教師のタグまとめ

教師」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには教師に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「教師」タグの記事(36)

  1. 君が代不規律裁判最高裁までの判決に驚いた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    君が代不規律裁判最高裁までの判決に驚いた

    業務命令違反だろ?、よく定年まで在職させたな。反省せず再発していたのなら、その時に解雇でよかったのではないか?。こんな左翼活動は業務外でするもんだ。企業内の左翼は出勤前後に企業外で自分たちの主張をしていた。これならば、立ち止まり静かにその主張を聞いてあげる。「業務違反するから再雇用しろ、当然だ。」なんて通る訳がない。最高裁までの判決は誰がしたのだ?。まったくあきれる。婦女暴行教師もウヨウヨい...

  2. またまた、大好物なエロ教師の事件が起きた。それも4匹が同時にクビだ。 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    またまた、大好物なエロ教師の事件が起きた。それも4匹が...

    ■36歳男性高校教諭・女子生徒に対し複数回、胸を触りキス・高校の教室などで計4回、性行為■24歳男性高校教諭・ホテルで女子生徒にキスをして自らの性器を触らせた■24歳男性高校教諭・女子生徒と私的に会い、約30回キス(残りは35歳男性中学教諭で無免許運転だって、頭が中学生か?)18歳以下に手を出すのはいかんね~。羨ましすぎて同情のよしなしだ。氷山の一角、高校は淫行パラダイスのようだ。「志望動機...

  3. 教師の資質を高める~先生のためのセルフコーチング~ - 大前暁政の21世紀の教育記録

    教師の資質を高める~先生のためのセルフコーチング~

    ◇新刊,日本教育新聞で紹介されました。**************【新刊】「先生のためのセルフコーチング」大前暁政著,明治図書 **************かなり高評価で嬉しく思いました。カラー掲載,ありがとうございました。◇ 教師の資質を高めることが大切と言われて久しいものがあります。しかも,自分で高めることが求められています。自分で,自分の力を伸ばしていくのです。「学び続ける教員」とも言...

  4. 諏訪哲二「教育改革の9割が間違い」ベスト新書 - Mr.こりあんのひとりごと

    諏訪哲二「教育改革の9割が間違い」ベスト新書

    表紙に書かれていたアクテイブラーニングが是か非か、ということより「プロ教師の会」名誉会長としての教育の見解が紹介されている本だった。でもそれがかえってよかったような印象もあった。教師という特殊な職業を持つものの性というか正体をよく見抜いているなと感じた。教師が陥りやすいのが「私は生徒の立場に立って考えている、生徒のことを真剣に考えている」といった勝手な思い込みだ。そういう正義感でつっぱしる場...

  5. 少なくとも公僕である限り自由であるわけ無い - 見たこと聞いたこと 予備3

    少なくとも公僕である限り自由であるわけ無い

    yahoo:「「君が代」起立めぐり再任用拒否元教諭が大阪府を提訴」卒業・入学式での君が代の起立斉唱をめぐり再任用を拒まれたとして、大阪府立高校の元教諭、梅原聡さん(61)が23日、府に計約550万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。訴状によると、梅原さんは定年退職を控えた昨年1月、勤務先の校長から「今後、起立斉唱の職務命令に従うか」と尋ねられ、「答えることはできない」と返答。府教委...

  6. 教師を丸腰にしてしまったのはまずかったよね>荒れる教室 - 見たこと聞いたこと 予備3

    教師を丸腰にしてしまったのはまずかったよね>荒れる教室

    yahoo:「ため口の生徒、一喝したいが躊躇 保護者、教委の存在よぎる」学校現場が萎縮している、と福井市の公立中に勤務するベテラン男性教師(58)は訴える。「先生が『バカ』なんて言うていいんか?教育委員会に言うぞ」騒がしさを注意された生徒の一部が、インターネットから得たであろう情報をちらつかせ、同級生と話すような「ため口」で教師に迫る。一喝したいが、保護者や市教委の存在がよぎり躊躇する。そん...

  7. 対応すべきは学校ではなく親ではないか? - 見たこと聞いたこと 予備3

    対応すべきは学校ではなく親ではないか?

    yahoo:「<教師への暴力>警察対応の秩序か生徒の将来か苦悩の現場」学校で生徒が教師に暴力を振るって逮捕される事件が後を絶たない。福岡市では9月、男子生徒が教室で男性講師に暴行する様子を撮影した動画がインターネット上に流出し、男子生徒が逮捕される事件もあった。文部科学省は学校内で暴行などの犯罪行為があれば警察と協力して対応するよう指導するが、教育現場は生徒の将来と校内秩序をてんびんにかけて...

  8. ブドウの種まで - ののち幾星霜

    ブドウの種まで

    フェイスブック(FB)のアカウントを持っています。でも、学生時代に娘らのupした写真が見たくて開いただけで、活動はしていません。しかし、先日、ひょんな事から懐かしい人を見つけました。👨🏻‍🎓うふふ、元カレ〜💑 じゃあないですよ。 ^_−☆ その男性は40代半ばのY君。立派な体躯と 何...

