教育のことのタグまとめ

教育のこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには教育のことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「教育のこと」タグの記事(49)

  1. あなたは別に弱くないし、孤独なままに世界と繋がっているー連載「十代を生き延びる」更新ー - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    あなたは別に弱くないし、孤独なままに世界と繋がっている...

    連載の第4回が更新されました。4回目は学校に行きたくなくて自信を失っている子、クラスでの仲間外れを目にしている子に読んでほしいと思って書きました。 クラスで起こっていることは、自分のことだよ。BTS が好きなあの子にも届け。とらきつね on Facebook 随時更新中です。唐人町寺子屋の新しいオフィシャルホームページはこちらです。入塾希望の方、お問い合わせの方はこちらの「お問い合わせフォー...

  2. 木庭啓介先生による『おやときどきこども』の感想 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    木庭啓介先生による『おやときどきこども』の感想

    京都大学教授、木庭啓介先生の『おやときどきこども』の感想がとても素晴らしいので、こちらで紹介させていただきます。「おやときどきこども」鳥羽和久著を一気に読んだ。震えた。 子供たちにも読んでもらいたいので冊子体にした。耳をおりすぎて本が膨れ上がってしまった。 自分に小さく、たくさんたくさん刺さっているとげが一つ一つぼんやりと見えてきた。早く抜きたいし、またはそんなのとげじゃない、ってごまかし...

  3. 「場」から生まれるもの - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    「場」から生まれるもの

    うちの教室では、夏期講習、冬期講習など、特別講習のみに参加する「季節講習生」は教室を開いた当初から一切募集していない。ひとつめの理由は、短期の講習だけでは「場」の力による学力の醸成が難しいこと。(本人の生活習慣と志向が「場」になじんではじめて生まれる学力の「育ち方」があるのだ。)ふたつめの理由は、なんといってもひとりの子供を短期だけ見るより長期的に見たほうがずっと面白いからだ。教室では、ひと...

  4. 社会に適応することで失うものー連載「十代を生き延びる」更新 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    社会に適応することで失うものー連載「十代を生き延びる」更新

    連載第3回が更新されました。今回のこの記事、記事を書いている途中に、ここに書かれている内容の断片をつぶやいたら、大きな反響がありました。小学校で哲学の授業をした際に痛感したのは、小学生に下手に議論をさせたところで、手持ちの少ない洋服でいかにオシャレするかを競うようなものにしかならないということ。行きつく先はいかにも社会適応的で常識的な議論だ。こういう議論の練習をしたところで早期の「つまらない...

  5. 最近のつぶやきより(2021/05/17 - 2021/06/30) - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    最近のつぶやきより(2021/05/17 - 2021...

    この1か月半のうち反響のあったつぶやきのまとめです。親が子どもに成功体験をさせたいと思うのは余計なお世話です。親はこうやって自分の価値観を疑うことなく子供に押し付けているものですが、背後には結託する社会や学校の存在がある。信田さよ子さんがこの文章でマジョリティと呼んでいるものとも繋がる。https://t.co/7dTbgf5R5f— 鳥羽和久 KAZUHISA TOBA (@tobatop...

  6. 急がば回れ - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    急がば回れ

    「この塾、アタマプラス、入ってますか?」CMを真似するHくん。「鳥羽先生の頭にぜんぶ入ってます」Mくん。ありがとう。土日は中学全学年全科目の期末考査対策をほぼひとりでやってフラフラ。いま仕事終わり。お疲れさま。アタマプラスには余裕で負けない。それにしてもAIが解く人の弱点を分析して問題をカスタマイズして「自分専用のカリキュラム」を作ってくれるなんて、勉強のさなかの試行錯誤の機会を奪うというこ...

  7. 同調圧力に負けるときー連載「十代を生き延びる」更新 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    同調圧力に負けるときー連載「十代を生き延びる」更新

    【更新】webちくま(筑摩書房)の連載「十代を生き延びる」第2回が更新されました。お題は「同調圧力に負けるとき」。サッカー部全員がボウズにする中でアイデンティティの足元を揺さぶられた男の子、大人の暴力性を内面化する子供たちについて書きました。連載は2週に1回のペースで更新されます。生徒たちには夏休みに連載の中から感想を募集しますので、ぜひ読んでもらえたらと思います。とらきつね on Face...

  8. webちくまで連載がスタートしました。 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    webちくまで連載がスタートしました。

    筑摩書房のウェブサイトwebちくまにて人生初の連載がスタートしました。表題イラストは田澤ウーさん。十代向けですが、十代の背後にいる大人にも矢が刺さる連載にしたいです。子供にも大人にも媚びることなく書いていきたいと思います。寺子屋の生徒たちの一部には伝えていますが、この連載を通して子供たちと対話の場を作っていきたいと考えています。具体的には子供たちに感想をもらって、お返事を書いたり、その返信に...

  9. 世界を貧しくする教育者たち - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    世界を貧しくする教育者たち

    お茶の水女子大学名誉教授・内田伸子氏の調査によると、難関大学合格者の親が子供の幼児期に重視していたのは「思いきり遊ばせる」「遊びでは自発性を大事にする」「好きなことに集中して取り組ませる」など。調査の結論は、「好きな遊びで非認知能力が伸びたことが学力UPに直結した」ということ。— 親野智可等 (@oyanochikara) May 30, 2021 こうした有名な先生たちが「遊ばせることは学...

