感想のタグまとめ

感想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感想」タグの記事(307)

  1. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 213 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 213

    213話作重松清画川上和生【羊の要約】 残りの人たちに電話してもいいか?と真知子さんから聞かれ、逃げ道を求めて神田さんを見た。神田さんは、ホッケを焼きながら、「迷っているならひっくり返すな」と干物の焼き方に例えて伝えてくれた。わたしは、真知子さんに告げる。電話をしてほしい。父の死んだことだけでも教えてあげたい。結果は期待しない。【羊のひとこと】は~。神田さんのキャラを考えたら、このたとえはそ...

  2. 『帰去来』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『帰去来』感想

    『帰去来』感想(大沢在昌:著朝日新聞出版2019年)※画像はイメージです【あらすじ紹介】女刑事・志麻由子は、凶悪殺人犯「ナイトハンター」により窮地に陥る。しかし次に彼女が目覚めたのは、あり得ない異次元の「東京市」だった。戦争により荒廃、悪人が牛耳る世界での由子は、正義を貫くエリート警視。彼女に代わらざるを得なくなった由子は。元恋人にそっくりの部下・里貴の助けを借り、「ツルギ会」と「羽黒組」の...

  3. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 212 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 212

    212話作重松清画川上和生【羊の要約】続いて神田さんはホッケの開きをじっくり焼くと宣言して黙った。真知子さんは、電話帳に残った15人に電話をするかどうかを私に決めてほしい、と迫ってきた。真知子さんは自分史はだめでも追悼文集とか遺稿集に移行できることを期待していて、それが打ち砕かれたという。私は、期待などしていない。だが裏切られた、と思った。【羊のひとこと】イカの次がサザエで、今日はホッケから...

  4. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 211 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 211

    211話作重松清画川上和生【羊の要約】せっかくのサザエだからと、真知子さんは不器用に身を取り出しはじめた。神田さんは見かねて手を出し、実に器用にサザエを取り出す。それを天才だ、と褒める真知子さんの言葉に、マンザラでもなく照れる神田さんは、嫌われ者だった父を持つ私へのなぐさめか、「嫌い嫌いも好きのうち」という言葉で、さりげなく励ましてくれた。【羊のひとこと】「嫌い嫌いも好きのうち」まあ、サザエ...

  5. 『ガレット・デ・ロワ』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『ガレット・デ・ロワ』感想

    『ガレット・デ・ロワ』感想※画像はドンクで購入したガレット・デ・ロワです。【ガレット・デ・ロワ紹介】パイ生地にアーモンドクリームを詰めたフランスの伝統菓子。ロワ(王たち)は東方の3賢人をさす。本来はキリストが彼らに見いだされた1月6日の公現祭(こうげんさい)に食する風習だが、最近は1月中に食べられる新年に欠かせないお菓子となっている。お菓子の中にはフェーヴ(陶器の人形)が一つ隠されていて、当...

  6. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 210 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 210

    210話作重松清画川上和生【羊の要約】 真知子さんは、つながった十人の反応について、「氷点下」という表現をした。亡くなったことを伝えても、喧嘩腰の人、警戒心を露骨に出す人、それはまだましで、出ないまま着信拒否に設定する人もいた。全員氷点下で、アラスカかシベリアか南極かの違いだけ…肩を落として真知子さんがそう言った。サザエを焼いていた神田さんが、酒も飯もまずくなる、と話を止めた。【羊のひとこと...

  7. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 209 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 209

    209話作重松清画川上和生【羊の要約】イカのあとサザエを焼き始めた神田さんは、『西条レポート』の内容が気に入らないらしく、すねたように背を向けている。真知子さんが父のケータイに登録してあった電話に連絡した結果、最低でも15人中の3人から着信拒否扱いになっていたのだという。【羊のひとこと】へええ。ちょっと意外な展開ですね。晩年の石井爺さんは好々爺にでもなっていたか(カロリーヌ爺とか呼ばれたりし...

  8. 『virtual trippresents「金魚の美」アートアクアリウム』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『virtual trippresents「金魚の美」...

    『virtual trippresents「金魚の美」アートアクアリウム』感想(ポニーキャニオン45分2011年)※画像は2014年に私が行ったアートアクアリウム展の写真につき、作品内では登場しない水槽もあります。【アートアクアリウム展紹介】水生生物の飼育設備を整えたアクアリウムの芸術性をさらに高め、和をモチーフに金魚を展示する幻想的な展覧会。個性的な照明やプロジェクションマッピングで演出さ...

  9. ドラゴンボール超 ブロリーを観てきました。 - 送り狼の『やぶさかでない。』

    ドラゴンボール超 ブロリーを観てきました。

    正月、数ヶ月振りにオタ友とあったので、店もあまり開いてないし、映画でも?という事でガンダムかドラゴンボールか仮面ライダーかというオタにとって夢の選択肢をば。いやガンダム見る感じの流れだったんですがドラゴンボールがいい感じにすぐ見れる時間だったのでそれに。いやー正解でしたね。いい映画だったわブロリー。神や神、復活のFラインの何か、まあ…いいけどってレベルのを想定してたので、ああこんなちゃんとし...

  10. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 208 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 208

    208話作重松清画川上和生【羊の要約】待ち合わせた海鮮居酒屋でイカをあぶる神田さんは真剣そのもの。私の醤油の掛け方や、マヨネーズをかけたがる真知子さんにダメ出しする様子を見ると、機嫌が悪そうだった。【羊のひとこと】何なんだ、このイカにも「ガンコなオッサン」風にイカをあぶる、ステロタイプの神田って男(の描き方)。「わたし、一瞬でクビでした」という真知子さんのセリフのしょうもなさ、無駄な現代的な...

