教会のタグまとめ

教会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには教会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「教会」タグの記事(1332)

  1. キリストが来られる日に向かって、自分が死ぬ日に向かって、前進 - 御言葉をください2

    キリストが来られる日に向かって、自分が死ぬ日に向かって、前進

    前進しよう。キリストの来られる日に向かって。「御国を来らせ給え」と祈りつつ。神の国の来る日に向かって、神の国が来ることを祈りつつ、それにふさわしく生きよう。主よ、わたしのこの志を祝したまわんことを。ブルームハルトの「待ちつつ、急ぎつつ」がわたしのものになりつつある。

  2. 2月24日(日) - 御言葉をください2

    2月24日(日)

    主の慈しみをとこしえにわたしは歌います。わたしの口は代々に、あなたのまことを告げ知らせます。(詩編89.2)主とは神のことである。イスラエルの民が、そして新しいイスラエルである教会が主と仰ぐ神のことである。この神は慈しみ深い方である。新約聖書には、「神は愛である」という言い方もある。わたしたちは、イエス・キリストによって、神は慈しみ深い方であることを知らされている。その神が独り子である方を救...

  3. 松谷好明著『キリスト者への問い』を読んでいる。 - 御言葉をください2

    松谷好明著『キリスト者への問い』を読んでいる。

    2018年に出されている。一麦出版社から。多くの事実は教えてくれるが、もうひとつ本気で読む気になれずにいる。これは、皇室の人をクリスチャンにしようという伝道の対象としての「天皇」という観点があまりに強すぎると思われる。わたしは「天皇」の戦争責任から、天皇制の問題に接近したので、松谷氏の接近の仕方からとは、だいぶ違う。彼が、ウィストミンスター信仰告白に立つ宣教を目指しているせいもあるだろう。

  4. 明日の沖縄県の県民投票で、反対派の数が賛成派の数を圧倒することを祈る。 - 御言葉をください2

    明日の沖縄県の県民投票で、反対派の数が賛成派の数を圧倒...

    わたしは、辺野古に新基地がつくられるのに、日本国民の一人として反対である。県民投票には参加できないが、反対派の人たちを応援している。そして、この選挙結果を日本政府が重んじるようになることを祈っている。

  5. 2月23日(土) - 御言葉をください2

    2月23日(土)

    見よ、その日が来れば、と主は言われる。耕す者は、刈り入れる者に続き、ぶどうを踏む者は、種蒔く者に続く。山々はぶどうの汁を滴らせる。わたしは、わが民イスラエルの繁栄を回復する。(アモス9.13)にほんブログ村人気ブログランキング

  6. 2月22日(金) - 御言葉をください2

    2月22日(金)

    シオンの都に住む者はだれも病を訴えることはない。都に住む民は罪を赦される。(イザヤ33.24)にほんブログ村人気ブログランキング

  7. 中国では、ただ一度だけ、皇帝が「天皇」と呼ばれたと聞いている。 - 御言葉をください2

    中国では、ただ一度だけ、皇帝が「天皇」と呼ばれたと聞い...

    だから、「天皇」という言い方は、大胆不敵な言い方なのである。わたしは、一度韓流ドラマで、李氏朝鮮の王が、日本の「天皇」という称号を見て、怒っている場面を見たことがある。それが実際あったことかどうか、史実かどうかわたしは確かめていないが、わたしには、その怒りが理解できる。しかし、わたしたち日本人の多くは、理解できないのではなかろうか。そもそも「元号」というものが大胆不敵なものである。人間に「時...

  8. どうして、神は人間を罪を犯さないように創造されなかったか - 御言葉をください2

    どうして、神は人間を罪を犯さないように創造されなかったか

    かつて私は、そのような神に抗議するような考えを持ったことがある。そうすれば、わたしたちは、罪を犯さず、楽園から追い出されることはない、と考えたのである。その点、動物たちは罪を犯すことはない。しかし、ここでは、アダムは罪を犯さなければならなかったわけではない、罪を犯すという必然性を持って、創造されたわけではない、ということが見過ごされている。アダムは禁断の木の実を食べないでいることができたので...

