改竄のタグまとめ

改竄」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには改竄に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「改竄」タグの記事(23)

  1. 敦賀2号機審査中断/東京新聞 - 瀬戸の風

    敦賀2号機審査中断/東京新聞

    【要約】敦賀原発2号機の審査の中断は原電が自ら招いた結果。肝心の書き換えの動機がはっきりしない。東京新聞21年8月19日◼︎発覚2020年2月審査会合で発覚。ボーリング地層の説明図で集中的に起きた。地層の「未固結」部分は活断層の可能性の根拠となる。説明図を「固結」に書き換えた。6箇所。同様の書き換えは18箇所。◼︎担当者「生データを書き換える発想が信じられない」◼︎原電「恣意的ではない」・・...

  2. 「偽善」と「売国奴」という言葉を埃を被った辞書から引き出しましょう - あんつぁんの風の吹くまま

    「偽善」と「売国奴」という言葉を埃を被った辞書から引き...

    ようやく、我々日本人はウォー ギルト インフォメーション プログラム(WGIP)の呪縛から解き放たれようとしています。しかし、油断は禁物です。歴史を知らない若者を唆して、偽善者がこの国を悪魔に売り渡そうとしているからです。真実は最強の武器です。歴史の真実を見つめ直して若者たちに伝えましょう。それが老人の使命で在ります。産経新聞の意見広告***正義と博愛の満ち溢れる社会を目差して

  3. バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は出来ない - あんつぁんの風の吹くまま

    バイデン陣営は軍を掌握しているトランプ大統領に勝つ事は...

    武漢ウイルスの大流行の御蔭で、日本人は平和惚けからようやく目覚める事が出来ました。しかし、それは日本人に限った事ではなく、米国や欧州等の民主主義国の人々にも同様の事が云えると思います。それまではグローバリズム(全体主義)こそが自由民主主義の原理であるとして、ナショナリズム(民族主義)を白い目で見る風潮が蔓延していました。それがパンデミック(疫病の大流行)の御蔭で吹き飛んでしまったのです。(キ...

  4. 衝撃!パソコン用Google Earthで観る三峡ダムは映像ではなくイラストになっている。 - あんつぁんの風の吹くまま

    衝撃!パソコン用Google Earthで観る三峡ダム...

    下の図はマッキントッシュからGoogle Earth Proで三峡ダムを覗いてみたものですが、明らかに、ダム本体は写真画像そのものではなくイラスト化されたものになっています。ところが、iPhoneのGoogle Earthから三峡ダムを見てみると、写真の画像のままで見る事が出来ます。このことは、台湾からのユーチューバ−から教えてもらった情報なのですが、此れは何を意味しているのでしょうか。恐ら...

  5. 武漢ウイルスの真相 - あんつぁんの風の吹くまま

    武漢ウイルスの真相

    堤未果のアンダーワールドによると、新型コロナウイルスは既に世界の研究機関によってその脅威が知られていたもののようです。しかも、その研究開発に各国は鎬を削っていて、熾烈な情報戦が繰り広げられていたウイルスなのです。果たして日本はそのウイルスの研究をしていたかどうか定かではありませんが、「武漢ウイルス」が恐ろしいものだと云うことに政府が気が付くまでに時間が掛かったことからして、日本の情報収集能力...

  6. 原電「なりふり構わず」以前から/ こちら特報部東京新聞 - 瀬戸の風

    原電「なりふり構わず」以前から/ こちら特報部東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】1980~90年代「冷却水漏れ隠し」「データ改ざん」3・11後活断層ありの判断に「厳重抗議」昨年再稼働の審査の書類誤り1100件超専業ゆえの体質?「もう廃炉考えないと」東京新聞20年2月13日■「D-1破砕帯」敦賀2号機の直下を走る断層。2013年活断層とする報告書規制委原電「非があると思っていない」「厳重抗議」と題した文章送りつける。公開質問状を規制委...

  7. 原電 原発維持へ「禁じ手」/ こちら特報部東京新聞 - 瀬戸の風

    原電 原発維持へ「禁じ手」/ こちら特報部東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】原子力規制委員会が「原発直下に活断層」の可能性を示し、再稼働が絶望的な敦賀原発2号機。ところが、これを諦めきれない原電は「禁じ手」を打った。東京新聞20年2月13日■規制委「ボーリング観察の結果を無かったように削除するのは、看過できない」「元データを書き換えるのは絶対にやってはいけない。倫理上、問題だ」「書き換えたことについて何ら説明がなかった」■データ...

