手術のタグまとめ

手術」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには手術に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「手術」タグの記事(115)

  1. 眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと - 河野眼科Q&Aブログ

    眼球打撲、外傷性白内障の術後のこと

    Q 眼球打撲し、角膜裂傷、外傷性白内障で、緊急オペとなり、虹彩、水晶体を取り除きました。主治医からは、網膜まではいってなかったと言われました。今は、傷の治りが良好なので退院間近なんですが、中の状態を確認するにはまだ充血があったりで数週間先になるだろうとのこと。本人は今のところ光や少しの動きしか分かりません。 だいたいの目安として、人工のレンズを入れられる時期や、今後失明の可能性があるのか?レ...

  2. 首のシワ物語 - ナメナメなめ茸のぬめり

    首のシワ物語

    お久しぶりです。なめ茸です(●´ω`●)ノ首と手を見れば年齢がわかる!って言われていますよね。確かに、私は若くないです。高校生17歳の時に、甲状腺に腫瘍ができてしまい、摘出手術をしたんですよ。💛型の片方がありません。もちろん首を切って縫い合わせたわけですが、手術後しばらくは傷口が突っ張る感じで、首を上げられず少しうつむき状態でした。うつむきが長かったせい・・・だと思い...

  3. 野良猫ねねちゃん - 青梅ニャンだふる☆Life

    野良猫ねねちゃん

    ウチの母親が、知り合いから「猫が子供を産んでしまい困っている」と相談を受けました。それを聞き、てっきり飼い猫が産んだのかと思いきや、野良ちゃんをお家に入れてあげているとのこと。寝床だけを提供してあげていて、ご飯は他のお宅でもらっているようだからその方はあげていないと。・・・なんじゃそりゃ?!と思いました。その方は高齢のお婆ちゃんなので、とにかく子猫だけでも保護して里親を見つけてやりたいと思い...

  4. 病棟見聞録其の四 - 難病日記

    病棟見聞録其の四

    目が覚めたら、集中治療室。点滴、尿管、ドレン、指には心拍計のクリップ。お腹は痛み止めが効いてるから、さほど痛くないが胃の不快感が・・・吐いた・一晩したら、ベッドごと四階の大部屋に。ナースセンターのすぐ前。前回の7階とは随分雰囲気が違っていた。話し声とかうるさい!あなたなんでこの仕事を選んだの?というナースも居た。同室に80代の上品なご夫婦。痴呆で声が出ない妻を毎日バスで会いに来る御爺さん。あ...

  5. 堪能摘出 - 難病日記

    堪能摘出

    手術前、オリオリも済んでいよいよ今日から入院。胆嚢ドレンは緊急だった為、事前検査なし。今回はMRI,肺、レントゲン、口腔、胃カメラ、???等々の検査有りで疲れた。同意書も沢山書いた。執刀医は若くてイケメン。(この病気<SCDの人を手術するのは、初めてです)と言われた。では行ってきま~す(^^;)

  6. 手術というもの - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    手術というもの

    手術というものは、日帰りの簡易なものから、10数時間にも及ぶ大手術まで、様々です。流産手術なら、実質5~6分、帝王切開なら、熟練すれば30分程度のもの。ところが、帝王切開といっても、一律ではない。前置胎盤とか、常位胎盤早期剥離とか、それに伴うHELLP症候群とかに伴う、出血傾向からDIC併発による大出血もある。妊娠高血圧症に伴うハイリスク妊娠もあり単に手術したから解決というものでもない。また...

  7. 膀胱結石&去勢手術&歯石除去 - 宮城県富谷市明石台  くさか動物病院ブログ

    膀胱結石&去勢手術&歯石除去

    9/23(日)は膀胱結石と去勢手術、歯石除去と盛りだくさんのオペがありました。※以下、オペ中の写真がありますので、苦手な方はご注意ください。まずはじめに歯石の状況から。歯を覆い尽くすほどの歯石がついていました。歯周ポケットもかなり深く、歯石でようやく繋がっているほどでした。たくさんの細菌の中にスピロヘータという長く鞭状の細菌や、トリコモナスという寄生原虫も見られました。膀胱結石の方はというと...

