。今日もボッチャには15,6人が集まっていて、面目がたっていることに安心する。問題は絵手紙の不人気だ。これは、水彩画サークルと合併して、新たに自分史の書き方教室を開いてみようか考え、真知子さんの顔が浮かんだ。苦笑し...

  14. アリアンロッドのコツ2回目(ふぃあ通2019年2月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ) - 【TRPG】フィロスの独り言

    アリアンロッドのコツ2回目(ふぃあ通2019年2月の「...

    FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。ここ数回は個別ゲーム特集。今回は早くも第二回の「アリアンロッド」(苦笑)。レガシーガイド出たし、久保田先生がゲストだからかな。いつも...

  15. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格279 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格279

    279話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  16. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格278 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格278

    278話作重松清画川上和生【羊の要約】週が明けたが後藤将也さんから連絡はなかった。ずっと連絡を待つ私に本多くんは、社長室を対応窓口にすれば、それでいいではないか、という。しかし私は、無理を承知で、後藤さんが将也さんにとってどんな父親だったのか、それだけを知りたいのだ。そんな私を本多くんが、入居者のトラブルには手早く処理していた私なのに、後藤さんに対してはいつもと態度が違う、といってきた。大手...

  17. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子277 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子277

    277話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  18. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子276 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子276

    276話作重松清画川上和生【羊の要約】小雪さんは、私の依頼での電話だと知って喜び、遺骨に手を合わせたいし、生前のお父さんのことを話してあげたい、とも言ってくれたという私も聞きたい。いま、小雪さんが馬場町で若い人たちも一緒のシェアハウスに一人で住んでいるというところにも興味をひかれる。今後の老後の住まいとして存在意義が増すはずのシェアハウスだ。私が遺骨を持って訪ねてもいい。「おう、息子」そのと...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子275 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子275

    275話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  20. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子274 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十一章息子の息子274

    274話作重松清画川上和生【羊の要約】あえて、品のない語彙を使う。そうせずにはいられない。「じゃあ、親父は、一緒に住んでたオンナの貯金を使い込んで、それがバレて、叩き出されたわけか……まいっちゃうな」情けなさにため息が漏れ、やりきれなさが一周して、薄笑いが浮かんだ。夏子がやるせない顔でこっちを見ているのはわかったが、気づかないふりをした。夏子には、いまの話を聞かれたくなかった。航太がこの場に...

総件数:385 件

似ているタグ