救いのタグまとめ

救い」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには救いに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「救い」タグの記事(105)

  1. 再掲載:正しきことだけが、私を救うというのでしょうか? - 糸のない凧

    再掲載:正しきことだけが、私を救うというのでしょうか?

    もうこれ以上。傷つくのは耐えられないから。私はそれを、怒りに変えた。もうこれ以上。屈辱にまみれるのは辛すぎるから。私はそれを、怒りに変えた。それなのに。怒ってはいけない、怒りは悪だと言われたら。私はいったいどうしたらいいの?お願い。私から怒りを取り上げないで。今の私は怒りなしで、立っていられるほど強くはない。お願い。私から怒りを取り上げないで。それが違っていることくらい、私にだってわかってい...

  2. 5月23日救いの入口 - 青梅あけぼのキリスト教会

    5月23日救いの入口

    (ルカによる福音書 5章31節) 大谷唯信牧師「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしが来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」「近頃、どうも体の具合が悪い。一度病院に行って診てもらおう」。とか「診てもらったら?」などの言葉を私の年齢のせいかよく耳にするようになった。「元気だから病院に行こう」等と言う者はまずいない。しかし「元気だけど一度診て...

  3. 2月28日救われるためには? - 青梅あけぼのキリスト教会

    2月28日救われるためには?

    (ローマ人への手紙 6章16節) 大谷唯信牧師「あなたがたは知らないのか。あなたがた自身が、だれかの僕になって服従するなら、あなたがたは自分の服従するその者の僕であって、死に至る罪の僕ともなり、あるいは、義にいたる従順の僕ともなるのである。」すべての人は何かに支配されその奴隷なのであると聖書は語る。しかし多くの人が、自分は好きなときに好きな事ができる。全て自由そのものであって決して奴隷などで...

  4. 2月14日自我からの解放 - 青梅あけぼのキリスト教会

    2月14日自我からの解放

    (コリント人への第一の手紙 1章18節) 大谷唯信牧師「十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である。」「十字架の言」とはイェス御自身でありイェスの語られた言葉である。「十字架の言」とは私達全人類の救いのためになされた十字架の御業、贖いの死と復活である。「十字架の言」とは「この御子を信ずる者が永遠の命を与えられるために独り子を与えて下さった」神の愛である...

  5. 1月24日救いの入口 - 青梅あけぼのキリスト教会

    1月24日救いの入口

    (ルカによる福音書5章31節) 大谷唯信牧師「健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。わたしが来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」「近頃、どうも体の具合が悪い。一度病院に行って診てもらおう」。とか「診てもらったら?」などの言葉を私の年齢のせいかよく耳にするようになった。「元気だから病院に行こう」等と言う者はまずいない。しかし「元気だけど一度診てもら...

  6. 1月3日命の光を持て - 青梅あけぼのキリスト教会

    1月3日命の光を持て

    (詩篇73篇2~3節) 大谷唯信牧師「わたしは、わたしの足がつまずくばかり、わたしの足がすべるばかりであった。これはわたしが、悪しき者が栄えるのを見て、その高ぶる者をねたんだからである。」人はよくつまずくものだ。つまずくのは大きな石ではなく、小さな石につまずく。見えていないからだ。年を取って来ると、見えていてもつまずく。越えたと思っていても、足が上がっていないのである。それなのに、自分の現実...

  7. 神の愛のみが真の愛である - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神の愛のみが真の愛である

    神はこう仰いました。「数千年にわたり腐敗し続けてきた中国国家は、現在まで存続してきた。ありとあらゆる害毒が、らい病のように随所に拡散している。人間関係を見るだけで、人間にどれほど大量の害毒があるかを理解するに十分である。そうした密閉されて害毒に冒された領域で御業を行うことは、神にとって極めて困難である。人々の人間性、習慣、行動方法、人生や人間関係で表現されるあらゆる物事は、すべて信じられない...

  8. 贖いの時代における働きの内幕 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    贖いの時代における働きの内幕

    わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの働きは人間の必要性に対応している。正確には、わたしがサタンに対して行なう戦いでサタンが用いる策略に応じて働きは行わ...

  9. 神様の御心を理解すれば誤解は解消できる - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神様の御心を理解すれば誤解は解消できる

    神様の御言葉にこうあります。「神の至高、偉大さ、聖さ、寛大さ、愛……これら全ての様々な神の性質と本質の側面は、神が業を行うたびに現れるものであり、神の人間に対する意志が具現化されたものであり、そして全ての人間に対し履行され、反映されるものである。あなたがこれまでにそう感じたことがあるかどうかに関わらず、神は全ての人をあらゆる方法の限りを尽くして思いをはせ、一人一人の心を温めるため、そして一人...

  10. 神の三段階の働きがもつ相互関係 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神の三段階の働きがもつ相互関係

    神の三段階の働きがもつ相互関係2017年11月21日関連する神の言葉:ヤーウェの働きからイエスの働きに至るまで、イエスの働きからこの現段階の働きに至るまで、これら三段階は神の経営全体を隙間なく覆うものであり、またそのすべてが一つの霊による働きである。創世以来、神は常に人類の経営にいそしんできた。神は初めにして終わりであり、最初にして最後であり、時代を始める存在にして時代を終わらせる存在である...

  11. 終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないのか。神はなぜ肉において働きを行うようになったのか。 - 全能神-私の救い主

    終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないの...

