批評のタグまとめ

批評」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには批評に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「批評」タグの記事(310)

  1. 『よみがえる金色堂』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『よみがえる金色堂』(ドキュメンタリー)

    よみがえる金色堂(1970年・日映科学映画製作所)脚本・演出:中村麟子撮影:中山博司、石原保記録映像に終始した作品だが記録としての価値は十分ある岩手県にある中尊寺金色堂は、奥州藤原氏の栄華を反映した建物として有名で、全面に金箔が貼られた建物が現存する。おそらく現在拝観できるようになっているんではないかと思うが、行ったことがないんで詳しいことはわからない。その様子は写真では見たことがあり、金閣...

  2. 『ムッシュ・カステラの恋』(本) - 竹林軒出張所

    『ムッシュ・カステラの恋』(本)

    ムッシュ・カステラの恋(1999年・仏)監督:アニエス・ジャウィ脚本:アニエス・ジャウィ、ジャン=ピエール・バクリ出演:アンヌ・アルヴァロ、ジャン=ピエール・バクリ、ブリジット・カティヨン、アラン・シャバ、アニエス・ジャウィ、ジェラール・ランヴァン、クリスティアーヌ・ミレ笑いあり涙ありだが一方であれこれ放り込みすぎ内容はほとんど憶えていなかったが、前に見たときは大変気に入っていたようで、過去...

  3. 『渚にて』(映画) - 竹林軒出張所

    『渚にて』(映画)

    渚にて(1959年・米)監督:スタンリー・クレイマー原作:ネヴィル・シュート脚本:ジョン・パクストン、ジェームズ・リー・バレット出演:グレゴリー・ペック、エヴァ・ガードナー、フレッド・アステア、アンソニー・パーキンス、ドナ・アンダーソンテーマは意欲的だが内容が伴わない核戦争後の世界のありさまを描く一種の終末テーマのSF映画。北半球では核戦争のせいで人類が絶滅し、オーストラリアにはまだ放射能の...

  4. 『時の支配者』(映画) - 竹林軒出張所

    『時の支配者』(映画)

    時の支配者(1982年・仏)監督:ルネ・ラルーアニメーション監督:メビウス原作:ステファン・ウル脚本:ルネ・ラルー、メビウス脚色:ジャン=パトリック・マンシェット出演:アニメーション精緻でユニークな美術が魅力『ファンタスティック・プラネット』のルネ・ラルーがメビウスというマンガ家と組んで製作したSFアニメ。メビウス(ジャン・ジロー)という人、僕は全然知らなかったんだが、手塚治虫や大友克洋、宮...

  5. 『犬ヶ島』(映画) - 竹林軒出張所

    『犬ヶ島』(映画)

    犬ヶ島(2018年・米)監督:ウェス・アンダーソン原案:ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ、ジェイソン・シュワルツマン、野村訓市脚本:ウェス・アンダーソン声の出演:エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、野村訓市、ブライアン・クランストン、コーユー・ランキンストーリーがくだらないメガ崎市という架空の日本風味の都市が舞台のアニメーション。日本風味と書いたが、相撲や歌舞伎が出てくるし、市長は三...

  6. 『ルーツ』(5)〜(6)(ドラマ) - 竹林軒出張所

    『ルーツ』(5)〜(6)(ドラマ)

    ルーツ (5)〜(6)(1977年・米)第5話自由への賭け第6話新たなる天地を求めて原作:アレックス・ヘイリー脚本:アーネスト・キノイ、ジェームズ・リー演出:マーヴィン・J・チョムスキー他出演:レスリー・アガムス、チャック・コナーズ、ベン・ベリーン、リチャード・ラウンドトゥリー、オリビア・コール、ゲオルグ・スタンフォード・ブラウン、ブラッド・デイヴィス、ロイド・ブリッジス、バール・アイヴス苦...

  7. 『ルーツ』(1)〜(4)(ドラマ) - 竹林軒出張所

    『ルーツ』(1)〜(4)(ドラマ)

    ルーツ (1)〜(4)(1977年・米)第1話さらば母なる大地第2話誇り高きマンディンカの戦士第3話我が妻 我が娘第4話愛する者たちの別離原作:アレックス・ヘイリー脚本:アーネスト・キノイ、ジェームズ・リー演出:デヴィッド・グリーン出演:レヴァー・バートン、ジョン・エイモス、タルマス・ラスラーラ、エドワード・アズナー、ルイス・ゴセット・Jr、ヴィック・モロー、ローン・グリーン、マッジ・シンク...

