批評のタグまとめ

批評」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには批評に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「批評」タグの記事(81)

  1. 『行 比叡山 千日回峰』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『行 比叡山 千日回峰』(ドキュメンタリー)

    行 比叡山 千日回峰(1979年・NHK)NHK総合 NHK特集超人阿闍梨ができるまで 京都の比叡山に千日回峰という修行がある。1日40km(〜84km)の距離を1000日間に渡って踏破するというもので、途中、9日間飲まず食わず眠らずに過ごす「堂入り」という行まである。鉄人レースどころではない過酷さで、しかも途中で行を続けられなくなったら死ね!と言われているらしく、誰にでも挑戦できる代物では...

  2. 『人生フルーツ』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『人生フルーツ』(ドキュメンタリー)

    人生フルーツ(2016年・東海テレビ)監督:伏原健之撮影:村田敦崇ナレーション:樹木希林ロハスな夫婦の贅沢な老後 建築家夫婦(津端修一氏、90歳、妻、津端英子さん、87歳)のロハスな生活を追うドキュメンタリー。 2人が住む家は夫の修一氏が設計したもので、家の目の前には、自ら広葉樹を植えて作った雑木林と庭がある。またそのそばには畑もあり、その畑で取れた作物を自ら料理したり加工したりして、のんび...

  3. 『スターウォーズ レーガンのハッタリ』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『スターウォーズ レーガンのハッタリ』(ドキュメンタリー)

    スターウォーズ レーガンのハッタリ(2016年・仏Sunset Presse)NHK-BS1 BS世界のドキュメンタリー無能な指導者のハッタリは予想以上にうまく機能した 1980年にアメリカ大統領になったロナルド・レーガンは、徹底した反共主義者だったこともあり、ソ連を倒し強いアメリカを取り戻すことを政策の中心に置いていた。 そのレーガン政権が1983年にぶち上げたのが戦略防衛構想(SDI)、...

  4. 『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』(映画) - 竹林軒出張所

    『大魔神』、『大魔神怒る』、『大魔神逆襲』(映画)

    大魔神(1966年・大映)監督:安田公義特技監督:黒田義之脚本:吉田哲郎美術:内藤昭音楽:伊福部昭出演:高田美和、青山良彦、藤巻潤、五味龍太郎、島田竜三、遠藤辰雄、伊達三郎、出口静宏、二宮秀樹下克上と大魔神 『大魔神』シリーズ第1作。善政を敷いている為政者(守護大名か)がクーデターで追われ、命からがら逃げた若君と姫が、元近臣の力を借りて、再び政権を奪回しようとする、というのがメインのストーリ...

  5. 『天地明察』(映画) - 竹林軒出張所

    『天地明察』(映画)

    天地明察(2012年・角川、松竹)監督:滝田洋二郎原作:冲方丁脚本:加藤正人、滝田洋二郎音楽:久石譲出演:岡田准一、宮崎あおい、佐藤隆太、市川猿之助、横山裕、笹野高史、岸部一徳、中井貴一、松本幸四郎、渡辺大、白井晃、市川染五郎、きたろうアク抜きしたら風味もなくなった 映画は原作とは別物であり、それは重々わかっているつもりだが、気に入った原作本の映画化となるとやはりかなり不満が残る。 原作は冲...

  6. 『植木等とのぼせもん』(1)〜(7)(ドラマ) - 竹林軒出張所

    『植木等とのぼせもん』(1)〜(7)(ドラマ)

    植木等とのぼせもん (1)〜(7)(2017年・NHK)演出:西谷真一、榎戸崇泰原作:小松政夫脚本:向井康介出演:山本耕史、志尊淳、山内圭哉、浜野謙太、武田玲奈、中島歩、でんでん、坂井真紀、富田靖子、山本彩、中川翔子、鈴木愛理、高橋和也、勝村政信、優香、伊東四朗植木等、いい人過ぎ 先頃放送された『トットてれび』の二番煎じみたいなどラマ。植木等とその周辺の人々を描いたもので、『トットてれび』同...