    参考聖書箇所「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『……あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからである』」(出エジプト記 33:18-20)「ヤーウェはシナイ山の頂に下られた。そしてヤーウェがモーセを山の頂に召されたので、モーセは登った。ヤーウェはモーセに言われた、『下って行って民を戒めなさい。民が押し...

  12. 死の試練の中で - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    死の試練の中で

    全能神は言われます。「神は堕落した人類を救うために地上で働きに来た。このことに嘘はない。もしあれば、神が働きを行うために自ら来ることは絶対になかっただろう。過去において、神の救いは最大限の慈愛と憐れみを見せることで、神は全人類と交換するために自らのすべてをサタンに与えたほどであった。現在は過去とはまったく違っている。今日、あなたがたに与えられる救いは終わりの日に、各人を種類ごとに分類するとき...

  13. 日々の神の御言葉「人類の経営の目的」抜粋313 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「人類の経営の目的」抜粋313

    人々が本当に、人生の正しい道と神による人類の経営(救い)の目的とを明確に理解できるなら、個人的な将来や運命を宝として心に抱くことはないだろう。そして豚や犬よりも劣る両親に仕えたいとはもう思わなくなるだろう。人の将来や運命はまさに、ペテロのいわゆる「親」の現代版ではないか。それはまさに人の身内のようなものだ。肉の終着点や将来とは、一体どんなものなのか。生きながら神を見ることなのか、あるいは死後...

  14. 日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付き従ってはならない」抜粋443 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付...

    あなたがたは自分が今身に付けるべきことを知っているのか。その一面は働きについてのビジョンに関わっており、もう一つの面が実践だ。あなたがたはこの両方の側面を把握する必要がある。いのちの進歩を追求する際にビジョンを持っていなければ、あなたには基盤がないことになる。ただ実践の道だけを身に付けても、ビジョンが皆無で、全体的な経営(救いの)計画の働きを何も理解していなかったら、あなたは何の役にも立たな...

  15. 日々の神の御言葉「モアブの子孫を救うことの意義」抜粋185 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「モアブの子孫を救うことの意義」抜粋185

    今モアブの子孫に働きを行なうことは、最も暗い所へ落ちた者を救うことである。モアブの子孫は呪われたが、神は彼らから栄光を得ることをいとわなかった。なぜならモアブの子孫は皆、当初は心に神のいない者だったからである。心に神のいない者を神に従い神を愛する者にすることだけが真の征服であり、そのような働きの成果が最も価値があり、最も説得力がある。それだけが栄光を得ることであり、それが終わりの日に神が獲...

  16. 日々の神の御言葉「完全にされる者は精錬を経なければならない」抜粋517 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    日々の神の御言葉「完全にされる者は精錬を経なければなら...

    日々の神の御言葉「完全にされる者は精錬を経なければならない」抜粋517赤い大きな竜の国における神の働きは驚くべきものであり、測り知ることができない。神によって完全にされる人々の集団もあれば、淘汰される集団もある。と言うのも、教会にはあらゆる種類の人がいるからである。真理を愛する人と愛さない人、神の働きを経験する人としない人、本分を尽くす人と尽くさない人、神のために証しをする人としない人。その...

  17. 全能神教会 日々の神の御言葉「モアブの子孫を救うことの意義」抜粋186 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 日々の神の御言葉「モアブの子孫を救うことの...

    日々の神の御言葉「モアブの子孫を救うことの意義」抜粋186地上に来た時、神はこの世のものではなく、この世を楽しむために肉となったのではない。働きが神の性質を明らかにし、最も意義のあるものとなるのは、神が生まれた場所である。それが聖なる地であれ穢れた地であれ、神がどこで働こうと神は聖い。この世界のあらゆるものは神に創られた。ただ全てがサタンに堕落させられてしまったのである。しかしながら、万物は...

  18.  キリスト教の歌「神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった」歌詞付き - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    キリスト教の歌「神はサタンを打ち負かし人を救うために...

    キリスト教の歌「神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった」歌詞付き神が今回地上で受肉している期間彼が人の間で自ら働きをなす時彼がなす全てのことはサタンを打ち負かすためであるサタンを打ち負かすためであるそして、彼は人を征服しあなたがたを完全にすることによってサタンを敗北させるのであるあなたがたが響きわたるような証しをするときこれもまたサタンの敗北のしるしとなるであろう人は、サタンを打ち負...

  19. 日々の神の御言葉「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」抜粋509 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    日々の神の御言葉「精錬を経験することでのみ、人は真の愛...

    日々の神の御言葉「精錬を経験することでのみ、人は真の愛をもつことができる」抜粋509神の精錬が大きいほど、人の心は神をさらに愛することができる。心の苦しみはその人のいのちに有益であり、神の前でより安らぎ、神との関係がより近くなり、神の至高の愛と救いをよりよく理解できる。ペテロは何百回も精錬を経験し、ヨブは数度の試練を受けた。あなたがたが神によって完全にされることを望むのであれば、同じく何百回...

  20. 11月15日救いの道を深める秘訣 - 青梅あけぼのキリスト教会

    11月15日救いの道を深める秘訣

    (テモテへの第二の手紙2章8節)大谷唯信牧師「死人のうちからよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。これがわたしの福音である。」「これがわたしの福音である」とパウロは言い切った。その福音とは何か。難しい理論でも考えでもない。一言で言うならばイエス・キリストである。福音とはイエス・キリスト御自身の事である。それはイエス・キリストと言う中にすべての救いの御業が含まれているからである...

総件数:105 件

似ているタグ