  8. 『ひとりじゃなかよ』(本) - 竹林軒出張所

    『ひとりじゃなかよ』(本)

    ひとりじゃなかよ西本喜美子著飛鳥新社88歳の自撮り写真はユニークだった著者は、熊本在住の現在88歳の女性。一般的には「おばあちゃん」と呼ぶのがふさわしい人である。この人、72歳から写真を始め、息子が主宰する写真教室に通うようになる(そのため息子のことを「先生」と呼んでいるらしい)。カメラ術が上達するにつれて、デジカメで撮った写真をコンピュータで処理したりすることを憶え、それからというもの、な...

  9. 『うつ病九段』(本) - 竹林軒出張所

    『うつ病九段』(本)

    うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間先崎学著文藝春秋「みんないい思いしやがって」が秀逸将棋棋士の先崎学九段がうつ病で1年近く休場していたという話はまったく知らなかった。先崎学といえば、あちこちで面白いエッセイを書いたりもしているし、いろいろな笑えるエピソードで知られる異色の棋士で、(僕にとっては)うつ病とはもっとも遠いところにいそうなイメージだったため、非常に意外に感じた。その先崎九段...

  10. 『お金さま、いらっしゃい!』(本) - 竹林軒出張所

    『お金さま、いらっしゃい!』(本)

    お金さま、いらっしゃい!高田かや著文藝春秋主婦雑誌に出てくるようなネタばかり(著者のいわゆる)カルト村(おそらくヤマギシ会)で生まれ育った著者は、その組織内の高等部(高校みたいなもの)卒業を機に「村」(彼らは自身のコミューンをこう呼ぶ)を離れて、一般社会に出てきた。そこまでのいきさつは、前二作(『カルト村で生まれました。』と『さよなら、カルト村』)で描かれていたが、その後の著者の生活について...

  11. 『コンビニオーナーになってはいけない』(本) - 竹林軒出張所

    『コンビニオーナーになってはいけない』(本)

    コンビニオーナーになってはいけない便利さの裏側に隠された不都合な真実コンビニ加盟店ユニオン、北健一著旬報社コンビニは極力利用しません利用したくありませんコンビニエンス・ストア、特にセブンイレブンのオーナーが、コンビニ・フランチャイズ企業からひどい仕打ちを受けていることを訴える本。コンビニは、多くの場合、オーナーが資本金や土地を用意し、フランチャイズ企業と契約して、商品を用意してもらい、それを...

  12. 『自民党で選挙と議員をやりました』(本) - 竹林軒出張所

    『自民党で選挙と議員をやりました』(本)

    自民党で選挙と議員をやりました山内和彦著角川SSC新書『選挙』に対するもう一つの視点ドキュメンタリー映画『選挙』に登場していた山内和彦が、あのときの選挙を振り返り、同時に川崎市議会の様子をレポートする本。内容は、あの映画を山内氏の目線で見るという類のもので、ドキュメンタリーで描かれた部分と重複する部分が多い。もちろん映画とは視点が違うため、映画と別の角度から見られるという利点があり、そのあた...

  13. 『“核のごみ”に揺れる村』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『“核のごみ”に揺れる村』(ドキュメンタリー)

    “核のごみ”に揺れる村 〜苦悩と選択 半世紀の記録〜(2018年・NHK)NHK-EテレETV特集六ヶ所村の激動の歴史を俯瞰青森県六ヶ所村には、現在、使用済み核燃料処理関連施設が設けられているが、その中に使用済み核燃料貯蔵施設があり、そこには使用済み核燃料、いわゆる「核のごみ」が実際に貯蔵されている。ただしこれは一時施設という約束で建てられたものであり、半永久的に貯蔵する施設ではない。建設時...

