感染症のタグまとめ

感染症」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには感染症に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「感染症」タグの記事(23)

  1. 感染症キャラクターえほん  10月4日発売 - カワダクニコblog

    感染症キャラクターえほん 10月4日発売

    絵を担当した本、10月4日に アタマジラミとO157の感染症キャラクターえほんが 2冊発売されます。感染症について楽しく学べるように もりもり描いたのでよろしくお願い申し上げます。アタマジラミのキャラクターはしらみん。O157のキャラクターはおーちゃんです。

  2. マダニと山ヒルに気をつけながら・・・ - 大屋地爵士のJAZZYな生活

    マダニと山ヒルに気をつけながら・・・

    ぐずついた日が続いているが、どうにかもった雨あがりの間に、今日も、「台場クヌギ」の再生林に植樹した「クヌギ苗」の手入れ。鹿の頭が届かないように、ツリー・シェルターを上方へずらす作業と、苗に巻き付いた蔓や下草の除去を行う。この作業も本日で終了。来週からは、我々森林ボランティアの本来的作業と言える、「ヒサカキ(非榊)」、「アラカシ(粗樫)」など常緑広葉樹の間伐作業にやっともどれる。思えば、去年は...

  3. 手足口病・・・辛すぎた。 - everyday happy*だいありぃ*

    手足口病・・・辛すぎた。

    少し前に家族全員で手足口病にかかりました・・・。今年は例年より大流行したみたいですね子供にブツブツができるのを見てるのも可哀相だけど大人がかかった時の重篤レベルは半端ないです旦那さんと同時に40度超えの発熱をし吐き気、全身の痛み、悪寒で余裕がなくなりちょっとしたことでお互いイライラしまくってましたようやくなんとかみんな元気になったけどトラウマになるほどしんどかったので引き続き徹底予防頑張りま...

  4. 第8回関西角膜セミナーその4 (1157) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第8回関西角膜セミナーその4 (1157)

    特別講演1,角膜感染症の研究最前線鈴木崇東邦大学医療センター大橋病院眼科臨床で生じた疑問を解決するための研究(昔から臨床家の研究ってそんなものじゃないかな) ① 角膜感染症における臨床所見の判断は、①辺縁がなめらか、②辺縁がキザギザ・・・を参考に抗菌薬のチョイスをしている。見た目は非常に重要で、丸い浸潤ならブドウ球菌、輪状膿瘍なら緑膿菌、強い炎症なら肺炎球菌・・・などと推測しているが、本当に...

  5. 「ブーツで水虫」そんなときの対策は? - Ekanpouyaku's Blog

    「ブーツで水虫」そんなときの対策は?

    5人に一人が水虫、10人に一人が爪水虫ブーツでオシャレが楽しい季節。だからこそ、知っておきたい足の水虫。どうやら最近、若い女性の足水虫が増えているみたいなんです。足水虫とは正式には「足白癬(はくせん)」といい、れっきとした皮膚の病気。白癬菌という真菌(カビ)によって起こる感染症のひとつです。ちなみに足の爪にできる水虫(爪水虫)は「爪白癬」と呼びます。白...

  6. 「口唇ヘルペス」を繰り返している人に知ってほしいこと - Ekanpouyaku's Blog

    「口唇ヘルペス」を繰り返している人に知ってほしいこと

    唇やその周囲に小さな水ぶくれができる病気、「口唇ヘルペス」をご存知ですか?一旦できてしまうと、治るまでに時間もかかり気分も憂鬱になってしまいます。さて、見た目にも気になる口唇ヘルペスですが、今回はどのようにして発症するのか、また対処法や予防法について、薬剤師である筆者が解説します。 日本人の7〜8割が口唇ヘルペス予備軍?口唇ヘルペスは、ウイルスの一種であ...

  7. じつは冬に多い食中毒、その原因と対策は? - 元気堂

    じつは冬に多い食中毒、その原因と対策は?

