政治・経済のタグまとめ

政治・経済」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには政治・経済に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「政治・経済」タグの記事(10)

  1. バガンのパゴダ登楼禁止措置をめぐって - イ課長ブログ

    バガンのパゴダ登楼禁止措置をめぐって

    前回記事のエンディングが気をもたせたから、この際二日連続更新しちゃうぞ。イ課長が激しく感動したバガンのサンライズ。あのブログの記事を読んで「自分もバガン行って、朝日が見たい!」と思ってくださる方がいたら大変うれしい。しかし、コトによると、もうあの時と同じようには見られないかもしれないんだよ。シュエサンドー・パゴダが今年から全面登楼禁止になったという情報があったのだ。シュエサンドーだけじゃなく...

  2. At the Risk of Being Heard: Identity, Indigenous Rights, and Postcolonial States - 御にあ市~Salon du Livre

    At the Risk of Being Heard:...

    題名:At the Risk of Being Heard: Identity, Indigenous Rights, and Postcolonial States著者:BartholomewDean (ed.) and Jerome M. Levi (ed.)出版年:2003出版社:Universityof Michigan Press「先住民とは誰か?」この質問に答えるのは想像するより...

  3. 戦争は女の顔をしていない - 御にあ市~Salon du Livre

    戦争は女の顔をしていない

    題名:戦争は女の顔をしていない著者:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ(訳:三浦 みどり)出版年:2016年出版社:岩波書店ソ連では、女性が、前線で、狙撃兵も含む様々な役割を担った。それも、民間人である女性が志願して兵隊の一員となった。初めは、「女性だから足手まとい」、「女性が前線に立つなんて恥」と言われたが、兵士としての実力を見せ、活躍した。戦争中は、同志として一緒に戦った男性と女性の兵士...

  4. 米中韓が北との対話に舵を切った原因は、ロシアが原爆とロケットを供与したためだ - 治のデーターベース

    米中韓が北との対話に舵を切った原因は、ロシアが原爆とロ...

    2017年以降に行った北のロケット発射や核実験は、ロシアの技術援助を受けたため、成功率が格段に高まったのではないかと考えます。その理由は、自称ミサイルでは、成功率が格段に高まった2017年5月から発射し始めた火星12以降のロケットエンジンが、ウクライナ製でロシアに輸出したものだと明らかになったこと。*高度又は飛翔距離が1000km以上に達した例1993-2015年12回発射中1回(1998年...

  5. セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと - 御にあ市~Salon du Livre

    セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと

    題名:セカンドハンドの時代――「赤い国」を生きた人びと著者:スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ出版年:2016年出版社:岩波書店著者がノーベル文学賞を受賞した当時、本屋で平積みをされている本書を手に取り、分厚い本であるにも拘わらず、ここのところ余り感じたことない、「読みたい」という強い衝動に駆られた。ノーベル賞受賞者の作品というだけではなく、ソヴィエト連邦の共産主義・社会主義を経験した人たち...

  6. 韓国のミサイル迎撃システム(THAAD)配備に、中国がなりふり構わず反対する理由 - 治のデーターベース

    韓国のミサイル迎撃システム(THAAD)配備に、中国が...

    中国は、韓国でのミサイル迎撃システム(THAAD)配備に関連して、基地に使う土地を売ったロッテグループのロッテマートを全て営業停止する、韓国への観光を禁止する等、なりふり構わない報復を行っている。この中国の反応について、評論家やマスコミは「ミサイル迎撃システム(THAAD)の探知距離が千キロメートル以上あるから、中国国内を覗かれるのが嫌だ」だからだとしているが、これは皮相的すぎる。中国の本音...

  7. バンコクの露店や屋台はどうなるのか - イ課長ブログ

    バンコクの露店や屋台はどうなるのか

    バスの話が続いたから、気分を変えてバンコクの話を。アソーク通りとの交差点を中心にしたスクンビット通りはバンコクの中でイ課長が最もよく知るエリアと言っていいだろう。大繁華街だし交通の便がいいから、2013年以来、バンコクではいつもこのあたりでホテルをとる。アソーク交差点から北西側の通りの歩道には土産物や雑貨系の露店が多い。イ課長はいつもTシャツやカンボジア・パンツをここで買う。一方、交差点から...

  8. LDCクイズ【出題編】 - イ課長ブログ

    LDCクイズ【出題編】

    本日は少〜〜しお固い話題だけど、最後にお楽しみクイズがありますからね(笑)。LDCという言葉をご存知の方はいるだろうか。Least Developed Countries の略で、直訳すれば「最低(最少?)開発途上国」か。通常、日本語では「後発開発途上国」と書かれる。もう少しカンカク的に言うときは「最貧国」なんていうこともあるようだ。このLDC、現在世界に48カ国。国連加盟国が現在193ある...

  9.  ミャンマーにいま行こうと思った理由 - イ課長ブログ

    ミャンマーにいま行こうと思った理由

    2013年にベトナム・タイを旅して以来、すっかり東南アジアが気に入ったイ課長。あれ以来バンコクをベースキャンプにするような形でカンボジア・ラオスにも行った。その流れからすれば未踏のミャンマーに行きたいと思うのは自然の成り行きだ。カンレキ過ぎてからゆっくり行くことも出来た・・というか出来る予定だ(笑)。だがイ課長の中に「今のうちに行っておいた方がいいかも・・」という気持ちがちょっとあった。理由...

  10. The Burning Forest: India's War in Baster - 御にあ市~Salon du Livre

    The Burning Forest: India&#...

    題名:The Burning Forest: India's War in Bastar著者:Nandini Sundar出版年:Juggernaut出版社:2016インドのChhattisgarh州に広がる森林地帯Basterに昔から住む少数民族Adivasisが、2005年頃から、「『遅れている』少数民族を『開発』する」目的で、「Naxalitesあるいは毛沢東主義(Maois...

総件数:10 件

似ているタグ