  14. 『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『ソーシャルメディアの“掃除屋”たち』(ドキュメンタリー)

    ソーシャルメディアの“掃除屋”たち 前・後編(2018年・国際共同制作、独gebrueder beetz filmproduktion他)NHK-BS1BS世界のドキュメンタリーネット検閲の実態とSNSがもたらすさまざまな問題ソーシャル・ネットワークなどの現場では、暴力やポルノなど不適切なデータが常時公開されている。SNS企業や検索会社は、こういった不適切と判断されるデータを随時検閲している...

  15. 『IS 狂気の内幕』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『IS 狂気の内幕』(ドキュメンタリー)

    IS 狂気の内幕(2018年・国際共同制作、仏CAPA PRESSE他)NHK-BS1BS世界のドキュメンタリー司令官家族はセレブ風の生活を送っていたイスラミック・ステート(IS)の勢力が、シリアやイラクをはじめ多くの地域から一掃されつつあるが、これはリビアでも同様。リビア北部の大都市シルトを占拠してやりたい放題をやっていたISも、包囲攻撃され、その結果その戦闘員の多くは戦死または逃亡した。...

  16. 『KGBの刺客を追え』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『KGBの刺客を追え』(ドキュメンタリー)

    KGBの刺客を追え(2017年・英True Vision Productions)NHK-BS1BS世界のドキュメンタリーロシアの闇は深い2006年、ロンドンで、英国から政治亡命していた元KGBスパイのリトビネンコが謎の死を遂げた。リトビネンコはその死の直前、警察の当局者を病室に呼び出し、自分がこのような(重病の)状態になったのは、ロシア当局による工作のためであり、これは暗殺事件であると語る...

  17. 『未解決事件File. 07 警察庁長官狙撃事件』(ドキュメンタリー) - 竹林軒出張所

    『未解決事件File. 07 警察庁長官狙撃事件』(ド...

    未解決事件File. 07 警察庁長官狙撃事件(2018年・NHK)実録ドラマ「容疑者Nと刑事の15年」(2018年・NHK)NHK総合 NHKスペシャル警察庁長官狙撃事件の真相が明らかにオウム真理教の一連の事件が発生していた1995年3月30日に、警察庁長官が銃で狙撃されるという事件が起こった。時期が時期だけにオウム真理教の仕業とされ、オウム真理教との関連を持つ警察官が逮捕されて起訴された...

  18. 『ボクサー』(映画) - 竹林軒出張所

    『ボクサー』(映画)

    ボクサー(1977年・東映)監督:寺山修司脚本:石森史郎、岸田理生、寺山修司出演:菅原文太、清水健太郎、小沢昭一、春川ますみ、地引かづさ、唐十郎、具志堅用高寺山「ジョー」寺山修司が監督したボクシング映画。落ちぶれている元ボクサーのトレーナー(菅原文太)と足に障害を持つボクサー(清水健太郎)の二人三脚のドラマで、寺山版『あしたのジョー』といったところ。スポ根マンガを映画にしたようなありきたりな...

  19. 『がんばっていきまっしょい』(映画) - 竹林軒出張所

    『がんばっていきまっしょい』(映画)

    がんばっていきまっしょい(1998年・フジテレビ他)監督:磯村一路原作:敷村良子脚本:磯村一路出演:田中麗奈、清水真実、葵若菜、真野きりな、久積絵夢、中嶋朋子、松尾政寿、大杉漣青春がほろ苦い明朗青春スポーツ映画。原作は、松山市の『坊っちゃん文学賞』を受賞した小説で、ディテールがかなり具体的であるため、おそらく(自身の経験に基づく)私小説的な作品なのではないかと思う。主人公の少女が、松山の名門...

  20. 『紀ノ川』(映画) - 竹林軒出張所

    『紀ノ川』(映画)

    紀ノ川(1966年・松竹)監督:中村登原作:有吉佐和子脚本:久板栄二郎撮影:成島東一郎美術:梅田千代夫音楽:武満徹出演:司葉子、岩下志麻、田村高廣、東山千栄子、丹波哲郎、有川由紀、沢村貞子少々バランスの悪さを感じる有吉佐和子原作の同名小説の映画化。地方の名家に嫁いだ花という女性(司葉子)の半生記である。花の視点で嫁ぎ先の「家」との関係、夫や娘、息子との関係の他、その家や家族が激動の時代の中で...

総件数:310 件

似ているタグ