振替加算のタグまとめ

振替加算」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには振替加算に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「振替加算」タグの記事(17)

  1. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編29 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編29

    <Q1>配偶者の厚生年金保険の加入期間が20年以上あると加給年金はもらえなくなると聞きました。<A1>20年以上あると直ちにもらえなくなるわけではなく、支給開始年齢までの年齢の差の分はもらえます。<Q2>加給年金の手続きをしていないような‥<A2>65歳時の年金請求書(年金請求書兼加給金勧奨状)の提出により、配偶者加給年金額は加算されます。<Q3>妻が年上だと加給年金はもらえないんですか?<...

  2. ねんきんQuiz-第559問(繰下げ) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第559問(繰下げ)

    Q繰下げについて、〇か×かで答えてください。☆☆①振替加算の額は繰下げによる増額の対象となる〇or×②在職中の場合、在職支給停止額を差し引いた額が繰下げによる増額の対象となる〇or×③遺族厚生年金の受給権がある場合は、繰下げはできない〇or×A①×②〇③〇point①×振替加算の額は、繰下げによる増額の対象外です。②〇在職中の場合、在職支給停止額を差し引いた額が繰下げによる増額の対象となりま...

  3. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編28 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編28

    <Q1>配偶者加給年金をもらうには手続きが必要なんでしょ?<A1>年金請求時に戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者の所得証明書などを添付していると、65歳時に年金請求書兼加給金勧奨状が送付されてきて、その加給金勧奨状の提出により配偶者加給年金が加算されます。<Q2>繰上げをすると配偶者加給年金ももらえるのですか?<A2>繰上げ時点からではなく、特例を除けば65歳時からもらえます。<Q3>私の祖...

  4. 年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)(16ページ目) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)(16ページ目)

    「年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付)」(30年3月以降分)(16ページ目)3.振替加算に関する生計維持の申し立てについてご記入ください。振替加算の対象者となる場合に記入します。(1) ご本人(年金を受ける方)の年収は850万円(所得655.5万円)未満ですか。→はい、いいえ、に丸を付けます。なお、配偶者が年下の場合は、配偶者が65歳になったときなど(長期加入者の特例や障害者特例など...

  5. ねんきんQuiz-第496問(振替加算の添付書類) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第496問(振替加算の添付書類)

    Q次のうち、振替加算の手続きに関係のないものを選んでください?☆①戸籍謄本②請求者の所得証明書③受診状況等証明書A③受診状況等証明書point受診状況等証明書は障害年金の請求の際などに添付します。なお、振替加算の手続きの際には、戸籍謄本、世帯全員の住民票、請求者の所得証明書などを添付する必要があります。

  6. 年金アドバイスv(∩.∩)v 488(本人の所得証明書or配偶者の所得証明書) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 488(本人の所得証明書...

    ◇本人の所得証明書or配偶者の所得証明書年金に関する手続きの際に、所得証明書を添付する必要がある場合があります。φ(-ω-。`) 申請の内容によっては、「本人の所得証明書」が必要なケースと「配偶者の所得証明書」が必要なケースがあります。「本人の所得証明書」が必要なケース・振替加算が加算される場合(年金請求書提出時など)・20歳前傷病による障害基礎年金を請求する場合・遺族厚生年金や遺族基礎年金...

  7. 振替加算の対象者となる収入または所得の金額 - 松浦貴広のねんきんブログ

    振替加算の対象者となる収入または所得の金額

    ■振替加算の対象者となる収入または所得の金額一定の要件を満たすと、老齢基礎年金に振替加算が加算されますが、その対象者となる収入または所得の金額としては、65歳に到達した年(またはそれ以降に配偶者が240月以上となった場合など)の前年の収入または所得について、・収入が年額850万円(平成6年11月8日以前の場合は600万円)未満の場合・所得が年額655.5万円(平成6年11月8日以前の場合は4...

  8. 年金アドバイスv(∩.∩)v 482(老齢基礎年金への加算金(振替加算)に関するご確認) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 482(老齢基礎年金への...

    ◇老齢基礎年金への加算金(振替加算)に関するご確認振替加算の加算漏れがあった場合、該当者には案内が送られてくることがあります。例えば、夫:共済組合に40年加入妻:国民年金に30年(納付)、厚生年金保険に20年加入夫の退職共済年金に配偶者加給年金額が加算されていた上記例の場合は、その後妻の老齢基礎年金に振替加算が加算されるところ、加算されていなかった場合は、届け出により、振替加算が加算されるこ...

  9. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編25(振替加算編) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編25(振替加算編)

    <Q1>(振替加算に関するご確認について)戸籍抄本でいいですか?<A1>はい、戸籍抄本の場合は、世帯全員の住民票に戸籍の筆頭者欄の記載が必要です。<Q2>(振替加算に関するご確認について)配偶者の年金証書が何枚かありますが。<A2>共済組合の証書で、配偶者加給年金額が加算されていたことがわかる年金証書があればその写しをお付けください。<Q3>夫に配偶者加給年金額が加算されていたので私に振替加...

