成虫のタグまとめ

成虫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには成虫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「成虫」タグの記事(56)

  1. ジャノメチョウとキタキチョウが彼岸花で吸蜜 - 秩父の蝶

    ジャノメチョウとキタキチョウが彼岸花で吸蜜

    いつもの散歩道近くで、彼岸花で吸蜜しているジャノメチョウ(Minois dryas)とキタキチョウ(Eurema mandarina)を観察しました。アゲハ類以外が彼岸花で吸蜜するとは驚きでした。

  2. 埼玉のスジボソヤマキチョウ - 秩父の蝶

    埼玉のスジボソヤマキチョウ

    少なくなった埼玉のスジボソヤマキチョウ(Gonepteryx aspasia)を探しに奥秩父へ行ってきました。何と3頭もの本種がアザミに来ているのを観察することができました。過去、埼玉で同時に複数等、観察したのは15年以上前のことと思います。本当に少なくなりました。

  3. クロコノマチョウ - 秩父の蝶

    クロコノマチョウ

    いつもの散歩道で、昨年に続きクロコノマチョウ(Melanitis phedima)が見られました。越冬は出来ないと思いますので、何処からか峠を超えて秩父盆地に来るんでしょうね。

  4. ジャノメチョウ終見間近 - 秩父の蝶

    ジャノメチョウ終見間近

    いつもの散歩道近くを歩いているとジャノメチョウ(Minois dryas)が飛び出し、コナラの木に留まった。ここでは9/20頃が終見なので、そろそろ終わりの時期である。

  5. ウラギンヒョウモン覚醒 - 秩父の蝶

    ウラギンヒョウモン覚醒

    いつもの散歩道で、夏眠明けのウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)が見られました。昨年の夏眠明け初見は9/18でしたので、今年はちょっと早いですね。

  6. 山では、既にウラギンヒョウモン覚醒 - 秩父の蝶

    山では、既にウラギンヒョウモン覚醒

    近くの山へ、大型ヒョウモンの覚醒状況を見に行ってきました。標高が高いためか、既にウラギンヒョウモン(Fabriciana adippe)が覚醒していました。平地より、およそ10日ほど早い覚醒です。

  7. ミドリヒョウモン - 秩父の蝶

    ミドリヒョウモン

    今日は、曇り空でしたが、いつもの散歩道で、オトコエシで吸蜜するミドリヒョウモン (Argynnis paphia )が見られました。実は、このオトコエシ、ここで咲いているのを見たのは初めてなんです。不思議ですね。突然咲くのですね。今回も夏眠の証、鱗粉剥がれが見られた個体でした。

  8. 茎を齧るジャコウアゲハ幼虫 - 秩父の蝶

    茎を齧るジャコウアゲハ幼虫

    いつもの散歩道近くで、ジャコウアゲハ(Atrophaneura alcinous)の幼虫を見つけた。この幼虫、茎を齧るため食草が枯れ、エサ不足になってしまう。それなのになぜ茎を齧るのでしょうか?以前、高校生が茎だけ、葉だけ、葉茎両方で飼育実験したところ全て正常に羽化したが、茎だけで飼育した個体は少し小さかったという。

  9. 夏眠中のヒオドシチョウ - 秩父の蝶

    夏眠中のヒオドシチョウ

    夏眠実験中のヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)ですが、今夏の暑さで、殆どの個体が死んでしまいました。それでも、何とか休眠室に入った1頭だけが残っています。上手く来春まで、このまま寝ることが出来るでしょうか?まだまだ先は長いです。

  10. 鱗粉剥がれは夏眠の証し? - 秩父の蝶

    鱗粉剥がれは夏眠の証し?

    いつもの散歩道で、8/30に、覚醒を確認したミドリヒョウモン (Argynnis paphia )ですが、後日写真をよく見ると前翅表面の中室付近に左右対称で鱗粉剥がれが見つかりました。昨年もクモガタヒョウモンで、この鱗粉剥がれが見られましたが、これは長時間同一姿勢(夏休眠)していた証しでしょう?

  11. ミドリヒョウモン覚醒 - 秩父の蝶

    ミドリヒョウモン覚醒

    いつもの散歩道で、夏眠から目覚めたミドリヒョウモン (Argynnis paphia )が見られました。今日も35℃に近い予想気温でしたので覚醒は難しいかと思っていましたが、産卵が確認できました。昨年の覚醒日が8/29でしたので、例年通りということで、今夏の高温は覚醒に影響しなかったようです。

  12. 平地でもクモガタヒョウモン覚醒? - 秩父の蝶

    平地でもクモガタヒョウモン覚醒?

    いつもの散歩道で、何とクモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)のメスが見られました。例年であれば、メスは9月下旬の覚醒なので、異常です。恐らく、台風の影響による強風で、叩き起こされたのではないかと推測しています。飛び方も、弱々しく、おぼつかない感じでした。

  13. オオムラサキ - 秩父の蝶

    オオムラサキ

    いつもの散歩道で、オオムラサキ(Sasakia charonda)が3頭見られました。例年、お盆を過ぎると急激に個体数を減らします

  14. 山ではクモガタヒョウモン覚醒 - 秩父の蝶

    山ではクモガタヒョウモン覚醒

    奥秩父の標高1000m付近では、もう、クモガタヒョウモン(Nephargynnis anadyomene)が飛んでいました。平地より1ヶ月近く早い覚醒です

  15. 早くもアサギマダラ飛来 - 秩父の蝶

    早くもアサギマダラ飛来

    いつもの散歩道で、アサギマダラ(Parantica sita)が見られました。例年なら9月中旬以降なのですが、ここ数日の涼しさで、平地にも降りてこられたのでしょうか?早速マーキングし放しました。(写真は死んだふり)

  16. メスグロヒョウモン覚醒? - 秩父の蝶

    メスグロヒョウモン覚醒?

    いつもの散歩道で、メスグロヒョウモン(Damora sagana)が見られました。夏眠からの覚醒でしょうか?ちょっと早いような気もするのですが・・・・。

  17. サトキマダラヒカゲの2化 - 秩父の蝶

    サトキマダラヒカゲの2化

    いつもの散歩道で、サトキマダラヒカゲ(Neope goschkevitschii)の2化が見られました。昨年は8/13だったので、やはり、今年は、早いですね。

  18. 集団のオオムラサキ - 秩父の蝶

    集団のオオムラサキ

    いつもの散歩道で、沢山のオオムラサキ(Sasakia charonda)が樹液に集まっていました。これほどの集団を見たのは、最近、記憶にありません。今年は多いです。

  19. ジャノメチョウの避暑 - 秩父の蝶

    ジャノメチョウの避暑

    いつもの散歩道で、ジャノメチョウ(Minois dryas)が見られました。夏の暑い時期はオープンランドから林内へ移動し避暑しているようです。

  20. ゴマダラチョウの2化 - 秩父の蝶

    ゴマダラチョウの2化

    いつもの散歩道で、ゴマダラチョウ(Hestina persimilis)の2化が見られました。ここでは個体数が少ないので珍品の部類です。

1 - 20 / 総件数:56 件

似ているタグ