    冬といえば、風邪やインフルエンザが流行し、毎年不安になる季節です。じつは、それに加えて気をつけなければならないのが、「食中毒」。食べ物が腐りやすい梅雨の時期や、高温多湿の季節だけに気をつけていれば大丈夫と思いがちですが、低温や乾燥した場所で長く生きることができるウイルスは冬を好みます。今回は、薬剤師である筆者が、冬の食中毒の対策について解説します。 ウイ...

  8. Pembrolizumabによる進行性多巣性白質脳症(PML)治療の可能性 - 内科医のジレンマ

    Pembrolizumabによる進行性多巣性白質脳症(...

    先日Facebookページでも触れましたが、PD-1/PD-L1阻害薬が免疫を再活性化してある種の感染症の治療に役立てないかということは、私だけでなく多くの人が注目しているところです。進行性多巣性白質脳症(Progressive Multifocal Leukoencephalopathy,PML)は主にHIV/AIDSなどの重症免疫不全患者が発症する非常に予後不良の疾患です。ほんの数例出会...

  9. 感染性心内膜炎経口抗菌薬スイッチ - 内科医のジレンマ

    感染性心内膜炎経口抗菌薬スイッチ

    以前の記事で整形外科領域の抗菌薬経口治療について取り上げました。同じような流れで、長期の抗菌薬治療が必要な患者に対する経口薬へのスイッチの是非についての論文です。前回同様、どの内服抗菌薬が使えるのかというのが問題です。本論文で使用されているものは量も種類も本邦とは異なるものが含まれており、そのままこの結果をもって経口スイッチを良しとすることは困難です。前回と同じ結論になってしまいますが、どう...

  10. 整形外科領域(骨・関節)感染症に対する経口抗菌薬治療 - 内科医のジレンマ

    整形外科領域(骨・関節)感染症に対する経口抗菌薬治療

    非常に長期の治療を要する疾患であり、条件さえ整えば経口抗菌薬治療が可能であることを大規模臨床試験で示したのは非常に重要。OPAT(Outpatient Parenteral Antimicrobial Therapy)が十分に広まっていない本邦にとっても大事な結果です。ただ、どの抗菌薬を使用するかということはまた別の問題です。最も多いのがキノロン(+α)だったようですが、それが良いのか悪いの...

  11. 歩行訓練禁止令! - 自由空間の間取り

    歩行訓練禁止令!

    左足膝から指歳までの浮腫みが治らない・・・。あまりにも酷い状態なので、市民病院へ行って来た。糖尿病内科の主治医の先生に診てもらい、皮膚科へも受診しに・・。検査のに出すため、細胞を取られましたが、しばらく歩行訓練は駄目!と告げられてしまいました・・・。仕方がないです。この状態は酷いですから。(;´Д`A ```それでも痛みはないんですけれどね。原因は現在の所定かではありませんが、キチンと調べて...

  12. そうなのです5 - 明日は・・・・

    そうなのです5

    HIVも薬を飲んでいれば大丈夫と言われていますよね〜、副作用も少なくと言われてますが体調の変化はやはり有りますよ。薬を飲んでいても健康体には戻れないのですね。疲れやすくなった

  13. そうなのです4 - 明日は・・・・

    そうなのです4

    看護師に連れ戻され、医者から言われた「真っ黒です」との言葉が頭の中でエンドレス深夜にも関わらず帰宅させろ、帰宅させろと懇願して念書書かされてやっと退院です。その時も睡眠薬名等の影響も有りかなりハイテンション翌日にはHIV/エイズの拠点病院に受診に行きましたが、全然説明が違うのです「真っ黒と」説明をした先生はウイルス量もマックスでこのままだと余命1から2年とか言うしところがですよ、拠点病院の医...

  14. 全国手術の質改善プログラムデータベースにおける死亡と関連する合併症 - 麻酔科医の日々

    全国手術の質改善プログラムデータベースにおける死亡と関...

    ・術後死亡に寄与する原因を調べるのは困難である、というのも死は多数の影響をうけているからである。死亡する患者に発生する合併症をよりよく理解することは重要であり、最も影響をおよぼす合併症に医師が集中できるようになる。30日死亡と独立して最も強く関連する術後合併症を調べようとした。・データを得たのは、2012〜2013年の全国手術の質改善プログラムデータファイルからだった。全ての入院中と入院当日...

