房総風土記の丘のタグまとめ

房総風土記の丘」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには房総風土記の丘に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「房総風土記の丘」タグの記事(12)

  1. 杜鵑草と霜柱 - 里山の四季

    杜鵑草と霜柱

    房総風土記の丘でホトトギスとシモバシラの花が見頃となりました。ホトトギス杜鵑草シモバシラ霜柱花冠は落ち、ガクが紅葉し始めました。

  2. 下り電車に乗って・4 / 房総風土記の丘・龍角寺古墳群 - そらいろのパレット

    下り電車に乗って・4 / 房総風土記の丘・龍角寺古墳群

    下り電車に乗って・3★の続きです。坂田ヶ池を浮橋でショートカットしてそのまま目の前の木段を上がるとそこはこの日の目的地『房総風土記の丘』の端っこなのでした。思いがけず近道をして、復元された龍角寺古墳群第101号墳のちょうど裏手に出たようです。<龍角寺古墳群第101墳>この復元古墳の副葬品の埴輪ひとつひとつがとてもかわいらしかったので、私は解説板と照らし合わせながらあちこちからしっかり見てしま...

  3. 下り電車に乗って・2 / 坂田ヶ池のマガモたち - そらいろのパレット

    下り電車に乗って・2 / 坂田ヶ池のマガモたち

    下り電車に乗って 1★の続きです。きょうはガイドブックで見つけた「房総のむら」歴史散歩にやって来たのですが、その前に隣接の坂田ヶ池公園へ寄り道しようと思います。「房総のむら」へは安食駅の方がバス便もあって便利なのに下総松崎駅で下車したのはそんな訳もあったからなのでした。下総松崎駅から歩いて20分、バードウォッチングができそうな気がする坂田ヶ池は5haもの広さがあるんだそうです。日蔭になってし...

  4. 房総風土記の丘を歩く~戦車壕~ - 里山の四季

    房総風土記の丘を歩く~戦車壕~

    太平洋戦争末期、敗戦色濃厚な日本。千葉九十九里海岸からの米軍の本土上陸に備えて、ここ下総の地で戦車壕がいくつも掘られました。70余年経た今に、その跡が房総風土記の丘に残っています。その史実を知らなければきっと里山の窪地?としか思えません。2021.2.5戦車壕跡こちらは、ふつうの雑木林褐色の葉が残っているのはヤマコウバシ(落ちない葉)古墳に実生のクヌギが根を張ってこんなに大きくなりました。4...

  5. 小さな紅葉 - 里山の四季

    小さな紅葉

    千葉県、平地の紅葉です。房総風土記の丘トウカエデとイチョウ坂田ケ池ケヤキの幼木4人姉妹です。山桜の古木に種が落ちてしまいました。夕日に輝いて近くの谷津ハゼノキとヤマノイモ

  6. リンドウとセンブリ - 里山の四季

    リンドウとセンブリ

    房総風土記の丘の草原にリンドウとセンブリの花が咲き始めました。どちらもリンドウ科の仲間で漢方の薬草としてつとに有名です。日に当たると花冠が開きます。リンドウ竜胆リンドウ科リンドウ属センブリ千振リンドウ科センブリ属これは隣町の道路脇の斜面に咲いた別の株です。花冠が赤みがかっています。

  7. 房総風土記の丘で - 里山の四季

    房総風土記の丘で

    サルスベリ百日紅秋の空?アキノノゲシ秋の野罌粟キク科アキノノゲシ属ヤハズソウ矢筈草マメ科ヤハズソウ属マメ科の蝶形花が好きでついついブログにアップしてしまいます。そのなかでもヤハズソウの葉の切れ具合がおもしろくて、ほっておけません。葉は3小葉で葉脈がくっきり目立ちます.葉をちぎると葉脈に沿って切れます。これが矢筈に似ているので矢筈草。チヂミザサ縮み笹イネ科チヂミザサ属足下をおおいつくほどに群生...

  8. 白鳳道~龍角寺から房総風土記の丘へ~ - 里山の四季

    白鳳道~龍角寺から房総風土記の丘へ~

    千葉県印旛郡栄町にある龍角寺は、白鳳期の仏頭が現存する古いお寺です。房総風土記の丘から龍角寺に続く小径を”白鳳道”と呼んでいます。今では人があまり通わない暗い林の中のフットパスです。キツネノカミソリ狐の剃刀今年はじめての開花確認です。(2020.7.28)前方後円墳の入り口付近です。これは、正真正銘のクサギ臭木開花までもうすこし。一輪咲いていました。なが~い雄しべと雌しべがおしゃれです。アキ...

  9. キバナアキギリ黄花秋桐 - 里山の四季

    キバナアキギリ黄花秋桐

    秋の名残でしょうか。キバナアキギリがこんなにもみずみずしい花を咲かせていました。2019.11.19シソ科アキギリ属学名 Salvia nipponica (サルビア日本の)の意味日本のサルビア雌しべの花柱が飛び出して見えます。花冠のなかの紫色のシベは退化した雄しべ(仮雄しべ)本当の雄しべは上唇の中にかくれています。昆虫が紫色の仮雄しべにとまるとシーソーみたいに下がってきて花粉がつきます。今...

  10. サルトリイバラ猿捕茨 - 里山の四季

    サルトリイバラ猿捕茨

    実りの秋サルトリイバラの実が赤く色づきました。2109.11.19バラ科シオデ属房総風土記の丘葉は落葉します。この大きな葉は千葉の郷土料理「ばらっぱまんじゅう」に使われます。あん入りのおまんじゅうをこの葉で包んで蒸し上げます。地元のおばあさんが祭りの時にみんなに振る舞ってくれました。埼玉県飯能市に住む友人から同じような饅頭をご馳走されました。どの地でも親しまれ重宝に利用されているのですね。

  11. キッコウハグマ亀甲白熊 - 里山の四季

    キッコウハグマ亀甲白熊

    野の花たちがそろそろ終わりかける11月私の楽しみはキッコウハグマの花探しです。日陰の斜面の下の方・・・亀の甲羅のような五角形の葉のロゼット秋に花茎を伸ばしてつぼみをつけます。でも大部分のつぼみは閉じたまま(閉鎖花) つぼみの内で自家受粉して果実になってしまいます。11月11日、やっと見つけました。1㎝ほどの白い開放花!2019.11.11キク科モミジハグマ属房総風土記の丘ピンク色のシベは初め...

  12. 雪景色 - 里山の四季

    雪景色

    うっすら雪化粧昨夜、千葉県北総地域のほんの一部に雪が降りました。朝、庭の芝生の上にすこし雪が残っていました。さっそく近くの房総風土記の丘へ行ってみました。岩屋古墳2019.1.27 am7:01旧学習院講堂101号古墳コナラ、クヌギ、ヤマザクラの小径am7:09撮影が終わる頃には、朝日がどんどん射してきます。かすかな雪は、幻のように消えていくではありませんか。たった8分間の至福のひとときでした。

総件数:12 件

似ているタグ