故郷にてのタグまとめ

故郷にて」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには故郷にてに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「故郷にて」タグの記事(9)

  1. 昭和を訪ねて - 晴れ、ときどき飛行機雲

    昭和を訪ねて

    気温の乱高下はげしい春ですが寒い雨の春分の日、広島で高校時代の友人と久々に会ってました。ほんとに何年かぶりだったけど、なぜかタイムラグを感じない。お好み焼き、頻繁に帰省してるわりに全然ありつけてなかったので、ベタだけど(通ぶってヘラで食べてるふうをよそおってみました)美味しかった~ここ「みっちゃん」だけど、あの有名チェーンなのかなお店によって(厳密には作る人によっても)味が違うのね。昔はもっ...

  2. 急春 - 晴れ、ときどき飛行機雲

    急春

    (球春もあるけど)急な春寒さもまさに彼岸まで、翌日からいきなりびっくりするくらい春モード雪柳も水仙も昨日まで咲いてた?待ってた??家の前の桜並木は2分~3分咲きくらいでしたこの春、広島で新生活をスタートする甥っ子の入学頃には満開かも合格してくれてありがとう~同じ市内に住むっていうだけで、母もすごく励みにしてます。我が家でも広島へのベクトルがいっそう強まってますよ。25日に87歳になった母への...

  3. 冬の庭が好き - 晴れ、ときどき飛行機雲

    冬の庭が好き

    冬の庭。虫いなくていいわあ。ゴミ袋いっぱいの落ち葉も捨てた。(ゴミ係です)庭の一隅、母の畑も耕した。(ちから仕事はおまかせ)花のない季節もカンアヤメ咲いてくれる庭には つくばい もあるのだけど、竹管も朽ちて塩ビの水道管だけが立ってるという・・これは整備すべき??寂しいと言われがちだけど、葉の落ちた冬の木は、枝ぶりがしっかり見えてとてもきれいだと思う。もちろん新緑もきれいでそれはそれで感動しますが。

  4. 春へ - 晴れ、ときどき飛行機雲

    春へ

    和紙を畳んで染める。やってみたかったけど、母に教えてもらって体験しました。和紙ならではの丈夫さゆえできるこの手法、独特のにじみが魅力広げてみると全然イメージ違ったりして楽しい!もっと色を複雑にしてまたやりたい。急に春に向かっていってる陽射しに、日ごと庭の梅のつぼみが大きくなったある日気がつけばウグイスも鳴きはじめてました。そうして、6分の1が去った2018年。

  5. 本の値打ち - 晴れ、ときどき飛行機雲

    本の値打ち

    2月末もちょっとなんだかんだ帰省しておりました。実家の不用品を分別・処分に始まり、ほんと一軒家って家の中から庭から、際限なくやることがあるもの古い本いっぱい捨てた!(錬金術・・・って、化学のルーツよね)広島市のごみ分別ルールのキビシさったら、わけわからないレベル。以前、発泡スチロールごと食器を出したら”回収日が違うものが混在しているので持ち帰れません”という張り紙つきで残されていたことあり。...

  6. そろそろUターンの準備を - 晴れ、ときどき飛行機雲

    そろそろUターンの準備を

    広島に帰ったらもちろん、瀬戸内の魚介類を食べなければ! ですが楽しみにしてたのは、この春菊です。例年以上に野菜の高い年末年始だったけど、買い物に行くたびに買っちゃった。ほぼ広島でしか見ない、この肉厚で甘い春菊生で食べるのがいちばん美味しい横浜時代もこれ恋しかったなあ。県対抗駅伝を控え、それぞれの県人会の応援広告が連日新聞に掲載されてて故郷を離れても、離れているからこそ郷土愛は人を結びつける。...

  7. おりづるタワー2018冬 - 晴れ、ときどき飛行機雲

    おりづるタワー2018冬

    1月4日、おりづるタワーからの風景です初めて母と。最近足も弱くなってきて、寒い時期は特に外出がおっくうな母には少ないチャンス。手先の器用な母だけど鶴の折り紙、私のほうが上手だった〈願い事を書いて)でも今年も芋版の年賀状をかわいく仕上げてました折り鶴を落とすのも少し慣れてきましたがやっぱり怖いので早めに寒かったけど、こんなピンと空気の張りつめた新年も良いものです。

  8. 2018・新年 - 晴れ、ときどき飛行機雲

    2018・新年

    あけましておめでとうございます今年も、広島の実家で新年を迎えました正月にはダイオウショウだということで、適当に生けたけどどうなんだろう?(ちゃんと活け花習ったことないもんで)花屋さんのねこさんにいまいち愛想がなかったのであんまり買わなかったの毎年恒例となっていた義兄宅へのお年賀訪問が、今年はインフルエンザ禍のため中止になりまして着物も着ずに、テレビ漬けの正月を過ごしてしまいました!年末年始、...

  9. 母への最後の手紙 - ★楽浪の近江★~さざなみのおうみ~

    母への最後の手紙

    東根の叔父(母の兄)から連絡が来た。 まだ意識がはっきりしているうちに、確認しておいたほうがいいことがあるだろう。仕事もあるだろうが一度山形に来たほうがいいかもしれない。 とのことだった。惜別の気持ちはなかった。ただ母が亡くなった跡にいろいろな事務処理は生じる。その前に確認しておいたほうがよいことがあるのは事実だ。確認事項を書いた手紙を渡すことにした。手紙の内容は以下のとおり。 平成25年...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