  7. 『大河ドラマ 平清盛 総集編』(ドラマ) - 竹林軒出張所

    『大河ドラマ 平清盛 総集編』(ドラマ)

    大河ドラマ 平清盛 総集編(2012年・NHK)演出:柴田岳志他脚本:藤本有紀出演:松山ケンイチ、玉木宏、松田翔太、深田恭子、伊東四朗、三上博史、井浦新院政期の上皇同士の確執がミソ NHKの大河ドラマなんぞはもう20年以上ろくに見ていないが、院政期の勉強のためと思い、『平清盛』の総集編を見てみた。放送時につまらんなーと思いつつたまに目にしていたが、少なくとも白河法皇、鳥羽法皇、崇徳上皇あたり...

  8. 『天地明察 (上)(下)』(本) - 竹林軒出張所

    『天地明察 (上)(下)』(本)

    天地明察 上・下冲方丁著角川文庫抜群に面白い! お奨め 昨今あまりフィクションは読まないが、ましてや最近書かれた(古典ではない)小説など滅多に読まないんだが、この小説は、碁打ちでありながら日本に新しい暦を導入した安井算哲こと渋川春海(しぶかわはるみ)が題材ということで興味が沸いたため読んでみた。そして久しぶりに感心した。非常に面白い! まずキャラクターが非常にうまく描かれている。本因坊道策が...

  9. 『応仁の乱』(本) - 竹林軒出張所

    『応仁の乱』(本)

    応仁の乱呉座勇一著中公新書ベストセラーに良書はない やけによく売れている本らしい。西暦1467年(応仁元年)に京都で起こった応仁の乱前後の歴史をまとめた本で、内容自体にあまり目新しさは感じない。なぜ売れているのか見当が付かないが「勝ちに不思議の勝ちあり」ということなんだろうか。 さて内容だが、興福寺の別当だった経覚(きょうがく)と尋尊(じんそん)が残した日記を素材にして、同時代を辿っていくと...

  10. 『天才! 成功する人々の法則』(本) - 竹林軒出張所

    『天才! 成功する人々の法則』(本)

    天才! 成功する人々の法則マルコム・グラッドウェル著、勝間和代訳講談社多くの人に均等に機会を与えることが社会のためになるという主張お説ごもっとも アメリカで話題になっているマルコム・グラッドウェルの第3作目。マルコム・グラッドウェルは、元々『ワシントン・ポスト』の記者で、その後フリーのライターになったという経歴を持つライター。 前著『ティッピング・ポイント』、『第1感 「最初の2秒」の「なん...

  11. 『なぜ蚊は人を襲うのか』(本) - 竹林軒出張所

    『なぜ蚊は人を襲うのか』(本)

    なぜ蚊は人を襲うのか嘉糠洋陸著岩波科学ライブラリー蚊の本を読んだら蚊に寛大になれる……か 蚊の研究者が書いた、蚊についてのあれこれを紹介する本。蚊の生態の他、蚊が媒介する病原体や、遺伝子操作などの方法で蚊を駆逐している状況などが紹介される。 蚊が媒介する病原体を駆逐する方法の1つとして『あなたの中のミクロの世界』で紹介されていたボルバキア方式の記述もある。確かにあの方法は自然界にあまり影響を...

  12. 『京都人の密かな愉しみ blue 修行中』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『京都人の密かな愉しみ blue 修行中』(ドキュメン...

    京都人の密かな愉しみ blue 修行中(2017年・NHK)NHK-BSプレミアム ザ・プレミアムどっこい生きてた『密かな愉しみ』新シリーズは遊び心に溢れていた 完結したはずの『京都人の密かな愉しみ』が、物語の背景を変えて装いも新たに蘇った。メインストーリーの主役だった老舗和菓子店の三八子(常盤貴子)は出てこない(話が完結したんで当然だが)。その代わりに職人(庭師、和食の調理師、パン職人、陶...

  13. 『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『戦後ゼロ年 東京ブラックホール』(ドキュメンタリー)

    戦後ゼロ年 東京ブラックホール 1945-1946(2016年・NHK)NHK総合 NHKスペシャル植民地政策に屈辱を感じる 1945年、太平洋戦争が終わってから1年間の東京がどんなふうだったか、未公開映像や発掘映像を使って再現するというドキュメンタリー。 現代人(山田孝之)が唐突に当時にタイムスリップするという趣向のドラマが混ぜられていて、当時の映像の中に合成ではめ込まれて使われたりしてい...