  11. koufaの2018年を振りかえる - koufaのたまたまブログ

    koufaの2018年を振りかえる

    2017年はこちら皆さんお久しぶりです。平成30年(2018年)も残り少しとなりました。ということで去年もやった一年間の振り返りをしていこうと思います。1月動画1本ブログ0本1/23大雪の翌日にカラオケ行ったらひどいことになった(語彙力)2月動画2本ブログ0本2/1koufaの誕生日2/13koufa鉄道part23をあげ、最終話の編集に入る3月動画1本ブログ0本3/27koufa鉄道par...

  12. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 207 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 207

    207話作重松清画川上和生【羊の要約】 回らない呂律で息子の「マサくん」の話を続けていた後藤さんに、釘を刺してほしい、と本多くんから言われる。気が重いが私の仕事だと自分に言い聞かせた。本多くんからの電話を切ると、真知子さんからメールが来ていた。神田さんと駅前の居酒屋にいるという。そこで、『西条レポート』を報告したい、とのことだった。【羊のひとこと】全く何が「西条レポート」だよ。ずいぶん浮か...

  13. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 206 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 206

    206話作重松清画川上和生【羊の要約】 「大騒ぎ」がその程度のことですんで、助かった。暴力沙汰が起きたら、本多くんの責任になる。今にも後藤さんが、みんなの缶の口を開けそうな瞬間に、かけつけた本多くんがなだめすかしてそれを止めた。しかし、後藤さんは、チューハイなんていう庶民のお酒で失礼しました。これからは気をつけます、とズレまくりの感想を述べたのだ。【羊のひとこと】暴力沙汰?なりそうもないです...

  14. 極富士~風景撮影のプロが教える絶景ポイント厳選54 - いつでも、ひなたぼっこ

    極富士~風景撮影のプロが教える絶景ポイント厳選54

    『極富士~風景撮影のプロが教える絶景ポイント厳選54』感想(ポニーキャニオン94分2012年)※画像はイメージです【富士山紹介】標高3776m、日本で最も高い山としてよく知られる富士山は、静岡県と山梨県の境に位置する活火山である。その姿は見る者を引き付けてやまず、古代より現代にいたるまで、信仰と芸術の対象にされてきた。日本の象徴として世界にも広く知られ、2013年には世界文化遺産に登録された...

  15. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 205 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 205

    205話作重松清画川上和生【羊の要約】 それから後藤さんは、綿貫さんに待っててくれ、と言いすて、アルコール度数の高いチューハイを部屋まで取りにいった。綿貫さんはその間に引き上げたのだが、いなくなったのを知った後藤さんは、今度は食堂のみんなにその強いチューハイを一本ずつ配りはじめたのだ。みかねた人が、スタッフの本多くんを呼んだ、というのが「大騒ぎの顛末」だったのだ。【羊のひとこと】ふ~ん。こん...

  16. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 204 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 204

    204話作重松清画川上和生【羊の要約】 後藤さんはそれから一人で息子の自慢話を一人でしゃべり続けたという。無邪気で素直な自慢話だが、悪気なくピントが外れた分、周囲の神経を逆なでした。ここでは相手かまわず家族の話をするのは、地雷になる。事情を抱えていて、家族と共に我が家で老いを迎えられない入居者が少なくない。綿貫さんもその一人だった。【羊のひとこと】なるほど。繊細で心細やかな施設の暮らし方のノ...

  17. マージナルヒーローズのコツ(ふぃあ通2018年11月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ) - 【TRPG】フィロスの独り言

    マージナルヒーローズのコツ(ふぃあ通2018年11月の...

    FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。前回に引き続き今回のテーマも個別ゲーム特集。当初「アリアンロッド」の予定であったが、ゲストが三枝チャージ先生だったので、急遽「マージ...

  18. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 203 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 203

    203話作重松清画川上和生【羊の要約】 後藤さんと相席した綿貫さんは80歳を過ぎても健啖家で、持参のワインを私物のグラスでたしなみ、話術に長けた元商社マン。後藤さんもすっかりうちとけて、二杯目のチューハイをあけ、三杯目は綿貫さんの分も買ってきた。おかげで、引き時を失った綿貫さんは、目の座ってきた後藤さんと付き合うことになってしまったのだ。【羊のひとこと】せっかく書いたここの記事が、今さっき...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 202 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 202

    202話作重松清画川上和生【羊の要約】 『ハーヴェスト多摩』は全館禁煙だが、お酒は自由で、食堂でもみな良識の範囲内で楽しんでくれていて、朝・昼は飲む人はいないし、迷惑をかける人もいない。本多さんもお酒を持ち込んだのは今回が初めてだったのだが、その卓に綿貫さんが相席で座って、五、六分たったときだ。【羊のひとこと】今日は挿絵がカラーで、八宝菜が妙においしそうで、かなり豪華な夕食に見えました。缶...

  20. 新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 201 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第九章トラブルメーカー 201

    201話作重松清画川上和生【羊の要約】 多摩が丘の駅に着いたとき、『ハーヴェスト多摩』から電話があったことがわかった。折り返すと、さっきまで後藤さんが大騒ぎしていた、と本多くんが報告してくれた。四人掛けのテーブルの並ぶ食堂で、先客がいないテーブルを選んで座る後藤さんは、いつものように隅のテーブルに座ったのだが、そこにはいつもと違い、缶チューハイが置かれていた。【羊のひとこと】あらまあ。後藤さ...

総件数:307 件

似ているタグ