  8. 敦賀2号機審査 規制委が批判/東京新聞 - 瀬戸の風

    敦賀2号機審査 規制委が批判/東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】敦賀原発2号機で、原電が提示した地質データに不適切な書き換えあると指摘した。東京新聞20年2月8日■問題の記録2012年に実施した切削調査の記録。従来の資料では「未固結粘土状部」と記載していたが、7日の資料は「固結粘土状部」に変わっていた。■規制委会合「元のデータの書き換えは絶対にやってはいけない。倫理上の問題だ」と批判。■規制委担当者少なくとも十数カ所...

  9. 中共では漢字のルビにアルファベットを利用している?! - あんつぁんの風の吹くまま

    中共では漢字のルビにアルファベットを利用している?!

    「黄河文明」と云うのは、遊牧民族(西戎 せいじゅう)、狩猟民族(北狄 ほくてき)、農耕民族(南蛮 なんばん)、漁労民族(東夷 とうい)などの、いわゆる野蛮人が黄河流域で交易を盛んに行ったことで、漢字の読み書きが出来るエリート層が形成されてきて、彼らが都市を作って出来た文明なのです。では、中国史とは何かといえば、エリート層の集まっている都市を奪いあう野蛮人の覇権争いの歴史なのです。つまり、支那...

  10. 安倍総理の功績 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    安倍総理の功績

    安倍総理の功績。捏造、改竄、隠蔽をほとんどの国民が読めるようになったこと。

  11. 勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし(野村克也)敗因は歴史から学ぶことが出来る - あんつぁんの風の吹くまま

    勝ちに不思議の勝ちあり負けに不思議の負けなし(野村克也...

    GPS(全地球無線測位システム、衛星測位方式)の発達によって、人が操縦する必要のない兵器がどんどん開発されていますが、「ドローン」(無人機)は、別に目新しいものでは無く、早い話が「巡航ミサイル」はドローンと同一なのです。此の度の台風15号による千葉県の停電被害を見ると、日本政府は、3.11フクイチ事故や北海道のブラックアウト事故など、直近の災害から何も学んでいないことがよく判ります。今度の東...

  12. 歴史を捏造する者に明日は無い(日本は歴史を学び続けてきた世界で唯一の国である) - あんつぁんの風の吹くまま

    歴史を捏造する者に明日は無い(日本は歴史を学び続けてき...

    多くの日本人は「戦争」は犯罪だと思っています。これは、WGIP(日本民族抹殺長期計画)の第一段階として、日本人を戦争犯罪人としての烙印を押す必要が在ったからなのです。また、日本国民がそのように信じてしまったのは、東京裁判(極東軍事裁判)によるプロパガンダの成果でも在るのですが、事実は、戦争は犯罪ではありません。戦争が犯罪ではない故に、戦時国際法と云うものが在って、民間人を殺してはいけないとか...

  13. 香港の民主化運動を支援しよう(平和人道主義者の皆さん、出番ですよ!) - あんつぁんの風の吹くまま

    香港の民主化運動を支援しよう(平和人道主義者の皆さん、...

    香港の民主化運動が激しさを増しています。しかし、不思議なことに、香港出身の英国籍を持つユニセフ地域大使のアグネス・チャンは、この民主化運動にだんまりを決め込んでいます。どうしてなのでしょう。民族独立戦争であったベトナム戦争の時には、日本に「ベ平連」(ベトナムに平和を!市民連合)と云う、市民グループの反戦団体が発足しています。あれから50年以上も立ちますが、現在でも、国会前デモや沖縄の基地反対...

  14. 真実の歴史を知ると、愛国心を持たざるを得なくなる国が日本なのである。 - あんつぁんの風の吹くまま

    真実の歴史を知ると、愛国心を持たざるを得なくなる国が日...

    日本人の苗字は13万から30万ほどの数があると云われています。つまり、昔からの家系(家族)を持った人々がそれだけ居ると云うことにもなります。このことは何を意味しているかと云えば、13万以上の家系に、それぞれの歴史が存在しているという消し去りようもない真実です。もう少しこのことを広げて考えてみれば、日本と云う国の歴史を改竄しようとするならば、13万の家系の歴史をも改竄しなければならないと云う真...