  8. 子猫 漏斗胸 - 宮城県富谷市明石台  くさか動物病院ブログ

    子猫 漏斗胸

    ※今回の記事にはオペ中の写真も載っているため、苦手な方はご注意下さい。9/17は子猫さんの漏斗胸のオペがありました。漏斗胸とはその名の通り、胸の前面が漏斗状に凹んでいる状態のお胸のことをいいます。肋骨と胸骨が前胸部で結合する骨はやわらかい軟骨になっているため変形しやすくなっています。前胸部が漏斗状になっていると胸部に位置する心臓や肺に影響が出て、不整脈や呼吸器感染症などにかかりやすくなってし...

  9. ヽ(^o^)丿ふうちゃんの手術は無事に終わりました - Every day is indifferently spent.

    ヽ(^o^)丿ふうちゃんの手術は無事に終わりました

    9/13木曜日の午後からふうちゃんの乳腺腫瘍の摘出手術が行われました。今回の切除した部分は緑色の線の部分になります。手術前の説明で、前から3番4番には目立つ腫瘍が見受けられるが、5番目は乳腺の元がすぐそばなので切除することになりました。左側1番2番も切除することになりました。皮膚の縫合の関係で右側の切除は行いません。今回は20㎝×10㎝と、非常に広範囲にわたり切除することになりました。術後、...

  10. 尾ひれ付け過ぎだろっ! - 自由空間の間取り

    尾ひれ付け過ぎだろっ!

    噂・・・。噂って、ある意味恐ろしいですね。古くから付き合いのある仕事仲間で、とある大手解体業の専務さんから電話が掛かってきたのですが・・・。「兄さん。目は大丈夫?」と。彼は、昔から自分のことを「兄さん」と呼ぶんですよ。「何とかね」と自分。そしたら何とっ!・・・。「兄さん。失明したって噂が流れていますよ。」と・・・。(-"-;A ...アセアセ頼みますわ・・・。どこでどうなってそうな...

  11. 硝子体手術後の残像感 - 河野眼科Q&Aブログ

    硝子体手術後の残像感

    Q 左目の硝子体混濁のため、1ヶ月前に硝子体手術を受けました。 術中に眩しい光を見続けたせいかレーザー治療の為か、この1ヶ月、左目にだけ視野の中心に術中の照明のようなサイズ感の残像がずっと残っています。 主治医の先生には、聞いたことがないと言われたのですが、こちらで公開されていた2009年の記事に同様の症状の方の書き込みを見つけ、藁にもすがる気持ちで書かせていただきました。現在、原因など分...

  12. 手術終わった~~ - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    手術終わった~~

    最初に聞こえたのは私の名を呼んだ母の声だ。俎板の鯉はリカバリー室から病室に戻った。皆がいるのは分かるけど皆に見られているのは分かるけど・・・頷くことも答えることもできない。そのまま眠り続けた。摘出した子宮は両親が見て、医師から 説明を聞いた。主治医は 「無事に済みました。明日まで目覚めませんから、今日はお帰りになったほうが良い。」と言ったようで、両親と叔母達は引き上げた。次の日、何時頃か分か...

  13. 4男の涙。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    4男の涙。

    最近、「コードブルー」にはまっている、旦那さん。昨夜も、コードブルーの2時間ものをTVで見ていました。でも昨日のその時間は台風で、雨風がピーク。2男のバイトが終わる時間に彼を迎えに行くため、どうも旦那さんは、TVを付けっぱなしで家を出たらしい。帰宅すると、4男が泣きそうで、苦しそうな表情をしていました。「お母さん、ボクね、お父さんが見ていたドラマを見ていたんだけど、あの、手術をされるような人...

