慈悲のタグまとめ

慈悲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには慈悲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「慈悲」タグの記事(10)

  1. 「無限大の心と、超~明るい目」 - 「親鸞さんと生きる」

    「無限大の心と、超~明るい目」

    ■■■第1章「仏教ってどんな教え?」★1-3「無限大の心と、超~明るい目」■人間の心と、仏の心さて、仏とはどういうお方なのか、もう少し続けましょう。 ①人間の心私たち人間の心は、いつも自分の都合の良いことを考え、思い通りになることを求めています。つまり自分自身に執着する心であり、それはまた本能としての欲望でもありました。そういう人間の心は、おのずと自分中心になりますし、それは社会生活をするな...

  2. 智慧と慈悲で煩悩具足が至徳具足 - 仏教フリーク

    智慧と慈悲で煩悩具足が至徳具足

    阿弥陀仏の本願とはどういうお約束か。智慧と慈悲によってたてられたお約束です。光明、智慧の働きによって、全人類の機の真実が照らし出されます。それが逆謗の一機です。言葉を変えれば、煩悩具足の凡夫です。無量の光明に照破されて、なんとまあ馬鹿なやつだ、箸にも棒にもかからないやつだと、照らし出されて、懺悔となります。信心決定しても煩悩は変わらないから、随犯随懺です。そんなにもあさましい醜いやつが、そっ...

  3. 智慧と慈悲とに導かれ - 仏教フリーク

    智慧と慈悲とに導かれ

    本年も智慧と慈悲とに導かれ法灯かかげみてらん火をも昨年もそうですが、私たちは阿弥陀如来の智慧と慈悲に導かれて。その阿弥陀如来の御心を知らせていただきます。智恵と慈悲に導かれてです。智慧と慈悲が渾然一体となったのが南無阿弥陀仏です。それを私たちは体得させていただくのです。今年も厳しさと優しさ。厳しさだけではだめ。智慧の裏には慈悲がなければなりません。その智慧と慈悲に導かれて決勝点まで進ませてい...

  4. 宝くじ - 西蔵坊だより

    宝くじ

    流れてきたことば。なるほどとうなづきました。"1億円」の宝くじが当たったら、「何のためにオレは1億円持っているのか」じゃなくて「1億円をどう使うか」考える。"1億円の当たりくじは、1億円の使い方を指示したりしない。もう当たってしまった1億円の使い方を決めるのは私である。煩悩まみれの私が使うのである。こんな単純なハナシが通じない人がときどきいる・・・何を言っているかわからな...

  5. 11月13日  黄鐘会冬座のご案内  ご講師 宮崎幸枝師 - 西蔵坊だより

    11月13日 黄鐘会冬座のご案内 ご講師 宮崎幸枝師

    宮崎幸枝先生をお迎えします。境内は銀杏の黄色い葉っぱで敷きつめられています。ほとけさまのお慈悲のお話しです。お楽しみのお聴聞、お誘い合わせておまいりください。美濃四十八座正蓮寺真宗講座『黄鐘会 冬座』11月13日・月昼座 14:00〜夜座19:30〜ご講師 宮崎幸枝師お待ちしております。,

  6. 引きん(いんきん)  -お墓にて- - 西蔵坊だより

    引きん(いんきん) -お墓にて-

    終日雨。終日おまいり。膝が少し痛みます。朝、台風22号の風雨が強まる前に、N村の山の墓地でS家納骨法要。小雨。Sさんが傘をかざしてくださるなか、納骨のおつとめ。読経中、頭のすぐ後ろで、パタパタと煽る音とともに耳元にスーッと風。気になります。しばらくすると、こんどは、耳をはたかれました。何か、虫でもいるのかなあ、と思いながら読経。読経を続けていると、引きんを持った左手の親指に蚊がとまりました。...

  7. 来年のご法事 - 西蔵坊だより

    来年のご法事

    T家のご法事。ほんとうは来年の10月なのですが、90を超えられたおばあちゃんの「元気なうちに」という願いから、今日、おつとめになられました。お伺いすると、おばあちゃんの顔にひどいアザ。わけをお尋ねすると、数日前、おみがきをして、お飾りをして、やれやれと思ってお仏間を離れるときに転んで、顔と足の怪我をされたのだそうです。出血がひどく、勤め先の家人に帰ってきてもらって対処してもらうほど、だったと...

  8. 「智慧」に裏付けられつつも、「慈悲」に満ち満ちている。 - こんにちは、幸福の科学です♪

    「智慧」に裏付けられつつも、「慈悲」に満ち満ちている。

    心の時代を生き抜くための「奇跡の法」、それが『伝道の法』である。この法は「智慧」に裏付けられつつも、「慈悲」に満ち満ちている。目の見えている人たちに向かって、「あなたがたには真実の世界が見えていない。」ということの難しさよ。疑い続けることで、真実にたどりつけると考えている人たちに、「飛び越えよ。」と一言いうことの難しさよ。科学的に証明できることのみが、学問的に正統だと考える人たちに、「イデア...

  9. 加藤清正の慈悲 - 仏教フリーク

    加藤清正の慈悲

    加藤清正は非常に力も強かった、威風堂々たる姿であったが、人を誉めて褒美をとらせると言う点が非常に優れている。でき助が取り立てられたのはそれから三日後である。有難さ骨髄に徹した彼は、ますます奨励したのは言うまでもない。「その慈悲仏の如し日本中の好人なり」このように朝鮮の王からしたわれた。かくいう加藤清正は普通だったらそこまで家来を誉めて元気づける、勇気付けるということはない。その慈悲は仏の如し...

  10. 美濃四十八座正尊寺真宗講座桑羽隆慈師 - 西蔵坊だより

    美濃四十八座正尊寺真宗講座桑羽隆慈師

    本年度最初の美濃四十八座。正尊寺真宗講座昼座1席目と夜座2席目をお聴聞。山口の桑羽隆慈先生のお話でした。楽しいお話を聞くうちに、気がつけば、しみじみ他力のお慈悲のなか。今年も、美濃四十八座がはじまりました。昨年の11月からおよそ5ヶ月ぶりに会う他寺の方々と「お久しぶり、今年も始まりましたね。」とごあいさつ。多くは、お顔はよく存じ上げていても、失礼ながらお名前を知らない方々。たぶん、はじめてお...

総件数:10 件

似ているタグ