  15. 身の丈の『ペーパータオルの選び方』 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    身の丈の『ペーパータオルの選び方』

    インフルエンザB型で、お休みしていた末っ子。今日から、スッキリとした表情で登校しました。家庭内感染も今のところなし、安堵しています。さて、前回ご紹介した、我が家のペーパータオル事情。5人家族1ヶ月455円は、やはり贅沢でしょうか?(1パック91円を5パック使用)ペーパータオルを使い始めてから、家庭内感染がなくなったのは確かなので、家族を守るために、おススメなのですが・・・そこで、こんな家庭で...

  16. 1ヶ月455円のペーパータオルは贅沢?~家庭内感染をガード~ - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    1ヶ月455円のペーパータオルは贅沢?~家庭内感染をガード~

    末っ子がインフルエンザB型に感染しました。学校で流行っていると聞いていたので、少しは覚悟していましたが・・・でも‼ご安心ください。若いからか、お昼からステーキを食べ、とてもインフルエンザと思えない回復力の末っ子です。(笑)しかし、私が感染してしまったら?思い出すだけで、恐ろしい出来事でした。実は、今から10年程前、末っ子からインフルエンザに感染してしまったことがあります。それはそれは酷い症状...

  17. 体調不良とビンチョウマグロ - いぬ猫フェレット&人間

    体調不良とビンチョウマグロ

    ヤクルトの大人飲みで「なんとか乗り切った」と思っていた喉痛と咳だったけれど、昨日からぶり返し、今日はダウン中。昨日は「これは気持ちの問題だ」と思い、「なんて自分は気持ちの弱い人間なんだ。これじゃあダメだ。」と思ったのだけれど、娘まで全く同じ症状でダウンし、その娘も「これは気持ちの問題だ。病は気からだ。」と思って頑張っていたそうな。母娘、そういうとこがよく似ている。症状は、喉痛&たまに咳&胃の...

  18. 「 リウマチと歯周病 」 の関係。 - 38歳バツイチ女、リウマチに なっちゃいまして…。

    「 リウマチと歯周病 」 の関係。

    「 リウマチと歯周病 」 の関係性…先日、「NHK きょうの健康」で、リウマチ発症率が、歯周病のある方は、ない人と比べて 2.7倍高い。って、言っていた。リウマチの発症は、細菌が関わっている。って説は、もともとあるので…ね。でも、歯周病に関しては、30代以上の人の 約8割はかかってるっていうのが、世の常識。歯周病じゃない人の方が、少ないわけ。わたしも、約5年ぐらい前から、月一での定期クリーニ...

  19. 第15回 Symposiium of Ocular Surface and Infectionその4 (1015) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第15回 Symposiium of Ocular S...

    領域横断セッション『術後眼内炎ZERO』を目指したパーフェクトマネージメント日本大学中静裕之術後眼内炎は、白内障手術で0.052%。硝子体手術でもほぼ同様。濾過手術は、0.19%と一桁多い。ポピドンヨード洗眼後でも、結膜から細菌の検出率は10-13%、眼表面灌流液で5-7%、前房内でさえ5%ほど。術後眼内炎は、術中感染が多くて、病原菌は術野から持ち込まれる。蛍光ビーズを用いたコンタミネーショ...

  20. 第15回 Symposiium of Ocular Surface and Infectionその3 (1014) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第15回 Symposiium of Ocular S...

    エースは君だ!招待講演眼感染症における腸球菌の研究群馬大戸所大輔 ちょっと難しすぎて、理解できなかったのだが・・・まず、腸球菌は乳酸菌の仲間で、基本的には無害だが、日和見感染は成立する。ただ、表在感染は稀。以前は連鎖球菌に分類されていた。遺伝的特徴:高頻度接合伝達性プラスミドの存在。グラム陽性菌では腸球菌のみ?このプラスミドが、バンコマイシン耐性などの薬剤耐性遺伝子の拡散・伝播に関与している...

総件数:23 件

似ているタグ