  9. 2月21日(木) - 御言葉をください2

    2月21日(木)

    知らずに犯した過ち、隠れた罪から、どうかわたしを清めてください。(詩編19.13)にほんブログ村人気ブログランキング

  10. 2月20日(水) - 御言葉をください2

    2月20日(水)

    わたしはあなたに向かって両手を広げ、渇いた大地のようなわたしの魂を、あなたに向けます。(詩編143.6)にほんブログ村人気ブログランキング

  11. 2月19日(火) - 御言葉をください2

    2月19日(火)

    わたしの魂は、あなたの救いを求めて絶え入りそうです。あなたの御言葉を待ち望みます。(詩編119.81)人気ブログランキング

  12. 天皇と「天皇」 - 御言葉をください2

    天皇と「天皇」

    注意深い方は、わたしが最近、天皇ではなく「天皇」と書いていることに気づかれているだろう。私は、基本的に「天皇」とカッコつきで天皇のことを書くことにしたのである。わたしは、今の明仁さんが天の皇などとは思えないし、言いたくもないということである。しかし、憲法にも天皇と書かれているのだし、天皇以外に適当な言い方がない以上、わたしは明仁さんを「天皇」つまり「かっこつきの『天皇』」としか言いようがない...

  13. 2月18日(月) - 御言葉をください2

    2月18日(月)

    神は傷つけても、包み、打っても、その御手で癒してくださる。(ヨブ記5.18)人気ブログランキング

  14. 「天皇」と「emperor」は違う。 - 御言葉をください2

    「天皇」と「emperor」は違う。

    普通、「天皇」は「emperor」と言い換えられる。しかし、これは正確な言い換えではなく、誤解を招くところがある。「emperor」は、宗教的存在ではない。ローマ皇帝の中には、「神格化」された「皇帝」もいたが、ローマ皇帝崇拝は、継続的にされたわけではない。単発的に行われただけである。その点、「天皇」という呼称は、古代の呪術的なものを、現代に持ち込んでいるのである。「天皇」という言葉自体に宗教...

  15. 「天皇」という言葉自体の持つ宗教性 - 御言葉をください2

    「天皇」という言葉自体の持つ宗教性

    わたしは、一人の人間を「天皇」と呼ぶこと自体が、一人の人間を「神」とすることであり、偶像崇拝である、と思う。よく「大嘗祭は、神になる儀式である」と言われる。しかし、そんな儀式をしていなくても、ある一人の人を「天皇」と呼ぶことは、それ自体で既に、一人の人間を「天の皇」と呼ぶことであり、「天皇」とは超越的存在であると認めることになる。もちろん、「天皇」を単なる称号である、と言えるということはある...

  16. 「永遠の今」とはイエス・キリストのことである。 - 御言葉をください2

    「永遠の今」とはイエス・キリストのことである。

    「永遠の今」ということがしばしば神学者たちの口から出るが、「永遠の今」という言葉は、聖書にはない。「永遠の昔」という言い方はある。「永遠の今」という言葉で、思い浮かぶ神学者の名前はパウル・ティリヒである。しかし、わたしは、「永遠の今」はイエス・キリストである、と言えるのではないかと考えた。イエス・キリストは永遠に生きている方であり、今生きておられる方である。

  17. 2月17日(日) - 御言葉をください2

    2月17日(日)

    諸国の民よ、我らの神を祝し、賛美の声を響かせよ。神は我らの魂に命を得させてくださる。我らの足がよろめくのを許されない。(詩編66.8-9)人気ブログランキング

  18. 2月16日(土) - 御言葉をください2

    2月16日(土)

    すべての国よ、主を賛美せよ。すべての民よ、主をほめたたえよ。(詩編117.1)人気ブログランキング

  19. 目標を見定めて、足下の一歩を力強く前進する。 - 御言葉をください2

    目標を見定めて、足下の一歩を力強く前進する。

    目標を見定めて、目の前にあることに集中して取り組む。目標を見定めることなしに、目の前のことに集中すると、道を間違える怖れがある。一方、目標を見定めていても、あれこれして集中できないと、前進できない。目標は、イエス・キリストである。

  20. 2月15日(金) - 御言葉をください2

    2月15日(金)

    わたしはお前たちに新しい心を与え、お前たちの中に新しい霊を置く。(エゼキエル36.26)にほんブログ村人気ブログランキング

総件数:1332 件

似ているタグ