感想のタグまとめ

感想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感想」タグの記事(181)

  1. 新聞小説を読む「ひこばえ」第五章息子、祖父になる 106 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第五章息子、祖父になる 106

    106話作重松清画川上和生【羊の要約】5月1日、私は『ハーヴェスト多摩』に出勤し、事務室で、スマホと父のガラケーをぼんやり見ていた。あれから父の電話は鳴らない。スマホには、美菜が産気づいたら電話がくることになっている。早まっても遅くなっても心配だから、予定日の5日ちょうどに出産してもらいたい。そして、その美菜の出産が終わるまでは、と父の話を航太以外に話すことを、棚上げにしている。【羊のひとこ...

  2. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 105 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    105話作重松清画川上和生【羊の要約】別れ際に川端さんから父の携帯を渡された。誰かから電話があったら亡くなったことを伝えようと、持ち歩いていたという。電話の着信も発信も履歴でみると、ほとんどない。しかしアドレス帳を呼び出してみて声をあげた。〈吉田智子〉〈吉田宏子〉〈吉田洋一郎〉と名前が並んだのだ。だが誰の電話番号も表示されなかった。【羊のひとこと】洋一郎にとって、初めて自分と父との繋がりを感...

  3. 授乳ブラ 4色展開 前開きブラジャー 出産後ブラ 前開きブラジャー - 海外ブランド ファッション iphoneケース ブレスレット iqos ダイエット コルセット バッグ かわいい 化粧道具 iqosケース xperia galaxy nexus

    授乳ブラ 4色展開 前開きブラジャー 出産後ブラ 前開...

    授乳ブラ 4色展開 前開きブラジャー 出産後ブラ 前開きブラジャー 無地 インナー 伸縮素材 授乳用 取り外せる胸パッド付き nursing bra マタニティ マタニティー 柔らかい 布製 かわいい 可愛い 母乳 おしゃれ ピンク ブラック ライトパープル 育児用品 出産祝い

  4. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 104 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    104話作重松清画川上和生【羊の要約】部屋の鍵をかけた川端さんから、昼ご飯をどうするか聞かれた。食欲がなく、行く予定の公園に向かう気力もない、と伝えると、その鍵を差し出して言う。片づけもあるだろうから、しばらく通ったらどうだろう?業者に丸投げするつもりでいた私も、確かに今は考えが変わってきた。自分のために父の遺品の整理をしてみたい。私は鍵を受け取った。【羊のひとこと】うん、そうだよな。そして...

  5. エンディングフェイズのコツ(ふぃあ通2018年8月の「鈴吹太郎のGM講座」まとめ) - 【TRPG】フィロスの独り言

    エンディングフェイズのコツ(ふぃあ通2018年8月の「...

    FEARが毎月配信しているWEBラジオ「ふぃあ通」(http://www.fear.co.jp/radio/fearradio.htm)に「鈴吹太郎のGM講座」というコーナーがある。鈴吹社長が講師となり、きくたけ先生やゲストの方を交えてGM講座をするコーナーだ。今月のテーマは「エンディングフェイズ」。ゲストの久保田ゆーら先生を含めた3人が、それぞれ「エンディングフェイズで心掛けてること」を紹...

  6. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 103 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    103話作重松清画川上和生【羊の要約】半間のクローゼットには、夏物と冬物の上着が二着ずつかかっていて、黒ネクタイが一本だけあった。横の、押入れを開けると、その上段はみごとに空っぽだった。わたしには、その空の押入れが、顔すら思い浮かべられない父の胸の内そのもののように感じられた。【羊のひとこと】問洋一郎が空の押入れを見て感じた、川端さんの冗談にも笑えなかった感慨とはどのようなものなのか?答①「...

  7. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 102 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    102話作重松清画川上和生【羊の要約】長崎の原爆で、妻と子ども三人を亡くした松尾あつゆき。その句集に込められた思いに気おされた。だが、わたしが呆然としたのは、それを読んでいる父の気持ちのほうだ。妻と二人の子どもを捨てた父が、いったいどんな思いでこれを読んだのだ?近所の団地の図書館から借りたらしいから、返却をお願いしたい、と川端さんから頼まれた。【羊のひとこと】洋一郎の父親はアルコールや認知症...

  8. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 101 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    101話作重松清画川上和生【羊の要約】和室はガランとしていて、畳にじかにデスクライトが置かれ、そばに本が一冊あった。父の布団は自分できちんと押入れにしまわれ、台所にも洗い物はなく、部屋も綺麗だった、という久子さんは徐々に冷蔵庫の物を処分し、脱衣コーナーにあった下着類を洗濯してくれていた。寝る前の日課だったという本を手に取る。「原爆句抄松尾あつゆき」【羊のひとこと】久子さん…和室に入ると「お父...

  9. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 100 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    100話作重松清画川上和生【羊の要約】カラーボックスには、CDプレイヤーもあり、石原裕次郎や森進一、五木ひろし、越路吹雪、意外なところではビートルズの赤盤、青盤のCDがあった。二つ目のカラーボックスは本棚になっていて、池波正太郎の小説、鉄道旅と釣りの専門誌などがあった。私が期待したのは、写真立てやアルバム、ノートの類だったが、そういうものは見当たらなかった。【羊のひとこと】多くのオッチャンは...

  10. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 98 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 98

    98話作重松清画川上和生【羊の要約】父の部屋のダイニングテーブルの椅子の一脚は、脱衣室に置いてあった。立ったまま服を脱いだり着たりすることは高齢者には負担で危険なのだ。食卓の調味料は減塩タイプ。『ハーヴェスト多摩」にもそういうタイプはいるが、80越えたら好きな物を食べればいいと思う。フリーズドライの味噌汁もあるが、これは焼きナスがうまいのだ。そして、灰皿の中にはフィルターギリギリの吸い殻が二...

