慢性疼痛のタグまとめ

慢性疼痛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには慢性疼痛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「慢性疼痛」タグの記事(17)

  1. オキシトシン:出生時とそれを超えて−産褥期オキシトシンの長期的影響の系統的レビュー - 麻酔科医の日々

    オキシトシン:出生時とそれを超えて−産褥期オキシトシン...

    ・オキシトシンは陣痛分娩中に最もよく使用される薬剤のひとつである。基礎神経科学研究の最近の知見によれば、オキシトシンの子宮収縮効果は、より高度な人間行動におよぼす深遠な影響にくらべれば、おそらく取るに足らないものである、ということである。このレビューの目的として、産褥期でのオキシトシン作動性シグナルを操作することによる影響と母体新生児関係におよぼす長期的な影響に焦点をあてようとした。我々はオ...

  2. 慢性疼痛でオピオイド処方される患者の睡眠時無呼吸リスクを同定するための簡易スクリーニングモデル - 麻酔科医の日々

    慢性疼痛でオピオイド処方される患者の睡眠時無呼吸リスク...

    ・慢性疼痛でオピオイドを利用する患者での睡眠時無呼吸リスクが高まっている。我々の仮説として、(1)STOP-Bang質問票と安静時日中酸化ヘモグロビン飽和度(SpO₂);と(2)夜間オキシメトリ、からなる簡易モデルによって、慢性疼痛患者での中等度から高度の睡眠時無呼吸リスクを同定できる、とした。・慢性疼痛でオピオイド処方されている成人をペインクリニックから募集した。参加者は、STOP-Ban...

  3. 手術前の経皮的経穴電気刺激は乳房切除術後の慢性疼痛を減少させる:無作為化臨床試験 - 麻酔科医の日々

    手術前の経皮的経穴電気刺激は乳房切除術後の慢性疼痛を減...

    ・さまざまな介入にもかかわらず、乳房切除術後における慢性疼痛の頻度は手術後には50%ほどと高い。この研究の目的として、慢性疼痛を減少させるために麻酔導入前の経皮的経穴電気刺激(TEAS)の有効性を検証し、複数の経穴によるTEASと単一の経穴によるTEASの効果を比較しようとした。・研究デザインは、多施設無作為化臨床試験であった。・研究がおこなわれたのは、中国での6つの医療センターで、2016...

  4. 乳癌手術後の慢性術後疼痛予防に対する傍脊椎ブロック - 麻酔科医の日々

    乳癌手術後の慢性術後疼痛予防に対する傍脊椎ブロック

    ・乳癌手術(BCS)後の慢性術後疼痛(CPSP)を訴える患者は多い。傍脊椎ブロック(PVB)はBCS後の急性術後疼痛を減少させる方法として有効だが、CPSPを予防する有効性は不明である。このメタ分析ではBCS後のCPSPを予防するにあたりPVBの有効性を評価した。我々はMedline・Embase・CENTRAL・Database of Abstracts of Reviews of Eff...

  5. 不安を消すために - 黒い森の白いくまさん

    不安を消すために

    現在、うちの新規患者さんの大半は口(クチ)コミによるもので、口コミというのは患者さん達の満足度に依るものなので、それが一番嬉しい。うちのアシスタントは心優しくて、電話口で泣きつかれると何でも信じて詰め込み、隙間がない時にはダブルブッキングを起こしたりする位。実は毎回毎回そうやって潜り込む常習犯もいて、ちょっとは考えて篩にかけようよ・・・とちらりと思ったりもするのだけれど、それでも私には、そち...

  6. 乳癌手術後の慢性疼痛頻度に影響をおよぼす因子:術前既往歴・麻酔法・術式 - 麻酔科医の日々

    乳癌手術後の慢性疼痛頻度に影響をおよぼす因子:術前既往...

    ・乳癌は女性で最もよくみられる悪性腫瘍である。乳房切除術後の慢性疼痛は重大な問題のままである。この研究の目的として、術後慢性疼痛と関連したリスクファクターを評価しようとした。・診療録を後向きに解析したのは、147人の連続した乳癌患者で、2016年7月から2018年2月に乳房切除術をうけて1年のフォローアップをおこなった。患者全員が術前に傍脊椎ブロックをうけてから手術のために全身麻酔をうけた。...

  7. 痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミン:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミン:系統的レ...

    ・ケタミンは静注のフェンサイクリジン麻酔薬で、CNSにおいてN-メチル-d-アスパラギン酸受容体とHCNチャンネルをブロックする。最近、ケタミンを低用量で使用するようになり、いくつかの研究により整形外科手術において鎮痛効果が示された。我々の目的として、大きな痛みの強い整形外科手術における低用量ケタミンの使用に関する現在のエビデンスを注意深く評価して統合した。・検索として無作為化比較試験(RC...

  8. 持続的リアルタイム圧感知技術を用いた客観的硬膜外腔同定:X線透視法や従来型抵抗消失法との無作為化比較 - 麻酔科医の日々

    持続的リアルタイム圧感知技術を用いた客観的硬膜外腔同定...

    ・硬膜外麻酔や鎮痛の効果は硬膜外腔(ES)のうまく同定することに左右される。これまで多数の研究によりESを同定する客観的で代替される方法が調べられてきたが、従来型抵抗消失法(LOR)やX線透視法(FC)がそれぞれ、分娩(LD)や慢性痛(CP)の管理における現在の標準的ケアである。FCが高い成功率と関連する一方で、患者への放射線暴露があるため適切な放射線機器が必要となる。LORは簡易的だが主観...