  14. 手術前・手術当日 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    手術前・手術当日

    手術直後に使うT字帯や前開きの浴衣(尿管が取れるまでに着ているもの)その他、色々 売店で用意する。麻酔科の医師が来ていくつかの質問に答え手術内容と合わせ、麻酔の量も決まる。酒・たばこを好む人は麻酔が効きにくいと聞いたことがある。ひまし油という油を飲む。腸管の完璧掃除の為に。剃毛も済ませた。主治医は「眠っている間に終わるから大丈夫だ」と言った。明日は、いざ出陣。いや、死刑台に上がる気分だ。その...

  15. 手術日まで~主治医との信頼関係 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    手術日まで~主治医との信頼関係

    同部屋の皆が「本当に先生が良く来るね」と言うほど主治医はやってきた。特に手術日が決まってからは 毎日。それは 私が 他愛もない質問を繰り返していたからだったと思う。「手術時間は何時間?」(これはまともだけど)「最低でも4時間」「その間に、停電があったらどうするの?」「大丈夫、自家発電で数時間は大丈夫だ」「もしも、大地震があったら、先生~逃げるでしょ?」「俺はねえ~お前のお腹を開けたまま逃げる...

  16. 一重コンプレックス - 二重の手術・失敗談

    一重コンプレックス

    一重の方はよく目つきが悪いと言われる機会が多いため、コンプレックスになってしまいがちである。いっその事ヘアスタイルに拘りを持ってみてパーマをかけたりヘアカラーを明るめにしてみると、頭部に目が向くようになるため一重である事に気が付かれなくなります。そして、一重というのは生まれつきのものなのでアイプチなどに頼らなければ自然に二重になることは不可能であると考えられていますが、実はトレーニングを繰り...

  17. 二重まぶたで人生変わる? - 二重になりたい気持ち

    二重まぶたで人生変わる?

    二重まぶたに憧れの気持ちを抱いていることが多く、中には美容整形の施術を受ける人もいます。今では1つの方法として前向きな気持ちでとらえている人が多いようです。実際に二重まぶた手術の美容整形を受けた人は、長い間抱えていた一重まぶたのコンプレックスが解消され、明るい性格になったという声があります。決して大げさではなく、二重まぶたにすることで人生が大きく変化し、コンプレックスがなくなり、自分に自信を...

  18. 一重のコンプレックス - 二重まぶたに憧れている

    一重のコンプレックス

    一重であることにコンプレックスを持っている人が少なくありません。確かに二重の外国人は顔の彫りが深く、ルックスに優れていることが多いのです。日本人の祖先は主に北方アジア系と南方アジア系に分かれていて、一重まぶたは北方アジア系の遺伝子を引き継いでいると考えられています。逆に、二重まぶたの場合は南方アジア系を祖先に持つとされていて、北方アジア系の顔を称して弥生顔と呼んだり南方アジア系の顔を称して縄...

  19. 少しだけ進んだ - 空色のココロ~小さな幸せを探して~

    少しだけ進んだ

    今朝5時半、ワンコ達の散歩に出かけた。空を見上げると雲がどんどん流れていく。風が強いからだろう。昨日トリミングに行ってサッパリしたクーとココ。いつもより早い散歩でご機嫌だ、約ひと月振りに東京の専門の病院にいく日だ。6時30分には家を出た。暑いし風も強い。朝早いから途中で朝食を取ることにして駅に向かうがホームに着くとちょっと貧血の様な感じになった。早いせいか電車も座れたので何とか大丈夫だった。...

  20. 事件勃発。 - A DAY IN THE LIFE/猫屋敷の日常

    事件勃発。

    先日、ちょっと貴重な経験をしました。いつぞやの週末、突然グキッと腰が痛み、立てなくなりました。これはもしかして俗に言う、「ぎっくり腰」なるものか、と、私本人も、家族のみんなも思ってて、その土日、歩行もままならぬままほぼ寝たきり状態で過ごしました。立てないので、旦那様と娘、義母が連携を取って、ご飯の支度やら後片付けやら、洗濯までやってくれました。ぎっくり腰なら二、三日で治るはず、と簡単に考えて...

総件数:115 件

似ているタグ