  15. 昭和はもう二代前のこと??(昭和は 今 歴史となって虹のように輝き始めた) - あんつぁんの風の吹くまま

    昭和はもう二代前のこと??(昭和は 今 歴史となって虹...

    昭和の時代の建物がどんどん壊されて行きます。東京築地の魚市場や東京オリンピックで使われた国立競技場など、先を争うかのように消滅して行きます。もったいないことです。この間は、芸術祭において、昭和天皇の肖像画を燃やして消え去る作品が展示されて物議を醸しました。そこで、ハタと気が付いたのです。輝かしい昭和の時代を消し去りたい反日精神の輩が暗躍しているのだなと。いいじゃないか、おやんなさい。昭和の時...

  16. 朝日新聞は反日国の工作機関だと云う本が売られている(リベラルが聞いて呆れるダブルスタンダード) - あんつぁんの風の吹くまま

    朝日新聞は反日国の工作機関だと云う本が売られている(リ...

    日本人は「卑怯」を忌み嫌う民族です。それは日本人の伝統であり、日本文明の根幹を為していると私は認識しております。しかし、残念ながら、WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム・日本民族抹殺長期計画)によって、その日本人の気骨が受け継がれなくなってきました。長崎原爆大虐殺を追悼するに当たって、この日本人の「卑怯」を忌み嫌う伝統を忘れないようにしようではありませんか。***正義と博...

  17. 「倒木更新」ブログを始めた頃の原点に戻ってみよう - あんつぁんの風の吹くまま

    「倒木更新」ブログを始めた頃の原点に戻ってみよう

    自分と云う人間を肥やしにして、若者たちが健全な精神を持ち、明るい未来を築いてくれたらと願ってブログを書き始めたのですが、まだ肥やしになるほど十分に腐っていないのか、相変わらず面白くないことを書き続けています。しかし、自分の生きて来た時間が歴史となるにつれ、もっともっと若者たちに伝えておかねばならないことが出てきて、益々、黙って寝ていられなくなりました。個人の情報を個人が自由に広く発信出来るよ...

  18. 国民に歴史を教えない理由は権力者による愚民化政策なのだ - あんつぁんの風の吹くまま

    国民に歴史を教えない理由は権力者による愚民化政策なのだ

    ドイツを統合したビスマルクは「愚か者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」と云う言葉を残しています。この言葉の意味を逆から考えてみると、権力者が民衆に歴史を学ばせない理由が見えてきます。戦後の学校では、日本民族抹殺長期計画であるWGIPによって歴史を学ばせない教育が行なわれてきました。それは、日本人を賢者にさせないための策略であることが、このビスマルクの言葉でよく分かります。***正義と博愛の満ち...

  19. 日本人の三つの嘘、「選挙前、恋愛中、魚釣りの後」(逃がした魚の白日夢) - あんつぁんの風の吹くまま

    日本人の三つの嘘、「選挙前、恋愛中、魚釣りの後」(逃が...

    「忙中閑あり」というか、気分転換のつもりで、一泊二日のクルージングに出かけた時の出来事です。泊地は、いつも行く三崎港です。片道3時間の航海ですが、やはり、海の上は心身共にスッキリします。港の直ぐ近くに素泊まりの旅館が在って、夕食は、マグロ料理が三崎で二番目においしいと云われる処で、仲間三人で閉店まで食べてくつろぎました。翌朝は、出漁する漁船のエンジンの音で目が覚め、散歩がてら、有名になった朝...

  20. 奴隷に甘んじている今の日本人は文明人とは云えない 戦前の日本人こそ真の文明人なのである - あんつぁんの風の吹くまま

    奴隷に甘んじている今の日本人は文明人とは云えない 戦前...

    令和の代になったというのに、敗戦の時に押し付けられた憲法を祝っている、今の日本人は無能としか云いようが在りません。しかし、乞食は三日やったら止められないとも云われて居ますので、世界社会の責任を負わなくても済むのならば、押し付け憲法を大事に守って、奴隷で居た方がどれだけ楽かは云うまでも在りません。西鋭夫スタンフォード大学フーヴァー研究所教授の報告によりますと、なんと、吉田茂がその押し付け憲法の...

総件数:23 件

似ているタグ