数学のタグまとめ

数学」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには数学に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「数学」タグの記事(497)

  1. 数列の和と定積分の対応について - ワイドスクリーン・マセマティカ

    数列の和と定積分の対応について

    「数学ガールの秘密ノート 積分を見つめて」P128が気になったのできちんと検算しました。つまりですね、定積分は上端と下端を同じ値にすると0になるので、数列の和もそのように定義したいというのです。それにあたって同署では下のような主張がなされています。僕はすぐに理解できなかったので確かめました。n=mとすれば、数列の第m項から第m項までを対象とします。まずはn=m+1としてどんな値になるか確かめ...

  2. 微積分のはなし(上 ・下) 大村平著 - Hirakoba's Blog

    微積分のはなし(上 ・下) 大村平著

    誰でも数学の微積がわからないと一人前の技術者ではない。というような強迫観念に陥ったりしたことがあると思う。新入社員の頃勉強しなきゃと買ったのがこの本だった。最初の出だしだけは覚えている。微積分はこの本の出だしの理解だけで生きてきた。わかりやすいと一つ上の先輩に貸したらかえってこなかった。だんだん仕事に忙殺され基礎勉強のことも忘れていた。横浜電子図書館で文学だけ読んでいると飽きてくる。技術的な...

  3. 再生技術(?) - 気ままな日々

    再生技術(?)

    お久し振りです。まだ1校のテストが残ってはいますが、怒涛の試験の日々は一応今日は小休止です。明日は朝から(それもラジオ体操と同じ6:30から特訓)期末テストが終わったばかりの学校が明日土曜日模擬テスト。学校始まる前に、、という いつものお尻に火状態でのバタバタ授業です。そう言えば__今回のテスト中も「とんでもない教え方」していました。そして家庭でも「とんでもない料理」していました。まず勉強面...

  4. 本格的な雨数学提出 - 旅と数学  それとdiy

    本格的な雨数学提出

    今日は朝から断続的な強い雨。どこにも行けないなあ、、、、、こんな時は数学を。そろそろ提出期限も迫ってきた。今回は4番の問題に相当手こずった。簡単な図形問題なのに解いていくにつれベクトル内積三角関数置換微分と目まぐるしくジャンルが変わっていく。やっとこさ答えにたどり着いたけどもちろんあっている気は全然しない。まあ返却されたらこんな遠回りしなくっても簡単に答えにたどり着けますよ、、、書かれそうだ...

  5. 円周率が無理数である証明 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    円周率が無理数である証明

    aとbを正の整数として、円周率π=a/bと仮定する。またaとbは既約とする。オイラーの定理よりe^(iθ)=cosθ+isinθなので、e^(i(2a/b))=cos(2a/b)+isin(2a/b)=1対数の定義より(i2a)/b=ln1=0ここで、iとbは0ではないのでa=0、そこからa/b=0となり矛盾。ゆえに円周率πは無理数である。□

  6. いやな天気 - 旅と数学  それとdiy

    いやな天気

    梅雨だから仕方ないんだけど今日もうっとうしい空模様。朝の天気予報はお昼から少しは晴れ間も見えるか?、、、と言う感じだったのに結局は雨が☂️、、、晴れれば近場を自転車で走ろうと思っていたけどそれもおじゃん。しかたないので数学の続きを考えてみた。一応3問まで解答用紙に書き込み4番に。問題は簡単なくせにこれが考えるほど意外と厄介。やっとこさ式が出来上がったけどこれがうまく微分できない。まだもう少し...

  7. 雨が降れば数学でも - 旅と数学  それとdiy

    雨が降れば数学でも

    先日先月号の数学添削問題が返送されていた。提出するときからなんかおかしな答え、、、こんなんでは酷い得点だろうなあとしばらく開封しなかった。今日恐る恐る開けてみた。得点72点席次72番有望評価。講評全体的によく考えられていて方向性としてもとても良い解答でした。しかし議論にあと少しの頑丈さが欲しいところです。実はまとめて議論できたりと、、とても学びどころのある回だったと思います。次回も頑張ってく...

  8. 断言の力 追記あり - 気ままな日々

    断言の力 追記あり

    昨夜の授業....ちょうど幾何で〈円〉に入ったクラスいつも通り「この5つだけで円は・・全部解ける!」と壺売りおばさんの如く、詐欺師然とした口調で言い切る私。そのクラスの入塾4か月の生徒は・・目がハートで私の詐欺師口調に大きく頷く。ふふ先月の中間テストでまだそこまでの力はないのに 代数100点、幾何97点取って来た彼 ..正直私もびっくりの結果 クスクス「付いて行きます、どこまでも」の姿勢が画...

