整形外科のタグまとめ

整形外科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには整形外科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「整形外科」タグの記事(299)

  1. 爪周囲炎治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    爪周囲炎治療

    初期には抗生物質と冷湿布で治療します。膿がたまっているときは切開します。爪の下で膿がたまっていれば、爪を切除して膿を出す必要があります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で、爪周囲炎のお話は終わりになります。

  2. 爪周囲炎診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    爪周囲炎診断

    爪の側面、爪の付け根の痛み、発赤、腫れがあらわれ、進行すると膿がたまって黄色くなります。爪の下に膿がたまることもあります。このような所見があれば、爪周囲炎と診断します。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、爪周囲炎治療になります。

  3. 爪周囲炎原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    爪周囲炎原因・病態

    爪周囲炎は、ささくれ(さかむけ)、ふかづめ、陥入爪、マニキュア、爪を噛むくせなどが原因となり、化膿菌が進入して発生します。爪の根もとに向かって化膿が進んでいきます。このほかに指先の腹側が化膿するひょう疽という病態があります※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、爪周囲炎原因・病態になります。

  4. 爪周囲炎症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    爪周囲炎症状

    急逝炎症では爪の周囲の痛み、発赤、腫れがあり、進行すると膿がたまります。ずきずきする痛みで、眠れないこともあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、爪周囲炎原因・病態になります。

  5. 強剛拇指治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    強剛拇指治療

    自然治癒することがあるので放置する装具をあてたりします。小学校入学前までに治っていなければ手術になることもあります。手術はこの狭くなったトンネルを開きます。それによる障害はほとんどありません。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で 強剛拇指 のお話は終わりになります。

  6. 強剛拇指診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    強剛拇指診断

    生後3か月以降になって拇指を伸ばさないことに親が気づきます。伸ばそうとしても伸びないことや、しこりがあることで診断します。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、強剛拇指治療になります。

  7. 強剛拇指原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    強剛拇指原因・病態

    原因は不明ですが、拇指を曲げる腱が太くなり、かたいトンネル(靭帯性腱鞘)の中に入らなくなります。そのため、拇指が伸びなくなります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、強剛拇指診断になります。

  8. 強剛拇指症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    強剛拇指症状

    強剛拇指症状乳児の頃から、拇指の第1関節が曲がったままで伸びない状態を強剛拇指とよんでいます。付け根の部分にしこりが触れることがありますが、あまり痛がりません。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、強剛拇指原因・病態になります。

  9. 舟状骨骨折治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    舟状骨骨折治療

    舟状骨は血行が悪いため、非常になおりにくい骨折の一つです。受傷直後に診断が付いた場合、ギプス固定でなおすこともあります。この固定が長期に及ぶことも多いため、最近では特殊ネジによる固定をおこなって治療を短縮することも積極的に行われています。また、偽関節になったものでは、放置すると手首全体がわるくなってくることが多いため、手術が必要です。専門医(手の外科医)の受診をお勧めします。※日本手外科学会...

  10. 舟状骨骨折診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    舟状骨骨折診断

    受傷直後より、手首の拇指側に腫れと痛みがあれば舟状骨骨折を疑いレントゲン検査を行います。受傷早期では骨折が診断できないことがあるため、後日、レントゲン検査やMRI、CT検査が必要なこともあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、舟状骨骨折治療のお話になります。

  11. 舟状骨骨折原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    舟状骨骨折原因・病態

    多くの場合、スポーツや交通事故などで手首を背屈して手をついたときに生じます。この骨折の特徴として、骨折とは思わず、捻挫と思ったまま放置したため、偽関節になることも少なくありません。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、舟状骨骨折診断のお話になります。

  12. 舟状骨骨折 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    舟状骨骨折

    けがの直後では、手首の拇指側に腫れが生じます。時間とともに軽快しますが、放置していると骨折部がつかずに偽関節※となります。手をついたり重い物を持った時などに手首に痛みが生じ、力が入らなくなり、動きも悪くなってきます。※偽関節とは?骨折した骨がつかず、関節のように動くものをいいます。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、舟状骨骨折原因。病態のお話になります。

  13. 肘部管症候群 治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    肘部管症候群 治療

    薬物の投与などの保存療法で症状が軽快しない場合は、尺骨神経を圧迫しているバンドの切離やガングリオンの切除をします。神経の緊張が強い場合には、骨をけずったり、神経を前方に移動させる手術を行います。肘の外反変形を手術的になおすばいいもあります。筋電図/神経伝達検査やMRIをおこなうことがあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で肘部管症候群のお話は終わりになります。

  14. 肘部管症候群診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    肘部管症候群診断

    肘の内側を叩くと小指と環指の一部にシビレが走ります。レントゲン検査で外傷や加齢に伴う肘の変形が見られることがあります。筋電図/神経伝達検査やMRIをおこなうことがあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、肘部管症候群 治療 になります。

  15. 肘部管症候群原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    肘部管症候群原因・病態

    肘の内側で神経が慢性的に圧迫されたり牽引されることで発症します。以下のような原因があります。神経を固定している靭帯やガングリオンなどの腫瘤による圧迫加齢に伴う肘の変形肘の骨折による変形野球や柔道などのスポーツなどがあります※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、肘部管症候群 診断 になります。

  16. 肘部管症候群症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    肘部管症候群症状

    麻痺の進行により症状が違います。初期は小指と環指の一部にシビレ感が出現します。麻痺が進行するに伴い手の筋肉がやせてきたり、小指と環指が変形をおこします。肘部管症候群とは?肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わり生じる神経の障害をいいます。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、肘部管症候群 原因・病態 になります。

  17. テニス肘 治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    テニス肘 治療

    保存療法:最初に行う治療です。手首や指のストレッチをこままえに行います。スポーツや手を使う作業をひかえ、湿布や用薬を使用します。多くの場合、これで数カ月以内に痛みが軽くなります。局痲剤入りバンドを装着します。手術療法:保存療法で治らない時などに行います。筋膜切開術、切除術、前進術等があります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で、テニス肘 のお話は終わりになります。

  18. テニス肘 診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    テニス肘 診断

    外来で簡単に行える疼痛誘発試験を参考にします。いずれの試験でも、肘外側から前腕にかけての痛みが誘発されたらテニス肘と診断します。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、テニス肘 治療のお話になります。

  19. 腰痛の原因 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    腰痛の原因

    腰痛の原因:痛みの原因が診察・レントゲン・MRI画像などではっきりする場合とはっきりしない場合があります。はっきりする場合は、その治療・対処を行います。はっきりしない場合は、機能障害を疑いリハビリを行います。また、痛みが長引く場合には、慢性疼痛という病態になります。病態を理解すること・リハビリ・姿勢の注意が重要となります。場合によっては内服治療を先行します。

  20. タンパク資を米に頼るのは危険である - 栄養整形外科で働かせてください

    タンパク資を米に頼るのは危険である

    朝からびっくりの投稿に目が点になりました。「少なくとも、タンパク質に関しては日の丸弁当でもなんとかなるようですね。」これを書かれた方は私なんぞの100~1000倍は頭の良い方です。それゆえにびっくりしたわけです。米は(ご飯ではなく)米の状態でタンパク質量7.4g/100gです。これを炊いてご飯にするとタンパク質量2.5g/100gとなります。米タンパクのプロテインスコアはけっこう優秀なので、...

総件数:299 件

似ているタグ