整形外科のタグまとめ

整形外科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには整形外科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「整形外科」タグの記事(340)

  1. 腱板断裂その後 - クレッセント日記

    腱板断裂その後

    私は12月に腱板断裂になっていたことがわかったのですが、腱板断裂「その後」と言っても、大して変わりがありません(涙)。リハビリに通っているので、ひどくはなっていないと思うのですが、できないことが色々わかってきたせいか、何だか悪くなっているような(涙)。でも、夜中に「痛い、痛い」と言うのは無くなってるようです。鏡で見て、両手を挙げてみると、その違いに驚きます。相変わらず、駐車券は体をぐいっとひ...

  2. 手の手術を受けられた方へ手術後に注意すること - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    手の手術を受けられた方へ手術後に注意すること

    包帯からのぞいている指の色を観察します。ピンク色なら大丈夫ですが、赤黒かったり、蒼白の場合は病院に連絡してください。麻酔がさめて、指の運動を許可されていたら、指は積極的に動かしてください。指輪をしないでください。薬を飲んでも、我慢しきれない疼痛は異常ですので、連絡してください。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、手の手術を受けられた方へ上肢の拳上になります。

  3. 上腕骨顆上骨折 治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    上腕骨顆上骨折 治療

    変形の程度が軽い場合はギプスなどで固定を行い、変形が強くて不安定な場合は手術治療を行います。腫れがひどい場合には牽引治療を行うこともあります。合併症神経や血管が損傷されることがあり、血管損傷の場合は早急に手術が必要です。骨折した部分では骨は内側に捻れやすいため、変形が残ることがあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で、上腕骨顆上骨折のお話は終わりになります。

  4. 3月5日/整形外科 医局説明会のお知らせ - 長崎大学病院 医療教育開発センター  医師育成キャリア支援室

    3月5日/整形外科 医局説明会のお知らせ

    長崎大学病院 整形外科~医局説明会のお知らせ~3月5日(金)18:00~▲ポスターの連絡先へ事前に参加のご連絡をお願いいたしますご参加お待ちしております!

  5. 上腕骨顆上骨折 原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    上腕骨顆上骨折 原因・病態

    多くは、転んで手をついた際、肘が反って肘の部分で骨折します。子供によくみられる骨折です。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、上腕骨顆上骨折治療になります。

  6. センコツが痛い? - Tea's  room  あっと Japan

    センコツが痛い?

    もう5年くらい前から椅子に座って、何時間かして立ち上がるとき尾てい骨辺りが痛い。『グギギギギ』とマンガなら効果音(フォント)が付くくらい。でも、立ち上がってしまえば 痛みはない。座っているときも ほとんど 痛みはない。痔かしら?痔の症状はなんだろう?よくわからない。そうこうするうちに、「それって『座骨神経痛』じゃない?」と人に言われて「なにしても治らないから、動かすことよ。」ほんとかなぁ。で...

  7. 上腕骨顆上骨折 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    上腕骨顆上骨折

    肘の部分に激しい痛みと腫れがあり、痛くて肘が動かせないと、この骨折を疑います。骨折片で神経や血管が損傷されると、手や指がしびれて動かせなくなることがあります。レントゲン検査で診断します。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、上腕骨顆上骨折原因・。病態になります。

  8. 野球肘治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    野球肘治療

    投球の中止が重要で、我慢して投球を続けると障害をアッカさせます。局所の安静が必要です。症状によっては手術が必要になることもあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。スポーツへの復帰時期については主治医とよくご相談ください。今回で、野球肘のお話は終わりになります。

  9. 野球肘診断 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    野球肘診断

    肘に痛みがあり動きも悪いなどの症状であれば、野球肘が疑われます。レントゲン検査やMRI検査で診断します。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、野球肘治療になります。

  10. 通院 - 蒼穹、 そぞろ歩き2

    通院

    今日は整形外科の診察とリハビリでした。オットが発熱したため、前回のリハビリの予約はキャンセル。それ以来です。久しぶりのリハビリですが一応、毎日ストレッチや筋トレを自分でやっていました。リハビリの担当の理学療法士さんは女性で去年に結婚式を挙げたばかりです。今では、先に同居を始めてそれから入籍、最後が結婚式が一般的な順番のようですね。前回のリハビリでは彼女の顔色が貧血のように悪かったので妊娠され...

