故郷のタグまとめ

故郷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには故郷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「故郷」タグの記事(74)

  1. 故郷の宝物 - 故郷の宝物

    故郷の宝物

    故郷の富士山は目の前にあるため大きく逞しい子供の頃から富士を眺めて手を会わせていたことを思い出します

  2. 春の雪 - 故郷の宝物

    春の雪

    歌に出てくる春のイメージは感じられず四季を感じることが少なくなってきている今まで雪も降らないことはないがあまり積もることはない今度の雪は今までで記憶にない

  3. 優しい雲 - 故郷の宝物

    優しい雲

  4. 故郷の宝物 - 故郷の宝物

    故郷の宝物

  5. 妹の自宅にお邪魔。。。 - おやじログ

    妹の自宅にお邪魔。。。

    オヤジは広島に帰っても自宅が無いのでいつも、妹の自宅にお邪魔しております。(旦那とはかれこれ20年以上別居状態なので)そこには、こんな可愛いペットが猫は、野良猫をそのまま飼い猫に、ウサギは結婚初期から飼いだして2代目に姫さん動物が苦手なのですが、この二匹は大丈夫のようです。因みに、猫がウサギを襲うことは無いようですが逆にウサギが猫を襲うこともあるようです(^_^.)行くたびに、この二匹に癒さ...

  6. 故郷の小さな町で暮らす - ゆうゆうタイム

    故郷の小さな町で暮らす

    私は故郷から出ないで生まれ育ったこの小さな町でずっと生きている。海外旅行にも国内の旅行にも数えるほどしか行かなかった。 締め切りのある取材や原稿書きを長く続けたので、旅の余裕がなかった。時間やお金を自由に使えるようになったらすでにシニアになっていた。10代の頃怪我で痛めた左ひざのために長く早くは歩けない。そういう体のせいかしだいに気持ちは旅から離れてしまった。~~~~~~~~~~~~~~~~...

  7. アベック通りと桜の記憶 - A primrose by the river’s brim

    アベック通りと桜の記憶

    「アベック通り」と呼ばれるお堀端の桜並木いつか好きな人と手をつないでここを歩くのが夢だった────────────────────────毎年桜の時期はざわざわとこころが騒ぐ。散り急ぐ花を見なければと妙に落ち着かない気持ちになる。1年の半分を雪と曇天の空の下で過ごしていた頃春が来るのがほんとうに待ち遠しかった。桜はお別れの象徴でもあるけれど潔い散り方に人生の心意気を教わった気がする。好きだっ...

  8. 簡単旅行 - いぬ猫フェレット&人間

    簡単旅行

    昨日の午後は3月に手術した右膝の診察とリハビリ。帰りが遅くなるやも知れず、行く前にバタバタと家の用は済ませF整形外科へ。リハビリが終わった後はスタミナを使い尽くす。「もっとスタミナつけなきゃ!」と自分だけステーキ肉を焼いて食す。夫は月曜日に大腸のポリープを内視鏡検査の時に切除したので、まだ消化の良い物しか食せず、うどん。しかし、思えば夜スタミナをつけてもあまり意味がない。結局夜更かししてイン...

  9. 早春賦 - 水彩画日記

    早春賦

    妻の故郷の春です。

  10. 冬の小川 写真素材 - 和風・和柄 背景素材屋

    冬の小川 写真素材

    冬の小川-photolibrary 小川 冬 自然 雪 ふるさと 故郷 川 秋田県 いで川仙南村 美郷町

  11. 悲しい知らせ。 - ゴローザ通信

    悲しい知らせ。

    数日前、訃報が届きました。同級生が亡くなりました。9月の小学校同窓会で幹事長をやってくださった方です。小学校以来の再会でした。あまりに突然の悲報でしたので、少しうろたえました。連絡があったのは告別式の日でした。3ヶ月前はあんなに元気で「また逢おうな…」と言葉を交わしたのに…携帯に同窓会前にやりとりしたメールが残っています。早すぎるよ…寂しいです…心からご冥福をお祈りします。

  12. 11月18日は「故郷(ふるさと)」、忘れ難き場所 - mourokuKoala

    11月18日は「故郷(ふるさと)」、忘れ難き場所

    11月18日は「故郷(ふるさと)」、忘れ難き場所昔は、「以前、都などがあって栄えていたが、さびれてしまった土地」のことや、「かつて、一度でも行ったり、住んだりした土地」のことも「ふるさと」といっていた。二つ目の一度でも行ったことのある場所をいう感覚は、今のように頻繁に何処にでも行ける時代ではなかったから、それだけで、特別な地と思えたのだろう。気軽に何処にでも行けるようになった分、一度行った場...

