抗がん剤のタグまとめ

抗がん剤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには抗がん剤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「抗がん剤」タグの記事(124)

  1. 亡くなる人たち - 月の旅人~美月ココの徒然日記~

    亡くなる人たち

    今日は乳がんのカテゴリーでお話します。私の近況は変わらず。左腕のリンパ浮腫は多少あり。手足の痺れあり。頭髪は前髪が伸びない(まつ毛も伸びない)の現状維持!(笑)これに加え、巻き肩が激しくなり、肩こり首こりの原因になっています。巻き肩については、また今度お話しますね!o(^-^)o今回は、職場であるクリニックのお話です。コロナワクチンを受け付けているクリニックですが、まあ……………………。こち...

  2. 乳ガンになりました㊿AC療法4クール初日 - かじようこ日記

    乳ガンになりました㊿AC療法4クール初日

    AC療法4クール目!やった!ラストケモ!完走!いや、まだ副作用時期は残ってるし、これが終わったら放射線治療とホルモン療法が待ってるけど、でも嬉しい!!抗がん剤、私は副作用少ない方だとは思うけど、やっぱりキツかった!今ももう気持ち悪いし目眩あるけど許せる!いや、やっぱり副作用は軽めでお願いします!今日は祝日だったので、いつもより30分遅く病院に向かいましたが、採血はやはり空いてますね。そして採...

  3. 乳ガンになりました㊾抗がん剤副作用と病院との付き合い方 - かじようこ日記

    乳ガンになりました㊾抗がん剤副作用と病院との付き合い方

    抗がん剤で色々起こる副作用と対処法病院との付き合い方について。抗がん剤の副作用は基本「仕方ない」枠で語られます。対処療法の薬が効かない時は我慢してね、枠です。だから抗がん剤やってる癌患者はみーんな我慢してる。すんごい我慢しながら頑張ってる。(だから抗がん剤やりたくないって人が多いんだと思う)劇薬身体に入れてる訳だしね。でも、病院から渡される対処療法の薬としては基本は「吐き気」「発熱」「便...

  4. トリプル癌闘病記1 - 倭国物語

    トリプル癌闘病記1

    ある日突然に軟便になり、その後強い便秘になり、それを繰り返した。軟便気味になり、便が細くなった。去年4月初始めに少量だが下血があった。肛門科を訪ねると、痔ではなく大腸の病気ですとの答えだった。内視鏡で見てもらうと、直腸の上部に大きな腫瘍が出来ていて、カメラが通らない状態だった。がんの可能性が高いので、国立病院を紹介され翌日診察に行くことになった。様々な検査の結果、「胃がん、大腸がん、大腸から...

  5. 乳ガンになりました㊱AC療法1クール初日 - かじようこ日記

    乳ガンになりました㊱AC療法1クール初日

    7月15日AC療法1クール目がスタートです。初抗がん剤。ドッキドキ。診察が9:30で一時間以上前に採血を、との事だったので、病院の開院時間8時5分前から待機。朝一で採血。B1に(とは言え解放的)コンビニや売店があってイートインのスペースもあるのでそこで買って朝食を食べながら診察時間まで待つ。外来受付で検温、血圧と体重測定。また待つ。で、診察。血液検査の結果は普段は大丈夫な肝機能の数値がちょ...

  6. 乳ガンになりました㉜抗がん剤オリエンテーションと検査 - かじようこ日記

    乳ガンになりました㉜抗がん剤オリエンテーションと検査

    6月28日術後二ヶ月。会う人には「思ったより元気そう」と言われてますが、そうです、元気なんです。まだ化学治療始まってないしね。さて、この日は抗がん剤予備検査で心臓超音波検査と採血、抗がん剤のオリエンテーションがありました。まずは心臓超音波検査から。抗がん剤の中に心臓に負担のかかる成分があるとかで、あらかじめ心臓エコーを撮ります。心臓エコーなんて初めてでしたが中々時間がかかりました。その後は...