  9. 労働者にきちんと対価を - 見たこと聞いたこと 予備3

    労働者にきちんと対価を

    yahoo:「<都教委調査>過労死ライン超え中学教諭7割」東京都教育委員会が9日に公表した都内公立学校の「教員勤務実態調査」で、「過労死ライン」に達する週20時間以上の残業をしていた中学校教諭が7割近くに達したことが分かった。土日の部活動指導に多くの時間を割いているのが主な原因とみられる。都教委は来年度の予算編成で、部活動指導員の活用などを要求した。調査は今年6~7月、都内の公立小中高校と特...

  10. 先生だって労働者だってことを忘れちゃいかんよ - 見たこと聞いたこと 予備3

    先生だって労働者だってことを忘れちゃいかんよ

    yahoo:「<ブラック部活>NOの声上げ始めた先生たち」学校の部活動を見直す動きが本格化している。生徒の貴重な成長の場である一方、教員の過重労働が指摘されているのだ。年内に発足する「日本部活動学会」に現役教師が参加するなど現場も声を上げ始めた。しかし、その多くは匿名や仮名だ。部活動への異論はなぜ職場で口にしづらいのか。学校現場の同調圧力やその背景を、先生たちの声から読み解くと……。【小国綾...

  11. 教師はやはり教師だね - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    教師はやはり教師だね

    2週間以上たっても、小学教師から連絡がこない。教育関係の資料を要望されていたのだ。はは、やはりね。教師の言う事だからもともと信用はしていなかった。ただ、その教師の商売されている親戚の方からの紹介だったので、その教師は親戚の信用を傷つけたことになる。どうも、教師は社会が信用で成立していることさえ理解できていないようだ。本当に閉じた世界にしか生息していない低俗生物だな。生徒には「嘘はいけまちぇん...

  12. 「僕は結婚できますか?」車椅子ユーザーの本音と実際から社会や親子関係に至るまで学べるオススメの本 - 噂のさあらさんのブログ

    「僕は結婚できますか?」車椅子ユーザーの本音と実際から...

    車椅子姿で廊下にたたずむその姿と共にこの本のタイトル「僕は結婚できますか?」の言葉に思わず手に取っていた。そして病院の廊下だと一瞬思ったこの写真が実は「教師」である彼の学校であると後から知った出版社の担当者に何度書いても「面白くない」「いい子ぶりっ子」「自意識過剰」と酷評され続け何度も原稿をボツにされながら書き上げたというこの本。三戸学さん。仮死状態で生まれ、脳性マヒとなり、公立中学校の数学...

  13. 本当に先生は悪かったのか?>クソガキじゃないのか? - 見たこと聞いたこと 予備3

    本当に先生は悪かったのか?>クソガキじゃないのか?

    yahoo:「「飛び降りろ」発言の担任、県教委が処分も検討」埼玉県所沢市の市立山口小学校(橋本徳邦校長)で今月12日、40歳代の男性教諭が担任学級の4年生の男子児童に対し、「窓から飛び降りなさい」「明日から学校に来るな」などと発言していたことが分かった。男子児童は翌13日から登校できない状態が続いている。学校側は教諭を担任業務から外し、県教育委員会は「事実確認の上、懲戒処分も含めて対応を検討...

  14. 教師にムカつく気持ちは分かるが、労働条件は改善しないといけない - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    教師にムカつく気持ちは分かるが、労働条件は改善しないと...

    教師にムカつく気持ちは分かるが、労働条件は改善しないといけない実をいうとリベラルな感性の人ほど子供の頃、教師の抑圧がうざく感じていて日教組を憎んでたりする。それで勢い余って格差是正とか平和主義ではあるけど、教師を含む公務員を叩く人って多い。共産党や民進党を支持するけど教師は嫌いとか、教師嫌いの勢い余って橋下さん万歳とか、結構おられるし、自分自身もそういう部分がないと言えば嘘になる。だけど冷静...

  15.  『1年間のカルチャー体験記:その4』 - NabeQuest(nabe探求)

    『1年間のカルチャー体験記:その4』

    秋冬学期のセンセイは、ミズRセンセイだった。彼女はジャマイカで生まれ、その後家族と共にアメリカに移住し大学を卒業。しばらくして日本にやってきたそうだ。詳しくは分からないが、どうも国が1987年から実施していた「語学指導等を行う外国青年招致事業(通称:JETプログラム)」で、ALT(外国語指導助手)としてやって来たような話だった。来日早々、彼女は兵庫県の高校に派遣されたそうで、そこで英語の講師...

  16. 奇跡の人 - hibariの巣

    奇跡の人

    今日は、まだだるい体を抱えて家族で「奇跡の人」を見に行った。スクリーンで見るのは2度目。行ってよかった。来週もう一度、頑張って観に行こうかと思っている。この映画を観ないで、人生を終わるのはもったいないでしょうね。ヘレンケラーと言えば、幼い時の高熱が原因で「見えない・聞こえない・話せない」という3つの障害を持ちながらも、サリバン先生の指導の下「言葉」を獲得し、その才能を花開かせた人女性というこ...

総件数:36 件

似ているタグ