  13. 「スティル・ライフ」さらに深い! - 憂き世忘れ

    「スティル・ライフ」さらに深い!

    ますます、込み入った話です。「夏の朝の成層圏」に「源氏」のスカシが入っていましたが、肝心なアヤメ、キツネ、イタチ、タヌキが見当たらなかった。すると「スティル・ライフ」にワザとらしく「狐忠信」が出て来た。二作品にまたがって入っているんだなあと思った。アヤメ=殺め屋敷の地下道=イタチそして、凄いのは、タヌキが住人を殺して、その住人に成りすますという話が「掌の小説」にある。留守番している子どもに成...

  14. ふるさと vol.5『親友たちと過ごしたじかん』。 - ゴローザ通信

    ふるさと vol.5『親友たちと過ごしたじかん』。

    今日もいい天気!朝ごはんは日本料理。美味しかったです。こちらは2人分の盛り合わせ。先祖の菩提寺へ。禅寺です。この近くの幼稚園に通っていました。30年前以前の先祖のお骨はこちらの永大供養墓へ。父と祖母のお骨は広尾のお墓に。お昼は駅ビルの家族亭で。その後は、馴染みの靴屋さんとバッグ屋さんに寄って母は一足先に上京。わたしは中高時代からの大親友ふたりと駅前で珈琲タイム。3時間たっぷりおしゃべりしまし...

  15. ふるさと vol.3『小学校の同窓会』。 - ゴローザ通信

    ふるさと vol.3『小学校の同窓会』。

    良い天気になりましたお昼にご馳走をいただくので、朝は軽めに。わたしの母校は、当時2クラス(1クラス38名、計76名)の小さな小学校でした。どちらかと言うと、わたしは女子より男子との方が気が合うタイプでした。卒業するとわたしは父の決めた「中高一貫教育の私立」に通うことになりました。女子だけの学校生活はちょっと違和感がありました。もうひとり同じ進路の子がいました。つまりわたしたち2名以外はみんな...

  16. ふるさと vol.2『湖畔のリゾートホテル』。 - ゴローザ通信

    ふるさと vol.2『湖畔のリゾートホテル』。

    店を出て、またまた荷物を引きずって駅前へ。デパ地下で晩ごはんの調達です。山吹の「うなぎ弁当」、なだ万の「枝豆の冷製スープ」、まるたやの「チーズケーキ」、翌朝用にPAUL の「クロワッサンとデニッシュ」、ヨーグルト、オレンジジュースを購入。16:00、ホテルシャトルバス乗車。渋滞の為、到着は17時近くになってしまいました。雨、どんよりとした空、浜名湖の風景も暗く重かった…途中、実家跡地を通りま...

  17. 紅花郷愁 - ♪一枚のphotograph♪

    紅花郷愁

    また明日と手をふって家路に急いだ幼き日々田んぼのふちを真っ赤な花が灯っていたにほんブログ村亀岡市(京都)撮影日2018/09/24Canon EOS Kiss X7

  18. 故郷の星空-2 - 自然と仲良くなれたらいいな2

    故郷の星空-2

    前日アップした星空に雲がかかり始め、それが少し幻想的になったような。(PENTAX KP+DA16-85㎜/秋田県三種町)

  19. 故郷の星空 - 自然と仲良くなれたらいいな2

    故郷の星空

    お盆に帰省して、日中なかなか出かけられなかったのですが、夜にはそこそこ時間が取れたので、実家の隣にある畑に三脚を立てて星空(天の川)を撮ってみました。左に写っている明るい星は火星だったようです。(PENTAX KP+DA16-85㎜/秋田県三種町)

  20. 故郷・夏 - ryuuの手習い

    故郷・夏

    location:信州長野市信里comment:もうほんとに信州ならどこにでもある風景報道によると今年の夏は殊の外暑かったらしいでも蓼科の夏は快適だったなあ早朝テニスもコートがハードからオムニに変わったこともあり1日の雨休日もなかったオムニは水捌けが驚くほど良いのだだけど日本の四季がとても心配だ・・F4water ford rembrandt watercolours制作時間:3時間fa...

総件数:74 件

似ているタグ