  11. 野球肘原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    野球肘原因・病態

    繰り返しボールを投げることによる肘への過剰な負荷が原因です。肘の外側では骨どうしがぶつかって骨と骨がはがれることもあります。肘の内側では靭帯や軟骨がいたみます。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、野球肘診断になります。

  12. 野球肘症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    野球肘症状

    成長期にボールを投げすぎることによって起こる肘の障害を野球肘と呼びます。投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、野球肘原因・病態になります。

  13. 鏡開き☆1年の無病息災を願って - 年をとるのも悪くない☆ 

    鏡開き☆1年の無病息災を願って

    腰の痛みがなかなか治らない近所の整形外科に行って来ました先日、診てもらったのは胃の痛みで受診した内科クリニック今日は整形外科ですでも・・・やっぱり行くんじゃなかった9時まわって診察室に入って行った先生帽子を被り腰を曲げながら入って行きました(リハビリ受けたらいいのに)診察は先生が私の話した事をカルテに書いて終わりましたあと、コンピューターの話を長々とされました(コンピューターはどうでもいいん...

  14. ヂュピュイトラン拘縮治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    ヂュピュイトラン拘縮治療

    指が伸ばしにくくなり、日常生活に支障をきたすようになると、増殖した腱膜をとる手術が行われます。手術後には後療法を行います。術後、再発を起こすことがあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。今回で、ヂュピュイトラン拘縮のお話は終わりになります。

  15. 整形外科へ - わたしの好きな物

    整形外科へ

    整形外科へ行きました。2ヶ月ぐらい前に階段で滑ってすごく痛かったことありました。静かにしていたらすぐに治ったのでそのままにしていましたがなんか違和感があるので、念のため行きました。母がずっとお世話になっていた先生です。母が亡くなったことを伝えるととても残念がってくださいました。私の足はなんともありませんでしたがレントゲンの写真ではちょっと骨の骨密度が低くなっているかな?でした。改めて骨密度を...

  16. ヂュピュイトラン拘縮症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    ヂュピュイトラン拘縮症状

    腱の断裂や癒着、腫瘍など他の病気と区別する必要がありますが、手のひらの硬結と典型的な指の変形により、専門医がみれば診断がつきます。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、ヂュピュイトラン拘縮治療になります。

  17. 腱板断裂 - クレッセント日記

    腱板断裂

    それは今年の春浅い2月か3月の頃、始まった。以前からそういったことはここ数十年のうち、何回かあったが、そのうち回復し、やがて忘れて行っていた。しかーし、今回は違った。長い、長いのだ。それを解消するべく色々手は打ったのだが、思うようにならなかった。そして、ここに来てやっと原因がわかったのだった。腱板断裂ーーーー!すみません。大げさに書きました。つまり、2月か3月頃から右肩が痛いのでした。ヨガの...

  18. ヂュピュイトラン拘縮原因・病態 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    ヂュピュイトラン拘縮原因・病態

    原因は不明ですが、高齢者や糖尿病の方に多く見られます。皮膚や皮下組織が増殖して硬くなります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、ヂュピュイトラン拘縮症状になります。

  19. ヂュピュイトラン拘縮症状 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    ヂュピュイトラン拘縮症状

    手のひらから指にかけて硬結ができ、皮膚がひきつれて指指が徐々に伸ばしにくくなります。環指や小指に多く見られますが、他の指や足の裏にもできることがあります。痛みはあまりありません。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、ヂュピュイトラン拘縮原因・病態になります。

  20. キーンベック病治療 - 横浜市南区弘明寺整形外科リハビリ「原整形外科医院」のブログ

    キーンベック病治療

    症状、年齢、変形の進み方によって治療法が異なります。保存療法として、手首を安静に保つためにギプスや装具による治療が行われます。手術療法が行われることがあります。※日本手外科学会「手外科シリーズ」から引用しております。次回は、キーンベック病のお話は終わりになります。

総件数:340 件

似ているタグ