  14. 『華族 最後の戦い』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『華族 最後の戦い』(ドキュメンタリー)

    華族 最後の戦い(2017年・NHK)NHK-BS1 ドキュメンタリードラマ木戸くんと近衛くん 元内相の木戸幸一、元首相の近衛文麿、元内相秘書官の松平康昌が、戦中・戦後にどのような活動を行って、天皇制、華族制度などを含む「国体」を守ろうとしたかを描く。ちなみに木戸は侯爵、近衛は公爵、松平は侯爵(いわゆる華族)で、彼らは天皇制を守ることこそが自分たちの地位を守ることであるというコンセンサスの下...

  15. 『幻の色 よみがえる浮世絵』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『幻の色 よみがえる浮世絵』(ドキュメンタリー)

    幻の色 よみがえる浮世絵(2009年・NHK)NHK-BSプレミアム プレミアムカフェ浮世絵は決して「渋い」絵ではなかった 少し前に富山の農家で382枚の版木(浮世絵を刷るときに使用する木版)が見つかった。江戸時代に実際に浮世絵印刷のために使われた版木で、それぞれの版木には、当時使われた絵の具が付いている。見つかった版木の多くは歌川国芳の浮世絵を刷るためのもので、これらの版木で刷られた作品は...

  16. 『幸せはパリで』(映画) - 竹林軒出張所

    『幸せはパリで』(映画)

    幸せはパリで(1969年・米)監督:スチュアート・ローゼンバーグ脚本:ハル・ドレスナー音楽:マーヴィン・ハムリッシュ、バート・バカラック出演:ジャック・レモン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ピーター・ローフォード、マーナ・ロイ、シャルル・ボワイエ消えるには消えるだけの理由がある ジャック・レモン主演のロマンティック・コメディと聞いていたため、ビリー・ワイルダーの『アパートの鍵貸します』みたいな作品を...

  17. 『男と女』(映画) - 竹林軒出張所

    『男と女』(映画)

    男と女(1966年・仏)監督:クロード・ルルーシュ脚本:ピエール・ユイッテルヘーベン、クロード・ルルーシュ音楽:フランシス・レイ出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、アヌーク・エーメ、ピエール・バルー、ヴァレリー・ラグランジェ内容が乏しい! 30分で十分収まる内容 カンヌでもオスカーでも賞を取っている名画ではあるが、失望したというのが素直な感想。見たのは今回が初。 レーサーの男(ジャン=ルイ...

  18. 『ゲームの規則』(映画) - 竹林軒出張所

    『ゲームの規則』(映画)

    ゲームの規則(1939年・仏)監督:ジャン・ルノワール脚本:ジャン・ルノワール出演:マルセル・ダリオ、ジャン・ルノワール、ノラ・グレゴール、ローラン・トゥータン面白いんだかどうなんだかよくわからない ジャン・ルノワールの代表作みたいに言われている作品。 上流階級の人々が、それぞれ配偶者の浮気を承知の上で自ら浮気しているという状況で、そういった人々がある貴族の館にパーティで集まるとどうなるかと...

  19. 『ヘッドライト』(映画) - 竹林軒出張所

    『ヘッドライト』(映画)

    ヘッドライト(1955年・仏)監督:アンリ・ヴェルヌイユ原作:セルジュ・グルッサール脚本:フランソワ・ボワイエ、アンリ・ヴェルヌイユ音楽:ジョセフ・コズマ出演:ジャン・ギャバン、フランソワーズ・アルヌール、ピエール・モンディ、ポール・フランクール、ダニー・カレル、リラ・ケドロヴァ捨てられた女よりもっと哀れなのはよるべない女です 中年男が若いウェイトレスと不倫関係になるという恋愛ドラマ。主演は...

  20. 『本当と嘘とテキーラ』(ドラマ) - 竹林軒出張所

    『本当と嘘とテキーラ』(ドラマ)

    本当と嘘とテキーラ(2008年・テレビ東京)演出:松原信吾脚本:山田太一出演:佐藤浩市、夏未エレナ、柄本明、樋口可南子、山崎努、塩見三省、戸田菜穂、益岡徹、六平直政山田太一の教育論が反映されたドラマ テレビ東京最後の山田ドラマ。同時に山田作品としては最後の花火みたいな作品でもある。翌年の『ありふれた奇跡』以降は迷走状態である。 企業の研修や不祥事の後始末などのコンサルタント業を行っている男(...

1 - 20 / 総件数:81 件

似ているタグ