  9. もはや数学ブログではない(苦笑 - ワイドスクリーン・マセマティカ

    もはや数学ブログではない(苦笑

    日常の記事ばかりになってしまいました。ちゃんと数学も進めているので心配しないでください。

  10. aのbパーセントはbのaパーセントに等しい - ワイドスクリーン・マセマティカ

    aのbパーセントはbのaパーセントに等しい

    ツイッターで見かけたのですが元発言が見つかりません。とりあえず証明を載せておきます。aのbパーセントは、(a/100)*bですね。bのaパーセントは、(b/100)*aですね。両社ともに(ab)/100なので等しくなります。□

  11. 絵と数学 - 旅と数学  それとdiy

    絵と数学

    午前中絵画教室。先週描いたバラの花💐の周りが余っているので練習方々花を描き足そう。偶然今日のモチーフが野の花。やっぱり花をきちんと描いていくのは大変難しい。まあこれも練習練習!絵としてはイマイチなんだけどそれなりに新しく気づくこともありまた機会があればこんな花を描いてみたいな。お昼から数学。ハッと気がつけば締め切りが迫っている。今回はどの問題もスキッとした解答にならず...

  12. 一日数学 - 旅と数学  それとdiy

    一日数学

    朝から結構強い雨雨☔️どこにも出かけられない。こんな日はノンビリ数学でも考えてみようかな。今回の問題はわりかし考えやすいので簡単に終わるか?、、、とやり始めたら途中からなんか厄介な迷路にはまりこんでしまう。一応4問まで解答用紙に記入したけどどれもこれもあんまりスッキリしない。もうひと考え必要だね。締め切りも迫ってきたので今週中には終わらせておこう。毎回よくここまで考えさせられるもんだ、、、で...

  13. 自然対数の底eについて - ワイドスクリーン・マセマティカ

    自然対数の底eについて

    「1冊でマスター大学の微分積分」をぼちぼち進めていまして、この本の冒頭にeの定義がありました。f(x)=a^x(a0)の、(0,1)における微分係数が1であるaがeです。この微分係数をaに関する関数f(a)にしてみましょう。つまり「aを動かしたときに、f(x)=a^x(a0)の、(0,1)における微分係数」を観察するのです。この場合y=a^xの導関数のxを0に固定して、aの関数にすればいいで...

  14. 5月号数学が返送されてきた - 旅と数学  それとdiy

    5月号数学が返送されてきた

    今日ポストに先月号の数学添削問題が返送されていた。さっそく開封。得点150点満点中118点席次191番実力十分評価。講評全体的によくできていました。多くの場合適切な解法が用いられており上手に計算できています。6番は変数の散らばりを少なくする方法で考えると答えが見えてきます。今後も学コンの応募を期待しています。との事。6番は問題の意味がよく分からず適当に書いてみたのでほとんど得点は期待していな...

  15. ああ、、、暇だ! - 旅と数学  それとdiy

    ああ、、、暇だ!

    このところずーっと雨に祟られている。まあ梅雨入りだから仕方ないけどいつもより随分早いな。どこにも出かけられないので一日ゴロゴロ数学を考えていた。4番の問題が見た目簡単そうなのにこれが意外と手強い。一日考えても堂々巡り。ちょっと発想の転換が必要なのかな?明日は久しぶりに天気が回復しそうなのでたっぷり身体を動かせよう。なんかあちこちなまってしまった。マズイ状態だね。

  16. 対数はめんどうだけど面白い - ワイドスクリーン・マセマティカ

    対数はめんどうだけど面白い

    てきとうな記事ですいません。対数の定義から以下が成り立ちます。そのはずです。

  17. 梅雨入りのせいかよく雨が降る - 旅と数学  それとdiy

    梅雨入りのせいかよく雨が降る

    梅雨入りして連日の雨。天気予報では曇りだったのに結局1日雨が降った。予報もコロコロ変わるね。午前中昨日のたけのこ狩りで取り残したところを見てきた。やっぱり美味しそうなたけのこがあちこち出ている。放っておくと来年竹退治に余分なエネルギーがいるのでたけのこで取って食べてしまうのがベストの選択。夕方雨が上がったので電動自転車で二見の浜まで。小学校の頃はここでよく泳いでいたなあ。もちろん今では砂浜は...

  18. 対数はめんどうだけど面白い - ワイドスクリーン・マセマティカ

    対数はめんどうだけど面白い

    つまりaを任意の実数として、以下が成り立ちます。

  19. ネイピア数eの定義式をグラフにした - ワイドスクリーン・マセマティカ

    ネイピア数eの定義式をグラフにした

    eは下の式のxの極限です。極限を取らずに関数式とみなしてグラフにしてみました。

  20. ピーター・J・デニング『コンピューティングの構造と組織』 - 『情報と宇宙』日記(旧「複雑系」徒然blog)

    ピーター・J・デニング『コンピューティングの構造と組織』

    この論文は“Computing Handbook Third Edition”の中にあるが当初はAmerican Scientist 98(2010)に掲載され、その後Best Writings on Mathematics 2011(Princeton UniversityPress)に転載され、加筆されたものである。“Computing”は日本語では「計算」という言葉になるがいわゆる「計...

総件数:497 件

似ているタグ