故郷のタグまとめ

故郷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには故郷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「故郷」タグの記事(86)

  1. 梅雨の寒い朝 - 故郷の宝物

    梅雨の寒い朝

    毎日雨と寒さでいくらかうんざりしている早く晴れの日が来ることを望んでいるが自然は思いは聞いてくれない

  2. 山の上のぽつんと倉庫「半世紀佇んだ古倉庫をとうとう解体・・・」編 - 納屋Cafe 岡山 

    山の上のぽつんと倉庫「半世紀佇んだ古倉庫をとうとう解体...

    以前お話した田舎の古倉庫とうとう無くなってしまいました。この佇まい結構、趣きがあって好きでした。ただただガラクタ、不要なものの物置き。でも半世紀以上ここで頑張っていた建物は存在感大で不動のものでした。先日立ち寄ってみると・・・・・・・・・・・・こんな状態。取り壊されていました。中の木片等はすこしづつ処分して行くそうです。これで近隣への危険はなくなったのでご近所さんも安心だとおもいます。でも・...

  3. 霧の中の釣り人 - 故郷の宝物

    霧の中の釣り人

    山中湖では霧の中で釣り人が遠くに見えるしばらくこの光景を見つめる

  4. 霧の朝 - 故郷の宝物

    霧の朝

    朝は前が見えないほどの霧でした霧のときはいつも見慣れている景色が一変する霧や雨は私は嫌いではない

  5. 大雨の朝 - 故郷の宝物

    大雨の朝

    雨も小雨なら可愛いが朝から風雨が強く台風が来たみたいだそれでも雨を撮影しに出かける

  6. 梅雨時の写真を探しに - 故郷の宝物

    梅雨時の写真を探しに

    梅雨時の写真を探しに八木崎公園に行く朝から弱い雨が降っているふと湖面を見ると美しい景色が目に入り三脚をセットして撮影する

  7. 6月の梅雨 - 故郷の宝物

    6月の梅雨

    最近は毎日曇りか雨であるこの時期にしか撮影できない写真があると考えている小雨降る朝に八木崎公園で撮影しました

  8. 梅雨の時期に - 故郷の宝物

    梅雨の時期に

    6月は梅雨の時期でこの時期は気がのらない人は気分に左右されるいきものかもしれない自然界は喜んでいる花があるそれは紫陽花であるこの写真は青くなり始めた写真で初々しさがあるこの初々しさが大好きである

  9. 赤富士 - 故郷の宝物

    赤富士

    露の季節に多く見える赤富士が発生する雪も少なくなり夏の季節の到来を告げているようですこれから富士山は緑の色が強くなり夏富士が見えるようになります

  10. 夏の雲 - 故郷の宝物

    夏の雲

    夏の気配を感じるが梅雨に入り大荒れの日が多くこの時の朝も生き物のような雲が発生する自然は予測不能なことが多い

  11. 夏の光 - 故郷の宝物

    夏の光

    今年の春は春らしさが感じられず季節が感じられないのはさみしい故郷は朝は寒いのですが日中は夏の強い日差しがあり夏を実感する

  12. 夏の光 - 故郷の宝物

    夏の光

    最近は季節を感じることが少なくなってきているいくぶんさみしさを感じるこの日も夏の光で額に汗してk撮影する

  13. 故郷の宝物 - 故郷の宝物

    故郷の宝物

    故郷の富士山は目の前にあるため大きく逞しい子供の頃から富士を眺めて手を会わせていたことを思い出します

  14. 春の雪 - 故郷の宝物

    春の雪

    歌に出てくる春のイメージは感じられず四季を感じることが少なくなってきている今まで雪も降らないことはないがあまり積もることはない今度の雪は今までで記憶にない

  15. 優しい雲 - 故郷の宝物

    優しい雲

  16. 故郷の宝物 - 故郷の宝物

    故郷の宝物

  17. 妹の自宅にお邪魔。。。 - おやじログ

    妹の自宅にお邪魔。。。

    オヤジは広島に帰っても自宅が無いのでいつも、妹の自宅にお邪魔しております。(旦那とはかれこれ20年以上別居状態なので)そこには、こんな可愛いペットが猫は、野良猫をそのまま飼い猫に、ウサギは結婚初期から飼いだして2代目に姫さん動物が苦手なのですが、この二匹は大丈夫のようです。因みに、猫がウサギを襲うことは無いようですが逆にウサギが猫を襲うこともあるようです(^_^.)行くたびに、この二匹に癒さ...

  18. 故郷の小さな町で暮らす - ゆうゆうタイム

    故郷の小さな町で暮らす

    私は故郷から出ないで生まれ育ったこの小さな町でずっと生きている。海外旅行にも国内の旅行にも数えるほどしか行かなかった。 締め切りのある取材や原稿書きを長く続けたので、旅の余裕がなかった。時間やお金を自由に使えるようになったらすでにシニアになっていた。10代の頃怪我で痛めた左ひざのために長く早くは歩けない。そういう体のせいかしだいに気持ちは旅から離れてしまった。~~~~~~~~~~~~~~~~...

  19. アベック通りと桜の記憶 - A primrose by the river’s brim

    アベック通りと桜の記憶

    「アベック通り」と呼ばれるお堀端の桜並木いつか好きな人と手をつないでここを歩くのが夢だった────────────────────────毎年桜の時期はざわざわとこころが騒ぐ。散り急ぐ花を見なければと妙に落ち着かない気持ちになる。1年の半分を雪と曇天の空の下で過ごしていた頃春が来るのがほんとうに待ち遠しかった。桜はお別れの象徴でもあるけれど潔い散り方に人生の心意気を教わった気がする。好きだっ...

  20. 簡単旅行 - いぬ猫フェレット&人間

    簡単旅行

    昨日の午後は3月に手術した右膝の診察とリハビリ。帰りが遅くなるやも知れず、行く前にバタバタと家の用は済ませF整形外科へ。リハビリが終わった後はスタミナを使い尽くす。「もっとスタミナつけなきゃ!」と自分だけステーキ肉を焼いて食す。夫は月曜日に大腸のポリープを内視鏡検査の時に切除したので、まだ消化の良い物しか食せず、うどん。しかし、思えば夜スタミナをつけてもあまり意味がない。結局夜更かししてイン...

総件数:86 件

似ているタグ