  7. 乳ガンになりました㉚今後の治療方針 - かじようこ日記

    乳ガンになりました㉚今後の治療方針

    6月24日HER2の追加検査結果と今後の治療方針の決定です。ドキドキしながら病院に向かう。自分の中ではなんとなく陰性で抗がん剤3ヵ月、という文字が浮かんでいました。まずは腫瘍内科での診察。腫瘍内科の先生から開口一番、「先日のHER2の検査結果は陰性でした」私「はー良かったです…」すると先生は「で、陰性ですが(抗がん剤)どうしますか?」なので、私はAC療法3ヵ月を選択する旨をお話ししました。...

  8. この数日の事・・・ - WEEKEND PARADISE

    この数日の事・・・

    梅雨入りした関東地方だけど・・・今のところそんなに雨が降り続く訳では無いので、まだまだ鬱陶しい感じはしない。そして・・・東京オリンピック開催ありきで、緊急事態宣言が20日に解除される様だが、果たして大丈夫なのかしら?フロントヤードのナニワイバラとモッコウバラ・・・1ヶ月前から剪定しなきゃと思いながらもサボタージュしていたら、こんな有様になってしまった。今週火曜日(15日)の夜明けと共に家人を...

  9. インプラント - クレッセント日記

    インプラント

    一昨日、歯抜けババアから脱却(?)しました。歯抜けになったのは2年ちょっと前。抗がん剤治療をするにあたって、悪くなっていた歯をどうにかしなければいけませんでした。私は元々、歯の質が良くないのか、歯が結構悪いのです(涙)。もう抜かざるを得ない歯があったのですが、抜くのが嫌で逃げていたのでした。抜くのが嫌なので、あわよくば「そこまでしなくてもいいですよ」て言われるのを期待して、「やっぱり、そうい...

  10. 副作用のその後 - ぽんこつ日記 ~ファイティングポーズは解きません~

    副作用のその後

    最後のハーセプチン+パージェタから7カ月。自分としては随分経ったような気がするけれど、まだ7カ月なのか。ドセタキセルの副作用のせいで身動きが取れなかった2年前のGWよりも、最後の点滴をした去年の10月の方が遠い昔のような気がするのはなんでだろう?まだ1か月ごとの診察は続いているけれど、健常測の触診と視診と血液検査のみ。3月にCTを撮って骨転移していた箇所がまだ元通りになっていないのはわかって...

  11. 元気です! - 秩父発 shizuの気まゝなブログ

    元気です!

    2021年5月18日(火)生存証明です!(#^.^#)コロナ禍のなか、家籠りなのに更新怠けていた婆ですが、去る12月に82歳を迎えることが出来ました!来週25日にはCTを撮りますが、前回の検査では肺に転移した乳癌は現在のところ画像では良くわからないほど縮小しているそうです。先日、抗がん剤(カドサイラ)の12回目を投与できましたが、高齢でもあり、辛い日は「命綱の投与を止めたいなぁ」と…葛藤の日...

  12. それでも頑張りましょう? - WEEKEND PARADISE

    それでも頑張りましょう?

    今日は抗がん剤治療の為に通院・・・2ヵ月前に新たな抗がん剤に替えてから今日で4回目の投与となる・・・今迄の薬物蓄積があるのだろう? 抗がん剤投与後1時間程で指先の痺れ症状が出始めた。聞いてはいたが、こんな事は今迄無かったから驚いている。しかしこの3年間の治療経験では、この程度はまだまだ許容範囲内だと思っているので大丈夫。幸い白血球の数値がしっかり基準値に収まっているので、治療を継続出来る事が...

  13. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の嘘と間違い~目次 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の嘘と間違い~目次

    はじめてこのブログを訪れた方はこちらからご覧になってください→自己紹介&当ブログの趣旨この記事は以下のような人たちのために書きました。・抗がん剤で本当にがんは治るのか?・抗がん剤の副作用は怖くないのか?・抗がん剤にまつわる暗い噂の真相を知りたいこのような疑問の答えを、信用できる資料をもとに詳しくわかりやすくまとめたので、ぜひ参考になさってください。【はじめに】その1【デヴィタ証言】その2【厚...