  10. 子供に「何のために勉強するの?」と聞かれて困った大人たちへ - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    子供に「何のために勉強するの?」と聞かれて困った大人たちへ

    今日はこどもの日。幻冬舎plusの特集「勉強って何のため?」に寄稿しました。何度でも勉強と出会い直せたらという希望を込めました。子供に「何のために勉強するの?」と聞かれて困った大人たちへ|勉強って何のため?|鳥羽和久 - 幻冬舎plusタイトル・太字は幻冬舎の編集にお任せしたものです。勉強を「何かのために」やるのがデフォルトだとしたらそれって随分偏った発想だよなという問題意識から原稿を書き進...

  11. NHK教室講座「こどもとことば」開催 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    NHK教室講座「こどもとことば」開催

    NHK文化センター守口教室主催のオンライン教室「こどもとことば」(講師:鳥羽和久)が 1/26(水)の10:30~から開催されます。オンデマンド配信(見逃し配信)ありなので、時間が合わない方もぜひ。明日(1/18)までに info.moriguchi@nhkcul.co.jp までメールを送っていただければできるだけ質問にもお答えします。対談はライブ感があって刺激的で面白いのですが、一人で話...

  12. 2020年 反響があったつぶやきのまとめ - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    2020年 反響があったつぶやきのまとめ

    This is America.というメールが東京在住の卒業生から届いた今日の午前9時。This is America. This is Japan.を見せつけられる毎日です。今日は昨年(2020年)に反響をいただいたつぶやきをまとめてみます。まとめてみると、いかにも2020年らしい感じがします。今日は、理解のある親は子どもにとって万能などころか残酷でさえあるという話です。自分が受けた傷を確...

  13. 子供の夢について - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    子供の夢について

    将来の夢がないから、目標がないから、子供ががんばれないんじゃないかしら、という大人が多いのですが、私はその説にかなり懐疑的です。だって、目標があるから頑張れるとは限らないこと、逆に目標がなくても頑張れる人がいることくらい、大人なら誰でも経験的に知っていますよね?目標があるのになぜか頑張れないから悩むし、目標がなくてものめり込んでしまっていつの間にか他の人にはなかなか真似できないような技術を手...

  14. 9月のつぶやき - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    9月のつぶやき

    先生、最近ブログの更新が減ったのはツイッターのせいですか?と高3Tくんに言われてひやっとしたので、こちらにも最近(今月)のつぶやきをいくつかあげてみます。北方民族博物館が凄すぎた。#網走 pic.twitter.com/7J5uxjgsFZ— 鳥羽和久 (@tobatoppers) September 1, 2020 斜里町立知床博物館の剥製たちが凄すぎて学べる!とかを遥かに凌駕してカオスだ...

  15. 自律性、自己決定を重んじるフリースクール等の問題点について - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    自律性、自己決定を重んじるフリースクール等の問題点について

    自律性、自己決定を重んじるフリースクールや子どもの村などから移ってくる生徒たちを見ているとその問題点について考えざるを得ない。彼らが大人から教わらなかった大事なことは、大学や大学院に進学しないと学べないこともあるし、就けない職業もあるという当たり前の社会構造の話で、彼らはそのことを知らないままに、勉強の機会の一部を失い、将来の選択肢のいくつかを奪われてしまっている。つまり、自律性、自己決定を...

  16. 9月17日の雑感 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    9月17日の雑感

    最近のつぶやき中3生の女の子が作文の中で「なぜ体育ではやる気を声の大きさではかろうとするのか?」という疑問について書いている。ほんとなんでだろうね。バカみたいだよね。・・・親が子どものことを心配して過剰に守ろうとするときの問題点は、そのときの親の心の動きが、私は子どものことが「わかっている」という思いが前提となっているところだ。親が子どもを「わかっている」という思いは子どもの心と体を囲い込み...

  17. 『おやときどきこども』ご紹介第3章 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『おやときどきこども』ご紹介第3章

    6月末に刊行される『おやときどきこども』ですが、とらきつねでの予約販売も始まりました。店頭には18~20日ごろに並びます。今日は第3章のご紹介です。3子どもと意志学問と祈り/死にがいを求めて生きている/関係性、それ自体が私なんだ/意志と責任/子どもは欲望を見つける「しなければならない」ことをしくじってしまった自分を、何かが欠けたような存在だと感じたまま生きている人は多いです。でもその人たちは...

  18. 子どもを信用することと、子どもの嘘について - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    子どもを信用することと、子どもの嘘について

    休校明けのこの時期、「宿題やったの!?」「やったし!」・・・・・「やってないじゃなーいー!!(怒)」というやり取りに翻弄されて疲れているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたい文章が今日、新潮社の「考える人」に掲載された村井理子さんのこちらの文章。村井さんの文章を読んで、よかった、私だけじゃなかった、と胸をなでおろした方も多いかもしれません。親がよかれと思って無...

  19. 『親子の手帖』試し読みのまとめ - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    『親子の手帖』試し読みのまとめ

    これまでの試し読みをまとめました。すべての試し読みを読むと全体の1/3が読める計算になります。6月末の新刊発売前の自主企画として、前作『親子の手帖』(鳥影社) の部分公開を行っていきます。どうぞお付き合いください。初回の今日はまえがき。私が子どもに抱いている不安というのは、私が子どものことがわからないことから生じる私自身の不安なんだ#親子の手帖https://t.co/OYakvBJxDj ...

  20. 子どものいじめと大人の接し方 - 寺子屋ブログ  by 唐人町寺子屋

    子どものいじめと大人の接し方

    このシリーズも残り3回。今日は、子どものいじめを抑えるために大人が未然にできることの話です。(子どもと)築いた信頼関係をあえて利用することで、子どもたち一人ひとりの生存を守るのです。新刊発売前企画 『親子の手帖』部分公開#親子の手帖

総件数:49 件

似ているタグ