  9. 枝豆の季節6/22 - つくしんぼ日記 ~徒然編~

    枝豆の季節6/22

    地元農家さんの朝採り枝豆この季節になりました、ヤッホー!美味しいんです、これ今日頂いたのは、”湯上り娘”と言う品種。今年も枝豆、たくさん食べるぞさて、今日は夏至、そういえば、日が長くなりましたものね。でも、今日も寒気が居座り不安定なお天気、お体ご自愛ください担当:n*つくしんぼ鍼灸養生院のHPは、ここをクリック!

  10. ただいま! - 黒い森の白いくまさん

    ただいま!

    兄こぐまがペンテコステ休暇で2週間休みだったので、私もちょっと休みを取って、3泊4日でチロルに遊びに行っていました。短い滞在なので、頑張って早朝に家を出て、午前中に到着。帰りも夕方まで遊んでから、帰路についた。兄こぐまが学校で色々大変なので、日常から連れ出したくて、決めました。私の仕事、夫の病気、開業準備や家の工事などで、最近子ども達には、随分淋しい思いをさせたり我慢させたりしているし。私自...

  11. ガンバレ、私 - 黒い森の白いくまさん

    ガンバレ、私

    ハードな1週間がまた無事に終わって、ほっ。帰宅して口もきけない、夜コンピューターに向かって思考停止してしまう位疲れた。やっぱりフルタイム勤務しながらの開業準備は大変だー。でも、物入りの今、月々お金が入ってくるのは本当に有難いし、超音波検査も医長直々の指導のもと毎日やらせて貰って、学びの毎日だし。夫の状態は、一進したと思って喜んでいたら、また一退。もう大概の事は信じない事にしていたのに、今回は...

  12. 超音波ガイド下上殿皮神経ブロックの無作為化試験 - 麻酔科医の日々

    超音波ガイド下上殿皮神経ブロックの無作為化試験

    ・上殿皮神経は、主に上位腰椎脊髄神経の後枝から始まる。この神経は腸骨棘を横断して、臀部の皮膚や皮下組織を神経支配する。上殿皮神経は大転子までおよび、神経支配の範囲は腸骨下腹神経や外側大腿皮(LFC)神経と前外側面で重なり合うこともある。上殿皮神経を選択的に超音波ガイド下神経ブロックする方法はない。信頼できる神経ブロック法を使うことで、慢性腰痛といった他の臨床症状だけでなく、股関節手術後疼痛を...

  13. 慢性疼痛について - 弘明寺「原整形外科医院」のブログ

    慢性疼痛について

    慢性痛の国内の有病率は成人人口の20%を超えると推定され,大きな問題となっております。しかし慢性痛は,急性痛のようにはっきりした痛みの源が見つからないことがあり,治療は一筋縄ではいがないこともあります。当院では、問診、レントゲン、超音波、他医療機関と提携しながらMRI・CT薬物療法、そして注射・ブロック、生活指導、物理療法、リハビリテーションなど様々なアプローチでサポートして参ります。

  14. 金曜の晩御飯 - 黒い森の白いくまさん

    金曜の晩御飯

    今週は何だかとても疲れたのだけれど、金曜日は仕事が早く済んで、初めてお昼過ぎに帰れた!嬉しー♪お昼寝して、皆で買い物に行って、子ども達がお風呂に入っている間に、ちゃちゃっと料理。兄こぐまのリクエストは、シュペッツレ。夫が大好きな、でも高いから滅多に買わないラム肉に、赤札が付いていた。(これ一切れ100円位かな。ふふ。)ラム肉なんて料理した事ないので、何のハーブを使えばいいのか判らなくて、初め...

  15. 急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼痛の独立した予測因子である:前向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    急性術後疼痛は膝関節全置換術後6ヶ月における慢性術後疼...

    ・おおよそ15%の患者が、膝関節全置換術(TKA)後に手術的にはうまくいっているものの、持続する膝の疼痛を訴える。この研究の目的として、患者・手術・心理学的な交絡因子を制御したうえで、急性術後疼痛(APSP)とTKA後6ヶ月の慢性術後疼痛(CPSP)の関連性を検証しようとした。・変形性関節症の成人で待機的に初回トリコンパートメントTKAをうけて、手術側の膝関節に術前から疼痛のある患者が、20...

  16. 涙も汗も、同じ水 - 黒い森の白いくまさん

    涙も汗も、同じ水

    ちょっとしんどくて、涙がこぼれた日。妹こぐまが私を発見して、「ママ!水が垂れてる!」「ママ!汗かいてる!」・・・惜しいな。自分はしょっちゅうわんわん泣くくせに、涙も知らんのかね。ぷぷ。夫が病気なのは、わかっている。私が働くしかないのも、それは夫の本意ではない事も、夫はこれでも精一杯なのも、何もかも、わかっている。でも、頭で理解するのとは別の苛立ちが、時々出てきてしまう。その苛立ちをぶつけたら...

  17. 慢性疼痛に対して静注ケタミン投与使用に関する米国区域麻酔疼痛学会・米国疼痛医学会・米国麻酔科学会からの診療ガイドライン - 麻酔科医の日々

    慢性疼痛に対して静注ケタミン投与使用に関する米国区域麻...

    ・これまでの20年にわたり、静注ケタミン投与を慢性疼痛の治療として使用することが劇的に増加しており、対象患者・投与量・モニタリングに関してはさまざまな意見がある。このために、診療ガイドラインの作成に対して、いくつもの機関から一斉に呼びかけることになった。・2016年11月に、診療ガイドライン作成の勧告が米国区域麻酔疼痛学会の理事会に承認され、ほどなく、米国疼痛医学会でもそうなった。2017年...

総件数:17 件

似ているタグ