  14. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の嘘と間違い~【はじめに】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の嘘と間違い~【は...

    「抗がん剤は効くの?効かないの?」勝俣範之→https://youtu.be/XPKZe1det2s病院では教えてくれない抗がん剤治療の新常識押川勝太郎→https://youtu.be/sLa5ZF4Cgyg……これらはがんの3大標準治療の1つとされる抗がん剤治療(化学療法ともいう)の効果や安全性が説明されている動画です。どちらも著名な医師であり、勝俣範之のほうは会場に多くの人が訪れ、押川...

  15. 末梢神経障害 - WEEKEND PARADISE

    末梢神経障害

    早朝6時半からいつもの病院へ・・・それでも採血の順番は8番目。当方より前に来院している7人の方々は、いったい何時に来ているんだろうか?今日から新たに始まった化学治療・・・今回も今迄同様 3種類の抗がん剤投与する。まずは病院内で2種類の抗がん剤を同時投与(2時間半)そして携帯型ポンプ(当方の身体に埋め込んであるポート)で48時間投与する。病院で2種類の抗がん剤投与を終え、昼過ぎには自宅に帰宅・...

  16. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~終わりに【毎日1000人が抗がん剤で殺されている現実】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~終わ...

    小林よしのりは【ゴーマニズム宣言スペシャルコロナ論】の中で、『毎日1000人ががんで死んでいるのがすごい』といったことを言っていました。日本では年間30数万人ががんで死んでいるとされているので、単純に計算して1日1000人ほどががんで死んでいるということになります。が、この考え方は完全な誤りです。毎日1000人ががんで死んでいるわけではなく、毎日1000人が抗がん剤で殺されているのです。この...

  17. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その7【近藤誠から逃げ続けるがん医者たち】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その...

    近藤誠著【がん治療で殺されない七つの秘訣】から引用します。私はこれまで『文藝春秋』誌に論文を何本か寄せてきました。なかでも1番反響が大きかったのは、抗がん剤の無意味を説いた論文です(2011年1月号)。患者・家族にとっては初耳、医者たちにとってはビジネス妨害だったからだと思われます。それに関する興味深いエピソードを紹介しましょう。その原稿の掲載後まもなく、国立がん研究センターの抗がん剤治療専...

  18. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その5【胃がんの抗がん剤の論文】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その...

    さて、これまで重要人物たちの知られざる証言の数々を紹介してきましたが、1000歩ゆずってそれらが都市伝説のたぐいだったとしても、次に紹介する事実だけはどこの誰にも否定することは不可能です。日本胃がん学会が発行している《胃がん診療ガイドライン》には、3つの調査から『延命効果がある』ということで化学療法剤が推奨されています。そして3つとも最高のエビデンスレベルを誇るランダム化比較試験(RCT)で...

  19. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その4【小野寺時夫の証言】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その...

    これまでは抗がん剤の専門家たちの言葉を紹介してきましたが、次は2000人以上の末期がん患者を看取ったホスピス医、小野寺時夫という人物の言葉を紹介したいと思います。「抗がん剤治療を受けて後悔した人はたくさんいるが、抗がん剤治療を断って後悔した人は1人もいない」私は以前、小野寺時夫のこの言葉についてどう思うかと、【はじめに】で紹介した押川勝太郎のブログにコメントを入れたことがあるのですが、返信は...

  20. 抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その3【大御所たちの爆弾発言】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    抗がん剤の真実~その危険性と標準治療の噓と間違い~その...

    抗がん剤否定界では知らぬ者はいないエピソードなのですが、立花隆というジャーナリストの著書【がん生と死の謎に挑む】からとあるエピソードを紹介します。僕以外の演者はすべて、大学や大病院、がんセンターなどのそうそうたるがんの名臨床医たちでした。昼休みだったと思いますが、控室でみなが雑談的にいろんな話をしているときのことです。いつの間にか話題が抗がん剤の話になっていきました。抗がん剤がどれほど効かな...

総件数:124 件

似ているタグ