  11. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 97 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 97

    97話作重松清画川上和生【羊の要約】父の部屋のドアのネームプレートで「石井」という父の手書きの文字を初めて目にした。ドアを開けると、サンダルとウォーキングシューズ、新聞回収用の袋があり、その一番上には、亡くなる前日の新聞が置かれていた。私の取っていたのと同じ新聞で、父の暮らしが少し浮かんだ。靴箱の天井には折り畳み傘と二つの帽子。父は禿げていたのかどうか、川端さんに聞いてみる。グレイの髪が残っ...

  12. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 96 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 96

    96話作重松清画川上和生【羊の要約】 和泉台ハイツは自分が独身時代や新婚の頃に住んでいたアパートと似ていることに呆然とした。安価で、見た目だけは高級そうで、手入れが楽で、割り切られた作り…そんな物件に父が住んでいた、ということが悔しくて悲しくて、思わず川端さんに、このアパートは年寄りには似合わない、と言ってしまった。川端さんは、父の隣には大学生が住んでいた、だからいいんじゃないの、という。...

  13. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 95 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 95

    95話作重松清画川上和生【羊の要約】 普段から、おじいさんが工事現場の誘導をしている姿は目にしていたが、自分の父親と結びつけたことはなかった。80歳あたりまで工事現場で働いていたことを川端さんはたいしたものだ、と誉め、家賃の滞納もなかったと言ってくれた。正直ほっとし、「ありがとうございます」と小さく頭を下げた。それ以外には「申し訳ございません」しか言える言葉はない。そして、古びたアパートの前...

  14. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 94 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 94

    94話作重松清画川上和生【羊の要約】60歳を過ぎて引っ越しするのは事情があるからに違いない。その頃60代だった川端さんは、自分と同じ世代の人なら、厳しい条件をつけずに入居してもらうことにした。だが、年数がたつうちに、和泉台ハイツのほとんどが70歳以上になっていき、工事現場の誘導員をしていた73歳の父が入居したのが十年前だった。【羊のひとこと】まあ、川端さんは、そもそも資産があって余裕のある方...

  15. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 93 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 93

    93話作重松清画川上和生【羊の要約】川端家は造園業や農園を営む旧家で、久子さんが家を継ぎ、土地の一部を宅地にして、賃貸マンションやアパート経営を始めた。和泉台ハイツはその第1号で築30年。久子さんのこだわりで、和室を設け、バス・トイレを別にすると、だんだん若い人の問い合わせが減り、一人暮らしの老人を仲介されることが増えた。今では半分以上が還暦を過ぎた老人だ。【羊のひとこと】どうせなら、久子さ...

  16. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 92 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 92

    92話作重松清画川上和生【羊の要約】バスの中で、川端さんは平日の昼間にバスに乗ってみるといい、乗客は高齢者で、東京都のシルバーパスを利用している、と話しかけてきた。私は仕事上、その制度は詳しく知っていたので、応じて数字までスラスラ答えると、川端さんが目を丸くした。そこで私の自己紹介をする形になった。川端さんは、ハーヴェスト多摩のような施設にみんなが入れるといいのに、とポツリと言う。私は、父に...

  17. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 91 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 91

    91話作重松清画川上和生【羊の要約】バスに乗り込むと、川端さんは私に気を使って声をかけてきた。だが、彼女が、息子が実の父親の遺骨を引き取るのを当然だと思っているわけではないことはわかっていた。道明和尚によると、大家ができれば貸したくない一人暮らしの老人も、大らかに受け入れ、トラブルの数々にも誠実に対処しているという。川端さんの優しい笑顔を見ていると、父の最晩年がそれほど寂しくはなかったかもし...

  18. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 90話 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室...

    90話作重松清画川上和生【羊の要約】帰りのバスを待ちながら、川端さんから父がよく多摩川まで散歩していたと聞かされた。だがさっき、遺骨を手元に置くことを拒んだことへの気まずさで相槌も曖昧になる。二人はそれ以上何も言わなかった。川端さんによると、遺骨の引き取り手のなかった住人は父で五人目になるのだそうだ。過去四人の遺骨は、全て照雲寺に預かってもらって、一周忌に合祀されたのだという。【羊のひとこと...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 89 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 89

    89話作重松清画川上和生【羊の要約】納骨堂にある三十近くの骨壺は、一時預かりのようなものもあれば、引取りを待っているものもあるという。また、自治体と協力して孤独死の遺骨も供養しているのだそうだ。引取り手のいない遺骨も少なくない、というので、身内だって困るからそうだろう、と強く相槌を打った私の内心を見透かしたように道明が言う。「お父さまは幸せです。こうして息子さんに来てもらえたんだから」しかし...

  20. 新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 88 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第四章和泉台ハイツ205号室 88

    88話作重松清画川上和生【羊の要約】収骨の風習による違い(東日本では総収骨、西日本では部分収骨)で、骨壺のサイズが違うのだ、と和尚が説明する。もし、西日本にある故郷の墓に納骨する際、遺族が七寸壺に収骨してしまうと、墓に入らないケースもあり粉骨する場合もある、という。「お父さまのお骨を納める先は、もう決めていらっしゃるんですか?」と不意に訊かれた。私は言葉に詰まった。【羊のひとこと】挿絵を見て...

総件数:181 件

似ているタグ