戦国時代のタグまとめ

戦国時代」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには戦国時代に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「戦国時代」タグの記事(7)

  1. かっこいい人:鳥居強右衛門とアルマゲドンの主人公 - 佐藤勇太のブログ

    かっこいい人:鳥居強右衛門とアルマゲドンの主人公

    「この人はかっこいいなあ」と思える人ってそうはいない。子供の時であれば、表面的なかっこよさがかっこよさだと思っていたから、人気者のアイドル歌手や、野球選手をみて、「かっこいい」と思ったものであるが、ある程度の年齢になってくると、「かっこいいな」と思える人も極端に少なくなるものである。歴史上の人物で、「かっこいい」と思えるのは鳥居強右衛門である。戦国時代の武士で、徳川家康の家来である奥平信昌の...

  2. 戦国時代(大航海時代)の音楽 - コントラバス弾きの日常

    戦国時代(大航海時代)の音楽

    バロックハープを検索していると……な、なんと大航海時代の音楽とな!バッハより前の時代の音楽ってなんぞや。越天楽かいな⁉️というくらい、ヴィオラ・ダ・ガンバが笙みたい。気になった方は、聴いてみて❗

  3. 【史跡】石垣山(神奈川県 小田原市) - 近代文化遺産見学案内所

    【史跡】石垣山(神奈川県 小田原市)

    to page lastサイトマップ>神奈川県 江戸時代以前の文化財>石垣山石垣山 井戸曲輪石垣山(いしがきやま)は小田原城の南西2.8kmに位置し、駿河湾と小田原の街を見下ろせる標高240m余りの高台です。元々は笠懸山(かさがけやま)、あるいは松山と呼ばれていましたが、1590年、豊臣秀吉が北条氏の本拠地である小田原城を総勢22万の軍勢で包囲した小田原合戦の際、その本陣として総石垣の城を...

  4. 安部龍太郎著「おんなの城」を読み終える - 折々の記

    安部龍太郎著「おんなの城」を読み終える

    安部龍太郎さんの著書「おんなの城」を読み終える。最近、文春文庫で出たばかり、700円+税。 信長を始め、戦国時代の武将をテーマに数多くの小説を書かれ、現在はライフワークの家康に取り組んでおられる安部さんが、戦国時代に生き抜いた4人の女性をテーマに書かれた短編小説。 「霧の城」とは、奥美濃の山に囲まれた盆地にある岩村城。朝夕霧に覆われることが多く、別名霧ヶ城と呼ばれる。武田軍勢の攻撃が目前に迫...

  5. 徳川家康だけではない"マイナー武将"への愛着がわいた - 政伸のネタ

    徳川家康だけではない"マイナー武将&quot...

    織田信長に仕えた滝川一益の半生を描いた佐々木功のデビュー作。一益を主人公に置くアイデアは、ありそうでなかった。そこに忍者説を取り入れながら、歴史小説として見事に着地させていると細谷は評価する。佐 々木は40代の会社員。10年ほど前、歴史ブームが再燃したころに小説執筆を志した。当初は信長を書きたかったが、既に多くの小説があるためその重臣で、謎の多い一益をクローズアップしたと話す。すると忍者かも...

  6. 堺屋太一著「三人の二代目(上・下)」を読み終える - 折々の記

    堺屋太一著「三人の二代目(上・下)」を読み終える

    堺屋太一さんの作品「三人の二代目」を読み終える。2011年5月に単行本として講談社から刊行されているが、最近、文庫本(上下2冊)として出版された。講談社α文庫(上下各900円+税)。 三人の二代目とは、織田信長から豊臣秀吉へと移り変わる激動の戦国時代、二代目として登場した三人の武将。1人は、上杉謙信を継いだ上杉景勝、2人目は、毛利元就を継いだ毛利輝元、そして3人目は宇喜多直家を継いだ宇喜多秀...

  7. 『戦国自衛隊1549』 - あるiBook G4ユーザによるブログ

    『戦国自衛隊1549』

    戦国自衛隊1549 通常版 [DVD]角川映画ストーリー良いが、そのスケール感もっと活かせたら?!と思えなくもなかった。主演(?)の江口洋介、割りとよかった。1549年「映画・ドラマ」へTB.

総件数:7 件

似ているタグ