  10. 年金請求書(短縮用)(16ページ目) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金請求書(短縮用)(16ページ目)

    「年金請求書(短縮用)」(16ページ目)振替加算の該当者のみ記入します。黒の太枠内を記入します。・「ご本人(年金を受ける方)の年収は850万円(所得655.5万円)未満ですか。」については、「はい」か「いいえ」に丸を付けます。850万円未満の場合は、その額がわかる所得証明書などを添付します。なお、振替加算が加算されるには、本人は厚生年金保険が20年未満で、配偶者は20年以上加入しているなどの...

  11. 年金アドバイスv(∩.∩)v 469(振替加算の要件など) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 469(振替加算の要件など)

    ◇振替加算の要件など老齢厚生年金や障害厚生年金に加算されている配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になるまで加算され、配偶者が65歳になった後は、配偶者の老齢基礎年金に振替加算として加算されます。(振替加算の対象者が年上の場合は、定額部分支給開始など要件を満たした際に手続きが必要)65歳時(または65歳以降に、配偶者が定額部分発生時)の支給額変更通知書の裏面下部の国民年金(基礎年金)の欄の「加...

  12. ねんきんQuiz-第469問(振替加算) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第469問(振替加算)

    Q以下の3人のうち、振替加算の対象となる人数を選んでください?☆☆※他の要件は満たしているものとする。・Aさん:本人と配偶者ともに厚生年金保険に25年以上加入している・Bさん:本人は国民年金に30年、配偶者は厚生年金保険に20年以上加入しており、配偶者は旧法の年金を受給している(大正13年生まれ)・Cさん:本人は国民年金に40年(納付)、配偶者は厚生年金保険に40年加入している①0人②1人③...

  13. ねんきんQuiz-第463問(振替加算) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第463問(振替加算)

    Q8月10日までが期限となる書類を以下のうちから選んでください?☆①生計同一関係に関する申立書②生計維持関係現況書③扶養親族等申告書A②生計維持関係現況書point生計維持関係現況書は、平成29年8月1日から同年8月10日までの間に提出する必要のある書類です。期間短縮用の年金請求書を提出し、かつ、振替加算等の要件に該当する場合は、法改正となる8月1日時点での生計維持関係を確認するために同現況...

  14. ねんきんQuiz-第461問(期間短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんQuiz-第461問(期間短縮)

    Q以下の3つのキーワードに最も関連のある書類を①~③より選んでください?☆☆「振替加算」、「期間短縮」、「8月10日まで」①扶養親族等申告書②生計維持関係現況書③受診状況等証明書A②生計維持関係現況書point「期間短縮」用の年金請求書を提出しており、「振替加算」が加算される場合は、『生計維持関係現況書』(振替加算用)を平成29年8月1日から同年「8月10日まで」に提出する必要があります。な...

  15. 年金アドバイスv(∩.∩)v 459(生計維持関係現況書が届いた場合(期間短縮)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 459(生計維持関係現況...

    ◇生計維持関係現況書が届いた場合(期間短縮)老齢年金の受給資格期間が10年へ短縮となったことにより、短縮用の年金請求書を年金事務所等へ提出し、かつ、振替加算が加算となるときは、「生計維持関係現況書」が送られてくる場合があります。(´。•ㅅ•。`)平成29年8月1日時点での生計維持関係を確認するため、生計維持関係現況書が届いた場合は、必要事項を記入し、8月1日から8月10日までの間に返信用の封...

  16. 年金アドバイスv(∩.∩)v 444(期間短縮用の年金請求書(振替加算)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 444(期間短縮用の年金...

    ◇期間短縮用の年金請求書(振替加算)老齢年金の受給資格期間が10年(120月)へ短縮されることに伴って、対象者には黄色の年金請求書が順次発送されています。もし、配偶者が厚生年金保険(共済組合等)に20年以上加入していた場合は、要件を満たすと老齢基礎年金に振替加算がプラスされます。( ^-^)期間短縮用の年金請求書を提出後、平成29年8月1日時点の生計維持関係を確認するため、「生計維持関係現況...

  17. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編21 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編21

    <Q1>母の国民年金が少ないような・・<A1>繰上げをされており少なくなっています。またお父様が旧法の対象であるため振替加算も付きません・・<Q2>結婚は遅かったのですが、配偶者加給金年金があるとお聞きしました・・(70代)<A2>受給権を取得した当時(定額部分支給開始時)に生計を維持する配偶者がいる必要があります<Q3>3月末で退職し、44年の特例になりますがその手続きは?<A3>事業所か...

総件数:17 件

似ているタグ